MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)

2度の交通事故で体はボロボロだった

私は現在、太極拳や気功などのインストラクターを仕事にしています。でも実は、若い頃に交通事故に2度も遭い、以前は体がボロボロでした。

1度目の事故の後は、無理して中国武術の激しい稽古を続けたため、右ひざが曲げづらくなり、ときどき激痛が走るようになっていました。
そして15年前、2度目の交通事故後には、ひざ痛に加えて、ムチウチや腰痛などにも悩まされるようになったのです。

そんな私を見かねて、太極拳の仲間が「リハビリに役立つかも」と、古久澤靖夫先生が主宰するヨガや整体を組み合わせたブリージングストレッチ本院を紹介してくれました。
そこで、セルフケアとしてさまざまな体操とともに「正座あおむけ」を教わったのです。

正座あおむけは、文字通り、正座の姿勢から上半身を後ろに倒し、あおむけに寝た姿勢にして、両腕をバンザイさせるポーズのことです(基本的なやり方は「正座あおむけ」のやり方参照)。

ひざも腰も悪い私にとっては、難度の高いポーズで、当然のことながら最初はうまくできません。ひざが床からこぶし一つ分、日によってはそれ以上の高さまで浮いてしまうのです。また、太ももの前面が突っ張って痛みました。
ただ、痛めていた右ひざは、突っ張り感はあるものの、つらくなるほどの痛みは感じませんでした。

武術が得意な朝倉さん

あらゆる痛みと無縁!肩こりもない

正座あおむけは、おなかの筋肉のストレッチになるほか、痛みをはじめとする自分の体の状態に集中できるポーズです。
また、事故でゆがんだ私の体を治すのに役立つように感じられました。そこで、ほかの体操とあわせて自宅でも朝晩行うことにしたのです。

私は、正座あおむけの姿勢を作ったら、頭上へ伸ばした両腕を、息をゆっくりと吐きながらひざ側へ倒し、次に息をゆっくりと吸いながら頭上へ戻す、という動作を8~12回ほどくり返しています。こうすると、肋骨が動いてより深い呼吸ができるのです。

こうして、正座あおむけを続けていたところ、つっぱり感や痛みが3ヵ月ほどで気にならなくなりました。
当初は15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。

徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。

おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。以前の私は、冷たいビールを飲んだり冷房などで体を冷やしたりすると、よく腰が痛んでいましたが、今はあらゆる痛みと無縁です。肩もまったくこりません。体のゆがみが解消したと、実感しています。

過剰な食欲が抑えられ太りにくくなった

60㎏前後だった体重は、一時は53㎏まで落ちました(身長は159㎝)。今は55㎏前後で安定しています。
正座あおむけを続けていると余計な食欲がわかないような気がしています。

また、以前の私はおそらく胃下垂ぎみだったのだと思います。食べすぎたりお酒を飲みすぎたりすると、胃の重たい感じがありました。
それも、正座あおむけをすると即効で食べたものが収まるべきところへ収まるような心地よい感じがします。また、多少食べすぎても太りません。

大げさに聞こえるかもしれませんが、この15年で生き方も変わりました。以前の私は、人前で何かをするという行為が苦手でした。そんな私が、今は武術を指導するインストラクターをしているのです。
東洋医学では、内臓の状態と感情は関連していると考えます。私が精神的に積極的になったのは、正座あおむけで肋骨や内臓が引き上がったことと関係があるのかもしれません。

そのほか、煮詰まったときや、夜に寝付けないときにも、正座あおむけが役立ちます。呼吸が深くなり、心身がリラックスするのがわかります。
この先も、正座あおむけをする習慣は続けるつもりです。

毎日の正座あおむけで精神的に積極的になった

肋骨が上がり上半身のひざへの負担が減った(ブリージングストレッチ本指導講師・ブリージング整体師 チンパン)

朝倉さんのように、正座あおむけで太ももの前面が突っ張るかたは少なくありません。
中国医学では、太ももの前面には消化器の状態が表れると考えます。食べすぎの人はこの部位が硬くなりやすく、内臓が下垂している可能性もあります。
内臓下垂によって肋骨が下がると、上半身の重さがひざにのしかかります。朝倉さんも、内臓下垂だったのかもしれません。正座あおむけで改善したのは、肋骨が上がり、ひざや腰の負担が軽くなったからでしょう。また、以前よりも太りにくくなったのは、内臓が上がり、消化力も上がり、食欲が正常に戻ったためだと思われます。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00
変形性股関節症のため左右の股関節を手術で人工関節に換えています。手術後は痛みが消え生活に支障はありませんでしたが1~2年ほど前、違和感を感じるようになりました。長く歩くと左の股関節の外側が突っ張るような不快な感じがしたのです。しかし、この不快感も43円療法をすれば消えるのです。【体験談】井上亜紀子(仮名・無職・78歳)
更新: 2019-03-27 18:00:00
夫は脳梗塞を患って以来、家にこもりがちでしたが、43円療法を試したところ、その場でぼんやりとしていた目が輝き始めました。最初は渋っていた夫でしたが、体の軽さを自覚したようで、先日は、通院の帰りに、夫と二人でスーパーへ寄り道もしてきました。きっと体と気持ちにゆとりができたのでしょう。【体験談】坂本環(仮名・主婦・76歳)
更新: 2019-03-09 18:00:00
私は、へそさすりをする時間を特に決めていません。思いついたときに1日2~3回、それぞれ5分ほどやっています。それまでは、足を着くと「痛い!」と感じていましたが、その痛みが弱くなってきたのです。また、両ひざのあちこちに移っていた痛みも、発症する頻度が減ってきました。【体験談】朝倉米子(主婦・79歳)
更新: 2019-02-25 18:00:00
足の指回しを始めてからは、ヒアルロン酸注射を1回も打つことなく、4ヵ月後には、すっかり痛みが消えたのです。痛みを気にせず、フラダンスに打ち込めるようになり、こんなにうれしいことはありません。階段の下りや正座、しゃがむ姿勢も、今では全く問題なくできるようになりました。【体験談】藤野智子(仮名・フラダンス講師・60歳)
更新: 2018-10-28 07:00:00
最新記事
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt