医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)


2度の交通事故で体はボロボロだった

私は現在、太極拳や気功などのインストラクターを仕事にしています。でも実は、若い頃に交通事故に2度も遭い、以前は体がボロボロでした。

1度目の事故の後は、無理して中国武術の激しい稽古を続けたため、右ひざが曲げづらくなり、ときどき激痛が走るようになっていました。
そして15年前、2度目の交通事故後には、ひざ痛に加えて、ムチウチや腰痛などにも悩まされるようになったのです。

そんな私を見かねて、太極拳の仲間が「リハビリに役立つかも」と、古久澤靖夫先生が主宰するヨガや整体を組み合わせたブリージングストレッチ本院を紹介してくれました。
そこで、セルフケアとしてさまざまな体操とともに「正座あおむけ」を教わったのです。

正座あおむけは、文字通り、正座の姿勢から上半身を後ろに倒し、あおむけに寝た姿勢にして、両腕をバンザイさせるポーズのことです(基本的なやり方は「正座あおむけ」のやり方参照)。

ひざも腰も悪い私にとっては、難度の高いポーズで、当然のことながら最初はうまくできません。ひざが床からこぶし一つ分、日によってはそれ以上の高さまで浮いてしまうのです。また、太ももの前面が突っ張って痛みました。
ただ、痛めていた右ひざは、突っ張り感はあるものの、つらくなるほどの痛みは感じませんでした。

武術が得意な朝倉さん

あらゆる痛みと無縁!肩こりもない

正座あおむけは、おなかの筋肉のストレッチになるほか、痛みをはじめとする自分の体の状態に集中できるポーズです。
また、事故でゆがんだ私の体を治すのに役立つように感じられました。そこで、ほかの体操とあわせて自宅でも朝晩行うことにしたのです。

私は、正座あおむけの姿勢を作ったら、頭上へ伸ばした両腕を、息をゆっくりと吐きながらひざ側へ倒し、次に息をゆっくりと吸いながら頭上へ戻す、という動作を8~12回ほどくり返しています。こうすると、肋骨が動いてより深い呼吸ができるのです。

こうして、正座あおむけを続けていたところ、つっぱり感や痛みが3ヵ月ほどで気にならなくなりました。
当初は15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。

徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。

おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。以前の私は、冷たいビールを飲んだり冷房などで体を冷やしたりすると、よく腰が痛んでいましたが、今はあらゆる痛みと無縁です。肩もまったくこりません。体のゆがみが解消したと、実感しています。

過剰な食欲が抑えられ太りにくくなった

60㎏前後だった体重は、一時は53㎏まで落ちました(身長は159㎝)。今は55㎏前後で安定しています。
正座あおむけを続けていると余計な食欲がわかないような気がしています。

また、以前の私はおそらく胃下垂ぎみだったのだと思います。食べすぎたりお酒を飲みすぎたりすると、胃の重たい感じがありました。
それも、正座あおむけをすると即効で食べたものが収まるべきところへ収まるような心地よい感じがします。また、多少食べすぎても太りません。

大げさに聞こえるかもしれませんが、この15年で生き方も変わりました。以前の私は、人前で何かをするという行為が苦手でした。そんな私が、今は武術を指導するインストラクターをしているのです。
東洋医学では、内臓の状態と感情は関連していると考えます。私が精神的に積極的になったのは、正座あおむけで肋骨や内臓が引き上がったことと関係があるのかもしれません。

そのほか、煮詰まったときや、夜に寝付けないときにも、正座あおむけが役立ちます。呼吸が深くなり、心身がリラックスするのがわかります。
この先も、正座あおむけをする習慣は続けるつもりです。

毎日の正座あおむけで精神的に積極的になった

肋骨が上がり上半身のひざへの負担が減った(ブリージングストレッチ本指導講師・ブリージング整体師 チンパン)

朝倉さんのように、正座あおむけで太ももの前面が突っ張るかたは少なくありません。
中国医学では、太ももの前面には消化器の状態が表れると考えます。食べすぎの人はこの部位が硬くなりやすく、内臓が下垂している可能性もあります。
内臓下垂によって肋骨が下がると、上半身の重さがひざにのしかかります。朝倉さんも、内臓下垂だったのかもしれません。正座あおむけで改善したのは、肋骨が上がり、ひざや腰の負担が軽くなったからでしょう。また、以前よりも太りにくくなったのは、内臓が上がり、消化力も上がり、食欲が正常に戻ったためだと思われます。

「正座あおむけ」のやり方

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


天井がぐるぐる回るめまいと腰の激痛が「11円スリッパ」でピタリ解消

天井がぐるぐる回るめまいと腰の激痛が「11円スリッパ」でピタリ解消

職場で使用しているスリッパを使って10円硬貨と1円硬貨をはり付け、仕事中にはくことにしました。すると、1度もめまいが起こらなかったのです。「これは効いているみたい! 」とうれしくなりました。先日は職場で同僚から「なんだか最近、顔色が違う。元気になったね」と言われました。【体験談】小原栄子(会社員・59歳)


【肩こり・腰痛】揉まずに痛みを取る方法「耳刺激」のやり方

【肩こり・腰痛】揉まずに痛みを取る方法「耳刺激」のやり方

患部に痛みがあったり、炎症があったりする場合、腰や首をもんでも効果が出ないばかりか、かえって逆効果になることも多いのです。こうしたケースで大いに役立つのが、今回紹介する耳への刺激です。【解説】能見登志惠(とちの実健康倶楽部クリニック医師)


体が硬くてもできる!ポッコリ下腹解消ポーズの簡単なやり方

体が硬くてもできる!ポッコリ下腹解消ポーズの簡単なやり方

正座あおむけやその他のポーズを毎日行うと、肋骨の位置が上がり、それに伴って内臓も元の位置へ戻りやすくなります。すると、ポッコリ下腹やわき腹の肉のだぶつきが解消し、胃腸の調子も整い、肩や首のこりが解消します。【解説】チンパン(ブリージングストレッチ指導講師・ブリージング整体師)


【手首つかみのやり方】腰痛、ひざ痛、股関節痛が続々軽快するセルフケア

【手首つかみのやり方】腰痛、ひざ痛、股関節痛が続々軽快するセルフケア

痛みは、筋肉の硬直から起こります。筋肉がかたくなると、それに引っ張られて骨や関節がゆがみ、神経や血管が圧迫されて痛みが出ます。しかし、手首を押さえながら体を左右にねじると、筋肉が緩んで、骨が本来の正常な位置に戻ります。それによって神経や血管の圧迫がなくなり、痛みが取れていくのです。【解説】関口志行(ツバサ整骨院院長)


【オクラ水】私は逆流性食道炎の症状が改善!太いオクラで作るとネバネバが多い

【オクラ水】私は逆流性食道炎の症状が改善!太いオクラで作るとネバネバが多い

私は、朝いちばんに、コップ1杯分のオクラ水を飲んでいます。予想していたよりも味にクセはないので、寝起き直後でも無理なく飲めます。オクラ水を飲み続けて1ヵ月後、思わぬ効果が現れました。それは、逆流性食道炎の改善です。胃もたれがいつしか消えて、朝までグッスリと眠れるようになりました。【体験談】伊田晴子(主婦・71歳) 


最新の投稿


【スタンフォード式】疲労回復にいい食べ物・疲れない食事術を大公開!

【スタンフォード式】疲労回復にいい食べ物・疲れない食事術を大公開!

久々に帰国して驚いたのは、日本で普通に食事をすると、アスリートのための食事とは真逆で、疲労をためてしまう食事が多いということでした。特に気になったのは、砂糖があふれかえっていることです。糖質(炭水化物)の摂取も多いですね。【解説】山田知生(スタンフォード大学スポーツ医局アソシエイトディレクター・アスレチックトレーナー)


布施博が脊柱管狭窄症を克服!足の激痛と歩行困難から救った方法とは?

布施博が脊柱管狭窄症を克服!足の激痛と歩行困難から救った方法とは?

腰の辺りから肩甲骨の下辺りまで指圧しても、せいぜい3分程度しかかかりません。実際にやってみると、これがすごく気持ちいいんです!こわばっていた筋肉がほぐれていくのを実感できます。なにしろ、脊柱管狭窄症の症状が目に見えてよくなりましたね。右足に感じていた激痛が、すっかり治まったんです。【体験談】布施博(俳優)


金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

作った酢タマネギを、毎朝食べている納豆に混ぜて食べています。酢タマネギを混ぜる量は、私はカレースプーンに2杯、妻は1杯です。こうして毎日の朝食で酢タマネギを食べ続けていたら、耳鳴りの音が徐々に小さくなってきたのです。3ヵ月後には、日中はほとんど気にならなくなりました。【体験談】鈴木興起(無職・80歳)


老廃物を排出してむくみ改善!心身がスッキリする「塩カイロ」の作り方 ・やり方

老廃物を排出してむくみ改善!心身がスッキリする「塩カイロ」の作り方 ・やり方

今回、むくみの予防と改善のためにお勧めするのが「塩カイロ」です。塩カイロは、塩灸をアレンジした、手軽なセルフケアです。塩カイロは、お尻にある尾骨を温めます。尾骨周辺を塩カイロで温めることにより、こりやゆがみが解消し、自律神経のバランスが整って、血液やリンパの流れが改善するのです。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【炭酸水パックの美肌効果】ペットボトルでもOK?濃度(ppm)の目安はある?

【炭酸水パックの美肌効果】ペットボトルでもOK?濃度(ppm)の目安はある?

炭酸水につかると、その部位の毛穴から炭酸が浸透。体内で毛細血管に入り、血管内の酸素を細胞に送り出します。これを体が察知すると「酸素が足りていない」と勘違い。炭酸水につかっている部位に酸素を供給しようと、血液がドッと流れてきます。こうして血管が拡張され血流が改善するのです。【解説】齋藤真理子(山本メディカルセンター院長)