医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【NEWS】サルコペニア予防に期待!骨や筋肉を強化するメカニズムが判明

【NEWS】サルコペニア予防に期待!骨や筋肉を強化するメカニズムが判明

最新研究では胆汁酸で、食と運動が骨格筋を肥大化させるメカニズムが今回解明された。研究グループは、このメカニズムの活性機能を持つ食品成分(柑橘成分ノミリンなど)を報告。これらを筋力低下(サルコペニア)などの予防に応用することが期待されるという【リリース元】東京大学大学院農学生命科学研究科


胆汁酸受容体の活性化が、骨格筋の肥大化や筋力の増大を誘導する

 胆汁酸受容体は広く存在しており、食事後分泌される胆汁酸を感知し、さまざまな代謝改善効果があることが知られている。しかし骨格筋における胆汁酸受容体の機能については不明な点が多くあった。 

 東京大学大学院農学生命科学研究科獣医病理学研究室の佐藤隆一郎教授、佐々木祟助教らの研究によれば、胆汁酸受容体の活性化が骨格筋の肥大化や筋力の増大を誘導することが明らかになったという。

 そして骨格筋における胆汁酸受容体の発現量は運動後上昇したことから、運動と食事が相乗的に骨格筋機能を改善するという、これまで未知だった分子機構の存在が示唆された。これらのことにより、加齢による筋力低下(サルコペニア)を予防する新たな分子ターゲットなることが予想されるという。

加齢による筋力低下(サルコペニア)などの予防に応用されることが期待できる

 適切な運動と食事が相乗的に骨格筋機能を改善することは経験的に明らかだが、そのメカニズムの一端が明らかになった。現在超高齢社会を迎え、高齢者の骨格筋機能維持は健康寿命の延伸に欠かせない。特に加齢による筋力低下(サルコペニア)は、転倒による骨折や寝たきりになる主要原因として危険視されている。

 しかし高齢者にとって、適切な食事と運動習慣の維持は容易でなく、この胆汁酸シグナルが弱くなることは、高齢者の筋力低下一因であることが推測されるという。これに対し、研究グループは、胆汁酸受容体活性機能を持つ機能性食品成分(柑橘成分ノミリンなど)を複数報告している。これらを活用した筋力低下(サルコペニア)予防法の確立に期待がよせられている。



研究成果及び応用展開の概略図

 摂食後、血中胆汁酸濃度は上昇し、TRG5を介して筋機能を向上させる。TRG5は、胆汁酸を受容することで筋機能を改善。食と運動による筋重量、筋力増加の分子構造が明らかにされた。TRG5活性化を有する機能性食品成分は、高齢者の筋機能維持に貢献することが期待されているという。

東京大学大学院農学生命科学研究科獣医病理学研究室プレスリリースより

■用語解説
●胆汁酸
胆汁酸は胆汁の主要構成成分のひとつで、肝臓においてコレステロールから合成される。機能として脂肪や脂溶性ビタミンなどの消化と吸収を促進する。TGR5 が胆汁酸により活性化を受けることが報告されたことで、現在ではシグナル分子としても認知されている。

●TGR5
TGR5 は、全身に広く発現が認められる。 TGR5 を活性化することで肥満や糖尿病が改善することから、生活習慣病予防に向けた創薬および機能性食品のターゲットとして注目を集めている。

ニュースリリース
http://www.a.u-tokyo.ac.jp/topics/2018/20180702-1.html

論文
http://www.jbc.org/content/293/26/10322.short

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


ニュースリリース

関連する投稿


【NEWS】認知症予防効果 チーズの成分「乳清(ホエイ)」から発見

【NEWS】認知症予防効果 チーズの成分「乳清(ホエイ)」から発見

東京大学大学院農学生命科学研究科獣医病理学研究室、学習院大学、キリン株式会社の研究グループが、乳清(ホエイ)に含まれる認知機能改善成分であるペプチドを見出した。この認知機能改善成分を多く含むチーズを摂取することで認知症の予防が期待できるという。(東京大学大学院農学生命科学研究科獣医病理学研究室2018年9月1日発表)


最新の投稿


布施博が脊柱管狭窄症を克服!足の激痛と歩行困難から救った方法とは?

布施博が脊柱管狭窄症を克服!足の激痛と歩行困難から救った方法とは?

腰の辺りから肩甲骨の下辺りまで指圧しても、せいぜい3分程度しかかかりません。実際にやってみると、これがすごく気持ちいいんです!こわばっていた筋肉がほぐれていくのを実感できます。なにしろ、脊柱管狭窄症の症状が目に見えてよくなりましたね。右足に感じていた激痛が、すっかり治まったんです。【体験談】布施博(俳優)


金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

作った酢タマネギを、毎朝食べている納豆に混ぜて食べています。酢タマネギを混ぜる量は、私はカレースプーンに2杯、妻は1杯です。こうして毎日の朝食で酢タマネギを食べ続けていたら、耳鳴りの音が徐々に小さくなってきたのです。3ヵ月後には、日中はほとんど気にならなくなりました。【体験談】鈴木興起(無職・80歳)


老廃物を排出してむくみ改善!心身がスッキリする「塩カイロ」の作り方 ・やり方

老廃物を排出してむくみ改善!心身がスッキリする「塩カイロ」の作り方 ・やり方

今回、むくみの予防と改善のためにお勧めするのが「塩カイロ」です。塩カイロは、塩灸をアレンジした、手軽なセルフケアです。塩カイロは、お尻にある尾骨を温めます。尾骨周辺を塩カイロで温めることにより、こりやゆがみが解消し、自律神経のバランスが整って、血液やリンパの流れが改善するのです。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【炭酸水パックの美肌効果】ペットボトルでもOK?濃度(ppm)の目安はある?

【炭酸水パックの美肌効果】ペットボトルでもOK?濃度(ppm)の目安はある?

炭酸水につかると、その部位の毛穴から炭酸が浸透。体内で毛細血管に入り、血管内の酸素を細胞に送り出します。これを体が察知すると「酸素が足りていない」と勘違い。炭酸水につかっている部位に酸素を供給しようと、血液がドッと流れてきます。こうして血管が拡張され血流が改善するのです。【解説】齋藤真理子(山本メディカルセンター院長)


貧血を改善する食べ物は海苔がおすすめ!しつこい疲れや憂うつな気分も解消する

貧血を改善する食べ物は海苔がおすすめ!しつこい疲れや憂うつな気分も解消する

実は日本は、貧血大国です。50歳未満の健康な日本人女性1万 3000人以上を対象にした調査で、22.3%の人が貧血に相当し、そのうち25.2%は重度の貧血という結果が出ているほどです。女性に最も多いのは、貧血の約2/3を占めると言われる「鉄欠乏性貧血」です。【解説】山本佳奈(ときわ会常磐病院・ナビタスクリニック内科医)