【カチカチの頭皮をほぐす効果】眼精疲労と溜まっていたストレスから解放

【カチカチの頭皮をほぐす効果】眼精疲労と溜まっていたストレスから解放

実は定年で退職してから、家の中で我慢することが多くなっていたのです。夫が自宅で仕事をしているのですが、納期が近づくと空気が張りつめてきます。1日じゅう一緒にいる私もその空気に巻き込まれて、いつも緊張していました。それをずっと我慢していたのです。【体験談】白石友子(仮名・主婦・66歳)


家庭内でストレスがあり我慢していた

一昨年あたりから左のひざが痛むようになりました。友人の勧めで田園調布長田整形外科に行ったところ、初診でいきなり長田夏哉先生に「なにか我慢をしていませんか?」と聞かれたのです。

最初は「なんのこと?」と思いましたが、よくよく考えてみると、思い当たることがありました。
実は定年で退職してから、家の中で我慢することが多くなっていたのです。夫が自宅で仕事をしているのですが、納期が近づくと空気が張りつめてきます。1日じゅう一緒にいる私もその空気に巻き込まれて、いつも緊張していました。それをずっと我慢していたのです。

診察ではレントゲンも撮り、整形外科の治療も受けつつ、院内の体操教室などのリハビリを受けることになりました。1年ほど前からは、月に一度のペースで「頭皮セラピー」も受けています。

頭皮セラピーの説明書に「緊張が緩む」というようなことが書いてあるのを読んだとき、すぐに受けてみたいと思いました。ピリピリした緊張から解放されるというのは、私にとって魅力的だったからです。

心が解きほぐされたような解放感!

初めて頭皮セラピーを受けたとき、私の頭皮はカチカチでした。後頭部をほぐしてもらったり、目の後ろをもんでもらったり、頭皮セラピーを受けている間は、とにかく気持ちがよかったです。施術後、頭皮はやわらかくなり、心が解きほぐされたような解放感がありました。

それと同時に、目がスッキリして、視界が広く明るくなりました。私は左右の視力が極端に違うのですが、何十年もそれで見てきたので、眼精疲労がたまっているとは思っていませんでした。でも、こんなに目が見えて、スッキリしたというのは、かなり疲れていたのだと思います。

頭皮セラピーを受けるようになってからは、自分で気持ちのコントロールができるようになりました。そして、左ひざの痛みもかなり改善してきています。心が元気になると体も元気になる、最初はその関係性が不思議でしたが、今は少しずつわかってきました。

視界が広く明るくなった

長年の感情や思考のパターンからも解放される(田園調布長田整形外科院長 長田夏哉)

眼精疲労は脳疲労の症状の一つですが、単なる疲れ目と違って、日常的にパソコンやスマホを使うことで、気づかないうちに蓄積します。白石さんは頭皮がほぐれたことにより、長年の自分の感情・思考パターンから解きほぐされ、本来の自律神経のバランスを取り戻したのだと思います。

「目の後ろを押す」「後頭部ほぐし」のやり方
この記事は『ゆほびか』2018年10月号に掲載されています
 

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【脳疲労の取り方】イライラ解消や性格改善「目の後ろ」を押す効果を医師が解説

【脳疲労の取り方】イライラ解消や性格改善「目の後ろ」を押す効果を医師が解説

人間は社会を生き抜くため、生きがいを得るために痛みや不調など、体が発する少々のサインなら無視して、我慢して生きようとします。こうして体と脳との間にズレが生じていきます。自分の脳の疲労を「疲労感」として受け取れていないかたがとても多いです。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


辛い、悲しい時に。自律神経を整えてストレスを解消する「手振り瞑想」のやり方

辛い、悲しい時に。自律神経を整えてストレスを解消する「手振り瞑想」のやり方

念仏の念の字は「今の心」と書きますが、過ぎ去った過去を悔やんだり、まだ来ない未来を心配したりしないで、今の心を感じて生きるのは、まさに心の安定を得る秘訣です。手振り瞑想は、そのためにもピッタリで、「動く念仏」とも言えます。【解説】樋田和彦(ヒダ耳鼻咽喉科・心療内科院長)


ストレスは寝る前に解消! リラックスして眠りにつくための「呼吸」をマスター

ストレスは寝る前に解消! リラックスして眠りにつくための「呼吸」をマスター

不眠の原因はさまざまですが、最近多いのは「昼間のストレスを解消しきれず、なかなか寝つけない」というタイプです。そんなとき、脳の興奮を鎮め、心身をリラックスさせるのが、4・7・8呼吸です。入浴中や寝室に入る前、布団に入ってから行ってもけっこうです。【解説】本田宏(外科医・前栗橋病院院長補佐)


「脳マッサージ」で顔はここまで変わる!  雑念が消えてスッキリ前向きに

「脳マッサージ」で顔はここまで変わる! 雑念が消えてスッキリ前向きに

上司のイライラした様子や、昔、よく目にした母のつらそうな表情などの断片が浮かんでは消え、頭の中は常にザワザワしていた状態でした。そのため頭が休まるときがなかったのです。脳マッサージを受けた瞬間、頭の中を騒がせていた雑念がすっかり消え、無になりました。【体験談】森若奈(会社員・45歳)


脳外科医が勧める「瞑想」の効果 脳機能低下によるストレスを取り除く方法

脳外科医が勧める「瞑想」の効果 脳機能低下によるストレスを取り除く方法

人間の脳の機能は、大まかに分けて三層の構造からなっています。一層目は「生命脳」、二層目は「動物脳」、三層目を「人間脳」と呼びます。ストレスを受けると、自らを守ろうとして動物脳が反射的に作動するのです。そして動物脳が暴走すると、脳の働きにさまざまな不具合が生じてしまうのです。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


最新の投稿


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)


【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

あまりに寝過ぎると、レム睡眠が急激に増え、ノンレム睡眠がほとんど起こらなくなります。睡眠中は、十分な酸素供給が行われないため、脳は酸素不足の状態です。そんな状態のところに、脳が活発に働くレム催眠が増えると、脳は疲労回復どころか、かえって疲労してしまいます。【解説】保坂隆(保坂サイコオンコロジー・クリニック院長)


夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)


歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)


便秘や痔の改善におすすめ!腸から健康になる食事は「甘酒寒天」

便秘や痔の改善におすすめ!腸から健康になる食事は「甘酒寒天」

便秘を食事で改善しようとする際に、重要なのが、食物繊維です。寒天は、水溶性と不溶性、両方の食物繊維を含むため、機能性食品として、大変理想的です。甘酒は発酵食品ですから、まさに微生物のかたまりです。腸内に入ると、乳酸菌などの善玉菌を増やします。痔の改善にも、いい効果が上がっています。【解説】平田雅彦(平田肛門科医院院長)