MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)

交感神経が緩んだのが数値でわかった!

生まれ持ったものなのか、私は自律神経(※)の副交感神経が優位になりにくい体質のようです。

それがわかったのは、1年ぐらい前に田園調布長田整形外科に診てもらってからです。長田整形外科では診療のほかに、いろいろなプログラムがあり、それを受けた前後に専用の機器で自律神経を測定するので、変化がはっきりわかるのです。

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。

そんなある日、院内のパンフレットで「頭皮セラピー」というのがあることを知りました。「頭の疲れが取れるんだ。体験してみたいな」と思い、受けてみることにしたのです。

初めて頭皮セラピーを受けたときは、「気持ちいいな〜」と思ったくらいでした。しかし施術後に測った自律神経の数値では、いつもより交感神経の緊張が緩んでいました。

そして、先日、2回目の頭皮セラピーを受けました。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。


※自分の意志とは関係なく、体の機能を維持・調節する神経。交感神経と副交感神経がある

1日じゅう目がくっきり冴えている!

その夜のこと、私はスッと眠りに入り、朝までぐっすり眠ることできました。目覚めもとてもよかったのです。いつも私は眠りがとても浅く、かすかな音でも起きてしまいます。しかし、この日はそんなことがまったくなく、まさに「質のよい眠り」を得た気持ちです。

また、目がとてもスッキリしました。いつもなら夕方になると目がショボショボして見えづらくなり、新聞の文字もぼやけてよく見えなくなります。しかし、この日は昼間と同じようにくっきり見えたのです。

私自身、肩や首のこりはあまり感じないのですが、頭皮セラピーのインストラクターのかたに「首がむくんでいますよ」と言われたので、自分では気づかない疲れがそこにたまっていたのでしょう。これも目の後ろを押したり、後頭部をほぐしてもらったりしたら、首や肩がスッと軽くなったので驚きました。

睡眠の質がグンと上がった!

心地よい刺激が脳内のセロトニンを増やす(田園調布長田整形外科院長 長田夏哉)

頭皮セラピーによる心地よい触覚刺激は、ストレス中枢の働きを抑制するオキシトシンの分泌を促進し、脳内のセロトニンを増やします。その結果、メラトニンというホルモン分泌が促進され、西野さんのように「質の良い睡眠」を取り戻すかたがたくさんいらっしゃいます。

この記事は『ゆほびか』2018年10月号に掲載されています
この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
実は定年で退職してから、家の中で我慢することが多くなっていたのです。夫が自宅で仕事をしているのですが、納期が近づくと空気が張りつめてきます。1日じゅう一緒にいる私もその空気に巻き込まれて、いつも緊張していました。それをずっと我慢していたのです。【体験談】白石友子(仮名・主婦・66歳)
人間は社会を生き抜くため、生きがいを得るために痛みや不調など、体が発する少々のサインなら無視して、我慢して生きようとします。こうして体と脳との間にズレが生じていきます。自分の脳の疲労を「疲労感」として受け取れていないかたがとても多いです。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)
念仏の念の字は「今の心」と書きますが、過ぎ去った過去を悔やんだり、まだ来ない未来を心配したりしないで、今の心を感じて生きるのは、まさに心の安定を得る秘訣です。手振り瞑想は、そのためにもピッタリで、「動く念仏」とも言えます。【解説】樋田和彦(ヒダ耳鼻咽喉科・心療内科院長)
上司のイライラした様子や、昔、よく目にした母のつらそうな表情などの断片が浮かんでは消え、頭の中は常にザワザワしていた状態でした。そのため頭が休まるときがなかったのです。脳マッサージを受けた瞬間、頭の中を騒がせていた雑念がすっかり消え、無になりました。【体験談】森若奈(会社員・45歳)
人間の脳の機能は、大まかに分けて三層の構造からなっています。一層目は「生命脳」、二層目は「動物脳」、三層目を「人間脳」と呼びます。ストレスを受けると、自らを守ろうとして動物脳が反射的に作動するのです。そして動物脳が暴走すると、脳の働きにさまざまな不具合が生じてしまうのです。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)
最新記事
熱中症は7月8月の日中に最も多く見られます。熱中症は、乳幼児から高齢者まであらゆる年代で起こる病気です。なかでも高齢者は重症化する場合が多いのです。また服薬や持病のある方も熱中症にかかりやすいリスクがあるといえるでしょう。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)
熱中症は私たちの日常生活の中での注意や工夫で予防することができます。たとえば、服装です。また、水分補給についても、実は「水分」だけを補給するのではいけません。そのほかに、エアコン等の空調の使い方のコツなどをご紹介します。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)
手洗いの時間の目安は、おおよそ30秒。次のような手順で洗っていくと、少なくともそれくらいの時間が必要であることが実感できるでしょう。
新型コロナウイルスには、まだ特効薬やワクチンはなく、感染しないための予防法を徹底することが重要です。自分一人ひとりができる感染症対策のポイントをチェックしてみましょう。
コンブを水に漬けて冷蔵庫で10日ほど発酵させ、乳酸菌と酵母を培養する「コンブ酵母」が話題になっています。コンブ特有のにおいが軽減し、旨みが濃くなるので、そのまま飲んでも、料理に使ってもよし!食生活に取り入れる人が急増中です。コンブ酵母の作り方と、コンブ酵母の活用レシピをご紹介します!【レシピ】COBOウエダ家

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt