【鍼灸師】首の痛み、頸椎脊柱管狭窄症が改善する「中指もみ」 の効果

【鍼灸師】首の痛み、頸椎脊柱管狭窄症が改善する「中指もみ」 の効果

頸椎の椎間板が変性・変形してしまう椎間板ヘルニアや、脊柱管と呼ばれる神経の通り道が狭くなる脊柱管狭窄症などの病気によって、首に激痛が起こることも。これらすべての首の痛みに対して有効なセルフケアの方法「中指もみ」をご紹介します。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


即効性が高いうえどこでも簡単にできる!

 脳と体とをつなぐ「首」は、全身のなかでも、とても重要な場所です。首の骨は頸椎と呼ばれ、七つの小さな骨(椎骨)が縦に積み重なった構造をしています。椎骨と椎骨との間には、椎間板と呼ばれるクッションの役割をする組織があり、椎骨の中央の空洞には、脊髄神経が通っています。

 私たちの頭は、5〜7kgもの重さがあり、それを支えている首には、常に大きな負荷がかかっています。そして、首は前後左右によく動くため、ふとした衝撃や、姿勢の悪化によって、痛みやコリが生じやすい部位なのです。

 頸椎の椎間板が変性・変形してしまう椎間板ヘルニアや、脊柱管と呼ばれる神経の通り道が狭くなる脊柱管狭窄症などの病気によって、首に激痛が起こることも少なくありません。
 今回ご紹介する「指もみ」は、これらすべての首の痛みに対して有効なセルフケアの方法です。
 私は鍼灸師として、手のツボを鍼などで刺激する「手指鍼」という施術法を、20年ほど前から取り入れています。

 手の指には、全身をカバーできるほど数多くのツボがあり、それらを目的に応じて刺激することによって、あらゆる症状の改善に役立てることができます。まさに、手指は全身の縮図といえるのです。
 手指のツボ押しは、足や耳などに比べて、手軽に行うことができます。また、即効性が高いところも大きな利点です。 

 鍼による手指鍼は、ピンポイントでツボに刺激を与えられるため、そのぶん効果が高いのですが、素人が自宅で行うのは容易ではありません。そこで、代わりとなる方法として考案したのが、指もみです。症状に対応した指のポイントを、もう片方の手で刺激するだけなので、これならどこでもだれでも簡単に行うことができます。

ステロイドの効かない右手のマヒが大改善!

 首の痛みに対応するのは、両手の中指の第1関節と第2関節の間です。ここを、もう片方の手の親指と人差し指の股ではさみ、グリグリと左右に回転させながら、片方につき30秒ほど刺激します。指もみ専用のリングもあるので、こちらを使って刺激するのもいいでしょう。

 実際に、中指もみによって、頸椎ヘルニアと、首の脊柱管狭窄症が劇的に改善したかたがいらっしゃいます。
 長年、雑誌の編集に携わっているMさんは、ある朝目が覚めると、自分の右手の指が全く動かなくなっていました。病院で検査を受けると、頸椎ヘルニアと首の脊柱管狭窄症だと診断されました。それによって、脊髄から出ている神経が圧迫されて、指が動かなくなっていたようなのです。

 Mさんは、病院から処方されたステロイド剤を飲んでいましたが、全く効果が現れなかったため、中指もみを試みることにしました。コリを感じる中指を重点的に刺激するようにしたところ、全く動かなかった右手の指が徐々に回復していき、左手と同じぐらいの握力にまで回復したのです。おかげで手術も回避でき、今ではなんの支障もなく日常生活を送れるようになったと喜んでいます。

 このように、中指もみですぐに効果が現れることも多いので、ぜひ一度お試しください。

松岡佳余子
1948年、和歌山県生まれ。アジアンセラピー協会理事、鍼灸師。鍼灸をさらに発展させた手指鍼で、高い治療効果を上げている。著書に『指をもむと病気が治る! 痛みが消える!』(マキノ出版)などがある。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【原因は猫背】姿勢の悪さが腰痛、めまい、うつ、脳梗塞をも招くと医師解説

【原因は猫背】姿勢の悪さが腰痛、めまい、うつ、脳梗塞をも招くと医師解説

よい姿勢とは、健康状態のバロメーターです。反対にネコ背は、あなたが想像する以上に、体全体に悪影響を及ぼします。ネコ背の悪影響として、最初に思い浮かべるのは見た目の悪さではないでしょうか。よい姿勢は、見た目の印象はもちろん、あなたの健康状態も左右するのです。【解説】平泉裕(昭和大学医学部整形外科学講座客員教授)


【腕のしびれ】頚椎症とは違う手根管症候群、肘部管症候群、胸郭出口症候群とは?

【腕のしびれ】頚椎症とは違う手根管症候群、肘部管症候群、胸郭出口症候群とは?

腕や手にしびれを起こして、頸椎症性神経根症と間違われやすい病気としては、以下の三つがあげられます。手根管症候群、肘部管症候群、胸郭出口症候群です。【回答】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【腕のしびれ】痛みの原因、治し方、対処方法を整形外科医が解説

【腕のしびれ】痛みの原因、治し方、対処方法を整形外科医が解説

頸椎症性神経根症の人が、生活の中で急に腕のしびれや痛みを感じたときは、症状のある腕を肩より高く持ち上げると、やわらぐことが多いものです。腕を持ち上げると、傷んでいる神経がゆるむからです。立っているときなら、症状が出たほうのひじを軽く曲げて持ち上げます。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


首が痛い人【頚椎症】の「枕選び」 首を反らす枕や、低い枕にご注意!

首が痛い人【頚椎症】の「枕選び」 首を反らす枕や、低い枕にご注意!

最近は、首に当たる部分が隆起し、後頭部が下がる形の枕がふえています。これは、健康な人ならよいのですが、頸椎症の人、なかでも頸椎症性神経根症などの人が使うと、神経の圧迫を強くして症状を悪化させるおそれがあります。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症】腰痛原因は脳の「圧迫ストレス」?脳脊髄液を流して改善できる呼吸法

【椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症】腰痛原因は脳の「圧迫ストレス」?脳脊髄液を流して改善できる呼吸法

私は、50年以上にわたる治療家人生で、幾種もの治療法を学び、研究してきました。そしてわかったのは、脳脊髄液の循環をよくすることで、腰痛などのつらい症状や、多くの病気が改善するということです。【解説】宮野博隆(ミヤノ・ヒーリング・ラボ院長・鍼灸師)


最新の投稿


【高血圧を予防】腸内環境を整え 血圧を下げる「大根おろし」の効果とは

【高血圧を予防】腸内環境を整え 血圧を下げる「大根おろし」の効果とは

私は、「腸を整えることが健康の要」と考えていますが、その腸を整える食事として「大根おろし」ほど優れた食べ物はないからです。私たちが病気になるのは、今まで日本人が食べてこなかった、体質に合わない食事をするようになったからです。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長)


【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

ブロッコリーは、野菜の中でも栄養が飛び抜けて豊富で、多くの健康効果や美容、ダイエットにも効果を期待できる、まさに「野菜の王様」です。体にいい成分の宝庫であるブロッコリーを、積極的に食生活に取り入れない理由はありません。【解説】木村至信(秋山眼科医院耳鼻咽喉科部長、木村至信BANDリーダー)


【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

手のしびれ、肩こり、五十肩、腱鞘炎、腕や手の疲れとそれによる痛みなど、手・腕・肩のトラブルに悩まされている人は多いものです。わずか1〜2分で簡単にできるバンザイ手首振りは、血液とリンパ(体内の余分な水分や老廃物、毒素などを運び出す体液)の流れを劇的に改善させます。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

便秘は①大腸の動きが遅く便がなかなか直腸まで下りてこない②便は直腸まで下りてきているが、うまく排出できない のタイプです。②を「直腸性便秘」と呼びます。便意を感じにくくなる、便が非常に硬くなる、残便感がある、排便時に痛みや違和感があるなどの特徴があります。【解説】高野正太(大腸肛門病センター高野病院肛門科部長)


【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

ピーナッツと酢を組み合わせた「酢ピーナッツ」は、さまざまな健康効果をいいとこ取りした食品です。カリカリ食感とほどよい酸味が絶妙で、お茶請けやお酒のおつまみなどにぴったり!漬けるだけでできる超簡単な酢ピーナッツを、ぜひ皆さんもお試しください!【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)