【鍼灸師】首の痛み、頸椎脊柱管狭窄症が改善する「中指もみ」 の効果

【鍼灸師】首の痛み、頸椎脊柱管狭窄症が改善する「中指もみ」 の効果

頸椎の椎間板が変性・変形してしまう椎間板ヘルニアや、脊柱管と呼ばれる神経の通り道が狭くなる脊柱管狭窄症などの病気によって、首に激痛が起こることも。これらすべての首の痛みに対して有効なセルフケアの方法「中指もみ」をご紹介します。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


即効性が高いうえどこでも簡単にできる!

 脳と体とをつなぐ「首」は、全身のなかでも、とても重要な場所です。首の骨は頸椎と呼ばれ、七つの小さな骨(椎骨)が縦に積み重なった構造をしています。椎骨と椎骨との間には、椎間板と呼ばれるクッションの役割をする組織があり、椎骨の中央の空洞には、脊髄神経が通っています。

 私たちの頭は、5〜7㎏もの重さがあり、それを支えている首には、常に大きな負荷がかかっています。そして、首は前後左右によく動くため、ふとした衝撃や、姿勢の悪化によって、痛みやコリが生じやすい部位なのです。

 頸椎の椎間板が変性・変形してしまう椎間板ヘルニアや、脊柱管と呼ばれる神経の通り道が狭くなる脊柱管狭窄症などの病気によって、首に激痛が起こることも少なくありません。
 今回ご紹介する「指もみ」は、これらすべての首の痛みに対して有効なセルフケアの方法です。
 私は鍼灸師として、手のツボを鍼などで刺激する「手指鍼」という施術法を、20年ほど前から取り入れています。

 手の指には、全身をカバーできるほど数多くのツボがあり、それらを目的に応じて刺激することによって、あらゆる症状の改善に役立てることができます。まさに、手指は全身の縮図といえるのです。
 手指のツボ押しは、足や耳などに比べて、手軽に行うことができます。また、即効性が高いところも大きな利点です。 

 鍼による手指鍼は、ピンポイントでツボに刺激を与えられるため、そのぶん効果が高いのですが、素人が自宅で行うのは容易ではありません。そこで、代わりとなる方法として考案したのが、指もみです。症状に対応した指のポイントを、もう片方の手で刺激するだけなので、これならどこでもだれでも簡単に行うことができます。

ステロイドの効かない右手のマヒが大改善!

 首の痛みに対応するのは、両手の中指の第1関節と第2関節の間です。ここを、もう片方の手の親指と人差し指の股ではさみ、グリグリと左右に回転させながら、片方につき30秒ほど刺激します。指もみ専用のリングもあるので、こちらを使って刺激するのもいいでしょう。

 実際に、中指もみによって、頸椎ヘルニアと、首の脊柱管狭窄症が劇的に改善したかたがいらっしゃいます。
 長年、雑誌の編集に携わっているMさんは、ある朝目が覚めると、自分の右手の指が全く動かなくなっていました。病院で検査を受けると、頸椎ヘルニアと首の脊柱管狭窄症だと診断されました。それによって、脊髄から出ている神経が圧迫されて、指が動かなくなっていたようなのです。

 Mさんは、病院から処方されたステロイド剤を飲んでいましたが、全く効果が現れなかったため、中指もみを試みることにしました。コリを感じる中指を重点的に刺激するようにしたところ、全く動かなかった右手の指が徐々に回復していき、左手と同じぐらいの握力にまで回復したのです。おかげで手術も回避でき、今ではなんの支障もなく日常生活を送れるようになったと喜んでいます。

 このように、中指もみですぐに効果が現れることも多いので、ぜひ一度お試しください。

松岡佳余子
1948年、和歌山県生まれ。アジアンセラピー協会理事、鍼灸師。鍼灸をさらに発展させた手指鍼で、高い治療効果を上げている。著書に『指をもむと病気が治る! 痛みが消える!』(マキノ出版)などがある。

〈松岡佳余子先生解説の他記事は以下参照〉

【人に言いづらい症状に】頻尿や尿もれに効いた大反響のセルフケア「指切りげんまん」法
「指切りげんまん」で尿もれが治った私の話
【即効】股関節の痛みや違和感を「小指刺激」で治す
【やり方】股関節の違和感がすぐに治った「小指刺激」の効果
鍼灸師がこっそり教える【即効】指のまた刺激ーどこをどうやって?
【ツボ】ストレスを解消し、うつの症状が改善する「中指の1点刺激」のやり方

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【股関節が原因】脊柱管狭窄症は歩き方でわかる!自分で痛みを取るやり方「骨盤ゆらし」大公開

【股関節が原因】脊柱管狭窄症は歩き方でわかる!自分で痛みを取るやり方「骨盤ゆらし」大公開

脊柱管狭窄症のかたの場合、体が必ずといっていいほど左右あるいは前後に傾いているものです。脊柱管狭窄症の症状を改善するためには、骨盤のゆがみを正す必要があります。そのために実践する方法が「骨盤ゆらし」です。【解説】川井太郎(川井筋系帯療法治療センター院長)


【痛みの専門医】脊柱管狭窄症や坐骨神経痛の痛みが悪化する「ストレス冷え」とは

【痛みの専門医】脊柱管狭窄症や坐骨神経痛の痛みが悪化する「ストレス冷え」とは

体が冷えていると、体が緊張して、交感神経が優位の状態が続きます。すると、血管と筋肉が収縮し、血流が滞りがちになります。血行が悪くなれば、組織に酸素や栄養素がじゅうぶんに行き渡りません。それが、痛みの悪化の要因となるのです。【解説】富永喜代(富永ペインクリニック院長)


【痛みの専門医も愛用】重度の座骨神経痛が消失し脊柱管狭窄症も改善する「しり巻き」

【痛みの専門医も愛用】重度の座骨神経痛が消失し脊柱管狭窄症も改善する「しり巻き」

現代人の多くは、仕事や人間関係で大きなストレスを感じながら、日々生活しています。慢性的なストレスは、私たちの自律神経のバランスをくずし、重度の冷えを招きかねません。【解説】富永喜代(富永ペインクリニック院長)


【原因や症状】腰部脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニア、閉塞性動脈硬化症との違いはコレ

【原因や症状】腰部脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニア、閉塞性動脈硬化症との違いはコレ

脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニアは、神経が圧迫されることによって症状が出る点では同じです。痛みとしびれという共通項もあるため、この2つを誤認しないことが重要です。そこで、両者の簡単な見分け方を示しておきましょう。脊柱管狭窄症の前兆も紹介します。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院院長・整形外科医・カイロプラクター)


【セルフ指圧】坐骨神経痛の症状にすぐに効く「鼠径部押し」 痛みやしびれが軽快

【セルフ指圧】坐骨神経痛の症状にすぐに効く「鼠径部押し」 痛みやしびれが軽快

そけい部押しは、座骨神経の機能が回復して、痛みやしびれが出にくくなります。脊柱管狭窄症の代表的な症状である間欠性跛行にも効果的です。間欠性跛行とは、歩行中、足に痛みやしびれが生じて歩けなくなる症状のことです。【解説者】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長 自律神経免疫治療研究所所長)


最新の投稿


【糖尿病予防の極意】「糖質制限」を医師が解説! ― ケトン体とは何か?数値が高いと危険?

【糖尿病予防の極意】「糖質制限」を医師が解説! ― ケトン体とは何か?数値が高いと危険?

これまで糖質制限の危険な面として糖質制限をした際に「ケトン体」が上昇する点が挙げられてきました。ケトン体が増えてケトアシドーシスになると、嘔吐、疲労感、脱力感など、さらに悪化すると死に至るとされてきました。しかし、それは誤解であり、数値を気にする必要はないのです。【解説】宗田哲男(宗田マタニティクリニック院長)


【やり方】注射もリハビリも効かないひざ痛が改善!5カ所の「筋肉はがし」

【やり方】注射もリハビリも効かないひざ痛が改善!5カ所の「筋肉はがし」

ひざ痛を解決するには、炎症を抑えるのではなく、かたくなった筋肉をほぐし、軟骨にかかる圧力を軽減することが重要になります。この理論に納得した私は、すぐに天城流の「筋肉はがし」を治療に取り入れました。すると、患者さんのひざ痛がどんどん改善していったのです。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


【医師解説】ストレスの原因はパンツ!?下着を脱いで眠ればよく眠れる、血圧が下がる!

【医師解説】ストレスの原因はパンツ!?下着を脱いで眠ればよく眠れる、血圧が下がる!

昼から夜へ移行するとき、交感神経から副交感神経へと自然にスイッチが切り替わります。しかし、その切り替えを妨げるものがあります。有力な原因の一つが、社会的なストレスです。そして、もう一つ。それが、「パンツストレス」です。【解説】丸山淳士(五輪橋産婦人科小児科病院名誉理事長・医学博士)


【股関節痛の改善】名鍼灸師が太鼓判「腰ひも療法」は骨盤が整い痛みが取れる理にかなった方法!

【股関節痛の改善】名鍼灸師が太鼓判「腰ひも療法」は骨盤が整い痛みが取れる理にかなった方法!

これまで私は30年以上にもわたり、5万人を超える人を施術してきました。そのなかで、特に多い悩みが、腰や股関節、ひざなどの慢性的な痛みです。そして、慢性痛を抱える多くのかたに共通しているのが、「骨盤が整っていない」ということです。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


【作り方&やり方】47歳の超美肌モデルが毎日実践する「米クリームパック」

【作り方&やり方】47歳の超美肌モデルが毎日実践する「米クリームパック」

47歳とはとても思えない、色白美肌の持ち主としても知られる、モデルの水谷雅子さん。そんな水谷さんの美の秘訣が、今回ご紹介する「米クリームパック」です。【解説】水谷雅子(美容研究家・主婦モデル)


ランキング


>>総合人気ランキング