医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

思春期でもニキビ知らず! 「ミョウバン水」を活用したわが家の入浴法を教えます

思春期でもニキビ知らず! 「ミョウバン水」を活用したわが家の入浴法を教えます

わが家の子どもたちは、3人とも、部活動はスポーツをしています。運動部で、特に男の子だと思春期にはニキビが出がちですが、うちの子どもたちはニキビとは無縁でした。ミョウバン水は無臭で肌にもやさしく、しかも安く手作りできるので、これからも愛用していきます。【体験談】石川淑子(仮名・パート勤務・53歳)


子どもたちは運動部なのにニキビとは無縁

 今から20年以上前、夫のアトピー性皮膚炎を診ていただいていた今井龍弥先生から、手作りの「ミョウバン水」と「美肌水(尿素グリセリン水溶液)」のことを教わりました。
 以来、洗面所に常備して家族全員で愛用しています。
 ミョウバン水は、まとめて作った原液をペットボトルに保存し、原液を10倍に薄めたものをスプレー容器に入れて使っています。

 入浴のときは、浴槽のお湯にコップ約3分の1のミョウバン原液と、10円玉硬貨20枚を入れています。この「ミョウバン銅貨浴」は、お湯がやわらかくなり、入浴後は肌の油分を適度に残しつつもサッパリするので、とても快適です。普段はあたりまえになっていますが、たまに自宅以外のお風呂に入ると湯上りの肌の感触が違うので、「やっぱりミョウバン銅貨浴はいいな」と実感します。

 暑い夏休みに、実家に3泊して普通の白湯のお風呂に入っていたところ、おでこや首すじに赤いブツブツが出てきました。あせもかもしれないと思いましたが、自宅に戻ってミョウバン銅貨浴を再開すると、肌のブツブツが1日でずいぶんよくなり、1週間後にはすっかり元に戻りました。

 わが家の子どもたちは、3人とも、部活動はスポーツをしています。運動部で、特に男の子だと思春期にはニキビが出がちですが、うちの子どもたちはニキビとは無縁でした。これもミョウバン水のおかげだと思っています。

アトピーの夏のかゆみにタオルや衣類が効いた

 ミョウバン水は、汗のニオイやベタつきが気になる季節には、特に重宝します。お風呂上がりや外出前に、わきの下などにミョウバン水をスプレーしておくと、ニオイやベタつきが気になりません。

 アトピーの長男は、普段は肌のカサカサやかゆみも治まっていますが、夏になると、汗を多くかき、かゆみが出ます。それで、今井先生に、衣服をミョウバン液に浸す方法を教えてもらいました。

 運動をして汗をかいた後、着替えるときにミョウバン水に浸してから干した「ミョウバンタオル」で体を拭く。タオルが用意できないときは、洗い上がった洗濯物を、ミョウバン水に浸してから干したものを着てもOKです。そのようにすると、肌の状態がよくなるのか、かゆみがずいぶん抑えられるようです。
 ミョウバン水は無臭で肌にもやさしく、しかも安く手作りできるので、これからも愛用していきます。

お風呂、デオドラント、夏のアトピー対策に大活躍のミョウバン水

「ミョウバン原液」の作り方

【監修】今井龍弥(開業医)

【用意するもの】
焼ミョウバン:50g(1袋30gならば2袋)
1Lサイズのペットボトル

❶ペットボトル半分の水道水を入れ、沸騰したら火を止め、残りの水道水も入れる

❷ペットボトルに、焼ミョウバン50g(30gの袋の場合は2袋)を入れる

❸ペットボトルにやかんのお湯1Lを注ぎ入れる
※やかんがステンレス製の場合、水を沸騰させた状態で直接やかんに焼ミョウバンを入れると、ステンレスが緑色に変色する可能性があります。ご注意ください

❹最初は白濁しているが、落ち着くと透明になる。誤用を防ぐため油性ペンでわかりやすく書いておく

「ミョウバン銅貨浴」のやり方

【監修】今井龍弥(開業医)

ミョウバン銅貨浴は、至って簡単です。オクラなどを売る際に入っているくらいの網袋に、10円硬貨を20枚以上入れ、浴槽に入れておきます。そこへ、ミョウバン原液を、ペットボトルのキャップ5杯ほど入れるだけです。

❶網袋に10円玉20枚を入れ、ほどけないように縛る。

❷お湯を張るときに、10円玉が入った網を浴槽に入れ、ミョウバン原液をキャップ5杯加える

ミョウバン原液と美肌水が伝わると患者が減る(開業医 今井龍弥)

 アトピー性皮膚炎は遺伝病ではありませんが、親子兄弟間の発症、受診の例は多く見られます。しかし、石川家の例でわかるように、ミョウバン水と美肌水が伝われば、受診される患者さんも減っていきます。家内は「あなたのすることは社会のためになるかもしれませんが、私達のためにはほとんど役に立っていません」と言いますが。

この記事は『ゆほびか』2018年10月号に掲載されています
 

【監修】今井龍弥(開業医)

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

においを気に病んで消極的になると、もっとにおいが強くなってしまいます。本来、体臭は一つの個性。完全に体臭を消そうとする必要はありません。今の自分に合った、正しいにおい対策を心がけてください。体臭を抑えるために、多くの人にお勧めしているのが「ミョウバン水」です。【解説】五味常明(五味クリニック院長)


【加齢臭】「くさい」と言われてショック!対策はミョウバン水と食生活改善

【加齢臭】「くさい」と言われてショック!対策はミョウバン水と食生活改善

加齢とともに人はにおいを発しやすくなります。中高年以降は、皮膚にある皮脂腺の機能が衰えたり、皮脂が酸化しやすくなったりして、いわゆる加齢臭が強くなります。高齢者特有のにおいの改善、予防のために、生活習慣の改善もお勧めです。また安全な消臭剤「ミョウバン水」の作り方もご紹介しましょう。【解説】五味常明(五味クリニック院長)


発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある!注目のシンバイオティクス

発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある!注目のシンバイオティクス

発酵あんこの魅力は、それが「シンバオイティクス」であることです。シンバイオティクスとは、腸の善玉菌を増やすなど、人体によい影響を与える有用菌と、そうした菌のエサになる、食物繊維やオリゴ糖などをいっしょに取ることです。【解説】関由佳(内科医・味噌ソムリエ・メディカルフード研究家)


甘いものの食べすぎは体にどんな影響がある?糖質ゼロなら大丈夫?

甘いものの食べすぎは体にどんな影響がある?糖質ゼロなら大丈夫?

砂糖の取りすぎで副腎疲労を起こすと、アドレナリンが不足して、気分が沈み込み、うつ症状になることもあります。食欲不振や便秘、下痢などの消化器の異常やパニック発作などの原因にもなります。朝起きるのがつらい、寝ても疲れが取れない、という状態が続くのは、副腎疲労の典型的な症状です。【解説】溝口徹(新宿溝口クリニック院長)


【ノーファンデ美肌の作り方】美人姉妹が勧めるハチミツ美容術

【ノーファンデ美肌の作り方】美人姉妹が勧めるハチミツ美容術

中学生のころからニキビに悩み、疲れがたまると吹き出物が出ていました。白ニキビを針でつぶしていたので毛穴が広がり、顔も赤ら顔になって人に素肌を見せられなかったのです。ハチミツでケアして1週間くらいしたころ母から「きれいになったわね」と生まれて初めて肌を褒められたんです!【解説】東出佳子・直子(はちみつ美容研究家)


最新の投稿


【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

インフルエンザの発症・重症化を防ぐのは、体に備わる免疫力です。全身に乾布摩擦をするのはめんどうですが、体幹部だけなら、着替えのついでに簡単に行えます。肌がほんのりと赤みを帯びるまで、優しくこすればじゅうぶんです。【解説】渡邉真弓(医学博士・鍼灸マッサージ師)


 誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

下腹ぺたんこポーズを始め、5日目ぐらいから、後傾していた骨盤がまっすぐ起きてきた感覚がありました。それとともに、以前のように歩いていてもスカートがクルクルと回らなくなったのです。股関節の痛みもほとんど気にならなくなり、ヒップアップ効果もあったようです。【体験談】野中康子(仮名・自営業手伝い・54歳)


【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

寒天を料理に使ったことはありますか? 少量を加えるだけで、手軽に食物繊維量をアップすることができ、しかもカロリーは大幅ダウン。腸内環境を良好に整え、便秘や肥満の解消、美肌づくり、高血圧や糖尿病といった生活習慣病の改善に、大いに役立ちます。【料理・栄養計算】村上祥子(福岡女子大学客員教授・管理栄養士)


【めまいと付き合うコツ】私は「内関」のツボ押しで対処できるようになった!

【めまいと付き合うコツ】私は「内関」のツボ押しで対処できるようになった!

私は、10年ほど前からめまいに悩まされていました。急に立ち上がったり、首を動かしたりして頭の位置が変わると、目の前が一瞬真っ暗になり、グワーッと奈落の底に落ちるような感覚になるのです。この10年続いためまいが、手首にあるツボ「内関」の指圧で、かなりらくになりました。【体験談】野田佳代子(会社員・43歳)


40代で始まっている!?認知症を起こす「脳の糖尿病」チェックリストと対策

40代で始まっている!?認知症を起こす「脳の糖尿病」チェックリストと対策

認知症というと高齢者の病気、と考える人も多いでしょう。近年、認知症は「脳の糖尿病」で生活習慣の改善で予防できることがわかりました。認知症は20~30代の頃の生活習慣、特に食習慣の結果でもあります。ですから早めに対処することが認知症予防には欠かせません。【解説】熊谷賴佳(脳神経外科専門医・認知症サポート医・京浜病院院長)