MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【ワキガ・汗臭対策】悩んでる人に…編集部員も20年間愛用しているアイテムとは?

【ワキガ・汗臭対策】悩んでる人に…編集部員も20年間愛用しているアイテムとは?

それまでは、市販の制汗剤をいくつか使ってきましたが、ニオイにニオイを重ねているようで、満足するものに出合えませんでした。外出時のバッグの中にも、歯ブラシセットとともに、焼ミョウバンの小瓶を忍ばせています。これは20年間変わらぬ、お守りのようなものです。【体験談】『ゆほびか』編集部M(52歳)

「腐ったシャツ」の窮地を焼ミョウバンが救ってくれた

『ゆほびか』で今井龍弥先生の「ミョウバン水」が初めて掲載されたのは、1998年のこと。7月2日発売の8月号「ミョウバン美肌水」特集には、「汗をおさえ、汗くささを和らげる効果があり、ワキガやあぶら足の解消、水虫の防止にも有効です」という記述があります。ただ、そのときは、単なる知識として、頭の片隅にあっただけでした。

それが、その年の夏の暑さが本格化した頃、恥ずかしい事件が起きてしまったのです。出勤時、自分の体がとんでもなく臭いのです。
ニオイの原因は、シャツでした。どうやら汗をかいたシャツを数日間放置して、洗濯してもニオイがこもる「腐った」状態だったようです。

慌てて、会社のそばの衣料品店に駆け込み、シャツを買い、トイレで着替えました。社にもどると、編集部の机の中に、撮影で使った焼ミョウバンの袋があることを思い出し、その袋を持って、トイレに駆け込み、粒を手指でくだいて、手のひらの上で少量の水を溶き、即席の「ミョウバン水」にして、わきに重点的につけました。

すると、その場でみるみるニオイが消えていくのです。これにはほんとうに助かりました。
それまでは、市販の制汗剤をいくつか使ってきましたが、ニオイにニオイを重ねているようで、満足するものに出合えませんでした。
ミョウバン水は、無臭でべたつかず、即効性があり、たいへん気に入りました。

私は、スパイス売り場で手に入る微粉末タイプの瓶詰の焼ミョウバンを、そのつど、少量手のひらにとり、水に溶かずに直接、パウダーのように、わきにつけています。これは、毎朝、歯みがき・洗顔に続くルーティーン(決まった動作)になっています。

そして、外出時のバッグの中にも、歯ブラシセットとともに、焼ミョウバンの小瓶を忍ばせています。これは20年間変わらぬ、お守りのようなものです。

編集部Mのお気に入りは、朝岡スパイスの「焼明礬」(50g、税込み518円)。適宜、耳かき1匙程度を直接手にとり、パウダーのままわきにつけている

数ある健康法の中でもいちばんのお勧め

『ゆほびか』の編集作業をしていると、非常に多くの健康法や、生活の知恵に、日々接することになります。しかし、自分で実践して、これだけ長い間続いているのは、この焼ミョウバンがいちばんです。

実際、「これまででよかった健康法って何ですか?」と問われることが何度かありましたが、そのときは焼ミョウバンの話をしてきました。

ただ、困ったことに、そうした実感を、ほんとうに必要とされる人にはなかなか直接伝えることができないのです。電車の中で隣り合わせになった人が、あるいは、ショップの店員さんなどが、プ〜ンと臭う状態だったとして、直接本人に「焼ミョウバン、お勧めですよ」と声はかけられないですよね。

ああ、困っている人にこそ知ってほしい。願わくば、本稿に目がとまってほしい。500円程度で半年くらい持つ経済性で、日々の悩みを解消する効果は絶大なのだから。

この記事は『ゆほびか』2018年10月号に掲載されています
この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
便、おなら、息や汗のにおい。こうした体のにおいの大本は、腸で作られます。腸では、食べたもののカスが腸内細菌によって分解され、その際に、におい物質を発生します。炭水化物などは、主に善玉菌によって分解され、二酸化炭素やメタンといった、においの少ないガスを作ります。【解説】五味常明(五味クリニック院長)
更新: 2019-04-30 18:00:00
頭皮や髪の毛が臭くなるのは、洗い足りないからではありません。私のクリニックには「こまめに洗髪しているのに頭が臭い、におう」という患者さんが多く来院します。そうした患者さんに勧めているのが「塩洗髪」です。【解説】五味常明(五味クリニック院長)
更新: 2019-04-08 10:02:18
わが家の子どもたちは、3人とも、部活動はスポーツをしています。運動部で、特に男の子だと思春期にはニキビが出がちですが、うちの子どもたちはニキビとは無縁でした。ミョウバン水は無臭で肌にもやさしく、しかも安く手作りできるので、これからも愛用していきます。【体験談】石川淑子(仮名・パート勤務・53歳)
更新: 2018-11-07 18:00:00
今までバストと同じくらいの幅だったおなかが引っ込んだおかげで、ボディーラインにメリハリがつきました。あるとき美容院で襟足をカットする際に下を向いたら、あごのお肉がなくなっていることに気づきました。小顔になったせいか、いつもつけていた口紅も以前よりキレイに見えます。【体験談】黒川令(仮名・主婦・68歳)
更新: 2018-10-09 18:00:00
においを気に病んで消極的になると、もっとにおいが強くなってしまいます。本来、体臭は一つの個性。完全に体臭を消そうとする必要はありません。今の自分に合った、正しいにおい対策を心がけてください。体臭を抑えるために、多くの人にお勧めしているのが「ミョウバン水」です。【解説】五味常明(五味クリニック院長)
更新: 2018-09-24 07:00:00
最新記事
歩くとひざが痛くなる、腰が重くなる、どっと疲れが出る。私なら、まず「浮き指」を疑います。詳しく調査した結果、現代日本人男性の6割、女性の7割が浮き指であることがわかったのです。浮き指とは、文字どおり「足の指が浮いている」状態を指します。【解説】阿久根英昭(桜美林大学健康福祉学群教授)
更新: 2019-06-18 18:00:00
鍼灸師の私がおすすめして、皆さんにご好評をいただいている「温熱ツボ刺激」のやり方をご紹介しましょう。この温熱ツボ刺激は、男女を問わず効果があるものです。ですから、女性だけでなく、薄毛や白髪で悩む男性のかたにもぜひ試してほしいのです。【解説】横内稚乃(稚乃針灸整骨院院長)
更新: 2019-06-17 18:00:00
玉ねぎが体によいのはよく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。しかし、玉ねぎを毎日食べたくても、あのツンとする刺激臭が嫌で、玉ねぎ料理は苦手という人も多いでしょう。そこでお勧めなのが、玉ねぎドレッシングです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)
更新: 2019-06-16 18:00:00
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00
手足の指は経絡の多く集まる重要なポイントです。なかでも見過ごせないのが、指の股です。ところが、年齢を重ねると、手足の指の股の皮膚がかたくなり、指が開きにくくなってきます。すると、気の流れが滞り、体にさまざまな障害が生じるようになるのです。【解説】留目昌明(和楽堂治療院院長)
更新: 2019-06-14 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt