MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
肉料理で胃もたれしなくなった!発酵タマネギ料理で胃腸の不調が大改善

肉料理で胃もたれしなくなった!発酵タマネギ料理で胃腸の不調が大改善

発酵タマネギを食べ始めてからは、胃腸の不調を感じなくなって、体力も増していると思います。肌にもツヤが出て、発酵食品の力に驚いています。おかげで飲まないと不安だった漢方薬を飲むことが減りました。食べ始めてから毎日の便の量が増えて、朝に出るようになるなど、うれしい変化がありました。【体験談】松原ふみ奈(主婦・39歳)

肉料理に入れると胃弱な私でももたれない

私は「発酵食品って作るのが難しいのでは?」と思っていましたが、栗生隆子さんの講座に参加して、「できるものから始めましょう」という言葉に勇気づけられました。
そして、手作り発酵食の中で、最も簡単そうだった「発酵タマネギ」を作ることにしたのです。

タマネギをみじん切りにして、塩を合わせて瓶に詰めるだけというシンプルさ。失敗することなく発酵してくれるので作り続けています。

特に、ひき肉との相性がよく、ハンバーグやピーマンの肉詰めがグンとおいしくなります。
ひき肉に発酵タマネギとお米酵母(※)を入れて1日寝かすと、タマネギのうまみが染みこんで、お肉がトロトロに。ハンバーグにして焼いてもトロトロなので、家族に「ほんとうに焼いたの?」と驚かれました。

私はもともと胃腸が弱く、肉料理を食べると胃がもたれていたのですが、発酵タマネギを入れると肉料理でも胃もたれしません。

便秘気味で腸が詰まっているような感覚もあったのですが、発酵食品を食べ始めてから毎日の便の量が増えて、朝に出るようになるなど、うれしい変化がありました。


※お米、糀、水を混ぜて発酵させたもの

発酵タマネギのおかげで食事を作るのが楽しくなった

私はこれまで、体の巡りをよくして、胃腸を整えてくれる漢方薬を病院で処方してもらっていました。
しかし、発酵タマネギを食べ始めてからは、胃腸の不調を感じなくなって、体力も増していると思います。肌にもツヤが出て、発酵食品の力に驚いています。

おかげで飲まないと不安だった漢方薬を飲むことが減りました。漢方の先生も「飲まなくても大丈夫になったのはよいこと」と言ってくれました。

これまでは何を食べたら体にいいのかわからず、いろいろ試しましたが、発酵タマネギと出会い、「これだ!」と確信できたので安心感にもつながりました。以前より食事を作るのも楽しくなりました。
もう発酵タマネギがない生活には戻れません。

子どもたちも大好きな「発酵タマネギ肉みそ」(撮影:松原ふみ奈)

肌ツヤに必須のビタミンB群が増える(東京医科歯科大学名誉教授 藤田紘一郎)

肌に必須の栄養素がビタミンB群です。ビタミンB群は食事から摂取できるだけではありません。おなかの中の腸内細菌もビタミンB群を生成できるのです。松原さんの肌ツヤがよいのは、普段から発酵タマネギなど発酵食品を食べているおかげで、腸内細菌が活発に働き、ビタミンB群が多く生成されているからでしょう。

この記事は『ゆほびか』2018年10月号に掲載されています
この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
お通じがつくときは、「突然、おなかが猛烈に痛くなり、トイレに向かう」というパターンがほとんどでした。それがスリッパをはくようになってからは、穏やかに便意がつくようになりました。形状も健康的なバナナ便に近くなってきました。おなかを下す回数も激減しました。【体験談】山川小百合(仮名・パートタイマー・51歳)
更新: 2019-01-07 18:00:00
私は、朝いちばんに、コップ1杯分のオクラ水を飲んでいます。予想していたよりも味にクセはないので、寝起き直後でも無理なく飲めます。オクラ水を飲み続けて1ヵ月後、思わぬ効果が現れました。それは、逆流性食道炎の改善です。胃もたれがいつしか消えて、朝までグッスリと眠れるようになりました。【体験談】伊田晴子(主婦・71歳) 
更新: 2018-11-08 07:00:00
私はもともと胃が弱く、10年ほど前には胃潰瘍になってしまいました。担当の医師に、胃の働きをよくすると勧められたのが、「ジャガイモジュース」です。飲み始めてしばらくすると、いつの間にか胃潰瘍にならなくなりました。おかげで、薬が不要になったのです。【体験談】小山結花(アロマセラピスト・リフレクソロジスト)
更新: 2018-10-19 18:51:43
吐く息を長く、そして、ゆっくり深い呼吸を行うことで、自律神経のバランスを整えることができます。さらに、ゆったりした呼吸はセロトニンの活性を高め、心を落ち着かせる作用があることがわかっています。では、私がお勧めする「ありがとうね呼吸」をご紹介します。【解説】西本真司(西本クリニック院長)
更新: 2018-09-28 10:07:51
友人とフランス料理店に行き、生ガキを食べました。すると、なぜか私だけがカキにあたってしまったのです。胃がねじれるように痛く、脂汗が浮き出てきます。痛みで体がよじれたりのけぞったり。じっとしていることができないほどでした。わらにもすがる思いで、私は梅肉エキスを手に取りました。【体験談】江崎紀子(仮名・主婦・72歳)
更新: 2018-08-21 12:00:00
最新記事
多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めの主菜を紹介します。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-26 18:00:00
多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めの主食を紹介します。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-25 18:00:00
ストレスに強くなり、うつを防ぎ・治す食事とは、特別なものがあるわけではありません。あたりまえのことですが、栄養バランスのよい食事を1日3食きちんと食べることです。ただし、いくつかのポイントがあるのも事実です。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-24 18:00:00
βグルカンの精製をさらに進めたところ、それまでとはまったく別の物質を発見しました。これが「MXフラクション」で、今のところマイタケからしか発見されていない成分です。【解説】難波宏彰(神戸薬科大学名誉教授・鹿児島大学大学院医歯学総合研究科客員教授)
更新: 2019-04-23 18:00:00
骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけなど、わかりずらく続けにくい場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)
更新: 2019-04-22 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt