医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

頭にたまった気を流せ! 四つの特効ツボを一度に刺激し 頭痛を撃退する「アキレス腱もみ」

頭にたまった気を流せ! 四つの特効ツボを一度に刺激し 頭痛を撃退する「アキレス腱もみ」

頭痛の予防や改善に効果を現すのが、アキレス腱をもむ方法です。頭痛撃退の「アキレス腱もみ」のやり方をご説明します。【解説】鳴海理恵(VE&BI治療院院長・気血免疫療法会理事)


「頭熱足寒」を「頭寒足熱」にする!

 私たちの体には、気という一種の生命エネルギーが流れていると、東洋医学では考えます。気がスムーズに流れていれば健康ですが、どこかで滞ると不調が現れ、病気になると考えられているのです。

 多忙な現代人は、過度な緊張やストレス、頭の使いすぎで、気の流れが悪くなっている場合が多いようです。この場合、神経が高ぶって、頭部に気や血液が上ってしまっています。

 これはまさに、頭熱足寒の状態といえるでしょう。健康の理想とされる頭寒足熱と、逆になっているわけです。
 頭痛や肩こりも、この頭熱足寒が原因で起こります。その痛みやコリを和らげるために、患部の頭や肩をもんでも、簡単には症状はよくなりません。

 そんなときに、東洋医学では「上の病気を下で治す」という考え方があります。特に、頭痛の予防や改善に効果を現すのが、アキレス腱をもむ方法です。アキレス腱の周辺には、昆侖、申脈、太谿、照海などの重要なツボが密集しているからです。

 これら四つのツボは、腎経と膀胱経のツボで、ここを刺激することで、上った気を、下ろすことができます。それによって、上半身の症状を取るのに威力を発揮します。

【昆侖】昆侖は外くるぶしの後ろで、アキレス腱の前にあります。膀胱経のツボで、頭痛やめまいに効き、強い腰痛にも効果があります。
【申脈】申脈は外くるぶしの真下。膀胱経のツボで、やはり頭痛やめまい、腰痛に効くほか、不眠解消にも役立ちます。
【太谿】太谿は内くるぶしの後ろで、アキレス腱の前にあります。腎経のツボで、気を活性化し、腎臓機能を高め、免疫力を向上させます。
【照海】照海は内くるぶしの真下にあります。腎経のツボで、利尿作用や生理痛・生理不順の改善に効果を発揮します。
 くるぶしの後ろや下にある、これらの四つのツボは、ツボが体表に近いので反応が出やすく、強い効果を発揮します。

アキレス腱もみのやり方

排便・排尿もスムーズになる

 ツボは刺激の加え方によって、効果が変わります。ツボは小さな穴のようになっており、その部分にきちんと当たると、ズンと響くのがわかるはずです。その部分にきちんと刺激が入ることで、大きな効果が得られるのです。

 したがって、理想的なのは、四つのツボをそれぞれ15秒ずつ押していく方法です。

 ただし、それでは大変と感じる人は、アキレス腱を親指と人差し指でつまみ、くるぶしの後ろ側から下までを、30〜60秒ほどもみほぐすといいでしょう。こうすると、ツボが体表に上がってきやすくなり、四つのツボを効率よく刺激できます。

 あまり強くもみすぎるとストレスになりますし、弱すぎては刺激が伝わりません。少し痛いけれど気持ちがいいくらいの力で、もんでください。

 重要なポイントは、上から下に向かってツボを押し込むことです。上下に少し揺さぶりながら、かかとの骨に当てる感じです。すると、上っていた気が下がりやすくなります。頭痛に悩んでいる人は、のぼせが解消して、症状が軽快するでしょう。また、頭痛の予防にもなります。
 ちなみに、四つのツボは膀胱経と腎経のツボで、水をつかさどっています。アキレス腱もみをやると水分代謝が上がって、排便、排尿がスムーズになります。特に腎経は、女性に多い、冷えのあるむくみの解消にも効果的です。

 これらのツボを刺激して腎を強化すれば、体内の毒を排出する力が強くなり、アンチエイジングにも効果的です。
 また、アキレス腱もみで、末端である足までの気や血の通りがよくなるので、腰痛や座骨神経痛も改善するでしょう。
 不眠の改善にも有効です。不眠の大きな原因の一つは、神経が高ぶって頭に気が上ることがあります。気を下げれば神経が鎮まり、ぐっすりと眠れるようになってきます。

解説者のプロフィール

鳴海理恵
気血免疫療法会VE&BI治療院院長。
「自律神経免疫療法」を確立した医師・福田稔氏の長女であり、鍼灸・あん摩マッサージ指圧師、食事療法研究家。
東京・目白にあるVE&BI治療院にて、生活指導、鍼灸、マッサージ、気血免疫療法を組み合わせた治療を行う。著書に『効く!爪もみ』(河出書房新社)。

●気血免疫療法会VE&BI治療院
東京都豊島区目白3-14-18 ヒカリハイツ3F
TEL 03-3953-1337
http://vebia.net/

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


腰痛 不眠症 むくみ

関連する投稿


むくみ・だるさに即効!エステのゴッドハンドのふくらはぎマッサージのやり方

むくみ・だるさに即効!エステのゴッドハンドのふくらはぎマッサージのやり方

まずは、リンパ管とリンパ節の「お掃除」から始めるのがポイントです。ふくらはぎをゆっくり押すことで、血液やリンパ液が一度止まり、ゆっくり離すことで、ドッと勢いよく流れ出します。その流れに乗せて、一気に老廃物を流し、リンパ管の詰まりを取るのが目的です。【解説】岩谷恭子(カスタリア代表・エステティシャン)


【浅田真央・石川佳純】アスリートとして大切にしたい「睡眠の質」

【浅田真央・石川佳純】アスリートとして大切にしたい「睡眠の質」

寝具メーカーのエアウィーヴが新作発表会を開催し、浅田真央さん(フィギュアスケート)・石川佳純さん(卓球)がゲストとして登場。今月25日に28歳の誕生日を迎える浅田真央さんは和装、石川佳純さんは洋装で登場した。二人のアスリートが大切にしているのは食べること、そして「睡眠」なのだという。【取材】ケンカツ!編集部


耳の穴もみで股関節痛が軽減!ズレが治って左右の足の長さが揃った

耳の穴もみで股関節痛が軽減!ズレが治って左右の足の長さが揃った

耳の穴をもんでもらったら、ぼんやりとした塊だった物が、文字として鮮明に見えたのです。ビックリしました。もっと驚いたのは、短かった左足が伸び、両足の長さがそろったことです。足の長さがそろうと、体への負担が違います。肩や首の疲れ、股関節痛、腰痛が軽くなってきました。【体験談】奥村眞理子(自営業・53歳)


朝起きた時の腰痛が「股関節回し」で解消!ネコ背も改善して後ろ姿に自信

朝起きた時の腰痛が「股関節回し」で解消!ネコ背も改善して後ろ姿に自信

腰痛の原因はよくわかりませんが、年齢とともに筋力が落ちてきて前傾姿勢になってきたことと関係あるように思います。腰痛が解消したのは、姿勢がよくなったのが大きいと思います。前かがみでネコ背だったときには、おなかが出ていたのですが、背すじが伸びたらおなかもへこみました。【体験談】蓮池洋子(セラピスト・58歳)


「11円スリッパ」で冷えが解消!坐骨神経痛の症状も消えていった

「11円スリッパ」で冷えが解消!坐骨神経痛の症状も消えていった

もう十数年前ですが、腰やひざに激痛が走るようになりました。病院に行くと座骨神経痛と診断されました。その後は自宅でこのスリッパをはき続けました。そして何ヵ月かが経過し、ふと気づくと、腰やひざの痛みがぜんぜん出なくなっていたのです。【体験談】片山富美子(会社経営・70歳)


最新の投稿


寒くなる前に夏太りをリセット!ポッコリお腹解消「シソ酢ドリンク」の作り方

寒くなる前に夏太りをリセット!ポッコリお腹解消「シソ酢ドリンク」の作り方

薄着になる季節に気になるのが、ポッコリおなか。そこで登場するのが「シソ酢」です。黒酢にシソを漬けて、冷蔵庫で1時間。あっという間に出来上がります。スキッと爽やかな後味で、水分補給としても最適なシソ酢は、糖質の吸収を抑え、やせると評判。ぜひ、お試しください。【構成】『安心』編集部


【シソと黒酢の効果】夏太り対策にピッタリ!シソ酢ドリンクで代謝アップ!

【シソと黒酢の効果】夏太り対策にピッタリ!シソ酢ドリンクで代謝アップ!

中国・三国時代の故事に、シソについての話があります。カニを食べて食中毒を起こして死にかけた若者に、華侘という名医が紫色の葉を煎じて飲ませたところ、たちどころに快癒。これが紫蘇の名前の由来となったといいます。生薬としても珍重され、気管支炎、セキ・痰、不眠の治療などに広く用いられてきました。【解説】丁宗鐵(百済診療所院長)


【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

においを気に病んで消極的になると、もっとにおいが強くなってしまいます。本来、体臭は一つの個性。完全に体臭を消そうとする必要はありません。今の自分に合った、正しいにおい対策を心がけてください。体臭を抑えるために、多くの人にお勧めしているのが「ミョウバン水」です。【解説】五味常明(五味クリニック院長)


【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

がんばって生活を改善しても、3ヵ月後の検査では、思うように糖尿病の数値が改善されておらず、がっかりしてしまいました。おいしくレモン酢を飲み続けていたところ、少しずつ血糖値が下がっていきました。そして、1年が経過し受けた健康診断では、あらゆる数値が改善していたのです。【体験談】松本仁美(仮名・販売アルバイト・65歳)


こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじは、酵素の力で腸内環境を改善するほか、ビタミンB群が疲労回復、肌や髪の若返りの効果を発揮。肥満の解消、血圧や血糖値を下げる効果など、驚くべき発酵パワーを持つこうじを使った料理をお試しいただければ、その効能を実感できます!【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)