MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
予防医学の専門家が推奨!甘酒寒天の健康効果と有効な食べ方

予防医学の専門家が推奨!甘酒寒天の健康効果と有効な食べ方

食物繊維はメッシュ状の構造で、その網目に水分を保持することで、腸の中で多くの作用を生み出します。寒天はこの網目が、ほかの食物繊維よりもずっと細かいのです。寒天1gが保持する水分量は100g、つまり100倍の保水力を持ちます。【解説】杤久保修(神奈川県予防医学協会中央診療所予防医療部部長・横浜市立大学名誉教授)

解説者のプロフィール

杤久保修(とちくぼ・おさむ)
●神奈川県予防医学協会中央診療所
神奈川県横浜市中区日本大通58 日本大通ビル
045-641-8501 (代表)
https://www.yobouigaku-kanagawa.or.jp

神奈川県予防医学協会中央診療所予防医療部部長。横浜市立大学特任教授・名誉教授。医学博士。
1968年、横浜市立大学医学部卒業。専門は予防医学、循環器病学、高血圧、医療情報システムなど。30年以上寒天療法の研究を続け、メタボ対策に活用。日本高血圧学会功労会員。日本循環器病予防学会名誉会員。著書多数。

寒天は食べ過ぎて太る心配が全くない!

私は、医学的見地から寒天の研究を続けて30年以上になります。予防医学の専門家として、生活習慣病予防に寒天の有効性を検討したのがきっかけです。

2004年には、次のような臨床実験を行いました。
76名の糖尿病患者さんに協力をお願いし、無作為で二つのグループに分けました。片方は従来の食事療法を実践するA群。もう片方は、従来の食事療法に寒天を加えたB群です。

いずれの群も同様にカロリー(エネルギー)制限をしたうえでB群は、毎日夕食前に200g弱の寒天(粉末寒天で2g相当)を摂取。3ヵ月後の変化を検証しました。
その結果、寒天を食べたB群はA群よりも、血圧、血糖値、コレステロール値、体脂肪率のすべてにおいて、数値が改善されていたのです。この実験結果を共著論文として発表したところ、2005年に、寒天ダイエットが大流行しました。

なぜ、寒天を摂取するだけでこれほどの健康効果を得られるのでしょうか。
秘密は、豊富な食物繊維と、その独自の性質にあります。

寒天の食物繊維含有量は、粉寒天100g当たり79g。これはコンニャクイモ粉79.9g、キクラゲの仲間のアラゲキクラゲ(乾)の79.5gに次いで、食品中トップ3に入ります。

しかも、寒天の食物繊維にはノンカロリーであるという、ほかにない特長があります。これは、大きな利点です。
というのも、食物繊維を含む食品は、多少なりともカロリーを含むからです。例えば、寒天とよく似た性質を持つコンニャクイモ粉由来のコンニャクマンナンでも、1g当たり2kcal程度あると推定されています。

食物繊維は腸管で吸収されにくいので、たくさん食べても大部分は便として排出されます。寒天であればノンカロリーですから、なおけっこう。食べ過ぎて太る心配は全くありません。

少し固めの甘酒寒天を夕食前にとるのがお勧め

加えて、寒天の食物繊維には独特の性質があります。食物繊維はメッシュ状の構造で、その網目に水分を保持することで、腸の中で多くの作用を生み出します。寒天はこの網目が、ほかの食物繊維よりもずっと細かいのです。寒天1gが保持する水分量は100g、つまり100倍の保水力を持ちます。ちなみにコンニャクは、約30倍です。

この圧倒的な保水力がどういう働きをするかというと、大量の水分を保持したまま腸に届くことで、寒天が腸の中で大幅な体積を占めます。かさ増し効果により膨満感が生まれ、食べ過ぎを防ぐことができます。

しかもこの食物繊維は、ドロドロのゲル状です。これが肥満はもとより、糖尿病や高血圧、コレステロール値の改善に効果を発揮するのです。

血糖値が上がると、膵臓からインスリンというホルモンが出て、調整に働きます。しかし、過剰な分泌は膵臓を疲弊させ、糖尿病や肥満を招きます。
寒天のゲル状の食物繊維は、腸内での糖の吸収を遅らせて、血糖値の急上昇を抑制します。血糖値のピークが下がれば、それだけインスリンの分泌を抑えて、膵臓の機能を守ることができます。これが結果的に、糖尿病の改善に役立つわけです。

食物繊維は、コレステロール値の降下にも貢献します。コレステロールは消化液の一種である胆汁酸の原料となりますが、腸内に食物繊維があると、食物繊維が胆汁酸の一部を吸着。便として排出します。この作用が体内のコレステロールを減らすことにつながるのです。

■寒天はミラクル食材!

❶豊富な食物繊維
❷ノンカロリー
❸抜群の保水力


甘酒と組み合わせれば腸内環境がさらに改善!健康効果も相乗!

今回の「甘酒寒天」ですが、寒天と甘酒の組み合わせは、なかなかの名案です。というのも、米こうじから手作りした甘酒には、生きている菌が豊富。腸内環境を改善するという点で寒天と共通するからです。

余談ですが、「寒天培地」をご存じですか。研究者が細菌を培養するのに使うシャーレの中身、あれは実は、寒天なのです。
寒天培地は、日本が誇る発明品です。コッホが発見した結核菌も、フレミングが見つけた世界初の抗生物質であるペニシリンも、寒天培地を用いて研究されたからこそ、発見できたと伝えられています。

寒天は、細菌を培養するのに最適な素材です。ということは甘酒といっしょに腸内に入れば善玉菌を増やす培地として機能する可能性が大いにあります。甘酒寒天は、腸内環境を劇的に変える手助けとなってくれるでしょう。

私は甘酒寒天を、少し固めに作って、夕食の前にとることをお勧めします。よく噛むことが満腹感につながるうえ、そのあとにとる食事の量を減らせるからです。食前に甘い物をとると血糖値の急上昇が懸念されますが、寒天といっしょなら、さほど心配はいりません。
ぜひ甘酒寒天を、生活習慣病対策の一助としてください。

この記事は『壮快』2018年10月号に掲載されています
この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
「問題です。パスタとピザなら、どちらが血糖値を上げにくいでしょう。コロッケとトンカツでは、どちらでしょう。」糖質の少ないものを選んで食べれば、糖尿病でもおいしい料理を楽しめます。つらい食事制限もなく糖尿病が改善し、おまけに、無理なく痩せられる方法をご紹介します。【解説】渡辺信幸(こくらクリニック院長)
更新: 2019-05-23 10:04:13
糖尿病の予防には、厳しいカロリー制限をしなければならないと思っている人が多いようです。血糖値を上げるのは、高カロリーの食べ物ではなく、糖質だけなのです。いきなり糖質を断つのは、至難の業。糖質を摂取しても、血糖値をあまり上げなくて済む方法を、紹介しましょう。【解説】大櫛陽一(東海大学名誉教授・大櫛医学情報研究所所長 )
更新: 2019-05-09 18:00:00
βグルカンの精製をさらに進めたところ、それまでとはまったく別の物質を発見しました。これが「MXフラクション」で、今のところマイタケからしか発見されていない成分です。【解説】難波宏彰(神戸薬科大学名誉教授・鹿児島大学大学院医歯学総合研究科客員教授)
更新: 2019-04-23 18:00:00
サキベジのやり方は、いたって簡単です。「食事の最初に野菜をたっぷり食べる」です。目安として10分以上、野菜を食べてから、おかずやごはんを食べることをお勧めします。【解説】内場廉(長野市国保大岡診療所所長)
更新: 2019-04-08 18:00:00
今回、納豆から2種類のDPP4阻害物質が発見されました。どちらも世界で初めて発見されたDPP4阻害物質です。これまでも納豆の健康効果はよく知られていましたが、納豆には血糖値の上昇を防ぎ、糖尿病予防につながる成分が含まれていることが最新研究で明らかになったのです。【解説】舘博(東京農業大学応用生物科学部醸造科学科教授)
更新: 2019-01-08 18:00:00
最新記事
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt