MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
便秘や痔の改善におすすめ!腸から健康になる食事は「甘酒寒天」

便秘や痔の改善におすすめ!腸から健康になる食事は「甘酒寒天」

便秘を食事で改善しようとする際に、重要なのが、食物繊維です。寒天は、水溶性と不溶性、両方の食物繊維を含むため、機能性食品として、大変理想的です。甘酒は発酵食品ですから、まさに微生物のかたまりです。腸内に入ると、乳酸菌などの善玉菌を増やします。痔の改善にも、いい効果が上がっています。【解説】平田雅彦(平田肛門科医院院長)

解説者のプロフィール

平田雅彦(ひらた・まさひこ)
●平田肛門科医院
東京都港区南青山5-15-1
03-3400-3685
http://www.dr-hips.com/

平田肛門科医院院長。1981年筑波大学医学専門学群卒業。慶應義塾大学医学部外科学教室、社会保険中央総合病院大腸肛門病センターを経て、平田肛門科医院の3代目院長に就任。「患者さん本位の医療」をモットーに、最新の医療技術と心身両面の生活指導で治療に当たる。著書に『痔の9割は自分で治せる カリスマ専門医が教える33の極意』(マキノ出版)がある。

寒天を入院食に採用し患者の便秘改善に成果!

私は、医院を訪れる患者さんには必ず、「痔は、生活習慣病なんですよ」と、お話ししています。
日常生活のなかで、痔の原因となるものは、
①便通の異常 ②肉体疲労 ③ストレス ④冷え ⑤飲酒 ⑥生理 ⑦座りっぱなしの姿勢
の七つがあります。

なかでも①の便通の異常、特に便秘は痔の最大の原因です。
便秘になると、便がかたくなり、そのかたい便が肛門を通るときに周囲を傷つけます。ついた傷に、便の細菌が入って感染すると、炎症が発生。それが、裂肛(切れ痔)や内痔核(イボ痔の一種)を発症させる要因になるのです。

また、便秘でいきむと、肛門でクッションのような役目をしている組織に、大きな腹圧がかかります。このクッション組織は繊細で、痔になりやすい部位です。ここに負荷がかかると、組織が肥大化したり、結合が弱まったりして、やはり痔の発症につながります。

このように、痔は便秘と密接に関係しています。ですから、痔の予防・改善には、便秘対策が欠かせません。そして、便秘を治すには、腸内環境をよくすることがなにより肝心です。

そこで、腸内環境の改善に特にお勧めの食品を、ご紹介しましょう。甘酒と寒天です。

まず、寒天の機能について、お話しします。
便秘を食事で改善しようとする際に、重要なのが、食物繊維です。食物繊維には、水溶性と不溶性の二つがあります。水溶性の特長は、便に水を含ませてやわらかくする作用。不溶性の特長は、便のかさを増して腸を刺激し、腸のぜん動運動(便を送り出す動き)を促進する作用です。

いずれの作用も、腸から便を出すためは欠かせません。寒天は、水溶性と不溶性、両方の食物繊維を含むため、機能性食品として、大変理想的です。

実際に、私の医院では入院患者さんたちに、毎日必ず寒天を食べてもらっています。昼食のあとのデザートとして、お出ししているのです。寒天を入院食に取り入れるようになったのは10年ほど前からですが、患者さんの便秘の改善に、大いに貢献しています。

通院の患者さんにも、もちろん寒天を勧めています。ある高齢の男性は、毎晩ところてんを食べて、便秘が解消しました。
ところてんも、原料は寒天と同じテングサです。この男性は甘くないところてんのほうが、好みだったようですね。

甘酒や寒天には昔の人の知恵が詰まっている!

一方で甘酒も、寒天同様、便秘の改善に大変役立ちます。
私たちの腸内には、体にいい影響を及ぼす善玉菌と、悪い影響を及ぼす悪玉菌、そして、状況によりいずれにもなりうる、日和見菌が存在しています。
このうち悪玉菌が増えると、腸内の環境が悪化。腸の活動が低下するため、便秘や下痢を招きやすくなります。

そこで、甘酒の出番です。甘酒は発酵食品ですから、まさに微生物のかたまりです。腸内に入ると、乳酸菌などの善玉菌を増やします。
すると、日和見菌が善玉菌に加勢して、形勢が逆転。悪玉菌が撃退された結果、腸内環境が良好になり、便秘や下痢が改善するのです。

これまで、多くの患者さんに甘酒を継続してとるよう勧めていますが、きちんと続けている人からは、以前より便通がよくなったと報告を受けています。もちろん、痔の改善にも、いい効果が上がっています。

思うに、甘酒も寒天も、昔から日本人が慣れ親しんできた食品です。ヨーグルトやチーズが庶民の口に入らなかった江戸時代から、脈々と続いてきた歴史があり、昔の人の知恵が詰まっています。遺伝子レベルで日本人の体に合うのは、こうした伝統食なのではないでしょうか。

甘酒の米こうじも、寒天も、安価で入手しやすいものです。ぜひ甘酒寒天を習慣にして、腸から健康になりましょう。

甘酒は痔の改善にも有効!

この記事は『壮快』2018年10月号に掲載されています
この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
食べ始めて4日ほどたった頃、劇的な変化がありました。1日おきだったお通じがなんと1日2回になったのです。朝食をとると、すぐトイレに行き、日中にもう1回お通じがあります。便秘解消のおかげか、吹き出物がなくなり、肌がきれいになりました。また、寝起きに起こっていた鼻づまりもなくなりました。【体験談】藤田久美子(主婦・60歳)
更新: 2019-03-13 17:57:55
その日はなんと、しっかり形のある便が出たのです。うれしくて、思わず「やったー!」と飛び跳ねそうになりました。毎日へそさすりを続けているおかげで、外出も怖くなくなりました。次に友達に旅行に誘われたら、「行こう!」と、元気に返事をするつもりです。【体験談】稲田雅江(仮名・主婦・63歳)
更新: 2019-02-05 18:00:00
塩発酵キャベツを常備できるようになり、2日に1回くらいの頻度で塩発酵キャベツを食べていたところ、半年くらいで慢性便秘が解消しました。また、便秘をしていた頃は下腹がポッコリ出ていましたが、今はかなりへこみました。昔のジーンズをはくと、ヒップラインや太もものあたりが明らかにゆるく感じます。【体験談】濵崎希(会社員・45歳)
更新: 2019-02-03 18:00:00
わが家の酢キャベツは塩や砂糖などの調味料は、いっさい加えません。キャベツと酢だけしか使わない、シンプルな酢キャベツです。夫は、酢キャベツで便通が改善しました。夫の場合は、便秘というよりも、便の出が悪いタイプでした。そのため、毎朝30分近くトイレにこもることもあったほどです。【体験談】中町治美(仮名・自営業・59歳)
更新: 2018-11-30 12:00:00
以前の私は、お通じは3日に1度が当たり前でした。それ以上滞るときは便秘薬を飲んでいたのです。それが、まったく薬を必要としなくなりました。長年、便秘をしていたせいか、以前の私の下くちびるは、少し黒ずんだ色をしていました。それが、今ではきれいなピンク色になっています。【体験談】村井和子(整体師・65歳)
更新: 2018-11-22 07:00:00
最新記事
その翌朝です。目が覚めた瞬間、「これまでと違う」とはっきりわかりました。まぶたが軽く、目がぱっちり開いているのです。鏡で見ると、目元もフェイスラインもスッキリしています。起き抜けにむくんでいない自分の顔を見るのは久しぶりでした。うれしくてテンションが上がりました。【体験談】香山智美(仮名・自由業・38歳)
更新: 2019-03-24 18:00:00
眼球は表にむき出しになった器官です。その裏側の見えない部分は首の後ろの筋肉とつながっています。目のピントを合わせるには、毛様体筋だけでなく、それにつながる首の筋肉が十分動く必要があるのです。さらに首の筋肉は肩や背中に、背中の筋肉も股関節や足の筋肉など、下半身とも連動しているのです。【解説】山本卓弥(視力回復研究所代表)
更新: 2019-03-23 18:00:00
私は生地屋でピンクの布を買い求め、ヨガ教室に持参し生徒に「寝る前にこの色をイメージして呼吸をしてみて」とお願いしたのです。2週間後、生徒たちと再会すると、何名かの雰囲気が変わったことに気づきました。一言で言えば、女性らしさが増したような感じなのです。【解説】小池能里子(ビビッド・エイジング研究家)
更新: 2019-03-22 18:00:00
スイカ糖の効果は強力で、夜中も2時間おきくらいにトイレに行きたくなりました。困った私は、スイカ糖を夜にとるのはやめ、朝1回だけにしたのです。その結果、夜の尿意は治まりました。体調もいいので、ずっと朝1回スイカ糖をとる習慣を続けています。70歳目前の今も、悪いところはどこもありません。【体験談】鶴永恵子(主婦・69歳)
更新: 2019-03-21 18:00:00
こうして手のひらを押していたところ、なんと今年3月の人間ドックではヘモグロビンA1cが6.3%と正常値にまで低下したのです。これで安心したのですが、私の母にはもっと凄い効果が表れました。インスリン注射を1日1回に減らせました。注射は体に大きな負担があるらしく、これには母も大喜びでした【体験談】小池幸子(会社員・56歳)
更新: 2019-03-19 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt