MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
「オクラ水」を飲んで2センチ大の足のコブが消えた!かゆみも治まりツルツルに

「オクラ水」を飲んで2センチ大の足のコブが消えた!かゆみも治まりツルツルに

私の下肢静脈瘤は、かれこれ10年来の悩みです。両足に、ポコッとしたコブのような物がいくつもありました。その巨大なコブが、どんどん小さくなっていき、魔法のように消えたのです。指で触ると、「ここにあった」という感覚だけは残りましたが、外から見ると、ほとんどわかりません。【体験談】新川千恵子(主婦・75歳)

簡単に作れて味にクセがほとんどない

市橋研一先生が院長を務める市橋クリニックに通い始めたのは、2017年の初めごろです。きっかけは、娘のアトピー性皮膚炎でした。
娘は幼いころから、全身の湿疹と、つらいかゆみに悩まされてきました。症状が落ち着く時期もありますが、けっきょく再発してしまう、というくり返しだったのです。

近年は、特に症状が悪化していたようです。定期的に皮膚科に足を運んでは、いちばん強いステロイド剤を点滴で打ってもらっていました。
そんな生活を続けていたところ、いつしか娘の心の中に、「このままではいけない」という気持ちが芽生えたようです。そしてついに、「薬に頼るのではなく、自分の治癒力でアトピーを改善しよう」と決心したのです。

とはいえ、これまで薬を遠ざけたことは一度もなく、どうすればいいのか見当もつきません。そんなとき、娘の友人から紹介されたのが、市橋クリニックだったのです。
どうやら、その友人もアトピーに悩んでいたそうです。それが、市橋先生に診てもらったところ、整形外科でありながら、薬なしで症状が改善したとのことでした。

その話を聞いて、娘は早速、クリニックに行くことにしました。それがきっかけで、市橋先生には、今でも親子でお世話になっています。

さて、市橋先生から指導されたのは、「パンは食べない」「コーヒーは飲まない」といった食生活の見直しだけで、薬は全く処方されませんでした。そして、先生から強く勧められたのが、「オクラ水」です。

それ以来、私と娘は毎日、朝食前に、コップ1杯分のオクラ水を飲んでいます。
オクラ水の作り方は、市橋先生から教わったとおりです。とても簡単に作れますし、味のクセもほとんどないので、楽に続けることができます。

使用するオクラは、なるべく国産の物を選んでいますが、冬場はどうしても外国産が中心です。外国産だと、たまに驚くほど大きなオクラがありますが、そんなときは、半分に切ってから使っています。

また、残ったオクラは、ゴマ和えにしたり、ほかの野菜といっしょに炒めたりして食べています。いちばん多い食べ方は、ドロドロになるまでミキサーで撹拌して、ご飯の上にかけて食べることです。まるで、山形名物の「だし」のようで、おいしくいただけます。

こうしてオクラ水を飲み続けて半年が経ったころ、私の体に思わぬ変化が現れました。
まず気づいたのは、両足のかゆみが消えたことです。

私は、3年くらい前から、ひざから下にかゆみがありました。耐えられないほどのかゆみではありませんが、どうしても無意識にかきむしってしまうので、皮膚はボロボロでした。
そんな足のかゆみが、完全に消えたのです。かかなくなったおかげで、ボロボロだった両足の皮膚は、まるで別人のようにツルツルになりました。

2cm大の巨大コブが消失し手術の心配もなくなった

「足がキレイになった」と喜んでいたところ、別の変化にも気づきました。それは、下肢静脈瘤が消えたことです。

私の下肢静脈瘤は、かれこれ10年来の悩みです。両足に、ポコッとしたコブのような物がいくつもありました。特にひどかったのが、左足です。
左足のふくらはぎには、2㎝近くもある巨大なコブがあり、指で押すと痛みも感じていました。あまりの大きさに、「いずれ手術をしたほうがいいかな」と、不安に思っていたほどでした。

その巨大なコブが、どんどん小さくなっていき、魔法のように消えたのです。指で触ると、「ここにあった」という感覚だけは残りましたが、外から見ると、ほとんどわかりません。これなら、手術の必要はないでしょう。また、ほかの小さなコブも、いつしか消えました。

便通もよくなっています。もともとひどい便秘というわけではありませんが、毎朝、必ず1回、気持ちのいい排便が続いているのです。

一方、娘のアトピーですが、やはり長年の症状なので、劇的な変化は現れていません。しかし、少しずつですが、確実に症状は落ち着いてきています。薬をやめてもアトピーが悪化しないというのは、すごいことだと思います。

いつかきっと、娘のアトピーが改善する日が来ると信じています。そのためにも、オクラ水は、これからも親子で飲み続けるつもりです。

魔法のようにコブが消えた!

リンパ液が浄化されてかゆみや静脈瘤が改善(市橋クリニック院長 市橋研一)

皮膚にかゆみが生じるのは、リンパ液が汚れているためです。リンパ液が汚れると、毛細血管の流れに抵抗ができて、静脈の流れも悪くなります。こうして、静脈瘤ができやすくなるのです。

オクラ水を飲むと、末梢の循環がよくなるため、まず、リンパ液がサラサラになります。リンパ液が浄化されると、血流がよくなり、かゆみが改善します。そして、静脈の血流がよくなることで、静脈瘤も消えていくのです。

娘さんのアトピー性皮膚炎も同様です。薬を使わなくても症状が落ち着いてきているので、オクラ水を飲み続けていけば、改善が期待できるでしょう。

この記事は『壮快』2018年10月号に掲載されています
この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
その翌朝です。目が覚めた瞬間、「これまでと違う」とはっきりわかりました。まぶたが軽く、目がぱっちり開いているのです。鏡で見ると、目元もフェイスラインもスッキリしています。起き抜けにむくんでいない自分の顔を見るのは久しぶりでした。うれしくてテンションが上がりました。【体験談】香山智美(仮名・自由業・38歳)
更新: 2019-03-24 18:00:00
スイカ糖の効果は強力で、夜中も2時間おきくらいにトイレに行きたくなりました。困った私は、スイカ糖を夜にとるのはやめ、朝1回だけにしたのです。その結果、夜の尿意は治まりました。体調もいいので、ずっと朝1回スイカ糖をとる習慣を続けています。70歳目前の今も、悪いところはどこもありません。【体験談】鶴永恵子(主婦・69歳)
更新: 2019-03-21 18:00:00
しばしば東洋医学では冷えの害を説きますが、その冷えというのは血行不良のことです。むくみと冷え症はセットなのです。一方で、腎臓の疲れを私たちは「腰の痛み」として察知することがあります。秋になって腎臓の辺りに痛みやこわばりを感じたなら、腎臓由来の腰痛と考えていいでしょう。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2019-03-15 18:00:00
夫の知人が肝硬変で入院したときも、スイカ糖を持ってお見舞いに行っていました。腹水がたまり顔もパンパンの状態だと聞き、スイカ糖がいいと思ったそうです。その後、奥さまから「スイカ糖をまた分けてもらえませんか」と電話がありました。スイカ糖をとり始めてからは、腹水がたまらなくなったそうです。【体験談】鈴木ミツエ(主婦・77歳)
更新: 2019-03-10 18:00:00
「腎臓にはスイカ糖」といわれ、むくみや腎機能の改善の妙薬として重宝されました。スイカにも、同様の作用はあります。しかし、スイカには水分がたっぷり含まれているため、その水分の処理が、弱った腎臓の負担になります。ほかにも、スイカ糖は薬を避けたい妊娠中のむくみ取りにも最適です。【解説】平田真知子(薬草コンサルタント)
更新: 2019-03-01 18:00:00
最新記事
その翌朝です。目が覚めた瞬間、「これまでと違う」とはっきりわかりました。まぶたが軽く、目がぱっちり開いているのです。鏡で見ると、目元もフェイスラインもスッキリしています。起き抜けにむくんでいない自分の顔を見るのは久しぶりでした。うれしくてテンションが上がりました。【体験談】香山智美(仮名・自由業・38歳)
更新: 2019-03-24 18:00:00
眼球は表にむき出しになった器官です。その裏側の見えない部分は首の後ろの筋肉とつながっています。目のピントを合わせるには、毛様体筋だけでなく、それにつながる首の筋肉が十分動く必要があるのです。さらに首の筋肉は肩や背中に、背中の筋肉も股関節や足の筋肉など、下半身とも連動しているのです。【解説】山本卓弥(視力回復研究所代表)
更新: 2019-03-23 18:00:00
私は生地屋でピンクの布を買い求め、ヨガ教室に持参し生徒に「寝る前にこの色をイメージして呼吸をしてみて」とお願いしたのです。2週間後、生徒たちと再会すると、何名かの雰囲気が変わったことに気づきました。一言で言えば、女性らしさが増したような感じなのです。【解説】小池能里子(ビビッド・エイジング研究家)
更新: 2019-03-22 18:00:00
スイカ糖の効果は強力で、夜中も2時間おきくらいにトイレに行きたくなりました。困った私は、スイカ糖を夜にとるのはやめ、朝1回だけにしたのです。その結果、夜の尿意は治まりました。体調もいいので、ずっと朝1回スイカ糖をとる習慣を続けています。70歳目前の今も、悪いところはどこもありません。【体験談】鶴永恵子(主婦・69歳)
更新: 2019-03-21 18:00:00
こうして手のひらを押していたところ、なんと今年3月の人間ドックではヘモグロビンA1cが6.3%と正常値にまで低下したのです。これで安心したのですが、私の母にはもっと凄い効果が表れました。インスリン注射を1日1回に減らせました。注射は体に大きな負担があるらしく、これには母も大喜びでした【体験談】小池幸子(会社員・56歳)
更新: 2019-03-19 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt