医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

緑茶コーヒーのダイエット効果 やせる作り方・飲み方【工藤内科・工藤孝文解説】

緑茶コーヒーのダイエット効果 やせる作り方・飲み方【工藤内科・工藤孝文解説】

私は当院のダイエット外来の患者さんに「緑茶コーヒーダイエット」を勧めています。なぜ「緑茶とコーヒーを合わせて飲む」といいのか、なぜ驚くほどのダイエット効果があるのか、その理由を解説しましょう。また、緑茶コーヒーの作り方・痩せるためのポイントや飲む際の注意点もご紹介します。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)


緑茶コーヒーはなぜダイエット効果があるのか?

緑茶コーヒーは、なぜ、驚くほどのダイエット効果があるのでしょうか。
その理由をお話ししましょう。

まず、緑茶とコーヒーそれぞれに、ダイエットを促進する「やせ物質(有効成分)」が含まれています。

やせる理由1 カテキンの効果(血糖値の上昇を抑え、コレステロール吸収を抑制)

緑茶に含まれるカテキンは、ポリフェノールの一種で、タンニンという緑茶の渋みの主成分です。コレステロールの吸収を抑制したり、血糖値の上昇を緩やかにしたりします。
食事をするとヒトの血糖値は上昇し、すい臓からインスリンが分泌されます。また、血糖値が上がりやすい食べ物を摂取し過ぎると、インスリンが大量に分泌されます。インスリンは、血液中のブドウ糖をエネルギーに変える一方、余った分を脂肪として蓄積します。この一連のサイクルで、緑茶に含まれるカテキンが有効に働くのです。

やせる理由2 クロロゲン酸の効果(脂質の代謝を活性化し、脂肪が燃えやすくなる)

次に、コーヒーに含まれるクロロゲン酸です。クロロゲン酸もポリフェノールの一種で、肝臓での脂質の代謝を活発にします。体内のエネルギー消費を増やして、脂肪が燃えやすい体にしてくれます。

やせる理由3 カフェインの効果(コーヒー・緑茶にそれぞれ含まれ、脂肪を燃焼させる)

さらに、緑茶とコーヒーには、天然由来の有機化合物であるカフェインが含まれており、これも脂肪を燃焼させる作用があります。

飲む際に注意!ミルクを加えると吸収率が落ちる

ちなみに、コーヒーを飲む際、ミルクを加えるかたは注意が必要です
コーヒーの「やせ物質」であるクロロゲン酸は、ミルクを加えると吸収率が落ちるからです。クロロゲン酸が、ミルク中のたんぱく質「カゼイン」と結合することで、吸収が悪くなるのです。

その点、緑茶コーヒーならブラックが苦手という人でも、ミルクを入れずにおいしく飲めます。緑茶コーヒーであれば、ミルクを入れる必要がなく、クロロゲン酸のよさをそのまま引き出すことができるのです。

そのほかにも、緑茶とコーヒーを組み合わせると、それぞれの有効成分をバランスよく利用できるそという点が挙げられます。

緑茶コーヒーとして飲むと、カフェイン量を3分の2に減らせる!

イライラを抑えて暴飲暴食を防ぐ

コーヒーを飲むと眠れなくなる、とよくいわれます。
これは、カフェインの作用ですが、緑茶コーヒーとして飲むと、総計で摂取するカフェインの量が、コーヒー単独で飲んだときの3分の2に抑えられます。
カフェインの取り過ぎを防げるのです。

カフェインを取り過ぎると、自律神経(私たちの意志とは無関係に働き、内臓や血管をコン トロールしている神経)の一つである交感神経が優位になり、心身が戦闘モードになります。すると、イライラから生じるストレスで暴飲暴食を引き起こしかねません。

それを和らげてくれるのが、緑茶に含まれるテアニンというアミノ酸です。テアニンは、興奮抑制作用があるので、カフェインの興奮作用を抑えてくれます。この点でも、ダイエットに有効なのです。

簡単!「緑茶コーヒーダイエット」のやり方

食事の「直前」に飲むこと

緑茶コーヒーダイエットのやり方について、お話ししましょう。
基本的には、緑茶とコーヒーを1対1で混ぜるだけです。砂糖やミルクは加えないでください。
1回量は、カップ1杯(マグカップで、平均250~300㎖程度)です。

重要なのは、緑茶コーヒーを1日3回、毎回の食事の「直前に」飲むことです。さらに、それ以外の時間帯にコーヒーやお茶を飲む際、緑茶コーヒーに置き換えるとなおいいでしょう。

ダイエット効果を得るためには「続けること」が大事

コーヒーのクロロゲン酸は、焙煎すると減少します。
つまり、浅煎りのほうがクロロゲン酸の量が多く、ダイエットに向いています。

ただ、私は、コーヒーや緑茶の品質にこだわる必要はないと考えています。
緑茶コーヒーの重要な点は、根気よく続けること。そのためには、手軽にできるインスタントコーヒーや、コンビニのコーヒーでも、大いにけっこうです。

1週間ほどで体重がぐんぐん落ち始める!

また、緑茶コーヒーでダイエットをする際には、朝、必ず体重を量って記録しましょう。
実践してから1週間から10日ほどで、体重がぐんぐん落ち始めます。
体重を毎朝量り、それを記録します。折れ線グラフにすると、なおいいでしょう。体重が減っていくのを目の当たりにして、励みになります。

「緑茶コーヒー」のやり方



・緑茶とコーヒーを1対1で混ぜ、1日3回、食前に飲む
・1回に飲む量は、カップ1杯(マグカップで、平均250~300㎖)程度
※砂糖やミルクは加えないこと。
※飲む際は、ホットでもアイスでも可。

緑茶コーヒーダイエットを実践する際、毎朝、体重を量って記録するとさらに効果アップ!

緑茶コーヒーには、ダイエット効果以外にも、多くの健康効果があります。
例えば、適度なカフェインによる集中度アップ効果や、カテキンの美白・美肌効果、虫歯・カゼ予防などなど。
緑茶コーヒーは、ダイエットを実現しつつ、さまざまなメリットが得られる、すばらしい健康法なのです。

解説者のプロフィール

工藤孝文(くどう・たかふみ)
●工藤内科
福岡県みやま市瀬高町太神1334-1
0944-63-7711
http://www.kudonaika.com/
https://ameblo.jp/takafumikudo/

工藤内科副院長。
福岡大学医学部卒業後、アイルランド、オーストラリアへ留学。帰国後、大学病院、基幹病院での勤務を経て、福岡県みやま市にある工藤内科へ。診療のかたわら、スマホ診療による全国規模でのダイエット治療、漢方治療を行っている。糖尿病内科、ダイエット外来、漢方医療を専門とし、テレビにも多数出演して注目を集めている。著書に『元デブ医者が教える おいしく飲んでみるみるやせる緑茶コーヒーダイエット』(日本実業出版社)など、多数。

この記事は『壮快』2018年12月号に掲載されています

『壮快』2018年12月号
2018年10月16日 全国の書店で発売中

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


 誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

下腹ぺたんこポーズを始め、5日目ぐらいから、後傾していた骨盤がまっすぐ起きてきた感覚がありました。それとともに、以前のように歩いていてもスカートがクルクルと回らなくなったのです。股関節の痛みもほとんど気にならなくなり、ヒップアップ効果もあったようです。【体験談】野中康子(仮名・自営業手伝い・54歳)


【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

寒天を料理に使ったことはありますか? 少量を加えるだけで、手軽に食物繊維量をアップすることができ、しかもカロリーは大幅ダウン。腸内環境を良好に整え、便秘や肥満の解消、美肌づくり、高血圧や糖尿病といった生活習慣病の改善に、大いに役立ちます。【料理・栄養計算】村上祥子(福岡女子大学客員教授・管理栄養士)


血圧高めの夫の健康管理に私が取り入れたのは【バナナ酢】夫婦合わせて12kg減!

血圧高めの夫の健康管理に私が取り入れたのは【バナナ酢】夫婦合わせて12kg減!

バナナ酢を飲み始めて暫くすると、以前は60kg弱だった体重が、今は56kg前後に。夫の血圧も安定しています。以前は、降圧剤を飲んだ状態で最大血圧は130mmHg台でしたが、最近は、日によっては120mmHg台まで下がるそうです。【体験談】久保田亮子(仮名・パートタイマー・69歳)


コーヒーは女子にピッタリの飲み物! ダイエットやむくみ解消効果を女医が解説

コーヒーは女子にピッタリの飲み物! ダイエットやむくみ解消効果を女医が解説

「コーヒーには体に悪いカフェインが含まれているからあまり飲まないほうがいいのでは」という印象をお持ちのかたがいらっしゃるかもしれません。最近の研究では、カフェインには自律神経の働きを促進する効果があると判明しています。ですから脂肪の燃焼を高める効果が得られダイエットにつながるのです。【解説】里見英子(白山病院副院長)


甘酒の健康効果を高める食べ方は「甘酒寒天」 寒天の有効成分とその作り方を解説

甘酒の健康効果を高める食べ方は「甘酒寒天」 寒天の有効成分とその作り方を解説

これまで私は、甘酒の摂取をお勧めしてきました。今回、甘酒の効果をさらに高める機能的な食べ方として、新たにお勧めするのが、甘酒と寒天を併せてとる、「甘酒寒天」です。テングサという海藻を主原料とする寒天は、甘酒以上に食物繊維が豊富な食品です。【解説】桑島靖子(桑島内科医院副院長)


最新の投稿


【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

インフルエンザの発症・重症化を防ぐのは、体に備わる免疫力です。全身に乾布摩擦をするのはめんどうですが、体幹部だけなら、着替えのついでに簡単に行えます。肌がほんのりと赤みを帯びるまで、優しくこすればじゅうぶんです。【解説】渡邉真弓(医学博士・鍼灸マッサージ師)


 誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

下腹ぺたんこポーズを始め、5日目ぐらいから、後傾していた骨盤がまっすぐ起きてきた感覚がありました。それとともに、以前のように歩いていてもスカートがクルクルと回らなくなったのです。股関節の痛みもほとんど気にならなくなり、ヒップアップ効果もあったようです。【体験談】野中康子(仮名・自営業手伝い・54歳)


【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

寒天を料理に使ったことはありますか? 少量を加えるだけで、手軽に食物繊維量をアップすることができ、しかもカロリーは大幅ダウン。腸内環境を良好に整え、便秘や肥満の解消、美肌づくり、高血圧や糖尿病といった生活習慣病の改善に、大いに役立ちます。【料理・栄養計算】村上祥子(福岡女子大学客員教授・管理栄養士)


【めまいと付き合うコツ】私は「内関」のツボ押しで対処できるようになった!

【めまいと付き合うコツ】私は「内関」のツボ押しで対処できるようになった!

私は、10年ほど前からめまいに悩まされていました。急に立ち上がったり、首を動かしたりして頭の位置が変わると、目の前が一瞬真っ暗になり、グワーッと奈落の底に落ちるような感覚になるのです。この10年続いためまいが、手首にあるツボ「内関」の指圧で、かなりらくになりました。【体験談】野田佳代子(会社員・43歳)


40代で始まっている!?認知症を起こす「脳の糖尿病」チェックリストと対策

40代で始まっている!?認知症を起こす「脳の糖尿病」チェックリストと対策

認知症というと高齢者の病気、と考える人も多いでしょう。近年、認知症は「脳の糖尿病」で生活習慣の改善で予防できることがわかりました。認知症は20~30代の頃の生活習慣、特に食習慣の結果でもあります。ですから早めに対処することが認知症予防には欠かせません。【解説】熊谷賴佳(脳神経外科専門医・認知症サポート医・京浜病院院長)