MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
運動不足や食事が原因?頻繁に起こるめまいが「オクラ水」で改善した!

運動不足や食事が原因?頻繁に起こるめまいが「オクラ水」で改善した!

オクラ水を飲み始めて、1ヵ月ぐらい経ったころでしょうか。「あれ? 最近めまいが起こる頻度が減ってきたな」と気づきました。3ヵ月経った頃には、ほとんどといっていいほど、めまいが起こらなくなったのです。そういえば、以前より眠気を感じることがなくなり、ゴロゴロしている時間も減りました。【体験談】飯田大樹(大学院生・23歳)

黒酢を入れたら飲みやすくなった!

私は、もともと太りやすい体質ではありますが、大学生のころまではサッカーをしていたおかげで、体重は65㎏を維持していました(身長は175㎝)。

ところが、2年前に卒業し、大学院生になってからは、運動をほとんどしなくなりました。食事も特に気にすることなく、白いご飯や脂っこい物など、好きな物を好きなだけ食べていたせいでしょうか。いつしか体重は、72㎏にまで増えました。

2017年10月に受けた健康診断では、総コレステロール値は238㎎/㎗、LDL(悪玉)コレステロール値は163㎎/㎗、中性脂肪値は150㎎/㎗と、いずれも高めと指摘されました(中性脂肪の基準値は150㎎/㎗未満)。

それでも生活を改めることはなく、好きな物を食べ、大学院へ行く以外は家でゴロゴロするといった日々を続けていました。すると、今年の3月ごろから、めまいが頻繁に起こるようになったのです。

めまいは、立ちくらみのようなもので、一瞬ふらっとするだけですぐに治まります。しかし、多いときは、1日に3回も起こることがありました。
また、電車に乗っていて立ち上がった瞬間、ものすごく大きなめまいが起こったこともあります。なんとか倒れはしなかったものの、地震が起きたのかと思うほどのふらつきでした。

各数値が高いことに加え、ときどき心臓が「ドクッ」と大きく拍動することもあり、私はさすがに不安を感じるようになりました。

それからは母に協力してもらい、健康的な食事を心がけるようにしたり、週2〜3回は2時間ぐらい歩いたりするようにしました。それでも、めまいは相変わらず起こっていました。
母の勧めで「オクラ水」を飲み始めたのは、今年の4月からです。

最初は、「この水にそんな効果があるの?」と半信半疑でした。実際に飲んでみると、オクラ独特の青臭さが少しあって、正直、「変わった味」という印象でした。でも、母のアドバイスでブルーベリー果汁入りの黒酢を入れてみると、飲みやすくなりました。

以降、母が夜のうちに作っておいてくれるオクラ水を、毎日、朝食の前に飲んでいます。作る分量は、400㎖の水にオクラ7本。それを、父と半分ずつ飲みます。
水に浸けたオクラは味が多少変わるので、食べないことが多いのですが、ときどき肉巻きにして焼くなど、調理して食べています。

眠気が軽減!父の中性脂肪値が降下!

こうしてオクラ水を飲み始めて、1ヵ月ぐらい経ったころでしょうか。私は、「あれ? 最近めまいが起こる頻度が減ってきたな」と気づきました。
もしかしたらオクラ水の効果かも……と思い、その後も飲み続けたところ、3ヵ月経った7月には、ほとんどといっていいほど、めまいが起こらなくなったのです。

そして、その7月に受けた血液検査では、総コレステロール値が223㎎/㎗、LDLコレステロール値が140㎎/㎗に下がっていました。
食事の内容と週2〜3回のウォーキングは、オクラ水を飲む前と変えていません。にもかかわらず、めまいが消えて各数値も下がったのは、オクラ水のおかげとしか思えません。

そういえば、以前より眠気を感じることがなくなり、ゴロゴロしている時間も減りました。これもオクラ水と何か関係があるのでしょうか。

一方で、体重に変化はなく、中性脂肪値が下がらないのは、恐らく運動量がまだ足りないからでしょう。このあたりはまだ気になるところなので、オクラ水を飲みながら、ウォーキングも継続したいと思います。

ちなみに、いっしょにオクラ水を飲んでいる父は、総コレステロール値と中性脂肪値が下がったそうです。また、父もときどき、めまいに悩まされていたそうですが、それも落ち着いているといいます。
やはりオクラ水には、なんらかの健康効果があるのだと感じています。

ウォーキングとの相乗効果が楽しみ!

リンパ液の流れを促しめまいや眠気が解消(市橋クリニック院長 市橋研一)

飯田さんは、お父さんもコレステロール値が高いため、家族性の高脂血症と思われます。LDLコレステロールは、薬でもなかなか下がりにくいものです。それが、オクラ水を飲んで163㎎/㎗から140㎎/㎗に下がったとは驚きです。あらためて、オクラ水の効果はすごいと感じています。

めまいが起こらなくなったのは、恐らく、頭部の三半規管のリンパ液が、サラサラになったからではないでしょうか。オクラ水は、末梢血液の循環をよくして、リンパ液をスムーズにする作用があります。頭部のリンパ液などの流れがよくなったことで頭がスッキリし、眠気も減ったのかもしれません。

この記事は『壮快』2018年10月号に掲載されています
この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
手足の爪の生え際を手の指でもむだけの簡単な療法ですが、自律神経のバランスを整えるのに優れた効果があります。耳鳴り、メニエール病のめまい、頻尿の改善など、さまざまな効果が現れます。【解説】永野剛造(永野医院院長・日本自律神経免疫治療研究会会長)
更新: 2019-04-15 18:00:00
手のひらを押し始めてすぐに腰の痛みがやわらぎ、この数年は治療を受けることもなくなりました。以前はめまいが起こる前に「めまいが来るな」という前兆があったのですが、今はそれすらなくなりました。50歳前後の頃より、58歳になった今のほうがよいくらいではありませんか。【体験談】新田博子(仮名・会社員・58歳)
更新: 2019-02-14 18:00:00
担当医師の話によれば、めまいや頭痛といったメニエール病の症状も、甲状腺の機能異常と無縁ではないだろうということでした。たぶん、梅干しを食べ始めて半年くらい経ったころには、長年にわたって苦しめられてきためまいが、全く起こらなくなっていたと思います。吐き気や頭痛に襲われることも減りました。【体験談】堤聖子(自営業・64歳)
更新: 2018-12-20 18:00:00
病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)
更新: 2018-12-14 18:00:00
職場で使用しているスリッパを使って10円硬貨と1円硬貨をはり付け、仕事中にはくことにしました。すると、1度もめまいが起こらなかったのです。「これは効いているみたい! 」とうれしくなりました。先日は職場で同僚から「なんだか最近、顔色が違う。元気になったね」と言われました。【体験談】小原栄子(会社員・59歳)
更新: 2018-11-27 18:00:00
最新記事
近年、カカオにはほかの食品に比べて多くのポリフェノール(色素成分)が含まれていることがわかり、健康効果が解明されつつあります。その効果の一つとして注目を集めているのが、血圧降下作用です。【解説】椎名一紀(戸田中央総合病院心臓血管センター内科・嗜好品外来医師)
更新: 2019-04-19 18:00:00
脳梗塞や心筋梗塞の予防には、アディポネクチンというホルモンの分泌が重要です。アディポネクチンには、傷ついた血管を修復し、血管のプラークを抑制する働きがあることがわかっています。さらに、アディポネクチンには、インスリンの働きをよくして、糖尿病を防ぐ働きもあります。【解説】杉岡充爾(すぎおかクリニック院長)
更新: 2019-04-18 18:00:00
マイタケスープを飲み始めて2~3ヵ月がたった頃、妻から「なんか生えてきているよ」と言われたのです。合わせ鏡で見ると、ハゲていた部分に、本当に産毛が生えているのが確認できました。今ではハゲが消えています。そして、今のところがんの再発もありません。【体験談】中村健三(75歳・無職)
更新: 2019-04-17 18:00:00
糖尿病になると、医師からは決まり文句として、「お酒はやめてください」といわれるはずです。とはいえ、お酒が大好きだった人にとって、長年続けてきた習慣をきっぱりとやめるのは、簡単なことではないでしょう。【解説】板倉弘重(品川イーストワンメディカルクリニック理事長・医師)
更新: 2019-04-16 18:00:00
手足の爪の生え際を手の指でもむだけの簡単な療法ですが、自律神経のバランスを整えるのに優れた効果があります。耳鳴り、メニエール病のめまい、頻尿の改善など、さまざまな効果が現れます。【解説】永野剛造(永野医院院長・日本自律神経免疫治療研究会会長)
更新: 2019-04-15 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt