医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

泌尿器科医の私が「かかと落とし」をすすめる理由

泌尿器科医の私が「かかと落とし」をすすめる理由

夜間頻尿が1回減ると、睡眠時間は2時間延びるといわれています。塩分過多の人は、減塩するだけで、睡眠の質が大幅に改善するわけです。夜間頻尿の患者さんに、自分でできる対処法として、減塩といっしょにお勧めしているのが、昼間に行う「かかと落とし」です。【解説】松尾朋博(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科泌尿器科学助教)


解説者のプロフィール

松尾朋博(まつお・ともひろ)
長崎大学大学院医歯薬学総合研究科泌尿器科学助教。
2001年、山形大学医学部卒業。医学博士。日本泌尿器科学会専門医・指導医。日本がん認定機構がん治療認定医。15年、第22回日本排尿機能学会で学会賞を受賞。17年、第47回国際禁制学会で演題「塩分制限が夜間頻尿に効果的か?」を発表し、学会賞を受賞。そのほか、欧州泌尿器科学会でも受賞歴あり。患者さんに寄り添う医療をモットーとしている。

昼間の下半身のむくみが夜間頻尿を招く!

高齢になると、夜間頻尿に悩む人が増えてきます。夜間に何回もトイレに起きると、睡眠の質が悪くなるだけでなく、転倒・骨折のリスクが高まり、非常に危険です。

医学上の定義では、夜間頻尿とは、「夜間に1回以上の排尿があること」です。実際には、夜間に2回以上の排尿があって、患者さんが困っていれば、治療を行うことになります。

健康な人なら、夜間は腎臓でオシッコを作らないように自律神経(意志とは無関係に血管や内臓の働きを調整する神経)が調整してくれます。また、オシッコをしっかり膀胱にためるシステムが働き、トイレに行くことはありません。

では、どうして夜間頻尿が起こるのでしょう。
夜間の正常な排尿システムをくずす要因として、高血圧や糖尿病、腎機能障害などの全身性疾患、過活動膀胱、精神的なストレスなどが挙げられます。男性の場合は、前立腺肥大なども関係してきます。
このような病気があれば、それらの治療を行うことが夜間頻尿の改善につながるわけです。

こうした病気とは別に、私たちの研究で、食塩のとり過ぎと夜間頻尿に、大きな関連があることがわかりました。

私たちは、夜間頻尿(夜間1回以上)があり、塩分の摂取量が国の目標値(男性は1日8g未満、女性は同7g未満)を超える患者さんたち(25〜91歳)に、3ヵ月間、減塩に挑戦してもらいました。

その結果、321人中223人が減塩に成功しました。この減塩成功グループでは、1日平均2.7gの減塩ができ、水分の摂取量は300ml減りました。それによって、夜間の排尿回数は平均2.3→1.4回、昼間の排尿回数は7.7→6.4回に減少。夜間の排尿回数は約1回、1日の排尿回数は2回も減ったのです。

夜間頻尿が1回減ると、睡眠時間は2時間延びるといわれています。塩分過多の人は、減塩するだけで、睡眠の質が大幅に改善するわけです。

もう一つ、高齢者に多い昼間の下半身のむくみも、夜間頻尿との関連が深いといえます。
年を取るにつれて心肺機能や下半身の筋肉が衰えてきます。そのため、昼間に足にたまった水分(血液やリンパ液)が心臓のほうへ戻りにくくなり、下半身がむくんできます。

その下半身にたまった水分が、就寝時に横になると、心臓のほうへ戻り、それが腎臓へ行ってオシッコが作られることがあるのです。つまり、昼間の下半身のむくみが夜間頻尿を招くというわけです。

そこで、夜間頻尿の患者さんに、自分でできる対処法として、減塩といっしょにお勧めしているのが、昼間に行う「かかと落とし」です。

ふくらはぎにたまった水分を心臓に押し戻す

かかと落としは、立った状態でかかとを上げて、床に落とすだけのとても簡単な運動です。
この運動は、ふくらはぎの筋肉のポンプ作用で、下半身にたまった水分を心臓に押し戻してくれます。

また、衰えがちなふくらはぎの筋肉を効率よく鍛えるので、血液などの水分の循環がよくなり、夜間頻尿の原因となる下半身のむくみを防ぎます。

かかと落としは、ふくらはぎを意識しながら、かかとをしっかり上げるのがポイントです。10回を1セットとして、1日3セット、日中に行うといいでしょう。

また、あおむけになって、30分程度の昼寝をするのもお勧めです。その際、ひざ下に厚めのクッション(約15㎝)などを置くと、足にたまった水分が心臓に戻りやすくなります。

通常、飲んだ水は1時間後に尿になりますが、高齢者は尿になるまでに約4時間かかります。ですから、お年寄りは就寝する4時間前からは水分摂取をなるべく控えてください。

なお、減塩については、味つけを薄くして、かわりに酢や香辛料などを利用する、麺類の汁を飲まない、塩分の多い加工食品をできるだけとらないなど、意識することが大事です。

「かかと落とし」の基本的なやり方はこちら!

夜間頻尿を防ぎ・改善するポイント

昼間の下半身のむくみを取る

❶かかと落としを日中に行う

立った状態で両足のかかとを上げ、ストンと落とす。
10回を1セットとして、日中に3セット行う。

【ポイント】
ふくらはぎを意識しながら、かかとをしっかり上げる。

❷昼寝をする

あおむけになって、ひざの下に厚めのクッションを置く。
その状態で30分ほど昼寝をする。

意識して減塩する

・味つけを薄くし、かわりに酢や香辛料を利用する。
・麺類の汁を飲まない。
・塩分の多い加工食品をできるだけとらない。

夜の水分摂取を控える

高齢者は就寝の4時間前からは水分摂取を控えめにする。

 

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


老廃物を排出してむくみ改善!心身がスッキリする「塩カイロ」の作り方 ・やり方

老廃物を排出してむくみ改善!心身がスッキリする「塩カイロ」の作り方 ・やり方

今回、むくみの予防と改善のためにお勧めするのが「塩カイロ」です。塩カイロは、塩灸をアレンジした、手軽なセルフケアです。塩カイロは、お尻にある尾骨を温めます。尾骨周辺を塩カイロで温めることにより、こりやゆがみが解消し、自律神経のバランスが整って、血液やリンパの流れが改善するのです。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


11円スリッパをはくだけで美脚に変身!むくみが消えてふくらはぎもほっそり

11円スリッパをはくだけで美脚に変身!むくみが消えてふくらはぎもほっそり

11円スリッパをはく前に使っていたサンダルだと、「裸足になってらくになりたい」と思っていましたが、これに変えてからは、「脱ぎたい」という気持ちになりません。むしろはいていると心地よく感じました。そんな調子で1週間がたったときには、スリッパの効果を確信していました。【体験談】神田理央(仮名・主婦・37歳)


朝までトイレに行かず熟睡できた!「足の甲巻き」で足のむくみも解消

朝までトイレに行かず熟睡できた!「足の甲巻き」で足のむくみも解消

足の甲に包帯を巻いて2~3日後には、足がむくまなくなりました。以前のように、足がむくんで靴が痛いということもありません。むくみが解消したおかげか、明け方に尿意を感じて目が覚めることがなくなりました。そのため、従来どおり、熟睡するリズムが戻ったのです。【体験談】上田雅代(仮名・看護師・57歳)


「かかと落とし」の骨密度を高める効果が判明!骨粗鬆症対策に有効

「かかと落とし」の骨密度を高める効果が判明!骨粗鬆症対策に有効

スクレロスチンという物質の名前を聞いたことがありますか? これは骨を作らないように働く物質で、過剰に分泌されると骨密度を低くする方向に作用します。骨を強くして骨折を防ぐためには、スクレロスチンの過剰分泌を抑えることが重要です。そのために有効な運動が、かかと落としなのです。【解説】中村幸男(信州大学医学部整形外科講師)


【ふくらはぎを温める効果とやり方】寝つきがよくなり低体温も改善してきた!

【ふくらはぎを温める効果とやり方】寝つきがよくなり低体温も改善してきた!

横になっても寝入るまでに1〜2時間かかるのがあたりまえ。3時間以上眠れないこともありました。さらに夜の間に2〜3回はトイレに起きていました。サポーターでふくらはぎを温めるようにしたら30分も経たないうちに眠れるのです。そして朝まで目覚めることなく熟睡できるようになりました。【体験談】山田亜希子(仮名・無職・79歳)


最新の投稿


布施博が脊柱管狭窄症を克服!足の激痛と歩行困難から救った方法とは?

布施博が脊柱管狭窄症を克服!足の激痛と歩行困難から救った方法とは?

腰の辺りから肩甲骨の下辺りまで指圧しても、せいぜい3分程度しかかかりません。実際にやってみると、これがすごく気持ちいいんです!こわばっていた筋肉がほぐれていくのを実感できます。なにしろ、脊柱管狭窄症の症状が目に見えてよくなりましたね。右足に感じていた激痛が、すっかり治まったんです。【体験談】布施博(俳優)


金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

作った酢タマネギを、毎朝食べている納豆に混ぜて食べています。酢タマネギを混ぜる量は、私はカレースプーンに2杯、妻は1杯です。こうして毎日の朝食で酢タマネギを食べ続けていたら、耳鳴りの音が徐々に小さくなってきたのです。3ヵ月後には、日中はほとんど気にならなくなりました。【体験談】鈴木興起(無職・80歳)


老廃物を排出してむくみ改善!心身がスッキリする「塩カイロ」の作り方 ・やり方

老廃物を排出してむくみ改善!心身がスッキリする「塩カイロ」の作り方 ・やり方

今回、むくみの予防と改善のためにお勧めするのが「塩カイロ」です。塩カイロは、塩灸をアレンジした、手軽なセルフケアです。塩カイロは、お尻にある尾骨を温めます。尾骨周辺を塩カイロで温めることにより、こりやゆがみが解消し、自律神経のバランスが整って、血液やリンパの流れが改善するのです。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【炭酸水パックの美肌効果】ペットボトルでもOK?濃度(ppm)の目安はある?

【炭酸水パックの美肌効果】ペットボトルでもOK?濃度(ppm)の目安はある?

炭酸水につかると、その部位の毛穴から炭酸が浸透。体内で毛細血管に入り、血管内の酸素を細胞に送り出します。これを体が察知すると「酸素が足りていない」と勘違い。炭酸水につかっている部位に酸素を供給しようと、血液がドッと流れてきます。こうして血管が拡張され血流が改善するのです。【解説】齋藤真理子(山本メディカルセンター院長)


貧血を改善する食べ物は海苔がおすすめ!しつこい疲れや憂うつな気分も解消する

貧血を改善する食べ物は海苔がおすすめ!しつこい疲れや憂うつな気分も解消する

実は日本は、貧血大国です。50歳未満の健康な日本人女性1万 3000人以上を対象にした調査で、22.3%の人が貧血に相当し、そのうち25.2%は重度の貧血という結果が出ているほどです。女性に最も多いのは、貧血の約2/3を占めると言われる「鉄欠乏性貧血」です。【解説】山本佳奈(ときわ会常磐病院・ナビタスクリニック内科医)