「かかと落とし」の骨密度を高める効果が判明!骨粗鬆症対策に有効

「かかと落とし」の骨密度を高める効果が判明!骨粗鬆症対策に有効

スクレロスチンという物質の名前を聞いたことがありますか? これは骨を作らないように働く物質で、過剰に分泌されると骨密度を低くする方向に作用します。骨を強くして骨折を防ぐためには、スクレロスチンの過剰分泌を抑えることが重要です。そのために有効な運動が、かかと落としなのです。【解説】中村幸男(信州大学医学部整形外科講師)


解説者のプロフィール

中村幸男(なかむら・ゆきお)
信州大学医学部整形外科講師。
長野県生まれ。自治医科大学卒業後、米国ハーバード大学医学部講師などを経て、信州大学医学部整形外科講師。専門は骨・関節、関節リウマチ、骨粗しょう症など。国内外の骨研究に関する賞を多数受賞。近著に『本当に必要な「ゆるスクワット」と「かかと落とし」』(小学館)。

骨を作らないように働く物質の過剰分泌を抑制

日本は、世界屈指の長寿国ですが、平均寿命と健康寿命の差は大きく、男性で8.84歳、女性で12.35歳となっています(2016年)。つまり、男性はおよそ9年、女性は12年以上、寝たきりや要介護の生活を送っているわけです。

寝たきりになる最大の原因の一つが、大腿骨頸部(足のつけ根)や背骨の骨折です。これらは特に女性に多く、骨粗しょう症が原因で大腿骨頸部骨折を起こす女性は、毎年12万人以上と推計されています。

女性は更年期以降、女性ホルモンが激減して骨粗しょう症のリスクが高くなります。また、加齢により足腰が弱くなると、斜め後方に転びやすくなります。その結果、大腿骨や背骨を骨折し、寝たきりにつながっていくのです。男性の骨折の頻度は女性の3分の1程度ですが、男性にも骨粗しょう症はあるので、注意が必要です。

骨には、骨を壊す破骨細胞と、骨を作る骨芽細胞があり、骨は日々生まれ変わっています。しかし、加齢などによってホルモンバランスが乱れると、破骨細胞の働きに骨芽細胞が追いつかず、骨がスカスカになってしまいます。これが骨粗しょう症ですが、ほとんど自覚症状がありません。転んで骨折するまで、骨がもろくなっていることに気づかないのです。

私は長年、骨の機能について研究し、骨を丈夫にする運動について考えてきました。その代表的なものの一つとして、「かかと落とし」という、骨に衝撃(メカニカルストレス)を与える運動を考案しました。

骨に適度な衝撃を与えると、骨密度(骨量)が高くなり骨が丈夫になることは、昔から知られていました。私は、米国ハーバード大学勤務時にそのメカニズム解明に携わり、骨の代謝を遺伝子レベルで制御する物質について研究を深めてきました。

皆さんは、スクレロスチンという物質の名前を聞いたことがありますか? これは骨を作らないように働く物質で、過剰に分泌されると骨密度を低くする方向に作用します。実際、骨密度が高い人では血中スクレロスチン濃度が低く、骨密度が低い人では血中スクレロスチン濃度が高い傾向にあります。

したがって、骨を強くして骨折を防ぐためには、スクレロスチンの過剰分泌を抑えることが重要です。そのために有効な運動が、かかと落としなのです。

投薬のみの人に比べて骨密度が2%もアップ

私は、骨粗しょう症の患者さんや、地域の皆さんに、かかと落としを指導しています。その活動のなかで、かかと落としの効果を調べたことがあります。

骨粗しょう症で投薬治療を受けている患者さん20名(70~80代)に、朝昼晩にそれぞれ30回ずつ、毎日かかと落としを行ってもらいました。
1年後、大腿骨頸部の骨密度の変化を投薬治療のみの患者さんと比較したところ、投薬のみでは4.1%、かかと落としを行った人たちは6.0%も上昇したのです。

骨密度は、何もしなければ加齢とともにどんどん低下していきます。ところが、かかと落としを毎日続けて行えば、たとえ高齢者でも、大腿骨頸部の骨密度を高くすることができるのです。

かかと落としは、両足のかかとを上げて、同時に床にストンと落とすだけの、簡単な運動です。30回を1セットとして、1日3セット行います。30回がつらい人は、できる回数から始め、徐々に回数を増やしていきましょう。足腰が弱い人は、壁やイスにつかまりながら行ってください。

まずは靴下をはいて、じゅうたんの上で行うことから始めましょう。慣れてきたら、かたい床の上で、素足で行うとより効果的です。

大事なことは、足のつけ根(大腿骨)に響かせることです。少しずつかかとを高く上げて、骨への衝撃を強くしていきます。最初から衝撃が強過ぎると腰やひざを痛めることがあるので、注意してください。
腰痛のある人は、少し前かがみになって行うと、腰への負荷が少なくなります。

かかと落としは、ステロイドを内服している人、糖尿病や腎不全などで、骨がもろく骨密度が低い人にも有効です。
かかと落としを毎日続けて行うことで、骨密度を高くすることができます。骨密度が高くなって骨が丈夫になることは、関節の痛みを和らげたり、骨折を防いだりすることにつながります。

骨密度が低い人のなかには、かかと落としを行うと、骨折するのではないかと考える人がいますが、心配はいりません。どうしても不安な人は、かかとを1~2㎝上げるところから始めるといいでしょう。ただし、関節に炎症があり痛みを伴う場合は、炎症が治まってから始めてください。

かかと落としをしっかり行うと、骨にかかる衝撃レベルはテニスとほぼ同等であることがわかっています。室内でできる簡単な運動で、骨に対して大きな効果を得ることができるのです。かかと落としで骨折や寝たきりを防ぎ、いつまでも自分の足で歩き続け、健康寿命を延ばしていきましょう。

「かかと落とし」のやり方
この記事は『壮快』2018年10月号に掲載されています
 

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


かかと落としで心不全を予防 心臓リハビリの柱「カーフ・レイズ」のやり方

かかと落としで心不全を予防 心臓リハビリの柱「カーフ・レイズ」のやり方

心不全は、体に炎症を起こすサイトカイン(炎症性生理活性物質)の放出が続いている状態といえます。その炎症が運動によって抑制されることが、最近の研究で明確になっています。「かかと落とし」は、その柱の一つとなっている運動です。【解説】牧田茂(埼玉医科大学医学部教授・同大学国際医療センター心臓リハビリテーション科診療部長)


泌尿器科医の私が「かかと落とし」をすすめる理由

泌尿器科医の私が「かかと落とし」をすすめる理由

夜間頻尿が1回減ると、睡眠時間は2時間延びるといわれています。塩分過多の人は、減塩するだけで、睡眠の質が大幅に改善するわけです。夜間頻尿の患者さんに、自分でできる対処法として、減塩といっしょにお勧めしているのが、昼間に行う「かかと落とし」です。【解説】松尾朋博(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科泌尿器科学助教)


【レモンの効果】摂取量が多いほど骨密度を高める! 骨粗鬆症を予防するキレート作用とは?

【レモンの効果】摂取量が多いほど骨密度を高める! 骨粗鬆症を予防するキレート作用とは?

カルシウムなどのミネラルは、そのままでは体内に吸収しにくいため、少しずつ骨の密度が落ちてスカスカになり、骨折しやすくなる骨粗鬆症を起こしやすくなります。特に更年期以降の中高年女性は、ホルモン分泌が変化する関係で、骨密度が低下しやすいのです。【解説】飯田忠行(県立広島大学保健福祉学部教授)


【大豆の栄養】脳活動を強力サポート「ビタミンB1」は炒って摂取が良い!

【大豆の栄養】脳活動を強力サポート「ビタミンB1」は炒って摂取が良い!

ビタミンB1を摂取しないと、いくらほかの食品を摂取しても脳の活動源にはなりません。不足状態が続くと思考力や記憶力が低下し、精神的にも不安定になるでしょう。いつまでも若々しい脳でいるためには、「大豆」を積極的に食べることをお勧めします。【解説】加藤淳(北海道立総合研究機構道南農業試験場 場長・農学博士)


【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

認知症予防に役立つのが、足の筋肉を鍛えることです。両足のかかとをリズミカルに上げ下げする「かかと落とし」は、ふくらはぎの筋肉を鍛えるのに有効です。さらに、毛細血管のゴースト化を防ぐこともわかっています。【解説】伊賀瀬道也(愛媛大学大学院老年神経総合診療内科特任教授・愛媛大学附属病院抗加齢・予防医療センター長)


最新の投稿


ぺったんこ前髪がボリュームアップ!酢玉ねぎで体重も6kg減らせた!

ぺったんこ前髪がボリュームアップ!酢玉ねぎで体重も6kg減らせた!

主人の血糖値ですが、酢タマネギを食べ始めてわずか2ヵ月ほどで100mg/dlまで下がりました。服薬を続けても下がらなかったのに、酢タマネギを食べ始めてすぐに改善したことには驚きました。血圧も下がり、以前は降圧剤を飲んで最大血圧が200mmHgだったのが、今は130mmHg程度です。【体験談】伊林好子(主婦・76歳)


脊柱管狭窄症は歪みの現れ!股関節を緩めてゆがみをとる運動「内また屈伸」のやり方

脊柱管狭窄症は歪みの現れ!股関節を緩めてゆがみをとる運動「内また屈伸」のやり方

脊柱管狭窄症も、体幹のゆがみの現れの一つです。体幹のゆがみは、その程度や形状によって症状が出る場所が異なってきます。そういうことであれば、症状を改善するのに必要かつ有効な治療は、症状の元になっている体のゆがみを是正し、筋肉をほぐして血流を改善することに、ほかなりません。【解説】八木雅之(城山接骨院院長・柔道整復師)


手のひら押しは「冷や汗が出るほど痛い」が効果に驚き!私は降圧剤の減薬に成功!

手のひら押しは「冷や汗が出るほど痛い」が効果に驚き!私は降圧剤の減薬に成功!

定期通院で血圧が130mmHgに下がっていたのです。降圧剤でも正常値にならなかったので、このときは「うそでしょ!? 」と声が出るほど本当に驚きました。2ヵ月後も正常値だったため4錠だった降圧剤を2錠に減らせました。念願だった減薬に着手できてどれだけうれしかったかわかりません。【体験談】山田平次(仮名・会社員・69歳)


【騙されたと思って試してみて】伝説のアクション女優がゾッコン!玉ねぎのサラダとぬか漬け

【騙されたと思って試してみて】伝説のアクション女優がゾッコン!玉ねぎのサラダとぬか漬け

独身時代はほとんど食べ物に気を遣っていなかった私でも、家族ができれば話は別。なるべく人工添加物などが使われていない、体にいい食べ物を食卓に並べるようにしてきました。自然に食べ物へ関心を持つようになったわけですが、近年私の心をとらえて離さないのが「タマネギ」です。【体験談】志穂美悦子(フラワーアクティビスト)


生理前のむくみ対策に「耳輪ゴム」をしてみたら…15kgやせて顔も足もスッキリ!

生理前のむくみ対策に「耳輪ゴム」をしてみたら…15kgやせて顔も足もスッキリ!

耳輪ゴムをして眠れば、お酒を飲んだ日の翌朝でも顔はスッキリとしたままです。生理前でもむくみが気にならないのがうれしいです。今は肩も軽いです。肩こりの自覚はなかったのですが、もしかしたら首や肩の筋肉がずっと緊張していたのかもしれません。最近は年齢よりも若く見られることがよくあります。【体験談】岩崎小夜子(自営業・50歳)