MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
「おでこ伸ばし」で不眠が改善!心身のリラックス効果を実感できた

「おでこ伸ばし」で不眠が改善!心身のリラックス効果を実感できた

実際にやってみると、頭の中がスッキリするようで、とても心地よく感じました。「これをやっても眠れないなら、薬を飲めばいいんだから」というくらいの、軽い気持ちで始めたのです。すると、おでこ伸ばしをすると、薬を飲まなくても、すぐに寝つけることがわかりました。【体験談】森川知子(仮名・主婦・74歳)

寝ているはずなのに疲れが取れない

私は20年ほど前に、自律神経失調症(血管や内臓、ホルモン分泌などを調整する自律神経の不調)になり、精神安定剤を飲んでいます。また、眠れない日も多かったため、睡眠導入剤も処方されていました。
睡眠導入剤を飲むのは、毎日ではありません。薬を飲まずに眠れる日もあったので、眠れないときだけ飲んでいたのです。

薬を飲めば、すぐに寝つくことができ、朝まで続けて眠れます。でも、薬が効き過ぎるのか、朝目覚めてからも、頭の中に、もやがかかっているようでした。もしかしたら、熟睡できていないのかもしれません。
なぜなら、日中、体がだるくて、昼寝をしないと体が持たないからです。「ちゃんと寝ているはずなのに、疲れが取れない」と感じていました。

そんなとき、「おでこ伸ばし」という健康法に出合いました。愛読している『壮快』で紹介されていたものです。
額に手を当てて、頭の方向に押し上げるだけで、自律神経が整うとのことでした。自律神経のうち、心身を休息させるように働く副交感神経が優位になるため、リラックスできて不眠にも効果があるとのこと。早速、実行することにしました(やり方は下の図解を参照)。

実際にやってみると、頭の中がスッキリするようで、とても心地よく感じました。そこで毎晩、布団に横になってから、おでこ伸ばしを行うことにしました。「これをやっても眠れないなら、薬を飲めばいいんだから」というくらいの、軽い気持ちで始めたのです。

すると、おでこ伸ばしをすると、薬を飲まなくても、すぐに寝つけることがわかりました。
さらに、おでこ伸ばしを行ってから眠った翌朝は、パッと目が覚め、起床直後から頭がスッキリしているのです。「体と頭の疲れが取れた」という実感がありました。
おでこ伸ばしをすることで、心身がリラックスして、眠りが深くなったのかもしれません。

頭の中がスッキリ!「おでこ伸ばし」のやり方

❶床にあおむけになる。頭の下には枕を置く。
❷リラックスして目をつむり、両手の手のひらを額に当て、額を押しながら上方に引っ張る。
❸そのままの状態で、30秒キープ。以上を2〜3回くり返す。

息子の飛蚊症も治って通院が不要に!

また、以前の私は、自律神経失調症のせいで、気分が落ち込む日が少なくありませんでした。それが、おでこ伸ばしを習慣化してから、考え方が前向きになり、明るい気持ちでいる時間が長くなりました。 
『壮快』の記事によると、おでこ伸ばしは目の周りの血流を改善するので、眼精疲労や近視などにも効果があるとのこと。

そこで私は、息子におでこ伸ばしを教えました。
47歳の息子は、飛蚊症(目の前を蚊が飛ぶように見える病気)に悩んでいました。視界に複数の虫が飛んでいるようでうっとうしく、生活にも支障が出ていたようです。
眼科にもかかっていましたが、決定的な治療法はないようで、「全然よくならない」と、ぼやいていたのです。

私が勧めたとおりに、息子はおでこ伸ばしをまじめに続けていたようです。そのおかげか、いつの間にか目の前を飛ぶ虫の姿が消え、視界が明るくなったとのこと。通院の必要もなくなり、とても喜んでいます。

一方の私は、苦もなく眠れるようになったので、「のどもと過ぎれば……」で、おでこ伸ばしをやめてしまいました。
ところが最近、少し不眠ぎみになってきました。また、おでこ伸ばしを再開しようと思っています。

脳内の血流が改善して眠れるようになった(萬生健康治療院院長 中川忠男)

おでこ伸ばしを行うと、脳を休息モードにすべく自律神経が自然に調整され、副交感神経の働きが高まります。その結果、脳内の血流がよくなり、心と体の緊張が緩んでリラックスします。よく眠れるようになったのは、そのためです。

また、おでこ伸ばしを行うことで、目の周辺組織の血行も促進されます。飛蚊症や近視などの改善に有効です。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)
手の小指に湿布を貼る「小指シップ」は交感神経の緊張をゆるめ首すじのこりをほぐします。交感神経は副交感神経と対になって働き内臓や血管などの働きを調整しています。交感神経が緊張して自律神経のバランスがくずれるとさまざまな不調が出てきます。小指シップにはそれを抑える作用があるのです。【解説】安田譲(安田医院院長)
私が不眠に悩むようになったのは、1〜2年前からです。タマネギを枕元に置くようにしてからは、布団に入って10〜15分でスーッと眠れるようになりました。「これで私は眠れるんだ」という自己暗示も効いているかもしれませんが、タマネギのにおいで気持ちが安定する実感があります。【体験談】谷口芳江(仮名・主婦・65歳)
横になっても寝入るまでに1〜2時間かかるのがあたりまえ。3時間以上眠れないこともありました。さらに夜の間に2〜3回はトイレに起きていました。サポーターでふくらはぎを温めるようにしたら30分も経たないうちに眠れるのです。そして朝まで目覚めることなく熟睡できるようになりました。【体験談】山田亜希子(仮名・無職・79歳)
あまりに寝過ぎると、レム睡眠が急激に増え、ノンレム睡眠がほとんど起こらなくなります。睡眠中は、十分な酸素供給が行われないため、脳は酸素不足の状態です。そんな状態のところに、脳が活発に働くレム催眠が増えると、脳は疲労回復どころか、かえって疲労してしまいます。【解説】保坂隆(保坂サイコオンコロジー・クリニック院長)
最新記事
熱中症は7月8月の日中に最も多く見られます。熱中症は、乳幼児から高齢者まであらゆる年代で起こる病気です。なかでも高齢者は重症化する場合が多いのです。また服薬や持病のある方も熱中症にかかりやすいリスクがあるといえるでしょう。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)
熱中症は私たちの日常生活の中での注意や工夫で予防することができます。たとえば、服装です。また、水分補給についても、実は「水分」だけを補給するのではいけません。そのほかに、エアコン等の空調の使い方のコツなどをご紹介します。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)
手洗いの時間の目安は、おおよそ30秒。次のような手順で洗っていくと、少なくともそれくらいの時間が必要であることが実感できるでしょう。
新型コロナウイルスには、まだ特効薬やワクチンはなく、感染しないための予防法を徹底することが重要です。自分一人ひとりができる感染症対策のポイントをチェックしてみましょう。
コンブを水に漬けて冷蔵庫で10日ほど発酵させ、乳酸菌と酵母を培養する「コンブ酵母」が話題になっています。コンブ特有のにおいが軽減し、旨みが濃くなるので、そのまま飲んでも、料理に使ってもよし!食生活に取り入れる人が急増中です。コンブ酵母の作り方と、コンブ酵母の活用レシピをご紹介します!【レシピ】COBOウエダ家

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt