医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【不眠の原因】歯ぎしりを治す方法「ベロ回し」のやり方と効果

【不眠の原因】歯ぎしりを治す方法「ベロ回し」のやり方と効果

今回は、歯ぎしりがひどくて熟睡できないというかたに、「ベロ回し」をお勧めします。右側の歯がすり減って左側の歯が伸びると、噛み合わせが悪くなります。すると、正しい噛み合わせを求めて、無意識のうちに歯をすり合わせるようになります。これが歯ぎしりです。【解説】玉川秀泰(永覚歯科クリニック院長・日本生体咬合研究所副所長)


解説者のプロフィール

玉川秀泰(たまがわ・ひでやす)
●永覚歯科クリニック
愛知県豊田市永覚新町1-49-1
0565-27-9711
https://www.ekaku-shika.com/

永覚歯科クリニック院長・日本生体咬合研究所副所長。
愛知学院大学歯学部 卒業。日本全身咬合学会認定医・指導医。日本頭痛学会会員。

左右均等に物を噛めている人はほとんどいない!

物を食べるとき、きちんと左右均等に歯を使って噛んでいますか」と聞かれたら、皆さんはどう答えるでしょうか。たいていのかたは、「均等に噛んでいる」と答えるでしょう。
しかし、私の経験からいえば、きちんと左右均等に噛むことができるかたは、非常に少ないのです。知らず知らずのうちに、どちらか片方の歯で噛むクセがついているかたがほとんどです。

そして、こうしたクセが長年にわたって続くと、どうなるでしょうか。
例えば、右側の歯ばかりで噛んでいると、右側の筋肉だけが使われて発達します。筋肉は、鍛えると、太く短くなる性質があるため、下あごは右側に引っ張られます。そして、右側の歯は、最もよく当たる歯からすり減っていきます。

一方、あまり使われない左側の筋力は弱り、特に左奥の歯が伸びてきます。すると、噛み合わせが悪くなって噛みにくくなるため、ますます右側ばかりで噛むようになります。
その結果、下あごはさらに右側に引っ張られ、あごのズレが大きくなっていきます。当然、噛み合わせもより悪くなります。

このようなあごのズレ、噛み合わせの悪さが体にさまざまな悪影響を及ぼします。筋肉が右側に引っ張られることで、頭部右側の筋肉に異常な緊張が起こります。これこそが、多くの不定愁訴を生み出すのです。

こうして起こる不定愁訴のうち、最も典型的なものは頭痛です。ほかにも、肩こり、腰痛、耳鳴りといった症状のほかに、不眠を引き起こします。「熟睡できない」「寝起きが悪い」「起床時に疲れを感じる」「夢をよく見る」といった症状です。

また、右側の歯がすり減って左側の歯が伸びると、噛み合わせが悪くなります。すると、正しい噛み合わせを求めて、無意識のうちに歯をすり合わせるようになります。これが歯ぎしりです。

私の歯科医院に来られた患者さんには、歯と関係のない不定愁訴についても確認しています。そのうえで、噛み合わせを調整したり、あごのズレを直すセルフケアを患者さんに実践してもらいます。すると、今まで悩まされてきた症状が、軽快していくケースがあるのです。

噛みグセを直すとさらに効果が上がる!

今回は、歯ぎしりがひどくて熟睡できないというかたに、「ベロ回し」をお勧めします(やり方は下図参照)。

まず、舌の先を上の前歯と上唇の裏の間に差し入れます。
次に、舌先で、唇と歯ぐきの間をなめていきます。右周りにぐるりと一周して、スタート地点まで戻りましょう。できるだけ、大きな円を描くようなイメージで行ってください。
この右回りを20回くり返します。同様に、左回りも20回行いましょう。これで1セットです。

1セットを行っても、せいぜい2~3分程度しかかからないはずです。このベロ回しは、寝る前に行うのがベストです。

ベロ回しのやり方

❶舌の先を上の前歯と上唇の裏の間に差し入れる

❷舌先で、唇と歯ぐきの間をなめていく。右周りにぐるりと1周して、①のスタート地点まで戻る。できるだけ、大きな円を描くようなイメージで行う。
※右回りを20回くり返し、同様に、左回りも20回行う。
※寝る前に行うのがベスト。

「両側同時咀嚼法」も行うとさらに効果的!

粒状のガムを2つ口の中に入れ、左右の奥歯でそれぞれ噛み、両方の奥歯でバランスよ<噛むようにする。

口内環境を整え口臭予防にも役立つ

ベロ回しは、私の知人である中国人医師の、蘇川博先生が考案したものです。舌をこのように大きく回すことによって、多くの筋肉が使われます。それは、舌を直接動かす筋肉ばかりではなく、口周辺の多くの筋肉も含まれます。ベロ回しをすれば、噛みグセによって、過緊張を起していた筋肉をほぐすことができるのです。

また、口の中で舌を大きく回すことによって、唾液の分泌を促します。ベロ回しは口内環境を整え、口臭予防にも役立つのです。

さらに、ベロ回しと併せて、噛みグセを直すトレーニング「両側同時咀嚼法」も行うと、さらに効果的です(下図参照)。

これは、粒状のガムを二つ口の中に入れ、左右の奥歯でそれぞれ噛み、両噛みの練習をするものです。力強く噛み締めず、両方の奥歯でバランスよく噛むようにしてください。

ベロ回しと、両側同時咀嚼法を行っていけば、不眠などの不定愁訴の予防・改善に役立てることができるでしょう。
なお、長年にわたって、こうした不定愁訴に悩まされてきたかたは、一度歯科医院で検診を受けて、噛み合わせの不具合が起こっていないかどうかチェックしてもらうことをお勧めします。

この記事は『壮快』2018年10月号に掲載されています
 

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

あまりに寝過ぎると、レム睡眠が急激に増え、ノンレム睡眠がほとんど起こらなくなります。睡眠中は、十分な酸素供給が行われないため、脳は酸素不足の状態です。そんな状態のところに、脳が活発に働くレム催眠が増えると、脳は疲労回復どころか、かえって疲労してしまいます。【解説】保坂隆(保坂サイコオンコロジー・クリニック院長)


不眠に特効!眠りが深くなるツボ「風池」はココ(ツボの探し方・押し方)

不眠に特効!眠りが深くなるツボ「風池」はココ(ツボの探し方・押し方)

安らかに眠るには、交感神経優位の状態から、副交感神経優位の状態へ移行する必要があります。そのために役立つのが、風池というツボへの刺激です。風池は、自律神経の乱れを調節するのに有効な特効ツボとされています。腹式呼吸も行うとさらに効果的です。【解説】高橋徳(統合医療クリニック徳院長・ウィスコンシン医科大学教授)


抜け道血管(動静脈瘻)がむくみや夜間頻尿の原因?対策は「足の甲巻き」

抜け道血管(動静脈瘻)がむくみや夜間頻尿の原因?対策は「足の甲巻き」

足の甲にある「抜け道血管」も、足の冷えやむくみ、夜間頻尿の原因となります。正式には「動静脈瘻」といい、解剖学の教科書にも記載されている血管です。本来なら指先の毛細血管まで流れていくはずの動脈血が、抜け道血管を通って静脈に流れ込むと、足先は血流不足になって冷えてしまいます。【解説】佐藤達朗(サトウ血管外科クリニック院長)


寝だめもOK?睡眠負債の解消法と予防のコツ

寝だめもOK?睡眠負債の解消法と予防のコツ

「眠りたいのに眠れない」と悩むのはやめましょう。それ自体がストレスになるからです。ましてや眠れないからといってすぐに睡眠薬を服用する必要はありません。睡眠負債を解消するうえで、特にお勧めの方法が「昼寝」です。時間としては、10~15分くらいがベストでしょう。【解説】枝川義邦(早稲田大学研究戦略センター教授・薬学博士)


理想的な枕の条件は? 自分で作れる「熟睡枕」の作り方を紹介!

理想的な枕の条件は? 自分で作れる「熟睡枕」の作り方を紹介!

枕が合わず寝ても首が緊張していると、肩や首のコリ、手や顔のしびれなどの症状が起こりやすくなります。また「熟睡できない」「夜中や早朝に目が覚める」など、さまざまな症状に悩まされるようになります。玄関マットとタオルを使うと医学的に見て最も理想的な睡眠姿勢が取れる枕を作ることができます。【解説】山田朱織(16号整形外科院長)


最新の投稿


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)


【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

あまりに寝過ぎると、レム睡眠が急激に増え、ノンレム睡眠がほとんど起こらなくなります。睡眠中は、十分な酸素供給が行われないため、脳は酸素不足の状態です。そんな状態のところに、脳が活発に働くレム催眠が増えると、脳は疲労回復どころか、かえって疲労してしまいます。【解説】保坂隆(保坂サイコオンコロジー・クリニック院長)


夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)


歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)


便秘や痔の改善におすすめ!腸から健康になる食事は「甘酒寒天」

便秘や痔の改善におすすめ!腸から健康になる食事は「甘酒寒天」

便秘を食事で改善しようとする際に、重要なのが、食物繊維です。寒天は、水溶性と不溶性、両方の食物繊維を含むため、機能性食品として、大変理想的です。甘酒は発酵食品ですから、まさに微生物のかたまりです。腸内に入ると、乳酸菌などの善玉菌を増やします。痔の改善にも、いい効果が上がっています。【解説】平田雅彦(平田肛門科医院院長)