医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

抜け道血管(動静脈瘻)がむくみや夜間頻尿の原因?対策は「足の甲巻き」

抜け道血管(動静脈瘻)がむくみや夜間頻尿の原因?対策は「足の甲巻き」

足の甲にある「抜け道血管」も、足の冷えやむくみ、夜間頻尿の原因となります。正式には「動静脈瘻」といい、解剖学の教科書にも記載されている血管です。本来なら指先の毛細血管まで流れていくはずの動脈血が、抜け道血管を通って静脈に流れ込むと、足先は血流不足になって冷えてしまいます。【解説】佐藤達朗(サトウ血管外科クリニック院長)


解説者のプロフィール

佐藤達朗(さとう・たつろう)
●サトウ血管外科クリニック
京都市左京区法林寺門前町37番 アバンエスパス鴨川1F
075-762-1082
http://www.sato-vsc.com/

サトウ血管外科クリニック院長。
1986年、信州大学医学部を卒業。神戸大学、京都大学の心臓血管外科などを経て、2008年に京都でサトウ血管外科クリニックを開院。著書に『足の甲を巻けばむくみは治る!』(自由国民社)がある。

きつめにフィットするサポーターでもよい

足の冷えやむくみ、だるさに悩むかたは多いでしょう。皆さん、マッサージをしたり、足を温めたり、足全体を圧迫するようなサポーターをしたり、さまざまな対策を取っていると思います。

では、こうした足のむくみが、夜間頻尿の原因になっていることは、ご存じでしょうか。
夜間頻尿とは、就寝後、排尿のために1回以上起きなければならず、それが日常生活に支障を来している状態を指します。睡眠不足を招き、体調をくずす原因にもなります。

私は、足の冷えやむくみを訴えて来院される患者さんのうち、内臓疾患のないかたに、「足の甲巻き」を勧めています。足の甲に弾性包帯や、きつめにフィットするサポーターなどを巻くだけです。

まずは、なぜ、足のむくみや冷えが夜間頻尿の原因になるのかを説明しましょう。
私たちは、多くの時間を立ったり座ったりして過ごします。すると、血液は重力によって下半身にたまりがちになり、夕方には足がむくんでくるというわけです。

また、足の甲にある「抜け道血管」も、足の冷えやむくみ、夜間頻尿の原因となります。
抜け道血管というのは私がつけた呼称です。正式には「動静脈瘻」といい、解剖学の教科書にも記載されている実在の血管です。

通常、心臓から送り出された血液は、動脈を通って全身に運ばれ、網目状の毛細血管で酸素と栄養素を細胞に供給します。毛細血管は再び集合して静脈となります。つまり、動脈と静脈の間には、必ず毛細血管が存在するのです。

ところが、足先に、毛細血管を経由せず、足の甲にある静脈に直接つながる血管があります。それが、抜け道血管です。通常閉じていますが、なんらかの理由で開き、静脈に動脈血が流れ込んでしまうと考えられます。

本来なら、指先の毛細血管まで流れていくはずの動脈血が、抜け道血管を通って静脈に流れ込むと、足先は血流不足になって冷えてしまいます。

また足の甲の静脈では、動脈血が勢いよく流れ込んで圧力が高まるため、静脈内の血しょう(血液中の液体成分)が血管の外に染み出します。これがリンパ液となり、むくみの原因となるのです。

足首や足の指を動かすとより効果的

さて、尿は血液をもとに腎臓で作られます。血流が悪く、血液が足に滞っていると、腎臓に血液が届かず、尿が効率よく作られません。

この状態のまま就寝すると、どうなるでしょうか。
体を横たえると重力の影響がなくなり、血行がよくなります。その結果、腎臓への血流が増し、尿が多く作られて、夜間頻尿を引き起こすのです。

足の甲を、包帯などで巻いて圧迫し、抜け道血管をふさぐことで、足の血流が正常化します。冷えが解消するとともに、血液が心臓に戻りやすくなります。その結果、日中、腎臓が適切な量の尿を作って排出できるようになり、夜間頻尿が軽減するというわけです。

足に包帯などを巻いた状態で歩いたり、イスに腰かけて足首や足の指を動かしたりすると、なお効果的です。
足のむくみが取れていく過程で、一時的に頻尿になることがあるかもしれませんが、心配せずに続けてください。

足の甲の抜け道血管がふさがれると、動脈血が静脈に流れ込むことがなくなり、静脈内の圧力が正常化するので、足全体のむくみやだるさが改善します。患者さんのなかには、全身のむくみが取れた結果、体重が減った人もいます。

足の冷えやむくみがあり、夜間頻尿で睡眠を阻害されている人は、足の甲に包帯などを巻いてみてください。基本的に、入浴時以外は一日中巻いていてOKです。ただし、足にケガをしていたり、皮膚が損傷するほどむくみが進行していたりする人は、行わないでください。

足の甲巻きのやり方

包帯や、テーピング用のテープなどを使う。きつめにフィットするのであればサポーターで代用可。

【巻き方】
巻き始めの位置を、小指(第5趾)のつけ根に合わせ、足の甲をややきつめに巻く。約7cm幅になるよう、3~4重に巻いたらテープなどで留める。

★包帯は、巻くだけでくっつく自着性の弾性包帯が便利。薬局やドラッグストアで購入可。
★巻いた状態で歩いてみて、足や指先が痛むようなら締め過ぎなので少し緩める。
★入浴時以外は、就寝時を含め、一日中巻いていてOK。

この記事は『壮快』2018年10月号に掲載されています
 

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


夜間頻尿 睡眠不足 冷え

関連する投稿


私の熟睡法はコレ!枕元に置くとスーッと眠れて朝までグッスリ

私の熟睡法はコレ!枕元に置くとスーッと眠れて朝までグッスリ

私が不眠に悩むようになったのは、1〜2年前からです。タマネギを枕元に置くようにしてからは、布団に入って10〜15分でスーッと眠れるようになりました。「これで私は眠れるんだ」という自己暗示も効いているかもしれませんが、タマネギのにおいで気持ちが安定する実感があります。【体験談】谷口芳江(仮名・主婦・65歳)


朝までトイレに行かず熟睡できた!「足の甲巻き」で足のむくみも解消

朝までトイレに行かず熟睡できた!「足の甲巻き」で足のむくみも解消

足の甲に包帯を巻いて2~3日後には、足がむくまなくなりました。以前のように、足がむくんで靴が痛いということもありません。むくみが解消したおかげか、明け方に尿意を感じて目が覚めることがなくなりました。そのため、従来どおり、熟睡するリズムが戻ったのです。【体験談】上田雅代(仮名・看護師・57歳)


「おでこ伸ばし」で不眠が改善!心身のリラックス効果を実感できた

「おでこ伸ばし」で不眠が改善!心身のリラックス効果を実感できた

実際にやってみると、頭の中がスッキリするようで、とても心地よく感じました。「これをやっても眠れないなら、薬を飲めばいいんだから」というくらいの、軽い気持ちで始めたのです。すると、おでこ伸ばしをすると、薬を飲まなくても、すぐに寝つけることがわかりました。【体験談】森川知子(仮名・主婦・74歳)


【ふくらはぎを温める効果とやり方】寝つきがよくなり低体温も改善してきた!

【ふくらはぎを温める効果とやり方】寝つきがよくなり低体温も改善してきた!

横になっても寝入るまでに1〜2時間かかるのがあたりまえ。3時間以上眠れないこともありました。さらに夜の間に2〜3回はトイレに起きていました。サポーターでふくらはぎを温めるようにしたら30分も経たないうちに眠れるのです。そして朝まで目覚めることなく熟睡できるようになりました。【体験談】山田亜希子(仮名・無職・79歳)


夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)


最新の投稿


立ち仕事でむくんだ足に塩カイロが効果!酷かった生理痛も軽くなった

立ち仕事でむくんだ足に塩カイロが効果!酷かった生理痛も軽くなった

2週間後には、日中に頭がスッキリするのを感じました。今思えば、以前の私は常に眠気を感じていた気がします。その後、すぐにふくらはぎが軟らかくなりました。そして3週間目には、足がむくまなくなったのです。今は靴がきつく感じることはありません。仕事中の気持ちにゆとりができました。【体験談】今村由利(仮名・会社員・28歳)


間欠跛行が改善!首・腰のこわばりをリセットする「ひざ倒し」のやり方

間欠跛行が改善!首・腰のこわばりをリセットする「ひざ倒し」のやり方

首のこわばりをほぐし、背中や腰の緊張が緩めば、間欠跛行の改善も期待できます。いったん固まってしまった首の緊張をほぐすのは、実は、簡単ではありません。この体操を行うと、首のこわばりがリセットされ、全身の筋肉の緊張を一挙にほぐすことができます。【解説】梶原千譽(カジハラ治療院院長)


【良性発作性頭位めまい症】手のひらの反射区を押す方法で症状が改善した

【良性発作性頭位めまい症】手のひらの反射区を押す方法で症状が改善した

手のひらを押し始めてすぐに腰の痛みがやわらぎ、この数年は治療を受けることもなくなりました。以前はめまいが起こる前に「めまいが来るな」という前兆があったのですが、今はそれすらなくなりました。50歳前後の頃より、58歳になった今のほうがよいくらいではありませんか。【体験談】新田博子(仮名・会社員・58歳)


腰痛のセルフケア「わきの押し回し」で20年使ったコルセットが不要に!

腰痛のセルフケア「わきの押し回し」で20年使ったコルセットが不要に!

特につらかったのが、洗い物をしたり、風呂場の掃除をしたりするなど中腰の姿勢になるときです。それに加え腕が上がらないので、洗濯物を干すのもひと苦労で、家事を満足にこなせませんでした。施術を受けながらセルフケアを続けたところ、わずか1ヵ月間で腰痛はうそのように軽くなりました。【体験談】中村芳美(仮名・無職・70歳)


脊柱管狭窄症が招くロコモティブシンドロームの進行・症状を抑える体操「ロコトレ」のやり方

脊柱管狭窄症が招くロコモティブシンドロームの進行・症状を抑える体操「ロコトレ」のやり方

「ロコモティブシンドローム」は、骨、筋肉、関節、神経などの運動器に障害が起こり、歩いたり体を動かしたりする機能が低下して、要支援・要介護になるリスクが高い状態をいいます。このロコモを引き起こす病気の一つに、腰部脊柱管狭窄症があります。【解説】重松英樹(奈良県立医科大学整形外科学内講師)