MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
抜け道血管(動静脈瘻)がむくみや夜間頻尿の原因?対策は「足の甲巻き」

抜け道血管(動静脈瘻)がむくみや夜間頻尿の原因?対策は「足の甲巻き」

足の甲にある「抜け道血管」も、足の冷えやむくみ、夜間頻尿の原因となります。正式には「動静脈瘻」といい、解剖学の教科書にも記載されている血管です。本来なら指先の毛細血管まで流れていくはずの動脈血が、抜け道血管を通って静脈に流れ込むと、足先は血流不足になって冷えてしまいます。【解説】佐藤達朗(サトウ血管外科クリニック院長)

解説者のプロフィール

佐藤達朗(さとう・たつろう)
●サトウ血管外科クリニック
京都市左京区法林寺門前町37番 アバンエスパス鴨川1F
075-762-1082
http://www.sato-vsc.com/

サトウ血管外科クリニック院長。
1986年、信州大学医学部を卒業。神戸大学、京都大学の心臓血管外科などを経て、2008年に京都でサトウ血管外科クリニックを開院。著書に『足の甲を巻けばむくみは治る!』(自由国民社)がある。

きつめにフィットするサポーターでもよい

足の冷えやむくみ、だるさに悩むかたは多いでしょう。皆さん、マッサージをしたり、足を温めたり、足全体を圧迫するようなサポーターをしたり、さまざまな対策を取っていると思います。

では、こうした足のむくみが、夜間頻尿の原因になっていることは、ご存じでしょうか。
夜間頻尿とは、就寝後、排尿のために1回以上起きなければならず、それが日常生活に支障を来している状態を指します。睡眠不足を招き、体調をくずす原因にもなります。

私は、足の冷えやむくみを訴えて来院される患者さんのうち、内臓疾患のないかたに、「足の甲巻き」を勧めています。足の甲に弾性包帯や、きつめにフィットするサポーターなどを巻くだけです。

まずは、なぜ、足のむくみや冷えが夜間頻尿の原因になるのかを説明しましょう。
私たちは、多くの時間を立ったり座ったりして過ごします。すると、血液は重力によって下半身にたまりがちになり、夕方には足がむくんでくるというわけです。

また、足の甲にある「抜け道血管」も、足の冷えやむくみ、夜間頻尿の原因となります。
抜け道血管というのは私がつけた呼称です。正式には「動静脈瘻」といい、解剖学の教科書にも記載されている実在の血管です。

通常、心臓から送り出された血液は、動脈を通って全身に運ばれ、網目状の毛細血管で酸素と栄養素を細胞に供給します。毛細血管は再び集合して静脈となります。つまり、動脈と静脈の間には、必ず毛細血管が存在するのです。

ところが、足先に、毛細血管を経由せず、足の甲にある静脈に直接つながる血管があります。それが、抜け道血管です。通常閉じていますが、なんらかの理由で開き、静脈に動脈血が流れ込んでしまうと考えられます。

本来なら、指先の毛細血管まで流れていくはずの動脈血が、抜け道血管を通って静脈に流れ込むと、足先は血流不足になって冷えてしまいます。

また足の甲の静脈では、動脈血が勢いよく流れ込んで圧力が高まるため、静脈内の血しょう(血液中の液体成分)が血管の外に染み出します。これがリンパ液となり、むくみの原因となるのです。

足首や足の指を動かすとより効果的

さて、尿は血液をもとに腎臓で作られます。血流が悪く、血液が足に滞っていると、腎臓に血液が届かず、尿が効率よく作られません。

この状態のまま就寝すると、どうなるでしょうか。
体を横たえると重力の影響がなくなり、血行がよくなります。その結果、腎臓への血流が増し、尿が多く作られて、夜間頻尿を引き起こすのです。

足の甲を、包帯などで巻いて圧迫し、抜け道血管をふさぐことで、足の血流が正常化します。冷えが解消するとともに、血液が心臓に戻りやすくなります。その結果、日中、腎臓が適切な量の尿を作って排出できるようになり、夜間頻尿が軽減するというわけです。

足に包帯などを巻いた状態で歩いたり、イスに腰かけて足首や足の指を動かしたりすると、なお効果的です。
足のむくみが取れていく過程で、一時的に頻尿になることがあるかもしれませんが、心配せずに続けてください。

足の甲の抜け道血管がふさがれると、動脈血が静脈に流れ込むことがなくなり、静脈内の圧力が正常化するので、足全体のむくみやだるさが改善します。患者さんのなかには、全身のむくみが取れた結果、体重が減った人もいます。

足の冷えやむくみがあり、夜間頻尿で睡眠を阻害されている人は、足の甲に包帯などを巻いてみてください。基本的に、入浴時以外は一日中巻いていてOKです。ただし、足にケガをしていたり、皮膚が損傷するほどむくみが進行していたりする人は、行わないでください。

足の甲巻きのやり方

包帯や、テーピング用のテープなどを使う。きつめにフィットするのであればサポーターで代用可。

【巻き方】
巻き始めの位置を、小指(第5趾)のつけ根に合わせ、足の甲をややきつめに巻く。約7cm幅になるよう、3~4重に巻いたらテープなどで留める。

★包帯は、巻くだけでくっつく自着性の弾性包帯が便利。薬局やドラッグストアで購入可。
★巻いた状態で歩いてみて、足や指先が痛むようなら締め過ぎなので少し緩める。
★入浴時以外は、就寝時を含め、一日中巻いていてOK。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
足の甲に包帯を巻いて2~3日後には、足がむくまなくなりました。以前のように、足がむくんで靴が痛いということもありません。むくみが解消したおかげか、明け方に尿意を感じて目が覚めることがなくなりました。そのため、従来どおり、熟睡するリズムが戻ったのです。【体験談】上田雅代(仮名・看護師・57歳)
更新: 2018-12-27 18:00:00
効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)
更新: 2018-12-12 18:00:00
夜間頻尿が1回減ると、睡眠時間は2時間延びるといわれています。塩分過多の人は、減塩するだけで、睡眠の質が大幅に改善するわけです。夜間頻尿の患者さんに、自分でできる対処法として、減塩といっしょにお勧めしているのが、昼間に行う「かかと落とし」です。【解説】松尾朋博(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科泌尿器科学助教)
更新: 2018-11-21 17:00:00
少し飲み物を飲むとすぐトイレに立ちたくなります。自分では「ミルク飲み人形みたいね」なんて笑い話にしていました。しかし内心では恥ずかしくて、なんとかしたいと思っていました。11円スリッパを毎日はいていたら、あれだけわずらわしかった尿意を、最近は忘れることもしばしばあります。【体験談】桜田陽子(仮名・63歳・主婦)
更新: 2018-11-15 07:00:00
食べて、飲んで、出す。排泄は、生命の営みの基本中の基本です。ところが、加齢とともに、尿もれや頻尿、便秘、便もれなどの排泄トラブルが起こりやすくなっていきます。排泄に関する悩みは、人に相談しづらいため、一人で問題を抱えてしまう人も少なくありません。【解説】関口由紀(女性医療クリニックLUNAグループ理事長)
更新: 2018-10-19 18:51:36
最新記事
近年、カカオにはほかの食品に比べて多くのポリフェノール(色素成分)が含まれていることがわかり、健康効果が解明されつつあります。その効果の一つとして注目を集めているのが、血圧降下作用です。【解説】椎名一紀(戸田中央総合病院心臓血管センター内科・嗜好品外来医師)
更新: 2019-04-19 18:00:00
脳梗塞や心筋梗塞の予防には、アディポネクチンというホルモンの分泌が重要です。アディポネクチンには、傷ついた血管を修復し、血管のプラークを抑制する働きがあることがわかっています。さらに、アディポネクチンには、インスリンの働きをよくして、糖尿病を防ぐ働きもあります。【解説】杉岡充爾(すぎおかクリニック院長)
更新: 2019-04-18 18:00:00
マイタケスープを飲み始めて2~3ヵ月がたった頃、妻から「なんか生えてきているよ」と言われたのです。合わせ鏡で見ると、ハゲていた部分に、本当に産毛が生えているのが確認できました。今ではハゲが消えています。そして、今のところがんの再発もありません。【体験談】中村健三(75歳・無職)
更新: 2019-04-17 18:00:00
糖尿病になると、医師からは決まり文句として、「お酒はやめてください」といわれるはずです。とはいえ、お酒が大好きだった人にとって、長年続けてきた習慣をきっぱりとやめるのは、簡単なことではないでしょう。【解説】板倉弘重(品川イーストワンメディカルクリニック理事長・医師)
更新: 2019-04-16 18:00:00
手足の爪の生え際を手の指でもむだけの簡単な療法ですが、自律神経のバランスを整えるのに優れた効果があります。耳鳴り、メニエール病のめまい、頻尿の改善など、さまざまな効果が現れます。【解説】永野剛造(永野医院院長・日本自律神経免疫治療研究会会長)
更新: 2019-04-15 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt