MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
朝までトイレに行かず熟睡できた!「足の甲巻き」で足のむくみも解消

朝までトイレに行かず熟睡できた!「足の甲巻き」で足のむくみも解消

足の甲に包帯を巻いて2~3日後には、足がむくまなくなりました。以前のように、足がむくんで靴が痛いということもありません。むくみが解消したおかげか、明け方に尿意を感じて目が覚めることがなくなりました。そのため、従来どおり、熟睡するリズムが戻ったのです。【体験談】上田雅代(仮名・看護師・57歳)

その場で足が軽くなった!靴をはいても違和感なし

私は、毎晩11時過ぎに寝て、翌朝6時半に起きるという規則正しい生活を送っていました。そのリズムがくずれてきたのは、1年前からです。

だいたい朝の5時過ぎくらいに尿意を感じ、目が覚めるようになりました。いったんトイレに起きると、眠いのに寝つけず、「寝足りないな」「もう少し寝たいな」という状態のまま、起床時刻を迎えるのです。

こんな状態なので、一日中、体が重く感じます。看護師という職業柄、仕事中に体がだるいようでは困ります。

さらに、今年の春ごろ、左ひざの裏側に、クモの巣状の細かい血管が浮き出ていることに気づきました。気になって、サトウ血管外科クリニックの佐藤達朗先生の診察を受けたところ、軽度の下肢静脈瘤と診断されたのです。

その際、私は悩んでいた足のむくみについて相談しました。立ち仕事のため、終業近くになると、足はむくんでパンパンになり、階段を上るのもつらかったのです。ナースサンダルから通勤用の靴にはきかえると、きつくて痛いこともありました。

すると佐藤先生は、足の甲に包帯を巻く方法を勧めてくれました。足の甲に、伸縮性のある包帯などを巻くと、足先の血流が改善するのだそうです。これによって、むくみやだるさ、冷えが取れるうえ、静脈瘤の予防にもなるとのことでした。

先生は、私の両足の甲に伸縮性のある包帯を巻いてくれました。すると、その場で足が軽くなったような気がしました。

包帯は、お風呂に入るとき以外、常に巻いているといいそうです。そこで、私は帰りがけに包帯を購入し、毎日自分でも巻くことにしました。

巻き方はとても簡単。足の甲に7~8㎝幅の包帯をクルクルと3回ほど巻くだけです。私が使っているのは、巻くだけでくっつく自着性の弾性包帯なので、取り扱いが簡単で、ほどけることはありません。また、薄い素材なので、その上からストッキングをはいたり、靴をはいたりしても、違和感がないのもありがたいところです。

眠れないこともあった冷たい足がポカポカ!

足の甲の包帯巻きを始めたところ、足が軽くなり、歩くのが楽になりました。以前は、階段がおっくうでしたが、今はスタスタ上り下りできます。

足の甲に包帯を巻くと同時に、水を飲むように心がけました。佐藤先生から、「むくみの解消には、1日に1~1.2ℓの水を飲むといい」とアドバイスされたからです。仕事中も、こまめに水を飲みました。

足の甲に包帯を巻いて2~3日後には、足がむくまなくなりました。以前のように、足がむくんで靴が痛いということもありません。一日中立ちっぱなしでも、足のだるさや疲れが出ず、とても助かっています。

看護師仲間は皆、足のむくみや疲れ対策に、ギュッと締めつける着圧ハイソックスをはいています。私も試しましたが、締めつける感じが好きになれず、効果もさほど感じませんでした。それに対し、足の甲の包帯巻きは心地よく、なにより効果が抜群なのでやめられません。

むくみが解消したおかげか、明け方に尿意を感じて目が覚めることがなくなりました。そのため、従来どおり、11時過ぎから翌朝6時半まで熟睡するリズムが戻ったのです。当然、目覚めもスッキリして、日中も元気に過ごせるようになりました。

さらに、私は冷え症で、足先が冷たくて眠れないこともありました。足の甲の包帯巻きを始めてからは、足がポカポカして、眠りにつきやすくなったことも実感しています。
ありがたいことに、足の静脈瘤も悪化していません。簡単で効果的な健康法に出合えて、ほんとうによかったと思います。

足のだるさや疲れも解消!

足にたまった水分が就寝中に尿を作り出す(サトウ血管外科クリニック院長 佐藤達朗)

夜間頻尿の原因として考えられるのが、尿の量を減らすために分泌される抗利尿ホルモンの減少です。加齢やストレスにより、抗利尿ホルモンが分泌されにくくなると、夜間でも尿を作り出してしまうのです。

もう一つ、足のむくみも夜間頻尿の原因になります。足がむくんだ状態で横になると、足にたまっていた水分が体内を巡ります。就寝中に尿が作られて膀胱にたまり、尿意を覚えて目が覚めてしまうのです。

足のむくみを予防・改善する方法として、私が患者さんにお勧めしているのが、「足の甲の包帯巻き」です。足のむくみが解消して夜間頻尿が改善し、ぐっすり眠れると好評です。

包帯で足の甲を圧迫すると、勢いのある動脈の血液が、静脈に直接流れ込むのを防ぐことができ、むくみの予防と改善につながります。

夜間頻尿を改善するには、就寝時に、足のむくみが解消されていることが重要です。ですから、足の甲の包帯巻きは、夜寝る前や睡眠中だけではなく、必ず日中も行ってください。

足のむくみを実感していて、就寝中の尿意で睡眠を阻害される人は、ぜひ足の甲の包帯巻きを試してください。

この記事は『壮快』2018年10月号に掲載されています
この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)
更新: 2018-12-12 18:00:00
足の甲にある「抜け道血管」も、足の冷えやむくみ、夜間頻尿の原因となります。正式には「動静脈瘻」といい、解剖学の教科書にも記載されている血管です。本来なら指先の毛細血管まで流れていくはずの動脈血が、抜け道血管を通って静脈に流れ込むと、足先は血流不足になって冷えてしまいます。【解説】佐藤達朗(サトウ血管外科クリニック院長)
更新: 2018-11-30 18:00:00
夜間頻尿が1回減ると、睡眠時間は2時間延びるといわれています。塩分過多の人は、減塩するだけで、睡眠の質が大幅に改善するわけです。夜間頻尿の患者さんに、自分でできる対処法として、減塩といっしょにお勧めしているのが、昼間に行う「かかと落とし」です。【解説】松尾朋博(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科泌尿器科学助教)
更新: 2018-11-21 17:00:00
少し飲み物を飲むとすぐトイレに立ちたくなります。自分では「ミルク飲み人形みたいね」なんて笑い話にしていました。しかし内心では恥ずかしくて、なんとかしたいと思っていました。11円スリッパを毎日はいていたら、あれだけわずらわしかった尿意を、最近は忘れることもしばしばあります。【体験談】桜田陽子(仮名・63歳・主婦)
更新: 2018-11-15 07:00:00
食べて、飲んで、出す。排泄は、生命の営みの基本中の基本です。ところが、加齢とともに、尿もれや頻尿、便秘、便もれなどの排泄トラブルが起こりやすくなっていきます。排泄に関する悩みは、人に相談しづらいため、一人で問題を抱えてしまう人も少なくありません。【解説】関口由紀(女性医療クリニックLUNAグループ理事長)
更新: 2018-10-19 18:51:36
最新記事
その翌朝です。目が覚めた瞬間、「これまでと違う」とはっきりわかりました。まぶたが軽く、目がぱっちり開いているのです。鏡で見ると、目元もフェイスラインもスッキリしています。起き抜けにむくんでいない自分の顔を見るのは久しぶりでした。うれしくてテンションが上がりました。【体験談】香山智美(仮名・自由業・38歳)
更新: 2019-03-24 18:00:00
眼球は表にむき出しになった器官です。その裏側の見えない部分は首の後ろの筋肉とつながっています。目のピントを合わせるには、毛様体筋だけでなく、それにつながる首の筋肉が十分動く必要があるのです。さらに首の筋肉は肩や背中に、背中の筋肉も股関節や足の筋肉など、下半身とも連動しているのです。【解説】山本卓弥(視力回復研究所代表)
更新: 2019-03-23 18:00:00
私は生地屋でピンクの布を買い求め、ヨガ教室に持参し生徒に「寝る前にこの色をイメージして呼吸をしてみて」とお願いしたのです。2週間後、生徒たちと再会すると、何名かの雰囲気が変わったことに気づきました。一言で言えば、女性らしさが増したような感じなのです。【解説】小池能里子(ビビッド・エイジング研究家)
更新: 2019-03-22 18:00:00
スイカ糖の効果は強力で、夜中も2時間おきくらいにトイレに行きたくなりました。困った私は、スイカ糖を夜にとるのはやめ、朝1回だけにしたのです。その結果、夜の尿意は治まりました。体調もいいので、ずっと朝1回スイカ糖をとる習慣を続けています。70歳目前の今も、悪いところはどこもありません。【体験談】鶴永恵子(主婦・69歳)
更新: 2019-03-21 18:00:00
こうして手のひらを押していたところ、なんと今年3月の人間ドックではヘモグロビンA1cが6.3%と正常値にまで低下したのです。これで安心したのですが、私の母にはもっと凄い効果が表れました。インスリン注射を1日1回に減らせました。注射は体に大きな負担があるらしく、これには母も大喜びでした【体験談】小池幸子(会社員・56歳)
更新: 2019-03-19 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt