MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【ふくらはぎを温める効果とやり方】寝つきがよくなり低体温も改善してきた!

【ふくらはぎを温める効果とやり方】寝つきがよくなり低体温も改善してきた!

横になっても寝入るまでに1〜2時間かかるのがあたりまえ。3時間以上眠れないこともありました。さらに夜の間に2〜3回はトイレに起きていました。サポーターでふくらはぎを温めるようにしたら30分も経たないうちに眠れるのです。そして朝まで目覚めることなく熟睡できるようになりました。【体験談】山田亜希子(仮名・無職・79歳)

足の冷えが全身に広がりなかなか寝つけない

私は以前から体温が低く、平熱が35度くらいしかありませんでした。そのため、ずっと冷え症に悩まされてきました。

夜、布団に入ってからも足が冷たく、その冷えが全身に広がっていく感じがして、なかなか寝つけなかったのです。靴下をはいたり、湯たんぽを入れたりしましたが、なかなか温まりませんでした。睡眠時間が短くなり、眠っている間も冷えと闘っているせいか熟睡できず、昼間はいつも頭がボーッとして、体調が優れませんでした。

7〜8年前に、かかりつけであるせき接骨院で、ある本を見つけました。その本は、せき接骨院院長の関博和先生が書かれたもので、「ふくらはぎを温めると全身が健康になる」という内容でした。パラパラとページをめくると、「ふくらはぎを温めれば冷え症がよくなる」という記述もありました。

関先生が、このような本を書いていたのは、実に意外でした。というのも、私はそれまで、ねんざや打撲、肩こりなどの治療で通っていて、先生と冷え症や不眠の話をしたことがなかったからです。
でも、これを機に、そうした悩みを相談するようになりました。そして、勧められたのが、ふくらはぎにサポーターを着けるという健康法です。

ふくらはぎを温めることで、足はもとより、全身が温まるとのこと。そこで早速、先生が考案した「ふくらはぎ温めサポーター」を購入。このサポーターは温め効果の高い、遠赤外線を発する鉱石が練り込んであるそうです。帰宅後に早速、サポーターをしたところ、冷たかった足がたちまちポカポカ温まりました。

私は、起きている間はずっとふくらはぎをサポーターで温めるようにしました。外出時も、ズボンの下に着けました。
私の場合、このサポーターはやや締めつけ感が強いので、就寝時は市販の保温用サポーターに替えました。

1週間も経たず効果が現れた!

このように、入浴中以外は、いつもサポーターでふくらはぎを温めていたところ、足の冷えが気にならなくなっていきました。布団に入ってからも足はポカポカのままで、サポーターを装着し始めてから1週間も経たないうちに、よく眠れるようになったのです。

以前は、横になっても寝入るまでに1〜2時間かかるのがあたりまえ。ときには3時間以上眠れないこともありました。
さらに、夜の間に2〜3回はトイレに起きていました。眠れないうえに、トイレに立つので、ウトウトしかけたころに夜が明ける感じです。正味の睡眠時間は3〜4時間くらいしかなかったと思います。

ところが、サポーターでふくらはぎを温めるようにしたら、30分も経たないうちに眠れるのです。そして、朝まで目覚めることなく、7〜8時間熟睡できるようになりました。トイレに起きることも、ほとんどありません。

きちんと眠れるようになったことで、体調がよくなったのはいうまでもありません。以前は、いつも頭がボーッとして、体がだるかったのですが、今は全身がシャキッとしています。 また、歩いたり、体を動かしたりすることが、楽になりました。階段の上り下りも、全く苦になりません。

私は週に2回、地域の人と卓球を楽しんでいます。仲間のほとんどは、私よりも10歳くらい年下です。
卓球を2時間ほど続けると、多くのメンバーはクタクタに疲れていますが、私はまだまだ元気です。疲れ知らずの私に、みんな驚いています。

低体温も、改善してきました。今は、平熱が35・5度まで上がっています。ぐっすり眠れるようになったのは、体温が上がって冷えが取れたことも大きいでしょう。
「第2の心臓」であるふくらはぎを温めて、大きな健康効果を得ることができました。これからも、元気に卓球をしたり、友達とカラオケに行ったりしたいので、ふくらはぎを大事に温め続けようと思います。

ふくらはぎの温め方

❶サポーターで温める

ひざ下からくるぶしまでをサポーターやレッグウォーマーなどで温める。密着性があり、締めつけ感のない物を選ぶ。入浴時以外は、一日中、着けているとよい。

●冷えのひどい人は
サポーターの上から、ふくらはぎに使い捨てカイロを貼る。薄いサポーターは低温ヤケドの危険があるので、二重にするなどの注意が必要。

❷足湯で温める

浴槽に熱めのお湯(42度くらい)を張り、ふくらはぎがつかるように足を入れる。
10~15分、温めてから、布団に入る。

体温が上がると膀胱が緩み蓄尿量が増える(せき接骨院院長 関博和)

私の調査では、ふくらはぎを温めると体温が上がることがわかっています。脚温器でふくらはぎを温め、その前後で体温を比較したところ、調査協力者全員の体温が上がったのです。

体温が上がると、血管が開いて血流がよくなり、筋肉がほぐれます。膀胱が緩んで尿をたくさんためられるようになって、トイレに起きずに済むとともに、体がリラックスします。

また、ふくらはぎを温めると、内臓や血管を調節する自律神経のうち、心身を休息モードにする副交感神経の働きが優位になります。それらが相乗した結果、質のよい睡眠が得られるようになります。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)
手の小指に湿布を貼る「小指シップ」は交感神経の緊張をゆるめ首すじのこりをほぐします。交感神経は副交感神経と対になって働き内臓や血管などの働きを調整しています。交感神経が緊張して自律神経のバランスがくずれるとさまざまな不調が出てきます。小指シップにはそれを抑える作用があるのです。【解説】安田譲(安田医院院長)
私が不眠に悩むようになったのは、1〜2年前からです。タマネギを枕元に置くようにしてからは、布団に入って10〜15分でスーッと眠れるようになりました。「これで私は眠れるんだ」という自己暗示も効いているかもしれませんが、タマネギのにおいで気持ちが安定する実感があります。【体験談】谷口芳江(仮名・主婦・65歳)
実際にやってみると、頭の中がスッキリするようで、とても心地よく感じました。「これをやっても眠れないなら、薬を飲めばいいんだから」というくらいの、軽い気持ちで始めたのです。すると、おでこ伸ばしをすると、薬を飲まなくても、すぐに寝つけることがわかりました。【体験談】森川知子(仮名・主婦・74歳)
あまりに寝過ぎると、レム睡眠が急激に増え、ノンレム睡眠がほとんど起こらなくなります。睡眠中は、十分な酸素供給が行われないため、脳は酸素不足の状態です。そんな状態のところに、脳が活発に働くレム催眠が増えると、脳は疲労回復どころか、かえって疲労してしまいます。【解説】保坂隆(保坂サイコオンコロジー・クリニック院長)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)