MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
天井がぐるぐる回るめまいと腰の激痛が「11円スリッパ」でピタリ解消

天井がぐるぐる回るめまいと腰の激痛が「11円スリッパ」でピタリ解消

職場で使用しているスリッパを使って10円硬貨と1円硬貨をはり付け、仕事中にはくことにしました。すると、1度もめまいが起こらなかったのです。「これは効いているみたい! 」とうれしくなりました。先日は職場で同僚から「なんだか最近、顔色が違う。元気になったね」と言われました。【体験談】小原栄子(会社員・59歳)

半年ごとに起こるめまいに悩まされる

私は4年前から、めまいに悩まされるようになりました。起きているときはなんともないのですが、横になると、不意に天井がグルグルと回るようなめまいが起こるのです。
特に毎朝、起床時にめまいがして、しばらくの間、起き上がることができません。

耳鼻科を受診すると、「良性発作性頭位めまい症」と診断されました。これは、寝た状態から起きたり、頭を動かしたりしたときに、めまいが起こる病気だそうです。

また、不思議ですが、私のめまいは、症状が出る時期が決まっています。毎年、6~7月と、12~1月の1ヵ月間ずつ、めまいが出ます。
このことについて耳鼻科医からは、「きっちり半年おきですね。気圧や気候と関係があるのでしょう」と言われました。

とはいえ、原因はよくわかりませんでした。薬を処方してもらいましたが、正直なところ、あまり効果は感じられませんでした。しばらくたてば自然に治まるのですが、やはり症状が出ると、つらいです。

今年6月、書店で『安心』を見かけ、「11円スリッパでめまいが改善」という見出しに心をひかれました。ちょうど例年、めまいに悩まされる時期のことです。雑誌を買って、さっそく試してみることにしました。

職場で使用しているスリッパを使って、めまいに有効という位置に10円硬貨と1円硬貨をはり付け、仕事中にはくことにしました。すると、1度もめまいが起こらなかったのです。「これは効いているみたい! 」とうれしくなりました。

それ以降、めまいは起こっていません。6~7月にかけての梅雨のジメジメした時期に、めまいが起こらなかったのは、本当に久しぶりのことでした。

重い荷物を持って腰痛が悪化

一方、同じ時期にめまい以上に大きな問題が起こり、困っていました。腰痛です。
私はかねてより腰痛持ちで、病院では座骨神経痛と診断されています。その症状が、ちょっとしたはずみで悪化することも悩みのタネでした。

今回は、重い荷物を運んだことで、ぎっくり腰のような激しい腰痛に襲われ、身動きもままならなくなってしまいました。
病院で痛み止めの注射をしてもらい、整体院にも行きましたが、よくなる気配はありません。

そんなとき、ふと11円スリッパのことを思い出しました。記事には、腰痛に有効な10円硬貨と1円硬貨のはり方も載っていました。そこで、このはり方を試してみたのです。

ただ自宅は畳で、普段スリッパをはきません。そこで、腰痛に効くと書いてあった11円スリッパの記事を見ながら、足の裏に直接、10円硬貨と1円硬貨をテープではってみました。

すると驚いたことに、翌日から腰痛が軽くなり、みるみるよくなっていったのです。
数日後に近所の人と清掃のボランティアをする予定があったのですが、「ごめんね。腰が痛くて、今回は行けそうにない」と伝えていました。それが、当日には痛みが気にならなくなっていたので、参加できました。

その後も腰の調子がとてもよく、痛みに悩まされずに済んでいます。以前は、寝るときにあおむけの姿勢でないと腰が痛くなり、寝返りも打てませんでした。
それが今では、横向きの姿勢でも寝られるようになりました。おかげで、寝付きもよくなったように思います。
今は、運動靴の中敷きに硬貨をはり、外出時に必ずはいて出かけるようにしています。

仕事中に11円スリッパを愛用して、腰痛が改善

11円スリッパで顔色も良好

先日は職場で同僚から「なんだか最近、顔色が違う。元気になったね」と言われました。「実はこういう物をはいているのよ」と11円スリッパのことを話すと、同僚も腰が痛いから試してみると興味を持っていました。

なお、足の裏に直接、硬貨をはっていたとき、気になったことがあります。10円硬貨のサビの色が足裏につくのです。
記事をよく読むと、「体が酸性に傾いている人は、10円硬貨がサビやすい」と書いてありましたから、今後は食生活にも気をつけて、体調を維持したいと思っています。

10円硬貨がよくサビる人は酸性に傾いている(呑気堂Fujii鍼灸治療院・Tomo整骨院総院長 藤井清史)

小原さんのように、時期によって起こるめまいは腎臓に原因があることが多いので、腎臓の反射区にはると症状の緩和に役立ちます。

意外かもしれませんが、腰痛にも腎臓の反射区が有効です。腰痛は腰の筋肉だけでなく、内臓の働きの低下や形状の変化によって、体のバランスがくずれて起こることも珍しくないのです(詳細は症状別、追加の貼り方)。

11円スリッパをはいていると、10円硬貨がサビることがあります。よくサビる人の体は、全体的に酸性に傾いて、病気になりやすいです。
11円スリッパをはき続けることで、酸性への傾きを正してくれて健康な体に戻るので、硬貨のサビもつきにくくなります。

この記事は『安心』2018年10月号に掲載されています
この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
手足の爪の生え際を手の指でもむだけの簡単な療法ですが、自律神経のバランスを整えるのに優れた効果があります。耳鳴り、メニエール病のめまい、頻尿の改善など、さまざまな効果が現れます。【解説】永野剛造(永野医院院長・日本自律神経免疫治療研究会会長)
更新: 2019-04-15 18:00:00
手のひらを押し始めてすぐに腰の痛みがやわらぎ、この数年は治療を受けることもなくなりました。以前はめまいが起こる前に「めまいが来るな」という前兆があったのですが、今はそれすらなくなりました。50歳前後の頃より、58歳になった今のほうがよいくらいではありませんか。【体験談】新田博子(仮名・会社員・58歳)
更新: 2019-02-14 18:00:00
担当医師の話によれば、めまいや頭痛といったメニエール病の症状も、甲状腺の機能異常と無縁ではないだろうということでした。たぶん、梅干しを食べ始めて半年くらい経ったころには、長年にわたって苦しめられてきためまいが、全く起こらなくなっていたと思います。吐き気や頭痛に襲われることも減りました。【体験談】堤聖子(自営業・64歳)
更新: 2018-12-20 18:00:00
病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)
更新: 2018-12-14 18:00:00
オクラ水を飲み始めて、1ヵ月ぐらい経ったころでしょうか。「あれ? 最近めまいが起こる頻度が減ってきたな」と気づきました。3ヵ月経った頃には、ほとんどといっていいほど、めまいが起こらなくなったのです。そういえば、以前より眠気を感じることがなくなり、ゴロゴロしている時間も減りました。【体験談】飯田大樹(大学院生・23歳)
更新: 2018-12-03 18:00:00
最新記事
ストレスに強くなり、うつを防ぎ・治す食事とは、特別なものがあるわけではありません。あたりまえのことですが、栄養バランスのよい食事を1日3食きちんと食べることです。ただし、いくつかのポイントがあるのも事実です。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-24 18:00:00
βグルカンの精製をさらに進めたところ、それまでとはまったく別の物質を発見しました。これが「MXフラクション」で、今のところマイタケからしか発見されていない成分です。【解説】難波宏彰(神戸薬科大学名誉教授・鹿児島大学大学院医歯学総合研究科客員教授)
更新: 2019-04-23 18:00:00
骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけなど、わかりずらく続けにくい場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)
更新: 2019-04-22 18:00:00
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2019-04-21 18:00:00
現代人は遠くをあまり見なくなったせいで眼筋と呼ばれる目の筋肉が衰えています。食生活も乱れがちなので目の周りの血行もよくありません。これらが目の諸症状を引き起こすのです。一度身についた生活習慣を変えることは容易ではありません。そこでお勧めなのが目のエクササイズです。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)
更新: 2019-04-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt