MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
傷口は治ったのに古傷が痛む…11円スリッパで腫れが引いて楽になった!

傷口は治ったのに古傷が痛む…11円スリッパで腫れが引いて楽になった!

十数年前に登山中に木の株に足を引っかけて転び、足の腫れと痛みに悩まされていました。11円スリッパをはき始めて3~4日たったころ、「左足のくるぶしの出っ張りが見える! 」と驚きました。というのも、ケガ以来、左の足首の腫れによって、くるぶしの外側の骨が見えなくなっていたからです。【体験談】土田喜代美(仮名・主婦・74歳)

整形外科医と整骨院でも治らない足の腫れ

もう十数年前のことになりますが、登山中に木の株に足を引っかけて転んでしまいました。 転んだ先に大きな石があって、そこに左足のすねを強くぶつけました。ぱっくりと裂ける傷口ができて、すねの正面から、骨が見えたほどでした。

幸いにも、傷口は化膿することなく、ほどなくして治りました。しかし、強く打ち付けたこともあって、左足のすねはその後もなかなか腫れが引かず、ジンジンとした痛みが続きました。
さらに、左足の痛い部分をかばって歩き続けたせいか、左の足首まで腫れて痛むようになりました。

整形外科や整骨院に通いましたが、左足のすねと足首は、なかなかよくなりません。一時的に腫れが引くこともありましたが、少し長い距離を歩くと、すぐにぶり返します。
加齢のせいもあったのか、ここ2年ほど、腫れや痛みが強くなり、困っていました。結局、症状が悪化したら痛み止めを打ってもらったり、湿布薬をもらったりと、病院と縁が切れませんでした。

私自身、もう古傷とつきあっていくほかないかと、半ば諦めるような気持ちでした。
ですが、新聞広告で『安心』の「11円スリッパ」を知り、なんだかよさそうだと、すぐ書店に本を買いに行きました。
記事を読むと、スリッパに10円硬貨と1円硬貨をはり付けるだけと簡単です。基本の作り方で紹介されているところに硬貨をはって、すぐに実践しました(基本の作り方は11円スリッパの作り方)。

11円スリッパをはき始めて3~4日たったころ、「左足のくるぶしの出っ張りが見える! 」と驚きました。というのも、ケガ以来、左の足首の腫れによって、くるぶしの外側の骨が見えなくなっていたからです。

「11円スリッパが効いているに違いない! 」と思った私は家の中ではなるべく長い時間、はくようにしました。家族から「座敷でもスリッパをはいてるの? 」と言われたりしましたが、背に腹は代えられません。
入浴時と睡眠以外は、ほとんどはいて過ごしました。

腫れが引いて足が細くなった

こうして11円スリッパを愛用していたところ、左足のすねの腫れと、痛みが起こらなくなってきました。

以前は左足のすねから下が腫れていたため、足の太さが左右で違ったのですが、スリッパをはくとすぐに左右差が気になりません。肌の色も左足だけ赤黒かったのが、健康的な色味になってきました。
足首が腫れていると、靴下が引っかかってはきづらかったものです。それがスッとはけるようになったことからも、変化を実感しました。

痛みもだいぶらくになりました。前はちょっと買い物に出て歩く程度の運動量でも、夜には足が痛くなっていました。
湿布薬をはらないと痛みで眠れないのです。そんな足の状態だったので、長く歩いた日には、足の指の付け根に針を刺したような痛みに苦しむこともありました。

それが、今では「今日は結構、歩いたかな」という日も、ほとんど痛みません。病院でもらった湿布薬もはり忘れるほどです。
最近は買い物のさい、少しでも運動になればと、用がなくてもスーパーマーケットの店内を何周か歩き回る余裕も出てきました。

足首の腫れが引いて、らくに靴下をはけるようになった

車が走るような騒音の耳鳴りも消えた

もう一つ、驚いたことがあります。私は前から、耳鳴りの症状がありました。耳のすぐ横を車が走るようなザーザーという音がして、ときどきひどくうるさくなることがあり、わずらわしい思いをしていました。

そこで「耳鳴りに有効」という位置にも10円硬貨と1円硬貨をはり足してみたところ、いつの間にか、この耳鳴りがきれいに消えていたのです。
本当に11円スリッパのおかげで助かっています。「もっと早く知りたかった! 」と思ったくらいです。

今年は酷暑なので、素足で11円スリッパを愛用しています。足が冷える冬場は、靴下をはいて、11円スリッパを引き続き使い続けたいと思っています。

11円スリッパは筋肉痛も和らげる(呑気堂Fujii鍼灸治療院・Tomo整骨院総院長 藤井清史)

11円スリッパはねんざ、打撲、脱臼や腫れに非常によく効きます。なぜなら、これらも血流の悪さによって、長引き、治りにくくなっているからです。
土田さんが悩んでいた慢性的な腫れや痛みも、おそらくは血流が悪くなって起こっていました。なので、このような長引く症状に悩む人は、11円スリッパを試してみましょう。

それだけでなく、スポーツ選手が抱えるような、ひざやひじの炎症による痛みや症状の改善にも11円スリッパは有効です。
陸上やサッカー選手に多い、ねんざや肉離れ、試合後の重度の筋肉痛や、野球などによる肩、ひじの炎症などの痛みにもよく効きます。子どもにも安心して使えるので、運動好きのお子様にもぜひどうぞ。

この記事は『安心』2018年10月号に掲載されています
この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
なぜ、クルミが耳鳴り解消に効くのでしょうか。東洋医学的には、耳鳴りの原因は血や水の巡りの悪さにあるとされるので、クルミの利尿作用が効果をもたらしたといえます。一方、西洋医学的に考えると、注目すべきは、クルミに含まれるα ─ リノレン酸の働きです。【解説】小川哲夫(小川医院理事長)
もう一つ、信じられない変化がありました。手のひらを押し始めてからというもの、あれだけ苦しんだ耳鳴りの頻度が減ったのです。先生に教えてもらったとおり数ヵ月、手のひらを押していたら、耳鳴りがしなくなったのです。それから4年がたちますが、耳鳴りと腰痛に悩まされたことはありません。【体験談】佐藤茂(会社員・49歳)
作った酢タマネギを、毎朝食べている納豆に混ぜて食べています。酢タマネギを混ぜる量は、私はカレースプーンに2杯、妻は1杯です。こうして毎日の朝食で酢タマネギを食べ続けていたら、耳鳴りの音が徐々に小さくなってきたのです。3ヵ月後には、日中はほとんど気にならなくなりました。【体験談】鈴木興起(無職・80歳)
耳鳴り、めまい、耳閉感、という「耳の三重苦」のような症状で、不快でつらい状態が続いていました。耳たぶさすりを一ヵ月くらい続けたところ、少しよくなってきたかな、と感じていました。気をよくした私は、さらに熱心に2~3ヵ月続けました。すると、見違えるような変化が現れたのです。【体験談】水川華代(仮名・主婦・70歳)
私の首はガチガチにこっているというのです。首のコリが耳に悪い影響を与え、耳鳴りやめまいといった症状を引き起こすということでした。首ほぐしを毎日続けてから2週間ほど経ったときのことです。ふと「耳鳴りがしなくなってきたな」「そういえば最近、めまいが起こっていないな」と感じたのです。【体験談】笹本和雄(仮名・自営業・44歳)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)