MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
11円スリッパをはくだけで美脚に変身!むくみが消えてふくらはぎもほっそり

11円スリッパをはくだけで美脚に変身!むくみが消えてふくらはぎもほっそり

11円スリッパをはく前に使っていたサンダルだと、「裸足になってらくになりたい」と思っていましたが、これに変えてからは、「脱ぎたい」という気持ちになりません。むしろはいていると心地よく感じました。そんな調子で1週間がたったときには、スリッパの効果を確信していました。【体験談】神田理央(仮名・主婦・37歳)

はいたその日に効果を実感!

藤井清史先生の鍼灸院に初めて行ったのは、10年前でした。
当時の私は、会社の雑用を一手に引き受けていて、朝から晩まで立ちっぱなしでした。いつも夕方には足がむくみ、だるくてしかたなくなるのです。

職場ではいつも仕事用のサンダルをはいていましたが、お昼過ぎには裸足になって、足を休めたい衝動に駆られ、それを我慢するのがいつも大変でした。
毎日、そんな状態だったので、しつこい疲労感とむくみとは決別したかったのです。
藤井清史先生の鍼治療で、むくみは取れましたが、「せっかく治ったのに、仕事に行くとすぐ元の状態に戻るだろうな」と残念に思いました。

それを正直に先生に話したところ、「いいスリッパがあるよ」と11円スリッパを渡されました。その頃は硬貨ではなく、右足に銅、左足にアルミが足底にはってありました。はってあった場所は、現在の11円スリッパと同じです。

それをもらった翌日から、仕事中にはいてみました。すると、はいた日から足の疲れ具合が明らかに軽減したのです。
11円スリッパをはく前に使っていたサンダルだと、「裸足になってらくになりたい」と思っていましたが、これに変えてからは、「脱ぎたい」という気持ちになりません。むしろはいていると心地よく感じました。

そんな調子で1週間がたったときには、スリッパの効果を確信していました。以前は1週間分の疲れがたまるからか、週末になると足がむくんでカチカチでした。しかし、11円スリッパをはき始めてからは、柔らかい足のままで過ごせます。

しばらくして、通勤用の靴も買い替えました。それまでは夕方のむくんだ状態に合わせて25㎝の靴をはいていました。でもむくみがなくなって、本来のサイズである24‌.5㎝が入るようになったのです。

こういった変化すべてが喜ばしいことですが、いちばんうれしかったのは、ふくらはぎがほっそりしたことです。
「私の足ってこんなに細かったんだ」と、自分でびっくりしたほど。おかげでファッションも楽しめるようになりました。

11円スリッパをはいていると、心地いい

ダイエットにもいい!老若男女にお勧め(呑気堂Fujii鍼灸治療院・Tomo整骨院総院長 藤井清史)

足を含めて、全身の筋肉は疲れたり、冷えたりすることで、むくんだり、強張ったり、痙攣したりと異常を起こします。
運動をしていなくても、冷房が効いた部屋にいると、ふくらはぎをつりやすくなるのはそのためです。
それを予防・改善するのが、11円スリッパです。
血流をよくして、内臓の機能も高めるので、新陳代謝が上がってダイエットにもいいです。やせたい人にもお勧めします。

この記事は『安心』2018年10月号に掲載されています
この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
20年以上前からスイカ糖をほぼ毎日とってきました。体が重苦しく動きづらいなと感じるときも、スイカ糖の出番です。そういうときは尿の出が悪く、余分なものがたまっているので、スイカ糖が効くのです。【体験談】斉藤よしこ(仮名・主婦・84歳)
更新: 2019-03-29 18:00:00
その翌朝です。目が覚めた瞬間、「これまでと違う」とはっきりわかりました。まぶたが軽く、目がぱっちり開いているのです。鏡で見ると、目元もフェイスラインもスッキリしています。起き抜けにむくんでいない自分の顔を見るのは久しぶりでした。うれしくてテンションが上がりました。【体験談】香山智美(仮名・自由業・38歳)
更新: 2019-03-24 18:00:00
スイカ糖の効果は強力で、夜中も2時間おきくらいにトイレに行きたくなりました。困った私は、スイカ糖を夜にとるのはやめ、朝1回だけにしたのです。その結果、夜の尿意は治まりました。体調もいいので、ずっと朝1回スイカ糖をとる習慣を続けています。70歳目前の今も、悪いところはどこもありません。【体験談】鶴永恵子(主婦・69歳)
更新: 2019-03-21 18:00:00
しばしば東洋医学では冷えの害を説きますが、その冷えというのは血行不良のことです。むくみと冷え症はセットなのです。一方で、腎臓の疲れを私たちは「腰の痛み」として察知することがあります。秋になって腎臓の辺りに痛みやこわばりを感じたなら、腎臓由来の腰痛と考えていいでしょう。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2019-04-05 10:18:31
夫の知人が肝硬変で入院したときも、スイカ糖を持ってお見舞いに行っていました。腹水がたまり顔もパンパンの状態だと聞き、スイカ糖がいいと思ったそうです。その後、奥さまから「スイカ糖をまた分けてもらえませんか」と電話がありました。スイカ糖をとり始めてからは、腹水がたまらなくなったそうです。【体験談】鈴木ミツエ(主婦・77歳)
更新: 2019-03-10 18:00:00
最新記事
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-05-21 17:53:18
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt