MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
アーユルヴェーダのおすすめの食事【干しブドウ酢】体質別アレンジはコレ!

アーユルヴェーダのおすすめの食事【干しブドウ酢】体質別アレンジはコレ!

アーユルヴェーダから見ると、「干しブドウ酢」は、それぞれの食品のよさが組み合わさって力を倍増させる、まさに最高の組み合わせです。干しブドウとリンゴ酢、ハチミツが組み合わさることにより、どんな体質の人にも合う食品になるからです。【解説】西川眞知子(日本ナチュラルヒーリングセンター代表)

解説者のプロフィール

西川眞知子(にしかわ・まちこ)
●アーユルヴェーダネイチャーケア学院
TEL 03-6228-6778
http://www.jnhc.co.jp/

日本ナチュラルヒーリングセンター代表。
上智大学外国語学部を経て、佛教大学卒業。第24代ミス横浜。幼少期に病弱だったのを自然療法で克服したのをきっかけに、大学時代にインドやアメリカを歴訪し、ヨガや自然療法に出合う。その経験と研究を基に「日本ならではのアーユルヴェーダ」を提唱。『アーユルヴェーダで我慢しないアトピー生活』(農文協)、『ヨガのポーズの意味と理論がわかる本』(マイナビ)など、著書多数。

アーユルヴェーダでは欠かせない食材

私は40年以上、インドの伝統医学「アーユルヴェーダ」を研究し、実践してきました。
アーユルヴェーダでは、食材の組み合わせをとても大切にしています。組み合わせによって、食材の持つ力が高まったり、逆に足を引っ張り合ったりするからです。

そのアーユルヴェーダから見ると、「干しブドウ酢」は、それぞれの食品のよさが組み合わさって力を倍増させる、まさに最高の組み合わせです。干しブドウとリンゴ酢、ハチミツが組み合わさることにより、どんな体質の人にも合う食品になるからです。

アーユルヴェーダでは、体質を三つのタイプに分けています。一つは風のタイプである「ヴァータ」、二つ目は火のタイプの「ピッタ」、三つ目は土と水のタイプの「カパ」です。それぞれがどんなタイプか、簡単にお話ししておきましょう。

ヴァータは風のように身軽で、いつもバタバタしています。肌が乾燥しやすく、疲れやすいタイプで、気持ちが不安定になりがちです。太りにくいタイプですが、ストレスでドカ食いをして、太ってしまうことがあります。

ピッタは炎症を起こしやすく、おなかから下に脂肪がつきやすいタイプが多いです。何事もきっちりしないと気が済まず、イライラしやすいので、胃潰瘍などを起こしやすいタイプです。

カパは、いろいろなものを体にため込み、むくみやすくて太りやすいタイプです。色白で冷え症で、日焼けすると肌は赤くなります。性格は、おっとりしたマイペース型です。

これらのタイプとからませながら、干しブドウ酢の効能を見てみましょう。
まず、干しブドウです。干しブドウは、アーユルヴェーダでは、良質な糖分の供給源として欠かせない食材です。

インドでは、精製した砂糖は消化に負担をかけるため、ほとんど使いません。その代わり、干しブドウのような、体に優しい天然の甘味を勧めています。
また、アンチエイジング効果もあり、干しブドウを毎日少しずつとっていると、若々しく健康でいられるとされています。

干しブドウは、乾燥しやすいヴァータや、炎症を起こしやすいピッタの人に非常に向いています。また、太りやすいカパにも、悪くはありません。

そのカパに合うのが、リンゴ酢とハチミツです。カパの体質に酸味は合いませんが、唯一合うのが、リンゴを原料としたリンゴ酢です。これなら代謝が上がり、むくみや肥満が軽減します。

また、カパのように、ため込みやすい人に勧められる甘味料が、ハチミツです。ハチミツをとると、ため込んだものを吐き出しやすくなります。それが、太りやすいカパの体を引き締めてくれます。

スパイスをプラスするのもお勧め

このように、干しブドウ酢の組み合わせは、アーユルヴェーダ的にはベストで、すべての体質の人にお勧めできます。
ですから、このままでももちろんいいのですが、体質に合わせて少しだけアレンジすると、さらに効果が上がります。

例えばピッタの人は、ハチミツをメープルシロップに換えたり、ギー(バターを煮詰めて作る油)を加えると、気持ちが落ち着き、炎症も抑えられます。

また、潤いの少ないヴァータの人は酢を多めにし、むくみやすいカパの人は、酢を少なめにするといいでしょう。

干しブドウ酢は、そのまま食べてもおいしいですが、シナモンやブラックペッパーなどのスパイスをかけると、ひと味違ってきます。特にカパの人は、スパイスで解毒効果や脂肪燃焼効果が高くなります。

また、干しブドウ酢をミキサーにかけてペースト状にすると、応用範囲が広がります。
私がよく作るのは、ミキサーでペースト状にした干しブドウ酢とデーツ(ナツメヤシの果実)ときな粉を混ぜて丸めたお菓子です。簡単に作れてほどよい甘味があり、砂糖や小麦粉などを使っていないので、罪悪感なく食べられるお菓子です。

「自分の体質がどれかわからない」というかたでも、干しブドウ酢はどなたにでも合いますから、安心して食べてください。自分にとって心地よく、おいしく感じられれば、それがいちばんいいのです。

酢やハチミツの量を加減したり、何かをプラスして、自分に合った、心地よい味の干しブドウ酢にアレンジするのも楽しめそうですね。ぜひいろいろ試してみてください。

この記事は『安心』2018年10月号に掲載されています
この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
青など寒色系の色で体が包まれるのをイメージしてください。ひんやり寒くなる感じがしませんか。一方、赤やオレンジなど暖色系の色は、体が温まる感じがするはずです。この色の作用を呼吸法と組み合わせれば、心や体のケアに役立つ可能性はじゅうぶんあると私は考えています。【解説】春田博之(芦屋こころとからだのクリニック院長)
更新: 2019-04-05 10:11:34
始めて1カ月ぐらいたったころから「やせた?」と聞かれたり「キレイになったね」と言われたりするようになりました。私は嫌な感情が出てくると1日に何度もピンク呼吸をするようにしました。何事も「まぁ、だいじょうぶか!」と気楽に考えられるようになり、仕事や人間関係で悩む回数が減りました。【体験談】夏陽りんこ(声優・32歳)
更新: 2019-03-27 19:16:22
私は生地屋でピンクの布を買い求め、ヨガ教室に持参し生徒に「寝る前にこの色をイメージして呼吸をしてみて」とお願いしたのです。2週間後、生徒たちと再会すると、何名かの雰囲気が変わったことに気づきました。一言で言えば、女性らしさが増したような感じなのです。【解説】小池能里子(ビビッド・エイジング研究家)
更新: 2019-03-22 18:00:00
たっぷりの食物繊維をとっている元気なお年寄りたちの腸内細菌では、ビフィズス菌や酪酸産生菌といった「長寿菌」が、全体の60%前後を占めていました。南大東島の101歳のおじいさんに至っては、全体の80%が長寿菌というとんでもない数値でした。【解説・監修】辨野義己(理化学研究所特別招聘研究員・農学博士)
更新: 2018-11-27 12:00:00
多種類の抗酸化物質を多く体に備えておくほど、アンチエイジングに役立ちます。そのために、ブドウは最適な食品です。その作用を十分に生かすには、ちょっとした食べ方のコツが必要です。それは、「できるだけ皮や種も一緒に食べる」ということです。【解説】渡辺光博(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授・医学部兼担教授)
更新: 2018-11-08 12:00:00
最新記事
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-05-21 17:53:18
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt