MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
美味しくやせる【キュウリ食べるだけダイエット】野崎洋光の実践レシピ

美味しくやせる【キュウリ食べるだけダイエット】野崎洋光の実践レシピ

自身の体験と、食材などについて勉強を重ねるうちに、私は、やせたいなら食べるべきだと考えるようになりました。食べたいという欲求を、肉、油、糖分で満たすのではなく、キュウリに代表される野菜を中心とした食事で満たしてやれば、健康的にやせると思うのです。【レシピ考案・料理製作】野崎洋光(分とく山総料理長)

解説者のプロフィール

野崎洋光(のざき・ひろみつ)
1953年福島県生まれ。89年日本料理店「分とく山」を開店。現在は総料理長として3店舗を統括。伝統を生かしながら、新たな試みにあふれる料理にファンも多い。メディアでも大活躍しており、近著に「きゅうり食べるだけダイエット」(株式会社KADOKAWA)がある。

還暦前におなか周りの脂肪が気になった

私は、東京の広尾で日本料理店を開業して29年になります。 今から5年以上前の、60歳間近の頃、私は、腹周りの脂肪が気になっていました。

料理人は案外食生活が乱れがちです。仕事中は味見で腹がふくれますし、店が終わった後はつきあいで飲みに行くこともしばしば。まともな食事は、お昼のまかないだけという日も珍しくありません。

そんな食習慣がたたったのか、当時の私の体重は68㎏(身長は165㎝)、腹周りのサイズは80㎝超。また、その頃に受けた人間ドックでは、脂肪肝とコレステロール値の高さを指摘されていました。もともと健康で、病気で寝込んだことはありませんが、この先も元気で仕事を続けるためにも、少しやせようと決意したのです。

このとき私がダイエットに利用したのが、キュウリです。
私の故郷の福島県はキュウリの産地。子どもの頃は、畑からキュウリをもいでよく丸かじりしていたので、愛着のある野菜です。

キュウリは歯ごたえがあるので「食べた」という満足感が得られます。また、生のままでも食べられるので、仕事の合間にポリポリとかじることができます。ビタミン、ミネラルもとれますし、熱気のこもる厨房での水分補給にもうってつけ。しかも、入手は簡単で安価です。

そこで、仕事の合間はもちろん、小腹がすいたときや朝食、夜食の代わりに、毎日キュウリを食べました。多いときは1日に10本近く食べたでしょうか。
食べ慣れてくると、毛細血管までサラサラと水が流れるような血流を感じるのです。体重も落ちました。2ヵ月でなんと11㎏減の、57㎏までやせたのです。気になっていた腹周りの脂肪も、妻がビックリするほど薄くなりました。ベルトの穴は、いちばん太い端の穴からいちばん細い端の穴まで、約11㎝以上縮んだのです。

キュウリを食べた以外に、生活習慣は変えていないので、するするとやせたのは、キュウリのおかげだと思っています。
この体重は現在もほとんど変わりません。腹周りのサイズも70㎝台です。
たまにつきあいで飲み食いが続くと腹に脂肪がたまりますが、キュウリを意識して食べると、体はすぐに元に戻ります。
肝機能値、コレステロール値も改善しました。おかげさまで、今も持病はありません。

ダイエット成功のための五つのアドバイス

ここで、「キュウリ食べるだけダイエット」のコツをお教えしましょう。

❶キュウリは、身の太ったものを選んでください。スイカと同じように、キュウリも皮の近くはあまりおいしくありません。太ったキュウリであれば、中心部に近いおいしい部分をたっぷりと味わえます。

❷青臭さが気になるときは、さっと湯通しをしましょう。丸ごとキュウリを熱湯に10秒ほどつけたら、すぐに冷水で冷やす。これで青臭さが消えて、色が鮮やかになります。

❸味つけは薄味・シンプルがベスト。私がキュウリを丸ごとかじるときは、みそをつける程度です。濃い味は、案外飽きやすいものです。シンプルな味ほど長く続けられます。

❹キュウリは体を冷やすため、気温の下がる冬は、キュウリとあわせて温かい汁物や、体を温める効果のある、ショウガと一緒に食べるとよいでしょう。

❺キュウリ食べるだけダイエット中も、ご飯やおかずはある程度の量を食べてください。私の経験上、ご飯は減らしすぎると、お通じが滞ります。

自身の体験と、食材などについて勉強を重ねるうちに、私は、やせたいなら食べるべきだと考えるようになりました。食べたいという欲求を、肉、油、糖分で満たすのではなく、キュウリに代表される野菜を中心とした食事で満たしてやれば、健康的にやせると思うのです。

具体的には、300g程度の新鮮な野菜に主食、主菜、汁物をあわせ、1食当たり1㎏は食べることをお勧めします。食事の内容は、伝統的なお惣菜がよいでしょう。
まずは日々の食事を、日本人が昔から食べてきた、和食に変えてみてはいかがでしょうか。
キュウリ食べるだけダイエットをきっかけに、これまでの食生活も見直してみてください。

タコのおろしキュウリあえ

■タコをよく噛めばダイエット効果が高まる!

【材料】(1〜2人分)
キュウリ……1本、セロリ……1/4本(30g)
ゆでタコ……50g、長ネギ……1/2本
Ⓐしょうゆ……大さじ1
 酢……大さじ1(煮切って冷ます)
溶きカラシ…適量

【作り方】
❶キュウリとセロリをすりおろす。
❷ゆでタコはそぎ切りに、長ネギは白髪ネギにする。
❸ボウルに②を入れて①とあえ、器に盛る。
❹Aをかけ、カラシを添える。

キュウリのツナあえ

■ノンオイルツナでヘルシーにたんぱく質を摂取!

【材料】(1〜2人分)
キュウリ……2本、長ネギ……1本
青ジソ……5枚、ツナ缶(ノンオイル)……1缶(70g)

【作り方】
❶キュウリは小口切りにする。長ネギは白髪ネギにする。青ジソは千切りにして水にさらし、水けを切る。
❷ボウルに①と汁を切ったツナを入れてあえ、器に盛る。

たたきキュウリの塩コンブあえ

■豊富な食物繊維で腸の働きを整え体重ダウン!

【材料】(1〜2人分)
キュウリ……2本、塩コンブ……10g
ゴボウ……30g

【作り方】
❶キュウリは両端を切り落として5cmの長さに切り、縦半分に切って、ふきんに包み、すりこ木でたたく。
❷塩コンブは3cm長さに切る。ゴボウはささがきにしてさっとゆで、水で洗って水けを切る。
❸ボウルに①と②を入れ、あえる。

キュウリのおかかあえ

■おかかのうま味で減塩対策!

【材料】(1〜2人分)
キュウリ……2本、削りガツオ……15g

【作り方】
❶キュウリを小口切りにする。削りガツオはフライパンで空炒りし、冷まして粗くほぐす。
❷ボウルにキュウリを入れ、削りガツオを加えてまぶし、器に盛る。

キュウリとキャベツの浅漬け

■おなかがすいたときの作りおきに最適!

【材料】(作りやすい分量)
キャベツ……1個、キュウリ……2本
青ジソ……3~4枚、塩……25g
Ⓐ水……1 と1/4カップ
 塩……小さじ1、コンブ……3g

【作り方】
❶キャベツはざく切り、キュウリは3mm幅の斜め切り、青ジソは千切りにして、ともに塩をまぶして10分おいてからもみ、ザルに上げる。
❷Aをひと煮立ちさせ、冷ます。
❸低めの温度(70℃)の湯に①をザルごと15秒浸し、冷水にとってもみ洗いし、水けを絞る。
❹ポリ袋に②と③を入れ、30分おく。

キュウリと桜エビのサラダ

■桜エビは骨粗鬆症の予防、免疫力アップに効果大!

【材料】(1〜2人分)
キュウリ……2本、桜エビ……20g
タマネギ……1/2個(20g)、青ジソ……5枚
Ⓐしょうゆ……大さじ1、水……小さじ2
 酢……小さじ2(煮切って冷ます)
 ゴマ油……小さじ1、白いりゴマ……大さじ2

【作り方】
❶キュウリは小口切りにする。タマネギは薄切りに、青ジソは小さくちぎって水にさらし、水けを切る。
❷Aの材料を混ぜ合わせる。
❸ボウルに①を入れて混ぜ、器に盛る。
❹桜エビを散らし、②をかける。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
「洋食は高カロリーで体に悪い」と思う人もいるかもしれませんが天皇家の洋食の食材は日本で取れる旬のものばかり。その土地に住む人の体質に合ったものです。洋食も日本人に合った洋食が作れるのです。日本の旬の物をいただき、食材を無駄にしない天皇家のレシピを皆さんの健康に役立ててください。【解説】工藤極(元宮内庁大膳課厨房第二係)
更新: 2019-05-07 18:00:00
私が考案した10種類以上のフルーツ酢の中で、現在最も人気が高いのが「レモン酢」。数あるフルーツ酢ダイエットの中でも「イチオシ」といってよく、教室などでも勧めているフルーツ酢です。ぜひお試しください。【解説】村上祥子(料理研究家・管理栄養士)
更新: 2019-04-11 10:18:08
「みそ汁に酢を入れたら、酸っぱくなるのでは」と心配するかたもいるでしょう。でも、お椀1杯のみそ汁につき、小さじ半分程度の酢なら、酸味はほとんど感じません。今回、酢みそ汁に初挑戦するかたがたのために、お勧めの具材や、作り方のコツをご紹介しましょう。【解説】庄司いずみ(野菜料理家)
更新: 2019-04-05 10:22:22
独身時代はほとんど食べ物に気を遣っていなかった私でも、家族ができれば話は別。なるべく人工添加物などが使われていない、体にいい食べ物を食卓に並べるようにしてきました。自然に食べ物へ関心を持つようになったわけですが、近年私の心をとらえて離さないのが「タマネギ」です。【体験談】志穂美悦子(フラワーアクティビスト)
更新: 2019-02-19 18:00:00
タマネギに含まれるのは植物性乳酸菌で、生きて腸まで届きます。腸内環境がよくなると、免疫力のアップや自律神経のバランスが整います。血中コレステロールの低下による高脂血症の予防・改善、大腸がんのリスク低減などにもつながります。 【解説・レシピ考案】中村美穂(管理栄養士・フードコーディネーター)【料理・スタイリング】古澤靖子
更新: 2019-02-17 18:00:00
最新記事
歩くとひざが痛くなる、腰が重くなる、どっと疲れが出る。私なら、まず「浮き指」を疑います。詳しく調査した結果、現代日本人男性の6割、女性の7割が浮き指であることがわかったのです。浮き指とは、文字どおり「足の指が浮いている」状態を指します。【解説】阿久根英昭(桜美林大学健康福祉学群教授)
更新: 2019-06-18 18:00:00
鍼灸師の私がおすすめして、皆さんにご好評をいただいている「温熱ツボ刺激」のやり方をご紹介しましょう。この温熱ツボ刺激は、男女を問わず効果があるものです。ですから、女性だけでなく、薄毛や白髪で悩む男性のかたにもぜひ試してほしいのです。【解説】横内稚乃(稚乃針灸整骨院院長)
更新: 2019-06-17 18:00:00
玉ねぎが体によいのはよく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。しかし、玉ねぎを毎日食べたくても、あのツンとする刺激臭が嫌で、玉ねぎ料理は苦手という人も多いでしょう。そこでお勧めなのが、玉ねぎドレッシングです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)
更新: 2019-06-16 18:00:00
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00
手足の指は経絡の多く集まる重要なポイントです。なかでも見過ごせないのが、指の股です。ところが、年齢を重ねると、手足の指の股の皮膚がかたくなり、指が開きにくくなってきます。すると、気の流れが滞り、体にさまざまな障害が生じるようになるのです。【解説】留目昌明(和楽堂治療院院長)
更新: 2019-06-14 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt