MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【元なでしこ】丸山桂里奈が8キロ痩せた!「○○を食べるだけダイエット」

【元なでしこ】丸山桂里奈が8キロ痩せた!「○○を食べるだけダイエット」

キュウリダイエットを始めてから、面白いくらい順調に体重が落ちていきました。1週間で2kg落ち、その後もコンスタントに減り、ダイエット開始3週間で6.6kgも落ちたのです。ポッチャリした顔周りがシャープになり、体形もスッキリして、ほぼ現役時代に戻りました。【体験談】丸山桂里奈(元なでしこジャパン・タレント)

プロフィール

丸山桂里奈(まるやま・かりな)
1983年生まれ。幼少の頃よりサッカーを始め、日本体育大学時代は全日本女子サッカー選手権大会を4度制し、2004年のアテネオリンピックに出場。2005年より東京電力女子サッカー部マリーゼに入団し新人王を獲得。2008年の北京オリンピック、2011年のFIFA女子ワールドカップで、なでしこジャパンの一員として活躍。2016年に現役を引退し、現在はタレントとして活躍中。

食事制限から解放され1年で8kg増量

20年以上続けてきたサッカーをやめ、現役を引退したのは、2016年12月のことでした。それから1年ほどの間に、私は8㎏も太ってしまいました。

アスリートの食事はストイックなものです。選手時代の私の食事も、おいしいから、好きだから食べるのではなく、すべて「体づくり」のためでした。

食事は、基本的には自炊で、月曜から木曜まではたんぱく質の多いもの、試合前の金曜、土曜は炭水化物中心の食事です。これは、筋力を維持しながら、エネルギーを貯め込んで、試合当日に爆発的にエネルギーを出すための食事法です。

肉は低脂肪で高たんぱくな鶏肉がメインで、料理の味付けは、調味料をあまり使いません。サラダはドレッシングも使わず、塩で食べていました。大好きなマヨネーズをかけるなんてもってのほかです。

そんな食生活を10代の頃から続けていたのですから、引退後はおいしいものがありすぎて、食べたいものばかり。それまでの鬱積を晴らすように、食べたいものを片っ端から食べていました。

私がいう「おいしいもの」とは、それまで制限していた、味の濃い食べ物です。ラーメン、コンビニのあんかけ焼きそば、牛丼屋のキムチ入りカルビ丼などなど。大好きなマヨネーズも解禁し、サラダはもちろん、唐揚げ、牛丼など、なんにでもマヨネーズをかけていました。

しかも、体を動かさなくなりましたから、これで太らないわけがありません。54㎏だった体重は、みるみるうちに62.6㎏(身長162.7㎝)に増えてしまったのです。

そんなときに舞い込んできたのが、テレビの「キュウリ食べるだけダイエット」の企画です。キュウリはもともと大好きで、夏は漬け物にしてよく食べていました。
また、キュウリはむくみを取る効果があります。大好きなキュウリを食べて、むくみも取れてやせられるなんて、私のための企画だと思いました。

便通がよくなりウエストも7.5cm縮んだ

キュウリ食べるだけダイエットは、食事の前にキュウリをよく嚙んで食べるだけです。そのルールを守れば、あとは何を食べてもかまいません。1日にキュウリを何本食べるという決まりもありませんでした。

私は、いつもキュウリを持ち歩いていました。そして、食前だけでなく、おなかのすいたとき、おやつ代わりにも食べました。最高に食べたのは1日10本。自分が「カッパの生まれ変わり」ではないかと思ったくらいです(笑)。

食べ方は、生のキュウリをボリボリかじります。マヨネーズ好きの私でしたが、キュウリはマヨネーズをつけなくてもおいしく食べられました。

それをひと口30回ずつ嚙んで食べると、けっこう満腹感があります。ですから、食事の量は無理することなく減らすことができました。

また、キュウリを使っておかずを作ることもありました。お気に入りは、鶏のささみとキュウリの梅干しあえや、すったキュウリとマグロ、ワカメをポン酢でいただくものです。

こうしてキュウリダイエットを始めてから、面白いくらい順調に体重が落ちていきました。1週間で2㎏落ち、その後もコンスタントに減り、ダイエット開始3週間で6.6㎏も落ち、56㎏になったのです。

おなかもみるみるへこんで、76㎝あったウエストが68.5㎝になりました。ポッチャリした顔周りがシャープになり、体形もスッキリして、ほぼ現役時代に戻りました。

お通じは今まで以上によくなり、回数が増え、おなかが張ることもありません。
キュウリパックもしたおかげか、乾燥肌が改善し、肌のトラブルが起きなくなりました。

ダイエット中も、実は大好きな駄菓子はやめられず、食事もしっかりとっていたので、無理して体重を落とした感じはまったくありません。運動は朝起きて、3分間スクワットをしただけです。

最後まで、キュウリに飽きることはありませんでした。むしろ、夏野菜としてみんなに親しまれているキュウリがこんなダイエット食だと知り、リスペクトしながら食べていました。
本当にきれいにやせられるので、女性のダイエットに、キュウリはピッタリです。

この記事は『安心』2018年10月号に掲載されています
この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
病気になると、私たちは病院に行きますが、病気になる前に未然に防ぐために行うのが養生です。体にとって気持ちのよいことをして遊ぶのが養生の基本です。イライラしたりしていた気持ちが落ち着いてくれば、ダイエットにもよい影響を及ぼすことは間違いありません。【解説】能見登志惠(山本記念会都筑ふれあいの丘クリニック院長)
更新: 2019-03-20 18:00:00
以前の私は便秘症で、10日から2週間お通じがないということも珍しくありませんでした。それが2日に1回ちゃんとお通じがつくようになったのです。体重も毎日少しずつ減り続け、1ヵ月でなんと10kgもやせました。このときは体が軽く、背すじを伸ばして歩ける自分に感激しました。【体験談】宇佐美愛美(アルバイト・27歳)
更新: 2019-03-08 18:00:00
おなかとみぞおちを、手のひらで時計回りに軽くさするだけの簡単な方法ですが、久しくおなかをさすったことがなかったため、あまりの気持ちよさに病みつきになり、毎日欠かさず行うようになりました。体重が減り、おなか周りもスッキリしてくると、体が軽く感じられます。【体験談】新井功(仮名・無職・84歳)
更新: 2019-01-21 18:00:00
子どもの頃から肥満だった私は、もう体形のことは諦めていました。キュウリ食べるだけダイエットを始めて、数字だけでなく体感としても体の軽さを感じ始めました。今まで体を動かすことが、「つらくて面倒くさいこと」だったのに「こんなに気持ちがいいことだったんだ」と思えるようになったのです。【体験談】山田順子(仮名・主婦・44歳)
更新: 2019-01-12 18:00:00
美肌に関しては、キュウリの皮に含まれるビタミンEとβ-カロテンの働きも見逃せません。体内では有害な活性酸素ができ、老化を進めます。ビタミンEの中でも、最も抗酸化力が高いのがα-トコフェロールという種類ですが、キュウリに含まれるのは、すべてこの種類なのです。【解説】佐藤美(シロノクリニック横浜院院長)
更新: 2018-12-17 18:00:00
最新記事
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2019-05-27 18:00:00
なぜ、クルミが耳鳴り解消に効くのでしょうか。東洋医学的には、耳鳴りの原因は血や水の巡りの悪さにあるとされるので、クルミの利尿作用が効果をもたらしたといえます。一方、西洋医学的に考えると、注目すべきは、クルミに含まれるα ─ リノレン酸の働きです。【解説】小川哲夫(小川医院理事長)
更新: 2019-05-26 18:00:00
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt