医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

食前にキュウリを食べて体重6キロ減!中性脂肪値は168→57ミリに

食前にキュウリを食べて体重6キロ減!中性脂肪値は168→57ミリに

特別な食事制限や、運動をしたわけでもなく、食前に1本のキュウリをひと口につき20回嚙んで食べただけでこんなに効果が出るとは驚きました。血液検査では、中性脂肪値が激減!空腹時血糖値、ヘモグロビンA1cも正常値に近づきつつあります。だるさもなくなり、体調は良好です。【体験談】井上洋子(仮名・会社員・35歳)


気づかぬうちに70kgの大台を突破

33歳の時、会社の健康診断の結果を見て、私は愕然としました。身長150㎝で、前年まで63㎏だった体重が、なんと70㎏になっていたのです。

さらに、中性脂肪値、血糖値も高く、医師からは生活習慣病と言われました。仕事のストレスを、ケーキなどの甘い物を食べて発散していたのがよくなかったのでしょうか。

ウエストがゴムのズボンをはき、体重も測ることなく過ごしていたので、体の異変にはまったく気づきませんでした。
とはいえ、肩こり・頭痛を頻繁に起こし、体がだるくて仕事に集中できない日々を過ごしていたので、今にして思えば、この体重増加が原因だと思っています。

体重70㎏の大台に乗り焦った私は、市販のダイエット系サプリメントを片っ端から試しました。しかし、効果はありませんでした。炭水化物を抜く食事制限では1ヵ月で2㎏減ったものの、仕事の忙しさと空腹に負け、つい間食をしてしまった結果、結局リバウンドしてしまいました。 
努力が水の泡となり、それ以来、私はダイエットのやる気をなくしてしまったのです。

そんなある日、書店でたまたま目にしたのが、『キュウリ食べるだけダイエット』の本でした。そこには、著者で料理人の野崎洋光さんが2ヵ月で11㎏減量した様子をはじめ、1ヵ月で2〜5㎏以上やせた人たちの写真が掲載されていました。

調べてみると、この本を監修した医師の工藤孝文先生の病院は、福岡にあるそうです。
自宅から通える距離だったので、私はまず工藤先生の診療を受けてみることにしました。今年の5月のことです。

そのときの検査結果は、中性脂肪値が168㎎/㎗(正常値は150㎎/㎗未満)、空腹時血糖値が182㎎/㎗(正常値は110㎎/㎗未満)、ヘモグロビンA1cが8.1%(過去1〜2ヵ月の血糖値がわかる数値で、正常値は6・5%未満)と、いずれも高い数値でした。しかも、体重は75.3㎏もありました。

そして、工藤先生から食事指導を受けました。その指導とは、毎食前にキュウリを1本食べるというもので、それ以上のことはなにも言われませんでした。

私は、朝はスライスしたキュウリにタマネギ、レタスを加えたサラダを食べ、昼は職場で、弁当を食べる前に生のキュウリをかじって食べるようにしました。生のキュウリばかりでは飽きるので、夜はキュウリを酢の物にして、食事の最初に食べました。

キュウリを食べるときに心がけたのは、ひと口につき20回嚙んで食べることです。これも、工藤先生の指導によるものです。20回嚙んで食べると満腹になり、以前よりも食事の量は自然に減っていきました。

2ヵ月空腹を感じずにやせられた!

キュウリ食べるだけダイエットを開始して、1週間たった時のことです。体重を量ってみると、2㎏減って73.3㎏になっていました。それからさらに3週間後には、71.2㎏に。なんと、1ヵ月で4.1㎏も減ったのです。

特別な食事制限や、運動をしたわけでもなく、食前に1本のキュウリをひと口につき20回嚙んで食べただけでこんなに効果が出るとは、驚きました。

キュウリ食べるだけダイエット開始から2ヵ月たつ今は、体重69㎏と、ついに70㎏を切りました。血液検査では、中性脂肪値が57㎎/㎗に激減!空腹時血糖値126㎎/㎗、ヘモグロビンA1cが6.9%と、こちらも正常値に近づきつつあります。だるさもなくなり、体調は良好です。

キュウリは安価で、スーパーに行けば必ず手に入るのもよいところ。この2ヵ月間、苦労なく着実にやせているので、目標は60㎏を切ることです。
引き続き、キュウリ食べるだけダイエットを継続していくつもりです。

ランチの前にも必ずキュウリを1本食べた

今までダイエットに失敗した人にお勧め(工藤内科副院長 工藤孝文)

井上さんは生活環境に合わないダイエット方法に失敗して、やる気をなくしていました。しかし、キュウリ食べるだけダイエットは、手間がかからず、空腹感がないので、続けられたのでしょう。このように、これまでダイエットに失敗してきた方にお勧めです。

また、キュウリ食べるだけダイエットを行う以前は、サプリメントをいろいろ試したようですが、サプリメントは、食事、運動療法の補助として使用しないとなかなか効果は出ません。

朝食では、キュウリのほかにタマネギ、レタスを加えてサラダにして召し上がっていたとのこと。
キュウリと同じくレタスも食物繊維が豊富で、便秘の予防と血糖値の上昇を抑えてくれます。また、タマネギには血液をサラサラにする効果があるので、とてもよい組み合わせです。お酢も脂質や血糖を下げる作用があるので、あわせてとるのはとてもよいことです。
ベジタブルファースト、よく嚙んで食べる習慣がつけば、リバウンドの心配もなくなってくると思います。

「キュウリ食べるだけダイエット」基本のやり方
この記事は『安心』2018年10月号に掲載されています
 

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


コレステロール値が下がった!バナナ酢で自然に2kgやせてお通じも快調

コレステロール値が下がった!バナナ酢で自然に2kgやせてお通じも快調

バナナ酢を飲み始めて2週間くらいで、毎朝、食後にお通じがあり、よい便が出るようになったのです。おなか周りもすっきりしてきました。体重を量ってみると、飲む前は57kgだったのが、3ヵ月で2kg減り、55kgになっていました。【体験談】佐々木裕子(主婦・56歳)


美味しくやせる【キュウリ食べるだけダイエット】野崎洋光の実践レシピ

美味しくやせる【キュウリ食べるだけダイエット】野崎洋光の実践レシピ

自身の体験と、食材などについて勉強を重ねるうちに、私は、やせたいなら食べるべきだと考えるようになりました。食べたいという欲求を、肉、油、糖分で満たすのではなく、キュウリに代表される野菜を中心とした食事で満たしてやれば、健康的にやせると思うのです。【レシピ考案・料理製作】野崎洋光(分とく山総料理長)


黒酢で作るバナナ酢で4キロ痩せた!血圧が下がって縄跳びも楽勝に

黒酢で作るバナナ酢で4キロ痩せた!血圧が下がって縄跳びも楽勝に

バナナ酢をとり始め、数ヵ月後に、周囲から「やせた?」と尋ねられるようになったのです。そこで体重を量ってみたところ、なんと、4kgもやせていたのです。趣味のボウリングを連続で何ゲームも楽しめるほど元気です。私の快眠・快食・快便は、バナナと酢のおかげです。【体験談】水野映子(仮名・介護職・70歳)


【元なでしこ】丸山桂里奈が8キロ痩せた!「○○を食べるだけダイエット」

【元なでしこ】丸山桂里奈が8キロ痩せた!「○○を食べるだけダイエット」

キュウリダイエットを始めてから、面白いくらい順調に体重が落ちていきました。1週間で2kg落ち、その後もコンスタントに減り、ダイエット開始3週間で6.6kgも落ちたのです。ポッチャリした顔周りがシャープになり、体形もスッキリして、ほぼ現役時代に戻りました。【体験談】丸山桂里奈(元なでしこジャパン・タレント)


猫背による便秘が解消して6キロ減!肌は透き通り唇はピンクに…その方法は?

猫背による便秘が解消して6キロ減!肌は透き通り唇はピンクに…その方法は?

以前の私は、お通じは3日に1度が当たり前でした。それ以上滞るときは便秘薬を飲んでいたのです。それが、まったく薬を必要としなくなりました。長年、便秘をしていたせいか、以前の私の下くちびるは、少し黒ずんだ色をしていました。それが、今ではきれいなピンク色になっています。【体験談】村井和子(整体師・65歳)


最新の投稿


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)


【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

あまりに寝過ぎると、レム睡眠が急激に増え、ノンレム睡眠がほとんど起こらなくなります。睡眠中は、十分な酸素供給が行われないため、脳は酸素不足の状態です。そんな状態のところに、脳が活発に働くレム催眠が増えると、脳は疲労回復どころか、かえって疲労してしまいます。【解説】保坂隆(保坂サイコオンコロジー・クリニック院長)


夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)


歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)


便秘や痔の改善におすすめ!腸から健康になる食事は「甘酒寒天」

便秘や痔の改善におすすめ!腸から健康になる食事は「甘酒寒天」

便秘を食事で改善しようとする際に、重要なのが、食物繊維です。寒天は、水溶性と不溶性、両方の食物繊維を含むため、機能性食品として、大変理想的です。甘酒は発酵食品ですから、まさに微生物のかたまりです。腸内に入ると、乳酸菌などの善玉菌を増やします。痔の改善にも、いい効果が上がっています。【解説】平田雅彦(平田肛門科医院院長)