MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【美容効果】キュウリパックの正しいやり方は?食べるならいつが最適?

【美容効果】キュウリパックの正しいやり方は?食べるならいつが最適?

美肌に関しては、キュウリの皮に含まれるビタミンEとβ-カロテンの働きも見逃せません。体内では有害な活性酸素ができ、老化を進めます。ビタミンEの中でも、最も抗酸化力が高いのがα-トコフェロールという種類ですが、キュウリに含まれるのは、すべてこの種類なのです。【解説】佐藤美(シロノクリニック横浜院院長)

解説者のプロフィール

佐藤 美(さとう・よしみ)
●シロノクリニック横浜院
神奈川県横浜市西区高島2-19-12 スカイビル 16F
0800-222-1403
https://yokohama.shirono.net

シロノクリニック横浜院院長。
1995年、杏林大学医学部卒業。杏林大学病院、高田馬場スキンクリニックを経て、2015年シロノクリニックに入職。同年よりシロノクリニック横浜院の院長を務める。技術の高さや経験はもちろん、美しさのセンスを備えた精鋭のドクター。「自分も受けたい、家族にも勧めたい」と思える治療をモットーにしている。

抗酸化力の最も高いビタミンEを含む

キュウリといえば、代表的な夏野菜の一つですが、実は美容にたいへん役立つ野菜です。
キュウリには、一つ一つの含有量は特別多くはありませんが、多種類の有効成分が含まれています。それらが、多彩な効果を発揮してくれます。その成分と効能を見ていきましょう。

第一に挙げられる有効成分がカリウムです。キュウリ100g(1本分)中に約200㎎のカリウムが含まれており、体内の余分な塩分(ナトリウム)の排出を促して、むくみを取る作用があります。

また、イソクエルシトリンという利尿作用をもつ成分も含まれており、これらが、むくみの改善、血圧上昇を防ぐのに役立ってくれます。「キュウリは体を冷やす」と言われるのは、この利尿作用により、尿の排出を促し、体内から熱を放出させるいます。むくみの解消と、この血液サラサラの相乗効果で、肌の血行がよくなり、シミ・シワ・くすみを防ぎます。

また、キュウリは、食物繊維を豊富に含むので、便の排泄を促してくれます。これで体内の老廃物を排出し、肌荒れを防ぐのです。

美肌に関しては、キュウリの皮に含まれるビタミンEβ-カロテンの働きも見逃せません。体内では有害な活性酸素(体内で増えすぎると細胞を傷つけ老化の一因となる物質)ができ、老化を進めます。ビタミンEやβ-カロテンは、それを除去する抗酸化力(酸化を防止する力)があり、シミ・シワ予防に役立ちます。

ビタミンEの中でも、最も抗酸化力が高いのがα-トコフェロールという種類ですが、キュウリに含まれるのは、すべてこの種類なのです。

そして、キュウリには、シリカ(ケイ素)というミネラルも含まれています。シリカは、髪や爪を強く、つややかにしたり、皮膚のコラーゲンの生成を促して、シワやたるみを防いだりするミネラルです。

美容といえば、ダイエットを忘れてはなりません。キュウリに含まれる脂肪分解酵素のホスホリパーゼは、発見されて間もない注目の酵素です。この酵素は、体内の脂肪を減らす作用があります。

キュウリパックは入念に洗顔すればOK

以上のように、体によい数々の働きをもつキュウリ。美容を目的で食べるには、ちょっとしたコツがあります。

まず、ダイエットに役立つホスホリパーゼの働きを活用したいときは、キュウリをよく嚙んで食べるか、すりおろしたり、スムージーにしてとるのがお勧めです。この酵素はキュウリの細胞内にあるため、これらの調理法で細胞壁が壊れることで、より活性が高まるからです。
すりおろして、サラダや冷や奴などにのせたり、スムージーは、リンゴやキウイフルーツなどを加えてもよいでしょう。

キュウリをぬか漬けにして食べるのもよい方法です。ぬか漬けにすると、ビタミンB₁が8倍、カリウムやビタミンKが3倍、ビタミンCが1.5倍になるといわれています。

前述のとおり、キュウリには体を冷やす作用があるので、冷え症の人は寒い季節に食べるときは、みそ、ショウガ、ニンニクなど、体を温める作用のある食品と組み合わせてとるとよいでしょう。

1日にとるキュウリの量は、ここに挙げた効用を得るための目安として、1日3本くらいと考えてください。

キュウリを食べるタイミングは、食前がよいでしょう。満腹感を得られ、食事量が減らせます。1日1回しか食べられないなら、朝、食べるのがお勧めです。キュウリは、むくみ取りや利尿作用、便秘解消など、デトックスに役立ちますが、人体のリズムとして、朝が排泄の時間帯とされるからです。

腎機能が低下していると、カリウムの摂取を制限される場合があります。その場合は、医師に相談のうえで適切な量のキュウリをとるようにしましょう。

最後に、外用としてのキュウリの効能について説明します。
キュウリは、肌のパックに使っても効果的です。すりおろしや薄切りを、5~10分肌に載せることで、ビタミンCによる肌の引き締め効果が得られます。
ただし、お肌の弱いかたは肌荒れの可能性もあるので、必ずパッチテストをしてから、パックを行ってください。

また、キュウリには、日光に当たるとシミの原因になるソラレンという成分が含まれているので、パック後にそのまま日光に当たるのは厳禁です。
基本的に、キュウリパックは日に当たらない、夜に行いましょう。パック後はぬるま湯で入念に洗顔してください。

キュウリパックのやり方

◀︎キュウリパックは紫外線の当たらない夜に行う。キュウリをスライスするか、すりおろして、5~10分肌に載せる。

◀︎パック後は、肌からキュウリを取り除き、ぬるま湯で入念に洗顔する。

この記事は『安心』2018年10月号に掲載されています
この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
病気になると、私たちは病院に行きますが、病気になる前に未然に防ぐために行うのが養生です。体にとって気持ちのよいことをして遊ぶのが養生の基本です。イライラしたりしていた気持ちが落ち着いてくれば、ダイエットにもよい影響を及ぼすことは間違いありません。【解説】能見登志惠(山本記念会都筑ふれあいの丘クリニック院長)
更新: 2019-03-20 18:00:00
以前の私は便秘症で、10日から2週間お通じがないということも珍しくありませんでした。それが2日に1回ちゃんとお通じがつくようになったのです。体重も毎日少しずつ減り続け、1ヵ月でなんと10kgもやせました。このときは体が軽く、背すじを伸ばして歩ける自分に感激しました。【体験談】宇佐美愛美(アルバイト・27歳)
更新: 2019-03-08 18:00:00
おなかとみぞおちを、手のひらで時計回りに軽くさするだけの簡単な方法ですが、久しくおなかをさすったことがなかったため、あまりの気持ちよさに病みつきになり、毎日欠かさず行うようになりました。体重が減り、おなか周りもスッキリしてくると、体が軽く感じられます。【体験談】新井功(仮名・無職・84歳)
更新: 2019-01-21 18:00:00
子どもの頃から肥満だった私は、もう体形のことは諦めていました。キュウリ食べるだけダイエットを始めて、数字だけでなく体感としても体の軽さを感じ始めました。今まで体を動かすことが、「つらくて面倒くさいこと」だったのに「こんなに気持ちがいいことだったんだ」と思えるようになったのです。【体験談】山田順子(仮名・主婦・44歳)
更新: 2019-01-12 18:00:00
特別な食事制限や、運動をしたわけでもなく、食前に1本のキュウリをひと口につき20回嚙んで食べただけでこんなに効果が出るとは驚きました。血液検査では、中性脂肪値が激減!空腹時血糖値、ヘモグロビンA1cも正常値に近づきつつあります。だるさもなくなり、体調は良好です。【体験談】井上洋子(仮名・会社員・35歳)
更新: 2018-11-28 07:00:00
最新記事
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt