医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【股関節炎】貧乏ゆすりで軟骨が再生!手術が不要になり痛みも消えた

【股関節炎】貧乏ゆすりで軟骨が再生!手術が不要になり痛みも消えた

「1ヵ月入院して足にかかる負荷をなくし、集中的に貧乏ゆすりをやってみてはどうか」と提案を受けました。私はその勧めに従うことにしたのです。レントゲンで確認した結果、この1ヵ月の努力は実を結んでいました。軟骨が再生していて、股関節と臼蓋の間にはすき間ができていたのです。【体験談】阿部大輔(仮名・会社員・39歳)


リスクが高くなる手術を避けたいと思った

会社で外回りの多い部署に異動になったのは、36歳のときでした。その結果、歩くことが増え、右の股関節にズキズキした痛みが出始めたのです。
最初のうちは痛みが出たら、1~2日安静にすることで、症状は治まっていました。外出が必要な仕事を後回しにして、痛みがなくなってからそれらを片付けました。

しかし、痛みは徐々に慢性的なものになりました。股関節に力を入れると激痛が走り、どこかにつかまらないと立ち上がれません。歩くときは右足を引きずるようになり、外回りなどとても無理な状態となりました。

近くの整形外科で見てもらうと、股関節炎との診断。軟骨は摩耗し、大腿骨と臼蓋は削れてギザギザになっていました。
この状態が治ることはなく、人工関節を入れる手術をするしかない、とのこと。その後、大学病院にも行きましたが、やはり診断結果は同じでした。

実は、私はI型糖尿病(自己免疫によって細胞が攻撃されインスリンを分泌できなくなる病気)です。そのため、医師からは「手術は可能だが、通常よりリスクが高くなる」と言われました。

そこで、他に選択肢はないかと自分で調べ、柳川リハビリテーション病院で井上明生先生が指導されている「貧乏ゆすり」を知ったのです。
私の股関節にも効果があるか井上先生に一度診てもらい、適応外なら手術しよう、と私は覚悟を決めました。

実際に病院に行けたのは、その翌年です。その結果、「よくなる可能性はあると思うよ」と力強い言葉をいただくことができました。
ただし、普通の生活を送っていては改善が難しく、「1ヵ月入院して足にかかる負荷をなくし、集中的に貧乏ゆすりをやってみてはどうか」と提案を受けました。私はその勧めに従うことにしたのです。

削れてギザギザだった臼蓋も丸みを帯びていた

入院中は、ずっと車イスで生活し、股関節に負担をかけないようにしました。
一方、貧乏ゆすりは、足を載せるだけで自動でできる機械をメインに利用して行いました。

実は、私は井上先生のところを受診する前に、自動で貧乏ゆすりができる機械を、自費で購入していました。ただ、買ってはみたものの、どのくらい使えばいいのかがわからず、自宅で使用することはほとんどありませんでした。

それとまったく同じ機械が、病院でも使用されていたので、入院中はそれを使って、合間を見つけては、10分間の貧乏ゆすりを12回程度行っていました。トータルすると、1日2時間ほど、ということになるかと思います。

入院中は、松葉杖をつく練習も行いました。股関節への負荷を抑えるために、退院後も半年ほどは、左右とも松葉杖をつくことになったからです。

そんなスケジュールをこなしていたら、1ヵ月はあっという間に過ぎ、退院する日がやってきました。
レントゲンで確認した結果、この1ヵ月の努力は実を結んでいました。軟骨が再生していて、股関節と臼蓋の間にはすき間ができていたのです。削れていた骨も丸みを帯び、元に戻りかけていました。

油断はせず今後も続けていきたい

ただ、その時点では、車イスや両松葉杖を利用しているので、痛みがどうなっているのかまでは、わかりませんでした。でも、ここまでよくなっているならちゃんと治したい、と思いを新たにしたのです。

その後は半年間、松葉杖で過ごし、さらに1年間は右足を杖で支えて過ごしました。
といっても、杖をつくのが面倒に感じ、たまに家に置いていく日もありました。それでも痛みが出ないのを確かめ、徐々に杖なしで過ごす日を増やしていった感じです。

もう大丈夫、と自信がついたのは最近のこと。時間はかかりましたが、痛みと決別し、手術せずにすんだ幸せを今はかみしめています。
退院後も、自宅で貧乏ゆすりの機械を使って、1日に1~2時間は貧乏ゆすりを行っています。痛みがなくなったからといって油断はせず、今後も続けていくつもりです。

貧乏ゆすりの有効性を確信させるレアケース(柳川リハビリテーション病院名誉院長 井上明生)

人工関節手術しかないと思われた末期の股関節の状態から、わずか1ヵ月でこのような結果を出したのは、当院でも初めてです。非常にレアケースですが、私たち専門医もとても驚き、かつ勇気づけられました。
退院の半年後には、MRI(核磁気共鳴画像診断)で、股関節のすき間が軟骨であると確認しました。貧乏ゆすりの有効性を、さらに確信させてくれた症例となりました。

「貧乏ゆすり」のやり方
この記事は『安心』2018年10月号に掲載されています
 

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


股関節痛 貧乏ゆすり

関連する投稿


改善率94%!さらに進化した「ゆうきプログラム」で変形性股関節症の手術回避も望める

改善率94%!さらに進化した「ゆうきプログラム」で変形性股関節症の手術回避も望める

ゆうきプログラムがスタートして35年。ゆうきプログラムは、変形性股関節症を「治す」ものではありません。「手術を先延ばしにするための、猶予期間をつくる運動」と捉えてもよいでしょう。あわよくば、寿命を迎えるそのときまで、手術を回避できる可能性だって、大いにあるのです。【解説】大谷内輝夫(ゆうき指圧院長)


【貧乏ゆすりの効果】変形性股関節症のすり減った軟骨が再生する唯一の方法

【貧乏ゆすりの効果】変形性股関節症のすり減った軟骨が再生する唯一の方法

カナダの整形外科医・ソルター博士は、24時間動き続ける肋椎関節と胸肋関節には関節症が起こらないことに着眼しました。そして関節の可動域を広げるCPMを使って、ウサギのひざの関節軟骨が再生することを証明したのです。私たちは、それを股関節にも応用できないかと考えました。【解説】井上明生(柳川リハビリテーション病院名誉院長)


【手首つかみのやり方】腰痛、ひざ痛、股関節痛が続々軽快するセルフケア

【手首つかみのやり方】腰痛、ひざ痛、股関節痛が続々軽快するセルフケア

痛みは、筋肉の硬直から起こります。筋肉がかたくなると、それに引っ張られて骨や関節がゆがみ、神経や血管が圧迫されて痛みが出ます。しかし、手首を押さえながら体を左右にねじると、筋肉が緩んで、骨が本来の正常な位置に戻ります。それによって神経や血管の圧迫がなくなり、痛みが取れていくのです。【解説】関口志行(ツバサ整骨院院長)


【腰痛・股関節痛】背骨を揺らす気功で改善「痛み取り呼吸」のやり方

【腰痛・股関節痛】背骨を揺らす気功で改善「痛み取り呼吸」のやり方

気功教室では、体に無理のない運動と、心地よいリラクゼーションを行い、少しずつ元気を蓄積していきます。教室ではいろいろな運動を行いますが、左右に背骨を揺らす気功を行うと、腰痛が改善し、前後に背骨をゆらす気功を行うと股関節痛が改善します。これらは、「痛み取り呼吸」としてお勧めです。【解説】古屋ネネ(九州気功協会会長)


足指ケアで肩コリ首コリは撃退できる!足の指回しの効果を医師絶賛

足指ケアで肩コリ首コリは撃退できる!足の指回しの効果を医師絶賛

「足指のケア」で足指のつけ根の関節をほぐすと全身に好影響が及びます。まず、外反母趾をはじめとする足の不具合そのものが改善。人間の体は、足から腰、背中へと連動しているので変形性ひざ関節症や股関節痛なども改善していきます。姿勢が安定すると肩こりや腰痛の解消につながるのです。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


最新の投稿


【スタンフォード式】疲労回復にいい食べ物・疲れない食事術を大公開!

【スタンフォード式】疲労回復にいい食べ物・疲れない食事術を大公開!

久々に帰国して驚いたのは、日本で普通に食事をすると、アスリートのための食事とは真逆で、疲労をためてしまう食事が多いということでした。特に気になったのは、砂糖があふれかえっていることです。糖質(炭水化物)の摂取も多いですね。【解説】山田知生(スタンフォード大学スポーツ医局アソシエイトディレクター・アスレチックトレーナー)


布施博が脊柱管狭窄症を克服!足の激痛と歩行困難から救った方法とは?

布施博が脊柱管狭窄症を克服!足の激痛と歩行困難から救った方法とは?

腰の辺りから肩甲骨の下辺りまで指圧しても、せいぜい3分程度しかかかりません。実際にやってみると、これがすごく気持ちいいんです!こわばっていた筋肉がほぐれていくのを実感できます。なにしろ、脊柱管狭窄症の症状が目に見えてよくなりましたね。右足に感じていた激痛が、すっかり治まったんです。【体験談】布施博(俳優)


金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

作った酢タマネギを、毎朝食べている納豆に混ぜて食べています。酢タマネギを混ぜる量は、私はカレースプーンに2杯、妻は1杯です。こうして毎日の朝食で酢タマネギを食べ続けていたら、耳鳴りの音が徐々に小さくなってきたのです。3ヵ月後には、日中はほとんど気にならなくなりました。【体験談】鈴木興起(無職・80歳)


老廃物を排出してむくみ改善!心身がスッキリする「塩カイロ」の作り方 ・やり方

老廃物を排出してむくみ改善!心身がスッキリする「塩カイロ」の作り方 ・やり方

今回、むくみの予防と改善のためにお勧めするのが「塩カイロ」です。塩カイロは、塩灸をアレンジした、手軽なセルフケアです。塩カイロは、お尻にある尾骨を温めます。尾骨周辺を塩カイロで温めることにより、こりやゆがみが解消し、自律神経のバランスが整って、血液やリンパの流れが改善するのです。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【炭酸水パックの美肌効果】ペットボトルでもOK?濃度(ppm)の目安はある?

【炭酸水パックの美肌効果】ペットボトルでもOK?濃度(ppm)の目安はある?

炭酸水につかると、その部位の毛穴から炭酸が浸透。体内で毛細血管に入り、血管内の酸素を細胞に送り出します。これを体が察知すると「酸素が足りていない」と勘違い。炭酸水につかっている部位に酸素を供給しようと、血液がドッと流れてきます。こうして血管が拡張され血流が改善するのです。【解説】齋藤真理子(山本メディカルセンター院長)