MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【股関節炎】貧乏ゆすりで軟骨が再生!手術が不要になり痛みも消えた

【股関節炎】貧乏ゆすりで軟骨が再生!手術が不要になり痛みも消えた

「1ヵ月入院して足にかかる負荷をなくし、集中的に貧乏ゆすりをやってみてはどうか」と提案を受けました。私はその勧めに従うことにしたのです。レントゲンで確認した結果、この1ヵ月の努力は実を結んでいました。軟骨が再生していて、股関節と臼蓋の間にはすき間ができていたのです。【体験談】阿部大輔(仮名・会社員・39歳)

リスクが高くなる手術を避けたいと思った

会社で外回りの多い部署に異動になったのは、36歳のときでした。その結果、歩くことが増え、右の股関節にズキズキした痛みが出始めたのです。
最初のうちは痛みが出たら、1~2日安静にすることで、症状は治まっていました。外出が必要な仕事を後回しにして、痛みがなくなってからそれらを片付けました。

しかし、痛みは徐々に慢性的なものになりました。股関節に力を入れると激痛が走り、どこかにつかまらないと立ち上がれません。歩くときは右足を引きずるようになり、外回りなどとても無理な状態となりました。

近くの整形外科で見てもらうと、股関節炎との診断。軟骨は摩耗し、大腿骨と臼蓋は削れてギザギザになっていました。
この状態が治ることはなく、人工関節を入れる手術をするしかない、とのこと。その後、大学病院にも行きましたが、やはり診断結果は同じでした。

実は、私はI型糖尿病(自己免疫によって細胞が攻撃されインスリンを分泌できなくなる病気)です。そのため、医師からは「手術は可能だが、通常よりリスクが高くなる」と言われました。

そこで、他に選択肢はないかと自分で調べ、柳川リハビリテーション病院で井上明生先生が指導されている「貧乏ゆすり」を知ったのです。
私の股関節にも効果があるか井上先生に一度診てもらい、適応外なら手術しよう、と私は覚悟を決めました。

実際に病院に行けたのは、その翌年です。その結果、「よくなる可能性はあると思うよ」と力強い言葉をいただくことができました。
ただし、普通の生活を送っていては改善が難しく、「1ヵ月入院して足にかかる負荷をなくし、集中的に貧乏ゆすりをやってみてはどうか」と提案を受けました。私はその勧めに従うことにしたのです。

削れてギザギザだった臼蓋も丸みを帯びていた

入院中は、ずっと車イスで生活し、股関節に負担をかけないようにしました。
一方、貧乏ゆすりは、足を載せるだけで自動でできる機械をメインに利用して行いました。

実は、私は井上先生のところを受診する前に、自動で貧乏ゆすりができる機械を、自費で購入していました。ただ、買ってはみたものの、どのくらい使えばいいのかがわからず、自宅で使用することはほとんどありませんでした。

それとまったく同じ機械が、病院でも使用されていたので、入院中はそれを使って、合間を見つけては、10分間の貧乏ゆすりを12回程度行っていました。トータルすると、1日2時間ほど、ということになるかと思います。

入院中は、松葉杖をつく練習も行いました。股関節への負荷を抑えるために、退院後も半年ほどは、左右とも松葉杖をつくことになったからです。

そんなスケジュールをこなしていたら、1ヵ月はあっという間に過ぎ、退院する日がやってきました。
レントゲンで確認した結果、この1ヵ月の努力は実を結んでいました。軟骨が再生していて、股関節と臼蓋の間にはすき間ができていたのです。削れていた骨も丸みを帯び、元に戻りかけていました。

油断はせず今後も続けていきたい

ただ、その時点では、車イスや両松葉杖を利用しているので、痛みがどうなっているのかまでは、わかりませんでした。でも、ここまでよくなっているならちゃんと治したい、と思いを新たにしたのです。

その後は半年間、松葉杖で過ごし、さらに1年間は右足を杖で支えて過ごしました。
といっても、杖をつくのが面倒に感じ、たまに家に置いていく日もありました。それでも痛みが出ないのを確かめ、徐々に杖なしで過ごす日を増やしていった感じです。

もう大丈夫、と自信がついたのは最近のこと。時間はかかりましたが、痛みと決別し、手術せずにすんだ幸せを今はかみしめています。
退院後も、自宅で貧乏ゆすりの機械を使って、1日に1~2時間は貧乏ゆすりを行っています。痛みがなくなったからといって油断はせず、今後も続けていくつもりです。

貧乏ゆすりの有効性を確信させるレアケース(柳川リハビリテーション病院名誉院長 井上明生)

人工関節手術しかないと思われた末期の股関節の状態から、わずか1ヵ月でこのような結果を出したのは、当院でも初めてです。非常にレアケースですが、私たち専門医もとても驚き、かつ勇気づけられました。
退院の半年後には、MRI(核磁気共鳴画像診断)で、股関節のすき間が軟骨であると確認しました。貧乏ゆすりの有効性を、さらに確信させてくれた症例となりました。

この記事は『安心』2018年10月号に掲載されています
この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
時間にして、だいたい10~15分やっているでしょうか。はっきりした時間がわからないのは、へそさすりをやっているうちに、いつの間にか眠っているからです。自然と眠れるほど、へそさすりは気持ちがいいのです。昼間や夕方にストレッチをするときや、湯船につかっているときに行うこともあります。【体験談】今井千恵子(会社員・60歳)
更新: 2019-03-12 18:00:00
すぐに効果を感じたのは、寝て行う体操です。起床時に行うと、起きてから股関節がらくに動かせることを実感しました。半年ほどたった頃、以前はつらくてしかたなかった家の前の坂を苦もなく上っている自分に気がつきました。スーパーでも、カートに寄りかからずに買い物ができるようになっていたのです。【体験談】石原幸(仮名・主婦・60歳)
更新: 2019-03-04 18:00:00
期待と覚悟を持って受けたキアリ手術は、当初、期待したほど臼蓋と大腿骨頭との間があかなかったと報告を受けました。CPMをやりながら、貧乏ゆすりも行っていたところ、それからは急激に軟骨が再生していったのです。股関節の痛みがなくなると、人生が変わる。それを実感した1年だったと思います。【体験談】白川尚子(仮名・主婦・61歳)
更新: 2019-03-02 18:00:00
思った以上に病状は悪いものでしたが、それでも私は手術を避けたいと思いました。効果が確認できたのは3年後でした。井上先生が驚きつつ、私にレントゲンを見せてくださったときのことは、今もはっきり覚えています。その写真には、軟骨の再生が推察できる黒い線が映っていました。【体験談】田中泰子(主婦・72歳)
更新: 2019-02-02 18:00:00
体がねじれると動かせる範囲が狭くなるため、同じところばかりを使わざるを得なくなり負担が1ヵ所に集中するようになります。そして痛みが出るようになると、今度はそれをかばってほかの部位に負担が行くようになります。その結果、骨の変形が起こり、さらに痛みへとつながっていき負の連鎖が起こるのです。【解説】横井伸幸(横井接骨院院長)
更新: 2019-01-20 18:00:00
最新記事
始めて1カ月ぐらいたったころから「やせた?」と聞かれたり「キレイになったね」と言われたりするようになりました。私は嫌な感情が出てくると1日に何度もピンク呼吸をするようにしました。何事も「まぁ、だいじょうぶか!」と気楽に考えられるようになり、仕事や人間関係で悩む回数が減りました。【体験談】夏陽りんこ(声優・32歳)
更新: 2019-03-26 18:00:00
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2019-03-26 10:54:05
おならが止まらない、お腹にガスがたまるガス腹、苦しいですね。たまりすぎると、おなかがパンパンに張ってしまうし、出るガス(おなら)も臭くなります。また、臭いガスにはニトロソアミンなどの発ガン物質が含まれており、大腸ガンの原因になります。【解説】後藤利夫(新宿大腸クリニック院長)
更新: 2019-03-26 10:53:47
私たちは患者さんに高負荷の運動をしてもらい成果を上げてきました。しかし脊柱管狭窄症の患者さんの場合、痛みを伴うほど過度に行うと、逆に症状を悪化させてしまうことがあるのです。そこで、私がお勧めしたい体操が、「水平のポーズ」と「でんでん体操」です。【解説】田島文博(和歌山県立医科大学医学部リハビリテーション医学講座教授)
更新: 2019-03-25 18:00:00
その翌朝です。目が覚めた瞬間、「これまでと違う」とはっきりわかりました。まぶたが軽く、目がぱっちり開いているのです。鏡で見ると、目元もフェイスラインもスッキリしています。起き抜けにむくんでいない自分の顔を見るのは久しぶりでした。うれしくてテンションが上がりました。【体験談】香山智美(仮名・自由業・38歳)
更新: 2019-03-24 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt