近視、眼精疲労やかすみ目、白内障に効果大の「アルミ指輪」

近視、眼精疲労やかすみ目、白内障に効果大の「アルミ指輪」

近視や眼精疲労に効果のある「指にアルミホイルを巻く」健康法をご紹介します。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


微弱な電流が起こり目の諸症状を改善

「最近、遠くの看板が見えにくくなった」「いつも目がチカチカする」「目が疲れやすい」といった目の症状に、お困りのかたはいませんか。近視や眼精疲労は、慌ただしい毎日を送る私たちにとって、まさに現代病といえます。パソコンやスマホの見すぎや、遠くの物をあまり眺めなくなった現代的な生活スタイルが、目の機能低下を早めているのです。

 しかし、いくらこれらが原因だとわかっていても、仕事などの関係で、パソコンやスマホを手放したり、景色を遠くまで見渡せるような田舎に引っ越したりするのは、なかなか難しいでしょう。そんな悩める現代人にお勧めしたいのが、今回ご紹介する「指にアルミホイルを巻く」健康法です。

 これは、東洋医学の鍼治療の考え方を応用したものです。鍼治療は、金属製の専用の鍼を体に刺すことによって、直接刺激を与えるとともに、体内に微弱な電流を生じさせ、高い効果を発揮します。

 金属は、水分にふれることで、電子を放出して陽イオン(プラスイオン)となる性質があります。肌は水分を帯びているので、鍼は皮膚にふれることによって、プラスイオン化します。すると、皮膚の表面にはマイナスの電気が、そして体内にはプラスの電気が発生します。これによって、体内で微弱な電流が流れます。これが刺激となり、さまざまな症状に対してよい影響を与えてくれるのです。

 アルミホイルを指に巻くと、これと同様のことが体内で起こります。アルミホイルがプラスイオン化することで、微弱な電流が体内を巡り、近視や眼精疲労といった目の諸症状の予防・改善に役立つのです。

白内障、ドライアイ、かすみ目にも効く!

 アルミホイルを巻く指は、両手の人差し指と、中指のつけ根です。ここは、ちょうど目の反射区とされている場所です。反射区とは、各臓器や器官が、手のひらなどの特定の場所に反映されているという東洋医学的な考え方です。対応する場所を刺激することによって、その臓器や器官に好影響が与えられるのです。

 よって、近視や眼精疲労、白内障、ドライアイ、かすみ目などの症状にお困りのかたは、人差し指と中指のつけ根を刺激するといいでしょう。直接もんでもかまいませんが、アルミホイルを巻いておけば、常に刺激が加えられます。

 アルミホイルは、7cm角ぐらいのサイズにはさみで切り、
7〜8mm幅に細長く折り畳んでから、ねじって指に巻いてください。長時間つけて害になることはないので、仕事や食事中、また、就寝時につけたままでもかまいません。

 最後に、一つだけ注意点があります。金属アレルギーのかたで、もしもアルミホイルを巻いてから、なにかしらの異常を感じられた場合は、すぐにやめるようにしましょう。
 鍼治療は、専門家の手を必要としますが、この方法なら、だれでも簡単に自宅で実践できます。ぜひ、日々の生活に取り入れて、いつまでも若々しい目を保ちましょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


疲れ目(眼精疲労)は肝臓マッサージで解消!「背骨ねじり」のやり方

疲れ目(眼精疲労)は肝臓マッサージで解消!「背骨ねじり」のやり方

イライラ、腰痛、筋肉の引きつれ、爪の異常、月経トラブルや更年期障害、目のトラブルなどは、すべて肝の不調と関連します。特に目は、肝との関係が深い部位とされています。今回ご紹介するのが、肝を元気にして、肝にまつわる症状を一掃する「背骨ねじり」という体操です。【解説】石垣英俊(神楽坂ホリスティック・クーラ代表・鍼灸師)


見え方が変わる!緑内障改善ケア 発症原因の一つ“ストレス”を取る呼吸法

見え方が変わる!緑内障改善ケア 発症原因の一つ“ストレス”を取る呼吸法

緑内障や白内障などの目の病気で、治療に劣らず重要なのが、日ごろのセルフケアです。毎日のセルフケアと、治療との相乗効果で目の症状をよい方向へと導くことができるのです。今回は、私が患者さんに勧めているセルフケアのなかから、二つご紹介しましょう。【解説】平松類(二本松眼科病院医師)


【目が疲れる まぶしい】かすみ目や黄斑変性を食事で改善!疲れ目解消スープの作り方

【目が疲れる まぶしい】かすみ目や黄斑変性を食事で改善!疲れ目解消スープの作り方

中医学では、古来から「薬食同源」の思想があります。煎じて漢方薬となる生薬の中には、鉱物や木の皮、動物の骨など通常は食用にしないものも含まれていますが、ごく普通に食べられている食材も多いのです。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【レモンコーヒーの効能】脂肪燃焼効果が最大級 高血圧対策や近視・老眼の予防にお勧め

【レモンコーヒーの効能】脂肪燃焼効果が最大級 高血圧対策や近視・老眼の予防にお勧め

レモンコーヒーは、ポリフェノールの玉手箱。コーヒーにはクロロゲン酸、レモンにはエリオシトリンなどが含まれています。一緒に飲むことで、コーヒーとレモンのポリフェノールが併せて取れるので、よりいっそう健康効果が高まるでしょう。【解説】板倉弘重(芝浦スリーワンクリニック名誉院長・日本ポリフェノール学会理事長)


最新の投稿


【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

私が腰の痛みを感じるようになったのは、昨年の暮れからです。どういうわけか、いきなり腰が痛くなったのです。それからは、常に重だるい感覚が腰周辺にありました。【体験談】遠藤裕子(仮名・66歳・理容師)


水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

皆さんはお風呂から上がったとき、足をしっかり拭いていますか。水分が皮膚に残ったままだと、その水分が蒸発するときに熱を奪い、皮膚が乾燥しやすくなります。また、指の間に水分が残っていると不衛生になり、湿疹ができたり、白癬菌やカンジダなどの感染の温床になったりします。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

ミネラルファスティングは、断食前後や日頃の食事、生活習慣までを含めたトータルパッケージの健康プログラムとなっています。行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


ハチミツのダイエット効果は「夜」 寝る1時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」 寝る1時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )