MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
近視、眼精疲労やかすみ目、白内障に効果大の「アルミ指輪」

近視、眼精疲労やかすみ目、白内障に効果大の「アルミ指輪」

近視や眼精疲労に効果のある「指にアルミホイルを巻く」健康法をご紹介します。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)

微弱な電流が起こり目の諸症状を改善

「最近、遠くの看板が見えにくくなった」「いつも目がチカチカする」「目が疲れやすい」といった目の症状に、お困りのかたはいませんか。近視や眼精疲労は、慌ただしい毎日を送る私たちにとって、まさに現代病といえます。パソコンやスマホの見すぎや、遠くの物をあまり眺めなくなった現代的な生活スタイルが、目の機能低下を早めているのです。

 しかし、いくらこれらが原因だとわかっていても、仕事などの関係で、パソコンやスマホを手放したり、景色を遠くまで見渡せるような田舎に引っ越したりするのは、なかなか難しいでしょう。そんな悩める現代人にお勧めしたいのが、今回ご紹介する「指にアルミホイルを巻く」健康法です。

 これは、東洋医学の鍼治療の考え方を応用したものです。鍼治療は、金属製の専用の鍼を体に刺すことによって、直接刺激を与えるとともに、体内に微弱な電流を生じさせ、高い効果を発揮します。

 金属は、水分にふれることで、電子を放出して陽イオン(プラスイオン)となる性質があります。肌は水分を帯びているので、鍼は皮膚にふれることによって、プラスイオン化します。すると、皮膚の表面にはマイナスの電気が、そして体内にはプラスの電気が発生します。これによって、体内で微弱な電流が流れます。これが刺激となり、さまざまな症状に対してよい影響を与えてくれるのです。

 アルミホイルを指に巻くと、これと同様のことが体内で起こります。アルミホイルがプラスイオン化することで、微弱な電流が体内を巡り、近視や眼精疲労といった目の諸症状の予防・改善に役立つのです。

アルミホイル指輪のやり方

白内障、ドライアイ、かすみ目にも効く!

 アルミホイルを巻く指は、両手の人差し指と、中指のつけ根です。ここは、ちょうど目の反射区とされている場所です。反射区とは、各臓器や器官が、手のひらなどの特定の場所に反映されているという東洋医学的な考え方です。対応する場所を刺激することによって、その臓器や器官に好影響が与えられるのです。

 よって、近視や眼精疲労、白内障、ドライアイ、かすみ目などの症状にお困りのかたは、人差し指と中指のつけ根を刺激するといいでしょう。直接もんでもかまいませんが、アルミホイルを巻いておけば、常に刺激が加えられます。

 アルミホイルは、7cm角ぐらいのサイズにはさみで切り、
7〜8mm幅に細長く折り畳んでから、ねじって指に巻いてください。長時間つけて害になることはないので、仕事や食事中、また、就寝時につけたままでもかまいません。

 最後に、一つだけ注意点があります。金属アレルギーのかたで、もしもアルミホイルを巻いてから、なにかしらの異常を感じられた場合は、すぐにやめるようにしましょう。
 鍼治療は、専門家の手を必要としますが、この方法なら、だれでも簡単に自宅で実践できます。ぜひ、日々の生活に取り入れて、いつまでも若々しい目を保ちましょう。

解説者のプロフィール

福辻鋭記(ふくつじ・としき)
アスカ鍼灸治療院院長。
東洋鍼灸専門学校卒業。美容の分野に東洋医学を取り入れた第一人者。
施術歴は30年以上。これまでに、5万人以上の施術を行う。
その確かな技術と実績が評判を呼び、テレビや雑誌、書籍などでも活躍。日中治療医学研究会会員、日本東方医学会会員。

●アスカ鍼灸治療院
http://asuka-sinkyu.com/

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
現代人は遠くをあまり見なくなったせいで眼筋と呼ばれる目の筋肉が衰えています。食生活も乱れがちなので目の周りの血行もよくありません。これらが目の諸症状を引き起こすのです。一度身についた生活習慣を変えることは容易ではありません。そこでお勧めなのが目のエクササイズです。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)
老眼や近視の患者さんに私がお勧めしているセルフケア「100円メガネ」視力回復法をご紹介します。100円メガネとは、100円ショップで売っている老眼鏡です。お子さんが行っても効果的で、「仮性近視」には特に効果を発揮するので、ぜひ役立ててください。【解説】平松類(彩の国東大宮メディカルセンター眼科部長)
「深い呼吸をしていると目の働きがよくなって、眼精疲労やドライアイはもちろん、視力もよくなってくるんですよ」こう言うと、たいていのかたはびっくりされます。なぜ、深い呼吸である視力回復呼吸をすると、視力が上がるのでしょうか。この疑問を解くカギは、血流が握っています。【解説】原久子(原アカデミー代表・鍼灸師)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)