MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
脊柱管狭窄症の「足裏の違和感」が解消!ゆうきプログラムで股関節痛が改善した

脊柱管狭窄症の「足裏の違和感」が解消!ゆうきプログラムで股関節痛が改善した

特に気に入ったのが「ひざ頭の8の字ゆらし」です。これを行うと股関節がほぐれるのがはっきりわかりました。変化を実感しながら取り組んだことがよかったのか、効果はあっという間に現れました。ゆうきプログラムを始めて1ヵ月たった頃には、歩くときの痛みがなくなりました。【体験談】横山久美(パート勤務・47歳)

「人工関節の手術」と言われ言葉を失う

42歳のとき、歩いていると突然、左足がカクっとしました。しばらくすると、歩くたびに左の股関節が痛むようになったのです。
足を引きずりながら歩いていましたが、普通に立つだけなら痛みはないので、大したことはないと思い込んでいました。

軽い気持ちで近所の整形外科を受診したのは、1ヵ月たった頃です。すると、レントゲンを見た医師から「生まれつき股関節が脱臼していませんでしたか?」と尋ねられました。
確かに母から聞いたことがありましたが、学生時代は普通に運動もできたし、そんなことはすっかり忘れていました。

その後、専門の病院に行くように言われ、「初期の変形性股関節症」と診断が下されたのです。「ゆくゆくは人工関節を入れる手術が必要です」と言われ、事の重大さに私は言葉を失いました。 
心配性なので、「手術で何か起こって、もっとひどいことになったら」と不安もわき上がってきました。

自分の体は自分で守るしかないと思った私は、病気について調べることにしました。そこで書店に足を運び、大谷内輝夫先生の本を見つけたのです。
ほかの先生の本も同時に購入しましたが、私は大谷内先生が最も信頼できると感じました。

本に載っていた「ゆうきプログラム」の体操を行ったところ、股関節の痛みがその場で和らいだ気がしました。なぜその体操が必要か、理由もしっかり述べられているので、納得しながら行うことができました。
さらに感銘を受けたのが、後書きです。そこにはご家族への感謝が述べられていて、温かいお人柄が伝わってきました。

私は大谷内先生のところに行って、自分に合ったプログラムを作ってもらうことを決意しました。東北在住の私にとって、治療院のある大阪は遠い場所です。ですが、手術は絶対に避けたい、という思いが勝ったのです。

大阪観光ができるほど改善するとの予言が的中

そんな私に先生が勧めてくれたのは、基本の五つの運動を含む13種類の体操でした。
「今回は来て帰るだけでしょうが、次の受診では大阪観光できると思いますよ」
ゆうきプログラムの体操を指導しつつ、先生がおっしゃったこの言葉は忘れられません。

次回の予約は半年後でしたが、股関節の痛みを思うと、観光できるとはとうてい思えませんでした。しかし、結論から言うと、先生の言葉どおりになったのです。

私は朝晩の2回に分けて、体操を行いました。1日40回やる体操なら、朝と晩それぞれ20回ずつという感じです。
特に気に入ったのが、「ひざ頭の8の字ゆらし」(「ゆうきプログラム」のやり方参照)です。これは行うと、股関節がほぐれるのがはっきりわかりました。

変化を実感しながら取り組んだことがよかったのか、効果はあっという間に現れました。
ゆうきプログラムを始めて1ヵ月たった頃には、歩くときの痛みがなくなりました。股関節の違和感は残っていましたが、それも3ヵ月後には、うそのように消えてしまいました。

足裏の違和感も消失した

この喜びを誰かに伝えたいのですが、話しても信じてもらえないだろう、と思いました。

また、私は股関節の痛みが出た頃から、足裏にも違和感を覚えるようになっていました。
足裏に妙な重苦しさがあり、足を床につけると気持ち悪いのです。そんな不快な症状もゆうきプログラムで改善しました。

ちなみに、大谷内先生によると、足裏の症状は脊柱管狭窄症が原因とのこと。私のプログラムにはこの症状を改善するための体操も入っていました。
それから5年がたちますが、股関節が痛むことはありません。ただ違和感が出るときはあるので、体操は毎日欠かさず続けています。

その成果か、私は筋肉がしっかりついていて、同年代の人よりよく動けていると感じます。
私は水産加工のパートをずっと続けていて、6~8時間ほぼ立ちっぱなしで作業しています。それでも股関節に痛みが出ないのは、すごいことです。

休日は外出も楽しんでいます。仕事に遊びにと、全力投球して楽しめるのは、ゆうきプログラムのおかげです。

「立ち仕事でも痛みが出ません」と横山さん

痛みがなくなれば自然と動け筋肉もつく(ゆうき指圧院長 大谷内輝夫)

先天性の股関節脱臼は、子どもの頃に治療を受けて、ある程度よくなると「治った」と思いがちですが、年を重ねると症状が出てくることがあります。ですから、既往のあるかたは、症状がひどくなる前に、ゆうきプログラムをお勧めします。

私は、股関節痛の原因は骨や筋肉ではなく、靭帯・関節包の拘縮だと考えています。「8の字ゆらし」は、まさしく靭帯・関節包をゆるめるための体操です。横山さんもこの体操で靭帯や関節包がほぐれたからこそ、股関節の痛みが和らいだのでしょう。
痛みがなくなれば、自然とよく動くようになります。ゆうきプログラムで体が整った状態で動くと、きれいな筋肉がしっかりついてくるものです。

この記事は『安心』2018年10月号に掲載されています
この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
時間にして、だいたい10~15分やっているでしょうか。はっきりした時間がわからないのは、へそさすりをやっているうちに、いつの間にか眠っているからです。自然と眠れるほど、へそさすりは気持ちがいいのです。昼間や夕方にストレッチをするときや、湯船につかっているときに行うこともあります。【体験談】今井千恵子(会社員・60歳)
更新: 2019-03-12 18:00:00
すぐに効果を感じたのは、寝て行う体操です。起床時に行うと、起きてから股関節がらくに動かせることを実感しました。半年ほどたった頃、以前はつらくてしかたなかった家の前の坂を苦もなく上っている自分に気がつきました。スーパーでも、カートに寄りかからずに買い物ができるようになっていたのです。【体験談】石原幸(仮名・主婦・60歳)
更新: 2019-03-04 18:00:00
期待と覚悟を持って受けたキアリ手術は、当初、期待したほど臼蓋と大腿骨頭との間があかなかったと報告を受けました。CPMをやりながら、貧乏ゆすりも行っていたところ、それからは急激に軟骨が再生していったのです。股関節の痛みがなくなると、人生が変わる。それを実感した1年だったと思います。【体験談】白川尚子(仮名・主婦・61歳)
更新: 2019-03-02 18:00:00
思った以上に病状は悪いものでしたが、それでも私は手術を避けたいと思いました。効果が確認できたのは3年後でした。井上先生が驚きつつ、私にレントゲンを見せてくださったときのことは、今もはっきり覚えています。その写真には、軟骨の再生が推察できる黒い線が映っていました。【体験談】田中泰子(主婦・72歳)
更新: 2019-02-02 18:00:00
体がねじれると動かせる範囲が狭くなるため、同じところばかりを使わざるを得なくなり負担が1ヵ所に集中するようになります。そして痛みが出るようになると、今度はそれをかばってほかの部位に負担が行くようになります。その結果、骨の変形が起こり、さらに痛みへとつながっていき負の連鎖が起こるのです。【解説】横井伸幸(横井接骨院院長)
更新: 2019-01-20 18:00:00
最新記事
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-05-21 17:53:18
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt