MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
ゆうきプログラムで坐骨神経痛を改善できた!股関節痛には「横の足上げ」体操がいい

ゆうきプログラムで坐骨神経痛を改善できた!股関節痛には「横の足上げ」体操がいい

驚いたのは、体操を教わった直後の出来事です。「走ってみてください」先生がそうおっしゃったのです。足を引きずりながら治療院にたどり着いた私です。まさか走れるわけが…、と思いながら足を動かしました。すると、本当に走れるではありませんか。まるで先生に魔法をかけられたかのようでした。【体験談】阿部道子(仮名・主婦・73歳)

歩くのも座るのも痛いしつらい

娘が大谷内輝夫先生の本をプレゼントしてくれたのは5年前です。きっと杖が手放せない私のことを見かねたのでしょう。

私の足が悪くなったのは9年前からでした。最初の症状は足を広げるときの違和感でした。右足に引っかかるような感覚があり、太ももの動きが悪くなったと思っていました。
それから間もなくして、右の太もも周辺にじんわりした痛みが出始めました。歩くのがつらくなり、自宅の階段は四つんばいになって上っていました。

最も困ったのが、腰からお尻にかけていつも痛いことです。イスに座るのも難しいし、爪を切ることもできません。あおむけにもなれず、常に横向きで寝るようになりました。

整形外科に行くと、座骨神経痛との診断で、「この年にはよくあること」と言われました。痛み止めと胃腸薬が処方され、しばらくはそれでしのいでいたのですが、しだいに薬で胃が荒れるようになったのです。
ついには、じんましんが出るようになり、薬は飲めなくなってしまいました。大谷内先生のことを知ったのは、ちょうどそんなときだったのです。

先生の治療院に行ったのは、2013年8月でした。さっそくゆうきプログラムを教わり、これで痛みの軽減が期待できると聞き、心強く思いました。

驚いたのは、体操を教わった直後の出来事です。「走ってみてください」。先生がそうおっしゃったのです。
足を引きずりながら、治療院にたどり着いた私です。まさか走れるわけが……、と思いながら足を動かしました。

すると、本当に走れるではありませんか。まるで先生に魔法をかけられたかのようでした。
この経験で効果を確信した私は、毎日40分ほどかけてゆうきプログラムの体操を行うようになりました。

起床後にまずトイレに行き、その後に布団の上で40分間、寝た姿勢でできる体操を行います。
トイレに行くときは足に痛みがありますが、体操後は、その痛みがなくなります。このことで効果を日々実感できました。

痛みが再発しても体操をすると回復する

特にいいと感じるのは「足の横上げ」です(「ゆうきプログラム」のやり方参照)。たまたまこの体操を忘れる日が数日続いたところ、立ち上がるときに右股関節に痛みを感じるようになりました。

それに気付いて体操を再開したところ、痛みがなくなったのです。以来、「これはいい体操」と思いながら取り組んでいます。
残りの体操は、テレビを見ながら10分ほどかけてやっています。

そうやって体操を続けるうちに、痛みがない時間がどんどん増えていきました。足を引きずらずに歩けるようになり、外出時の杖も不要になりました。それどころか、急ぐときなど自然にかけ足になってしまい、そのことに自分でびっくりすることもあります。

しかし、痛みがないからと、庭の草取りをしたときなどは、やはり痛みがぶり返してしまいます。ですから、油断は禁物、と自分を戒めています。
その一方で、痛みが出ても大丈夫という安心感もあります。しばらく休んでから体操を再開すれば、いい状態を保てるのがわかっているからです。

今年に入ってからは、また一つ改善がありました。長らく困っていた、イスにお尻をつけたときの痛みがとうとうなくなり、あおむけで寝られるようになったのです。おかげで深く眠れるようになりました。

「年だからしかたない」とあきらめていたら、今の生活はなかったと思います。年齢に関係なくできることはある。それを教えてくださった大谷内先生に、心から感謝しています。

外出時の杖も不要になった

痛みが消えても継続することが大切(ゆうき指圧院長 大谷内輝夫)

これまで体操を指導してきた股関節痛のかたの、実に90%以上に効果があったのが「足の横上げ」です。股関節痛の人は、大殿筋・中殿筋・小殿筋といった筋肉が減りがちですが、足の横上げで大腿筋膜張筋を鍛えて調整することで、わずかに残ったこれらの筋肉の活性化が望めます。
いったんらくになっても、くれぐれも油断せず、生活の一部として続けてください。

この記事は『安心』2018年10月号に掲載されています
この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
言われるがままバンドを巻き体を動かしてみたところ、腰とお尻の下の鈍い痛みがその場でスッと消えたのです。心底びっくりし「これはなんですか?」と関口先生に聞いたところ、43円療法と教えられました。私の体に43円療法は合っていると思います。体の痛みを自分で調整できるのはありがたいです。【体験談】奥田弘毅(仮名・無職・69歳)
更新: 2019-03-17 18:00:00
私は腰痛や座骨神経痛の痛みをもっとすっきり取る方法はないかと考えていました。これらの痛みは背骨や骨盤を矯正しても、多少改善されるだけで劇的にはよくなりません。試行錯誤を続けているうち、「大腿直筋」という筋肉が、硬くこわばっているために、腰痛などが起こっていることがわかったのです。【解説】関口志行(ツバサ整骨院院長)
更新: 2019-03-03 18:00:00
痛みは、筋肉の硬直から起こります。筋肉がかたくなると、それに引っ張られて骨や関節がゆがみ、神経や血管が圧迫されて痛みが出ます。しかし、手首を押さえながら体を左右にねじると、筋肉が緩んで、骨が本来の正常な位置に戻ります。それによって神経や血管の圧迫がなくなり、痛みが取れていくのです。【解説】関口志行(ツバサ整骨院院長)
更新: 2018-11-11 18:00:00
足の指回しを始めて1ヵ月ほど経つと、腰痛も気にならなくなっていました。足の指回しは、特に女性のスタッフに大好評です。「これを始めてから冷え症が治った」「外反母趾や巻き爪が改善して、靴をはくのが楽になった」などと、うれしい効果を報告してくれます。【体験談】堀内太(美容師・52歳)
更新: 2018-10-20 07:00:00
気功教室では、体に無理のない運動と、心地よいリラクゼーションを行い、少しずつ元気を蓄積していきます。教室ではいろいろな運動を行いますが、左右に背骨を揺らす気功を行うと、腰痛が改善し、前後に背骨をゆらす気功を行うと股関節痛が改善します。これらは、「痛み取り呼吸」としてお勧めです。【解説】古屋ネネ(九州気功協会会長)
更新: 2018-10-16 18:00:00
最新記事
近年、カカオにはほかの食品に比べて多くのポリフェノール(色素成分)が含まれていることがわかり、健康効果が解明されつつあります。その効果の一つとして注目を集めているのが、血圧降下作用です。【解説】椎名一紀(戸田中央総合病院心臓血管センター内科・嗜好品外来医師)
更新: 2019-04-19 18:00:00
脳梗塞や心筋梗塞の予防には、アディポネクチンというホルモンの分泌が重要です。アディポネクチンには、傷ついた血管を修復し、血管のプラークを抑制する働きがあることがわかっています。さらに、アディポネクチンには、インスリンの働きをよくして、糖尿病を防ぐ働きもあります。【解説】杉岡充爾(すぎおかクリニック院長)
更新: 2019-04-18 18:00:00
マイタケスープを飲み始めて2~3ヵ月がたった頃、妻から「なんか生えてきているよ」と言われたのです。合わせ鏡で見ると、ハゲていた部分に、本当に産毛が生えているのが確認できました。今ではハゲが消えています。そして、今のところがんの再発もありません。【体験談】中村健三(75歳・無職)
更新: 2019-04-17 18:00:00
糖尿病になると、医師からは決まり文句として、「お酒はやめてください」といわれるはずです。とはいえ、お酒が大好きだった人にとって、長年続けてきた習慣をきっぱりとやめるのは、簡単なことではないでしょう。【解説】板倉弘重(品川イーストワンメディカルクリニック理事長・医師)
更新: 2019-04-16 18:00:00
手足の爪の生え際を手の指でもむだけの簡単な療法ですが、自律神経のバランスを整えるのに優れた効果があります。耳鳴り、メニエール病のめまい、頻尿の改善など、さまざまな効果が現れます。【解説】永野剛造(永野医院院長・日本自律神経免疫治療研究会会長)
更新: 2019-04-15 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt