医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

股関節の痛みを体操で改善!姿勢矯正ではなく“ねじれを取る”軸ピタ体操とは?

股関節の痛みを体操で改善!姿勢矯正ではなく“ねじれを取る”軸ピタ体操とは?

体がねじれると動かせる範囲が狭くなるため、同じところばかりを使わざるを得なくなり負担が1ヵ所に集中するようになります。そして痛みが出るようになると、今度はそれをかばってほかの部位に負担が行くようになります。その結果、骨の変形が起こり、さらに痛みへとつながっていき負の連鎖が起こるのです。【解説】横井伸幸(横井接骨院院長)


解説者のプロフィール

横井伸幸(よこい・のぶゆき)
●横井接骨院
愛知県豊明市前後町善江1735 パルネス1号館
0562-98-3210
https://balancelab.jimdo.com/

横井接骨院院長。
柔道整復師。平成8年に開業。痛みの原因は体のねじれによる無意識のつっぱりや、脳から筋肉を動かす命令がうまく働いていないと考え、さまざまな手法を学び、短時間で全体的な体のねじれを調節する「軸ピタ療法」を施術に活用している。

腰が引けた姿勢からねじれが始まる

私はいつも、患者さんに「姿勢を正す必要はありません。むしろ、らくな姿勢で過ごしてください」と言っています。

一般には、腰やひざ、股関節などに痛みが出ると、姿勢の悪さが問題視されます。
しかし、無理に姿勢を正したところで、それを維持するのは難しく、すぐに元の姿勢に戻ってしまいます。なぜなら、姿勢が悪くなるのは、その人の体がそうならざるを得ない状態になっているからです。

ここで、痛みが出るメカニズムについて、説明しましょう。
私は、痛みの原因の多くは、体のねじれにあると考えています。疲れやストレスがあると、内臓が疲れます。すると人の体は内臓を守ろうとして、どうしても前屈みになります。

同時に、加齢や運動不足、冷暖房完備の快適な環境で暮らしていることで、外の環境に耐えられず、体内に熱がこもりやすくなる人も多くいます。それもまた、前屈みの原因の一つです。

前屈みの姿勢になると、おなかの奥深くにある筋肉などがうまく使えなくなります。すると、腰が後ろに引けてしまうのです(へっぴり腰)。

腰が引けると、大腿部にねじれが生じます。それを修正するために、今度は下腿がねじれ、ひざがねじれ、足首がねじれていく……といった具合に、体がどんどんいびつになっていくのです。

体がねじれると、動かせる範囲が狭くなるため、どうしても同じところばかりを使わざるを得なくなり、負担が1ヵ所に集中するようになります。

そして、痛みが出るようになると、今度はそれをかばって、ほかの部位に負担が行くようになります。その部位も疲れてくると、今度は、負担を骨で受け止めようとします。その結果、骨の変形が起こり、さらに痛みへとつながっていき、負の連鎖が起こるのです。

ねじれを取るだけで体は本来の形に戻る

ねじれた状態で姿勢を正しても、負荷が増強されて、さらにねじれがひどくなっていくだけです。らくな姿勢=負荷が少ないということですから、むしろ無理に姿勢を正さないほうが得策なのです。

とはいえ、痛みを放置しておくわけにはいきません。では、どうすればよいのでしょうか。答えは簡単です。体のねじれを取ってあげればよいのです。

ねじれが取れれば、動かせる範囲が広くなるので、1ヵ所に集中していた負荷が分散されます。また、ねじれがないと、らくに正しい姿勢がとれるようになり、同時に大腰筋もうまく使えるようになるでしょう。

つまり、ねじれを取るだけで、その人の自然治癒力によって体が本来の形に戻り、痛みを軽減していくことができるのです。

その、ねじれを取って動きやすくする手法が、「軸ピタ体操」です。普段は私が治療として行っているものですが、今回は皆さんが自宅でできる、ごく簡単で効果のある体操を二つ紹介しましょう(やり方は下記を参照)。

一つめは、股関節周辺の疲れを取る体操です。イスに浅めに座って、痛いほうの足を反対の足に乗せるだけ。これで、奥のほうにある筋肉の疲れを取ることができます。

二つめは、ねじれを取る体操です。床に座ってかかとを突き出し、上半身をほんの少し前に傾け、足先を倒します。

「軸ピタ」体操のやり方

その① 股関節の疲れを取る体操

❶イスに浅めに座り、両足をらくにして、軽く伸ばす。

❷股関節が痛むほうの足を、反対の足首の上に乗せてだらりと力を抜き、そのまま30秒静止する。
❸これを1日2〜3回行う。

ココがポイント!
・痛いほうの足を内側に持ってくるのがつらい場合は、反対側の足を、痛いほうの足首の下に入れるとやりやすい。
・②のとき、股関節に痛みを感じる場合は、時間を短くするか、上体を起こすか、もしくはひざを軽く曲げるとよい。

・よいほうの足は、やってもやらなくてもOK。
・あおむけに寝た状態で行ってもよい。その場合は、背中の下に座布団などを入れて、腰の負担を減らすとよい。
・首が反る場合は、枕などで頭を補助するとよい。

その② 体のねじれを取る体操

❶床に座って、左足を伸ばす。右足はらくなところにおく。

❷左ひざ辺りに軽く両手を添えて、上半身をほんの少し(1cm程度)前に傾け、左のかかとを軽く突き出し、さらに小指側に足首をほんの少し(1cm程度)傾ける。そのまま30秒静止する。

❸もう片方の足も同様に行う。
❹これを1日2〜3回行う。

ココがポイント!
・上半身は倒しすぎないよう注意。ストレッチではないので、ふくらはぎと太ももに軽く刺激を感じる程度(物足りないくらい)でOK。
・体操を行った後、立って足踏みして、足が軽くなっていればねじれが取れた証拠。

歩くのも困難だったが痛みが消え歩ける!

では、症例をご紹介しましょう。
病院で変形性股関節症と診断された75歳の女性は、痛みがかなり強く、歩くのも困難な様子でした。おそらく、整形外科では手術を勧められるレベルに達していたと思います。

しかし、当院での治療とともに、軸ピタ体操を自宅でも実践したところ、今はひょこひょことではありますが、ほぼ不自由なく歩けるようになりました。

ご本人は、「痛いときに軸ピタ体操をやると、らくになる」とおっしゃっています。
ねじれを取ることは、股関節に限らず、腰痛、ひざ痛、足首の痛みなど、すべてにおいてよい結果をもたらします。

「姿勢を正しましょう」「前屈みになるような生活習慣を改めましょう」と言われても、なかなかできることではありませんし、体がゆがんだままそれをやっても、ますますゆがみが強くなるだけです。
それよりも、簡単にできる軸ピタ体操で、日々、ねじれを取ることをお勧めします。

この記事は『安心』2018年10月号に掲載されています
 

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


ゆうきプログラムで坐骨神経痛を改善できた!股関節痛には「横の足上げ」体操がいい

ゆうきプログラムで坐骨神経痛を改善できた!股関節痛には「横の足上げ」体操がいい

驚いたのは、体操を教わった直後の出来事です。「走ってみてください」先生がそうおっしゃったのです。足を引きずりながら治療院にたどり着いた私です。まさか走れるわけが…、と思いながら足を動かしました。すると、本当に走れるではありませんか。まるで先生に魔法をかけられたかのようでした。【体験談】阿部道子(仮名・主婦・73歳)


【変形性股関節症】貧乏ゆすりですり減った軟骨が再生!「杖」不要のお墨付きも

【変形性股関節症】貧乏ゆすりですり減った軟骨が再生!「杖」不要のお墨付きも

思った以上に病状は悪いものでしたが、それでも私は手術を避けたいと思いました。効果が確認できたのは3年後でした。井上先生が驚きつつ、私にレントゲンを見せてくださったときのことは、今もはっきり覚えています。その写真には、軟骨の再生が推察できる黒い線が映っていました。【体験談】田中泰子(主婦・72歳)


脊柱管狭窄症の「足裏の違和感」が解消!ゆうきプログラムで股関節痛が改善した

脊柱管狭窄症の「足裏の違和感」が解消!ゆうきプログラムで股関節痛が改善した

特に気に入ったのが「ひざ頭の8の字ゆらし」です。これを行うと股関節がほぐれるのがはっきりわかりました。変化を実感しながら取り組んだことがよかったのか、効果はあっという間に現れました。ゆうきプログラムを始めて1ヵ月たった頃には、歩くときの痛みがなくなりました。【体験談】横山久美(パート勤務・47歳)


【股関節炎】貧乏ゆすりで軟骨が再生!手術が不要になり痛みも消えた

【股関節炎】貧乏ゆすりで軟骨が再生!手術が不要になり痛みも消えた

「1ヵ月入院して足にかかる負荷をなくし、集中的に貧乏ゆすりをやってみてはどうか」と提案を受けました。私はその勧めに従うことにしたのです。レントゲンで確認した結果、この1ヵ月の努力は実を結んでいました。軟骨が再生していて、股関節と臼蓋の間にはすき間ができていたのです。【体験談】阿部大輔(仮名・会社員・39歳)


改善率94%!さらに進化した「ゆうきプログラム」で変形性股関節症の手術回避も望める

改善率94%!さらに進化した「ゆうきプログラム」で変形性股関節症の手術回避も望める

ゆうきプログラムがスタートして35年。ゆうきプログラムは、変形性股関節症を「治す」ものではありません。「手術を先延ばしにするための、猶予期間をつくる運動」と捉えてもよいでしょう。あわよくば、寿命を迎えるそのときまで、手術を回避できる可能性だって、大いにあるのです。【解説】大谷内輝夫(ゆうき指圧院長)


最新の投稿


ぺったんこ前髪がボリュームアップ!酢玉ねぎで体重も6kg減らせた!

ぺったんこ前髪がボリュームアップ!酢玉ねぎで体重も6kg減らせた!

主人の血糖値ですが、酢タマネギを食べ始めてわずか2ヵ月ほどで100mg/dlまで下がりました。服薬を続けても下がらなかったのに、酢タマネギを食べ始めてすぐに改善したことには驚きました。血圧も下がり、以前は降圧剤を飲んで最大血圧が200mmHgだったのが、今は130mmHg程度です。【体験談】伊林好子(主婦・76歳)


脊柱管狭窄症は歪みの現れ!股関節を緩めてゆがみをとる運動「内また屈伸」のやり方

脊柱管狭窄症は歪みの現れ!股関節を緩めてゆがみをとる運動「内また屈伸」のやり方

脊柱管狭窄症も、体幹のゆがみの現れの一つです。体幹のゆがみは、その程度や形状によって症状が出る場所が異なってきます。そういうことであれば、症状を改善するのに必要かつ有効な治療は、症状の元になっている体のゆがみを是正し、筋肉をほぐして血流を改善することに、ほかなりません。【解説】八木雅之(城山接骨院院長・柔道整復師)


手のひら押しは「冷や汗が出るほど痛い」が効果に驚き!私は降圧剤の減薬に成功!

手のひら押しは「冷や汗が出るほど痛い」が効果に驚き!私は降圧剤の減薬に成功!

定期通院で血圧が130mmHgに下がっていたのです。降圧剤でも正常値にならなかったので、このときは「うそでしょ!? 」と声が出るほど本当に驚きました。2ヵ月後も正常値だったため4錠だった降圧剤を2錠に減らせました。念願だった減薬に着手できてどれだけうれしかったかわかりません。【体験談】山田平次(仮名・会社員・69歳)


【騙されたと思って試してみて】伝説のアクション女優がゾッコン!玉ねぎのサラダとぬか漬け

【騙されたと思って試してみて】伝説のアクション女優がゾッコン!玉ねぎのサラダとぬか漬け

独身時代はほとんど食べ物に気を遣っていなかった私でも、家族ができれば話は別。なるべく人工添加物などが使われていない、体にいい食べ物を食卓に並べるようにしてきました。自然に食べ物へ関心を持つようになったわけですが、近年私の心をとらえて離さないのが「タマネギ」です。【体験談】志穂美悦子(フラワーアクティビスト)


生理前のむくみ対策に「耳輪ゴム」をしてみたら…15kgやせて顔も足もスッキリ!

生理前のむくみ対策に「耳輪ゴム」をしてみたら…15kgやせて顔も足もスッキリ!

耳輪ゴムをして眠れば、お酒を飲んだ日の翌朝でも顔はスッキリとしたままです。生理前でもむくみが気にならないのがうれしいです。今は肩も軽いです。肩こりの自覚はなかったのですが、もしかしたら首や肩の筋肉がずっと緊張していたのかもしれません。最近は年齢よりも若く見られることがよくあります。【体験談】岩崎小夜子(自営業・50歳)