MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
免疫の暴走を止める腸内細菌は「食物繊維」の摂取で増やすことができる!

免疫の暴走を止める腸内細菌は「食物繊維」の摂取で増やすことができる!

近年、腸の免疫機能に「腸内細菌」が深く関わっていることが明らかになり始めています。中でも注目を集めているのが、「クロストリジウム」という種類に属する腸内細菌です。クロストリジウム菌の作り出す酪酸こそ、免疫のカギを握る物質だったのです。【解説】大野博司(理化学研究所粘膜システム研究チームリーダー・医学博士)

解説者のプロフィール

大野博司(おおの・ひろし)
理化学研究所粘膜システム研究チームリーダー・医学博士。
1983年千葉大学医学部卒、1991年千葉大学大学院博士課程修了。千葉大学医学部助手、米国NIH留学、千葉大学医学部助教授を経て1999年金沢大学がん研究所教授。2004年より理化学研究所勤務、2018年より現職。2005年より横浜市立大学大学院客員教授、2007年より千葉大学客員教授、2017年より神奈川県立産業技術総合研究所プロジェクトリーダーを兼務。

病原菌の撃退に腸内細菌が関わっていた

免疫とは、体に侵入してきた病原菌やウイルスを撃退する人体のしくみのことです。
免疫の主役を担うのが「免疫細胞」という戦士たち。彼らが異物を見つけ攻撃してくれているのです。

皆さんは「腸」が免疫の重要器官であることをご存知でしょうか。実は、7割もの免疫細胞が、腸に集中しているのです。腸の壁には免疫細胞が密集して外敵の侵入に備えています。さらに、腸から全身に免疫細胞が送られ、全身をパトロールしています。

私は腸と免疫の関係を専門とする研究者です。
近年、腸の免疫機能に「腸内細菌」が深く関わっていることが明らかになり始めています。中でも注目を集めているのが、「クロストリジウム」という種類に属する腸内細菌です。
クロストリジウム菌には100種以上の仲間がいますが、このうち十数種に、免疫機能を正常にする働きがあることがわかってきたのです。

免疫の要は「攻撃役」と「ブレーキ役」のバランス

免疫の主役である免疫細胞は「攻撃役」と「ブレーキ役」が互いにバランスよく働くことで、私たちの健康をコントロールしています。

例えば、攻撃役の免疫細胞が働きすぎると、病原菌やウイルスだけでなく、正常な細胞など人体に害のないものまで攻撃してしまいます。

これはいわば「免疫の暴走」といえる状態です。現代に増えているアレルギーや、さらにはクローン病といった自己免疫疾患にも、免疫の暴走が関わっていると言われます。

免疫の暴走を防ぐのに重要な役目を果たしているのが、ブレーキ役の免疫細胞です。ブレーキ役の免疫細胞は、攻撃役の免疫細胞の興奮をなだめて、過剰に働かないように抑えています。

こうして、攻撃役とブレーキ役が互いに働くことで、免疫機能がコントロールされて、私たちは健康でいられるのです。

攻撃役の免疫細胞の興奮を、ブレーキ役の免疫細胞が抑えている

免疫細胞を増やす腸内細菌が見つかった

2011年、東京大学の本田賢也博士(現・慶應義塾大学教授)の発表が、世界に衝撃を与えました。

なんと、クロストリジウム菌のなかに、ブレーキ役の免疫細胞を大量に増やす働きがあることが、マウス実験で明らかになったのです。

そして、クロストリジウム菌を、免疫が暴走して大腸炎が起きていたマウスの腸に入れると、免疫の暴走がおさまり炎症が抑制されました。

つまり腸内細菌の一部が、免疫の正常化に大きな役割を果たしていることが明らかになったのです。
それまでも、「アレルギーなど免疫の暴走が原因と思われる病気の患者さんには、共通して特定のクロストリジウム菌が少ない」という傾向はありましたが、本田博士の発表は、それを裏づけるものでした。

食物繊維で免疫をコントロールする物質が増加

クロストリジウム菌は、どのようにブレーキ役の免疫細胞を増やしているのでしょう。我々の研究チームはそのしくみを調べました。

そして今回、クロストリジウム菌が作る「酪酸」という物質が、ブレーキ役の免疫細胞を増やす働きをしていることを、私たちは突き止めました。

つまり、クロストリジウム菌の作り出す酪酸こそ、免疫のカギを握る物質だったのです。

そうとわかれば、免疫機能を安定させるため、クロストリジウム菌や酪酸を増やし、ブレーキ役の免疫細胞を増やしたいと思うものです。
ではどうしたら、クロストリジウム菌や酪酸を増やすことができるのでしょうか。
それには、クロストリジウム菌のエサになる「食物繊維」をとることが有効と考えられます。

クロストリジウム菌の作り出す「酪酸」に、ブレーキ役の免疫細胞を増やす働きがあることがわかった。免疫の正常化につながる可能性がある

私たちは、クロストリジウム菌を腸に住ませたマウスを2グループに分けました。そして、1つのグループには食物繊維の多いエサを与え、もう1つのグループには、ほとんど食物繊維の入っていないエサを与えました。すると、食物繊維の多いエサを与えたマウスでのみ、酪酸の生成量が増えたのです。

また、腸の酪酸濃度が高いマウスは、そうでないマウスに比べて、ブレーキ役の免疫細胞が約2倍も多くなっていることがわかり、さらにマウスの大腸炎も抑制されました。

ですから、野菜や海藻、キノコといった食物繊維をとることは、腸内のクロストリジウム菌や酪酸を増やし、免疫機能を安定させることにつながると期待できます。

注意したいのは、クロストリジウム菌の仲間だけが、食物繊維をエサに酪酸を増やすわけではないということです。他にも食物繊維をエサに酪酸を作る菌は存在します。

もちろん、一部のクロストリジウム菌が腸内にいれば、食物繊維をとることで酪酸が大量に増えることは間違いないでしょう。

決して、酪酸だけが健康の決め手になるわけではありませんが、食物繊維をとって酪酸を増やすことは、腸の健康を保つ有効な方法のひとつだと思います。

この記事は『ゆほびか』2018年11月号に掲載されています
この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
特に思い当たる原因もなく、体調が優れない……。食べて数時間後〜数週間後と、アレルギー症状が遅れて出てくる「遅発型食物アレルギー」をご存知でしょうか。じんましんなどが出る「即時型食物アレルギー」とは違いあまり知られていません。【解説】澤登雅一(三番町ごきげんクリニック院長) 
更新: 2019-05-11 18:00:00
ある日、テレビで、「天然の酵母を起こし、それでパンを作る」という映像を見ました。おもしろそうだったので、私も作りたくなり、自己流でやってみました。ところが、酵母を起こす段階でカビが生えてしまい、うまくいきませんでした。【体験談】竹内悦子(51歳・主婦)
更新: 2018-09-06 19:53:02
オクラには、細胞保護成分や保湿成分として化粧品にも広く使用されているムチンをはじめ、美肌づくりやダイエットにも役立つ栄養素が多く含まれています。腸内環境が整えば便通の改善はもちろんのこと、美肌づくりや血糖値のコントロールに役立ちます。【体験談】居場京子(I.B.A. TOTAL BEAUTY CONSULTING代表)
更新: 2018-09-06 19:54:10
私は食べ歩きが好きで、おいしい物やお店を、インターネットで探すことがよくあります。ウエダ家さんの酵母パンを見つけたのも、インターネットでした。「油も砂糖も使わない天然酵母パン」に興味がわき、すぐにウエダ家さんのパン作り講座に通い始めました。もう10年になります。【体験談】多羅裕子(62歳・主婦)
更新: 2018-09-11 17:46:17
砂糖の取りすぎで副腎疲労を起こすと、アドレナリンが不足して、気分が沈み込み、うつ症状になることもあります。食欲不振や便秘、下痢などの消化器の異常やパニック発作などの原因にもなります。朝起きるのがつらい、寝ても疲れが取れない、という状態が続くのは、副腎疲労の典型的な症状です。【解説】溝口徹(新宿溝口クリニック院長)
更新: 2018-09-12 10:44:28
最新記事
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt