MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【最新研究】納豆から「糖尿病予防につながる2つの成分」を世界で初めて発見!

【最新研究】納豆から「糖尿病予防につながる2つの成分」を世界で初めて発見!

今回、納豆から2種類のDPP4阻害物質が発見されました。どちらも世界で初めて発見されたDPP4阻害物質です。これまでも納豆の健康効果はよく知られていましたが、納豆には血糖値の上昇を防ぎ、糖尿病予防につながる成分が含まれていることが最新研究で明らかになったのです。【解説】舘博(東京農業大学応用生物科学部醸造科学科教授)

解説者のプロフィール

舘博(たち・ひろし)
東京農業大学応用生物科学部醸造科学科教授。
1953年、京都府生まれ。77年、東京農業大学農学部醸造学科卒、同大学院農学研究科博士前期課程農芸化学専攻修了。同大副手、講師、助教授を経て、2002年教授に。受賞歴に、1997年度日本醸造協会技術賞、2010年度日本醤油技術賞など。「醤油博士」として知られている。著書に『しょうゆの絵本』(編著、農山漁村文化協会)、『図解でよくわかる発酵のきほん』(監修、誠文堂新光社)など。

血糖値の上昇を抑える物質に大注目!

2016年に厚生労働省が実施した国民健康・栄養調査によると、「糖尿病が強く疑われる者」は約1000万人。1997年以降、増加傾向にあり、「糖尿病の可能性を否定できない者」も約1000万人と推計されています。

中でも、日本人の糖尿病患者の95%を占めるのが「2型糖尿病」です。2型糖尿病は、肥満や運動不足などが原因で発症します。

肥満や運動不足で脂肪が増えると、血糖値を下げる「インスリン」というホルモンが分泌されにくくなることがわかっています。

インスリンが不足するので血糖値は下がらず、ずっと高いままに。そのために糖尿病を発症するだけでなく、合併症として脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす危険もあります。

そこで注目されているのが、インスリンの分泌を改善する「DPP4阻害物質」です。
「DPP4」とは、働きが強くなりすぎるとインスリンの分泌を邪魔する酵素のことです。

肥満になると、このDPP4が、体内で多く作られるようになることがわかっています。そのせいでインスリンの分泌が妨害されて、血糖値が下がらなくなるのです。

ということは、DPP4の過剰な働きを抑えられれば、インスリンの分泌も改善でき、血糖値の上昇も抑えられることになります。

DPP4の過剰な働きを抑えるのが「DPP4阻害物質」です。DPP4阻害物質は近年、2型糖尿病の治療薬としても使われるようになりました。

肥満などで増える「DPP4」のせいで、インスリンが分泌されにくくなる。その結果、血糖値も下がりにくくなる

糖尿病を予防する成分が納豆に含まれていた

後ほど詳しくお話ししますが、これまでの研究結果から「たんぱく質が原料の発酵食品には、どうやらDPP4阻害物質が含まれているらしい」ということが推測されました。

そこで今回、私たちの研究グループは、いくつかの発酵食品から、DPP4阻害物質を探し、その働きを比べることにしたのです。

対象にした発酵食品は、米みそ、濃口しょうゆ、納豆の3つです。
米みそとしょうゆには、DPP4阻害物質が含まれているようでしたが、どちらも食塩の影響が強く、DPP4阻害物質やその働きを、正確に確かめるまでには至りませんでした。

その一方で、DPP4阻害物質が含まれていることが、はっきりと確認できたのが納豆です。

今回、納豆から、2種類のDPP4阻害物質が発見されました。どちらも世界で初めて発見されたDPP4阻害物質です。そして、その働きも食品成分としては比較的強いとわかりました。

これまでも納豆の健康効果はよく知られていましたが、納豆には血糖値の上昇を防ぎ、糖尿病予防につながる成分が含まれていることが、最新研究で明らかになったのです。

納豆から「糖尿病予防につながる成分」を世界で初めて発見!

しょうゆの研究から糖尿病の研究へ

もともと私はしょうゆの研究者で、「しょうゆのうまみ成分」を研究していました。それが、研究中に思わぬ新酵素の発見があり、今では糖尿病予防など、健康面での研究も行っています。
なぜ、私がしょうゆの研究から糖尿病予防の研究にまで飛躍するようになったのか、その経緯をお伝えしましょう。

1990年代前半、私は学生たちといっしょに毎日休みなく、しょうゆ麹菌の研究を続けていました。
しょうゆ麹菌は、しょうゆ造りの主役とも言える存在です。このしょうゆ麹菌が作り出す酵素に、しょうゆのうまみの秘密が隠されていると私たちは考えたのです。

そしてやっとの思いで、しょうゆのうまみのカギを握る酵素の正体を突き止めました。それが、しょうゆ麹菌が作り出す「DPP4」という酵素だったのです。

DPP4は、ヒトや哺乳類からは見つかっていましたが、菌からの発見は、私たちが世界初でした。
しかし、じつはDPP4は、世界では違う視点ですでに注目されていることがわかりました。
なんと、しょうゆのうまみに関わるDPP4は、糖尿病に大きく関係する酵素でもあったのです。

そこで私は、あることを思いつきました。DPP4はヒトの体内にもありますが、ヒトのDPP4を使って実験するのは、とてもお金がかかります。それなら、ヒトのDPP4としくみや働きの似ているしょうゆ麹菌のDPP4を使えば、もっと簡単に糖尿病予防の研究ができるのではないかと考えたのです。

また、糖尿病の薬としてDPP4阻害薬が使われ始めており、同様のしくみで血糖値の上昇を抑える物質を、しょうゆなどの発酵食品から発見できるかもしれないと夢が膨らみました。

そして今回、とうとう納豆がDPP4阻害物質を含んでおり、糖尿病予防に役立つのではないかと発表することができたのです。

もちろん納豆は医薬品ではありませんが、日々の摂取によって予防効果は期待できるのではないかと考えています。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
食物繊維はメッシュ状の構造で、その網目に水分を保持することで、腸の中で多くの作用を生み出します。寒天はこの網目が、ほかの食物繊維よりもずっと細かいのです。寒天1gが保持する水分量は100g、つまり100倍の保水力を持ちます。【解説】杤久保修(神奈川県予防医学協会中央診療所予防医療部部長・横浜市立大学名誉教授)
更新: 2018-11-25 12:00:00
現在、日本人の国民病の筆頭として挙げられるのが、高血圧と糖尿病でしょう。酢は、実はこれらに対しても非常に有効だということが、数々の研究によってわかっています。皆さんも酢大豆を作る際には酢を捨てず、料理などに活用することをお勧めします。【解説】多山賢二(広島修道大学健康科学部教授)
更新: 2018-10-17 12:00:00
私は酢玉ねぎを作る際、最初から味が調えてある「調味酢」を買って使っています。薄くスライスした玉ねぎを調味酢に半日ほど漬けるだけなので簡単です。食べ始めて2カ月の検査で血糖値が下がり効果を実感!また、酢玉ねぎに加え、紫玉ねぎも食べるようにしたところ体調がさらによくなりました。【体験談】今枝紀代子(主婦・70歳)
更新: 2018-09-22 07:00:00
食物繊維をたっぷりとることを心がけました。春には、思い切って自分専用の炊飯器を購入し、玄米食に切り替えました。こうした生活を続けていたところ、以前より便通がよくなってきたことに気づきました。それにつれ、糖尿病の状態も徐々に改善してきました。【体験談】綿谷里子(仮名・自営業・73歳)
更新: 2018-09-20 07:00:00
キュウリは、ビタミン・ミネラル・食物繊維などを含んでいます。なかでも注目すべきは、高血圧の予防・改善に有効な三つの成分が含まれていることです。キュウリは血圧降下成分と、ダイエット効果の二重の作用で高血圧の予防・改善が期待できるというわけです。食べ方のコツは、よく嚙んで食べることです。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)
更新: 2018-10-17 17:36:04
最新記事
始めて1カ月ぐらいたったころから「やせた?」と聞かれたり「キレイになったね」と言われたりするようになりました。私は嫌な感情が出てくると1日に何度もピンク呼吸をするようにしました。何事も「まぁ、だいじょうぶか!」と気楽に考えられるようになり、仕事や人間関係で悩む回数が減りました。【体験談】夏陽りんこ(声優・32歳)
更新: 2019-03-26 18:00:00
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2019-03-26 10:54:05
おならが止まらない、お腹にガスがたまるガス腹、苦しいですね。たまりすぎると、おなかがパンパンに張ってしまうし、出るガス(おなら)も臭くなります。また、臭いガスにはニトロソアミンなどの発ガン物質が含まれており、大腸ガンの原因になります。【解説】後藤利夫(新宿大腸クリニック院長)
更新: 2019-03-26 10:53:47
私たちは患者さんに高負荷の運動をしてもらい成果を上げてきました。しかし脊柱管狭窄症の患者さんの場合、痛みを伴うほど過度に行うと、逆に症状を悪化させてしまうことがあるのです。そこで、私がお勧めしたい体操が、「水平のポーズ」と「でんでん体操」です。【解説】田島文博(和歌山県立医科大学医学部リハビリテーション医学講座教授)
更新: 2019-03-25 18:00:00
その翌朝です。目が覚めた瞬間、「これまでと違う」とはっきりわかりました。まぶたが軽く、目がぱっちり開いているのです。鏡で見ると、目元もフェイスラインもスッキリしています。起き抜けにむくんでいない自分の顔を見るのは久しぶりでした。うれしくてテンションが上がりました。【体験談】香山智美(仮名・自由業・38歳)
更新: 2019-03-24 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt