MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
発酵食で体質改善できた!塩発酵キャベツでアトピーのかゆみを撃退

発酵食で体質改善できた!塩発酵キャベツでアトピーのかゆみを撃退

2年前の夏が終わる頃、突然アトピーが再発したのです。塩発酵キャベツのほか、発酵食品を頻繁に食べるようにしたら、いつの間にか、薬を飲まなくてもアトピーの症状が出なくなりました。皮膚には内臓の状態が出ると聞いているので、体の中から状態が改善されてきたのだと思います。【体験談】田口恭子(セラピスト・48歳)

子どもの頃悩んだアトピーが突然再発

私は子どもの頃、アトピー性皮膚炎で、顔や首に炎症が出ていました。そのときは薬で症状を抑え、中学生になる頃には、きれいに治りました。

ところが、2年前の夏が終わる頃、突然アトピーが再発したのです。今度は顔ではなく、手首と、手の指と指の間の水かきの部分に出ました。主婦湿疹のような小さな水疱がプツプツと出て、すごくかゆいのです。気をつけていてもつい無意識にかいてしまい、さらに悪化させてしまいました。

それでも薬は使いたくなかったので、1年くらい、アトピーによいということをあれこれ試してみました。でも、よくなるどころか悪化の一途で、これ以上はほうっておけないという状態にまでなりました。そこで仕方なく、一度症状を鎮めようと皮膚科を受診し、薬を飲むことにしました。

薬を飲むと症状が治まってきたものの、いつまでも薬に頼りたくはありません。そのためには、まず体質を変えていこうと思いました。そこで以前からよく食べていた手作りの発酵食品を、よりいっそう頻繁に食べることにしたのです。

体質改善に成功しアトピーも解消!

自宅の冷蔵庫には、葉物野菜や根菜などを塩漬けにして発酵させたものが常に入っています。なかでも常に切らさずに作っているのが、「塩発酵キャベツ」です(「塩発酵キャベツ」の作り方)。塩発酵キャベツは、ほとんど毎日食べています。

発酵が進んだものは酸味があります。また、塩分もあるので、調味料代わりにも使えます。そのため、いろいろな食材と合わせて、飽きずに食べることができます。

簡単に食べたいときには、ドイツ料理のようにウインナーにそえたり、一緒に炒めたりします。オリーブオイルとあわせて、ドレッシング感覚で使うこともあります。肉との相性もよいので、豚肉で巻いて焼いて食べるのも好きです。

塩発酵キャベツのほか、発酵食品を頻繁に食べるようにしたら、いつの間にか、薬を飲まなくてもアトピーの症状が出なくなりました。皮膚には内臓の状態が出ると聞いているので、体の中から状態が改善されてきたのだと思います。

常に切らさず常備しているので、いつでもすぐ食べられる

腸内環境が整うと肌もきれいになる(東京医科歯科大学名誉教授・医学博士 藤田紘一郎)

腸内環境の状態は、お肌に直接現れます。田口さんは「塩発酵キャベツ」ほか、発酵食品をよく食べるようになったことで、腸内環境が整い、皮膚の疾患もよくなったのではないかと思います。塩発酵キャベツはほかの料理へもすぐ応用できるので、飽きずに毎日食べ続けやすいのも大きな利点です。

この記事は『ゆほびか』2018年11月号に掲載されています
この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
アレルギー性鼻炎の患者数が増えている理由は、アレルギーの原因物質「アレルゲン」の増加です。アレルゲンにはスギ・ヒノキなどの花粉といった季節性のものと、ハウスダストのような通年性のものがあります。【解説】石井正則(JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長)
更新: 2018-06-20 12:25:59
アトピーの人は、交感神経が優位になりがちです。その証拠に、下あごにあるリンパ節を指で押すと多くの人が強い痛みを感じます。これは、健康状態を確かめる指標として診察時に行っている検査法です。そこで私は、交感神経の過緊張が緩和されれば、アトピーの症状は改善するだろうと考えました。【解説】庄司昭伸(池田回生病院皮膚科部長)
更新: 2018-05-02 09:10:30
最新記事
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt