「手首さすり」は耳鳴り、めまい、不眠に効果を発揮する

「手首さすり」は耳鳴り、めまい、不眠に効果を発揮する

自律神経が整って、体の調整力や治癒力が高まる「手首さすり」をご紹介します。【解説】西條一止(つくば技術大学名誉教授)


体の調整力を高めれば、めまいは軽減できる!

 めまいは、西洋医学的には、天井がグルグル回る回転性めまい、体がふらつく浮動性めまい、立ちくらみを起こす起立性めまいなどに分類されます。

 しかし、東洋医学ではそういう分け方はしていません。
 めまいは、体の調整力が低下して起こる症状群の一つとしてとらえられています。ですから、体の調整力を高めれば、軽減できると考えられています。

 では、体の調整力とはなんでしょうか。
 その基本にあるのは、自律神経です。自律神経は、意志とは無関係に体の諸機能を調節している神経です。心身を活動状態にする交感神経と、休息状態にする副交感神経で成り立っており、この二つがバランスを取りながら働いています。

 人間は強いストレスを受けると、ストレスに反応して交感神経が高まり、副交感神経が抑制されます。通常、ストレスがなくなれば、自律神経のバランスも元に戻ります。しかし、人によっては、交感神経が緊張したまま、戻らなくなってしまうことがあります。
 すると、体の調整力や治癒力が低下して、めまいをはじめとする、さまざまな自律神経の失調症状が起こってくるのです。

 そこで、自律神経のバランスを安定的に保つことが大事になります。そのとき、私が最もよく使うツボが、手首にある外関です。手首を反らせると、手首の甲側にシワができます。そのシワのほぼ真ん中から、指の横幅2本分ひじ寄りにあるのが外関です。
 その外関を優しくさする「手首さすり」を行うと自律神経が整って、体の調整力や治癒力が高まるのです。

息を吐くときにだけ手首をさする

 手首さすりをするとき、次の三つの条件がそろうと、その効果は最大限に発揮されます。

●軽い皮膚刺激
 皮膚表面を優しくさする皮膚刺激は、副交感神経の働きを高めます。逆に筋肉を押すような強い刺激は、副交感神経の働きを制御してしまいます。

●息を吐きながらの刺激
 副交感神経の働きは、息を吐いたときに高まり、吸ったときに抑制されます。

●座った姿勢での刺激
 座った姿勢は、これから活動を始める「スタンバイ」の姿勢で、交感神経の働きを高めます。

 自律神経のバランスを整えるとき、一般的には、抑制された副交感神経を高める刺激を行います。しかし、手首さすりでは、息を吐きながら皮膚刺激をすることで、副交感神経を相乗的に高めるとともに、座った姿勢で行うことで、交感神経の働きも高めます。

 なぜかといえば、両方の神経が高まることによって、強い緊張度を持った自律神経をつくることができるからです。
 自律神経は、交感神経と副交感神経がバラバラに働いているわけではありません。二つの神経は同時に高くなったり低くなったりしながら緊張関係を保ち、生命活動を営んでいます。
 健康な人は、交感神経も副交感神経も高く、なおかつ両者が強い緊張度でバランスを保っています。ですから、強いストレスを受けても、揺らぐことのない安定感で、強い調節力を保てるのです。

 では、手首さすりのやり方を紹介しましょう。
❶ 楽な姿勢で座り、反対側の手の人差し指、中指を外関に当てます。
❷ 息をゆっくり吐きながら、外関を軽くさすります。息を吸うときは、さするのをやめてください。これを20呼吸ほどの回数続けます。

「さあやるぞ」などと気負うと、効果は半減します。気楽に、リラックスした状態で行ってください。行う腕は、どちらか一方でかまいませんが、痛みやしびれなどのない側に行ってください。
 手首さすりは、めまいだけでなく、不眠や耳鳴り、のぼせ、頭痛、食欲不振、手足のしびれなど、自律神経失調症に伴うあらゆる症状に効果が期待できます。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


頭痛薬が効かない時に「温めた梅干し」を食べてみたら2週間で変化!

頭痛薬が効かない時に「温めた梅干し」を食べてみたら2週間で変化!

「梅干しをお皿に並べてラップをかけて、500Wの電子レンジで1分温めたものを、毎食1個食べるだけ」。半信半疑ではありましたが、とりあえず試してみようと考え、梅干しを、温めて食べてみることにしました。しばらく食べ続けると2週間ほどで頭痛がまったくしなくなっていました。【体験談】谷口加世子(仮名・パート・35歳)


頭がスッキリ顔色アップ!首から上の不調を取る「耳もみ整体」のやり方を紹介

頭がスッキリ顔色アップ!首から上の不調を取る「耳もみ整体」のやり方を紹介

これまで私は多くの人の耳に触ってきました。具合の悪い人ほど耳がかたく冷たく、触ると痛がります。耳をもむと、頭にうっ滞していた血液が下りて流れ出して末端に届くようになるので、手足の指先まで温かくなってきます。体調を整える耳もみ整体をご紹介しましょう。【解説】森田茂人(モリタ整体院院長・MCメディカル系列院総院長)


足の長さが左右で違う原因は股関節のズレ!体の歪みをとる「ひざ縛り」のやり方

足の長さが左右で違う原因は股関節のズレ!体の歪みをとる「ひざ縛り」のやり方

足の長さに左右差があると、骨盤や全身の骨格が左、または右に傾いています。このゆがみは、腰痛や生理痛、便秘、冷えなど全身の不調につながります。そうした骨格のゆがみを矯正するために私が指導している方法が、両ひざをひもで縛る「ひざ縛り」です。【解説】城戸淳美(今井病院医師)


【滑舌を良くする方法】割りばしを使ったトレーニングで声が若返る

【滑舌を良くする方法】割りばしを使ったトレーニングで声が若返る

話をしていると、聞き返されることが多い。声がこもって小さい。舌が回らない。言葉につまる。声がかすれたり、しわがれたりしてきた。思わず、自分のことだとうなずかれたかたも多いのではないでしょうか。これらは、年齢を重ねると誰もが経験する、いわば声の老化現象です。【解説】上野由紀(上野ヴォーカルアカデミー校長)


【改善トレーニング】滑舌が悪い・声が小さい・モゴモゴ声を治す方法

【改善トレーニング】滑舌が悪い・声が小さい・モゴモゴ声を治す方法

そもそも話し声をよくするためには、四つの条件が必要になります。一つ目が「呼吸がしっかりしていること」。残りの三つの条件が、「舌の動き」「声帯の働き」「口の開き」が、それぞれよいことです。今回は、3種類の割りばしトレーニングをご紹介します。【解説】上野由紀(上野ヴォーカルアカデミー校長)


最新の投稿


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)