MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
座っても痛む硬膜外脂肪腫症とは?脊柱管狭窄症との合併や症状改善例を解説

座っても痛む硬膜外脂肪腫症とは?脊柱管狭窄症との合併や症状改善例を解説

硬膜とは、脊柱管の中を通っている脊を覆う、比較的かたい膜です。脂肪が過度に増えて脂肪層が厚くなると、脊柱管を通る神経がさらに圧迫され、腰や両足の痛みやしびれが、さらに悪化してしまいます。これが、硬膜外脂肪腫症です。主に、中高年の男性に多く見られます。【解説】藤田順之(慶應義塾大学医学部整形外科教室専任講師)

解説者のプロフィール

藤田順之(ふじた・のぶゆき)
●慶應義塾大学病院整形外科
東京都新宿区信濃町35
03-3353-1211(代表)
http://www.hosp.keio.ac.jp/annai/shinryo/orthope/

慶應義塾大学医学部整形外科教室専任講師、慶應義塾大学病院整形外科医師。医学博士。
日本整形外科学会認定整形外科専門医。日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医。日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医。2000年、慶應義塾大学医学部卒業。トーマスジェファーソン大学留学などを経て、現職。専門は脊椎脊髄一般、脊柱変形、腰椎変性疾患。

脂肪が脊柱管を圧迫し炎症も誘発する!

脊柱管狭窄症とは、神経の通り道である脊柱管が狭くなり、腰から足にかけて痛みやしびれが生じる病気です。
脊柱管狭窄症は、座っていると神経の圧迫が和らぎ、痛みが出ないことが一般的です。ところが、なかには、座っていても痛みがある、歩くのがままならないほど痛む、という患者さんがいます。

このように、痛みが強く出る原因の一つに、「硬膜外脂肪腫症」という病気がかかわっていることが、近年明らかになりました。
硬膜外脂肪腫症という病名は、聞き慣れないかたも多いかと思います。まず、この病気について説明しましょう。

硬膜とは、脊柱管の中を通っている脊髄(脳と体の各部を結ぶ神経)を覆う、比較的かたい膜です。その外には硬膜外腔というすきまがあり、この中に、硬膜外脂肪層と呼ばれる薄い脂肪層があります(下図参照)。

脂肪が過度に増えて脂肪層が厚くなると、脊柱管を通る神経がさらに圧迫され、腰や両足の痛みやしびれが、さらに悪化してしまいます。これが、硬膜外脂肪腫症です。主に、中高年の男性に多く見られます。

■硬膜外の余分な脂肪が神経を刺激する

通常の脊柱管狭窄症に、このような硬膜外脂肪腫症を伴う「合併タイプ」は、脊柱管狭窄症の患者さんのなかでも、少数です。しかし、痛みに悩むかたを診るにつけ、私はこの合併タイプについて詳しく調べる必要性を感じ、5年前から研究を行っています。

通常の脊柱管狭窄症と合併タイプの違いを探るために、次の研究を行いました。
対象としたのは、硬膜外脂肪腫症を合併した患者さん16名と、硬膜外脂肪腫症を合併していない患者さん15名です。どちらのグループも、年齢層と性別は同じです。

この二つのグループの硬膜外脂肪組織を手術時に採取し、脂肪細胞の面積と、分泌するサイトカイン(細胞間で情報伝達をする物質)の量を比較しました。

すると、硬膜外脂肪腫症を合併しているグループは、合併していない群に比べて、脂肪細胞が肥大し、脂肪細胞の面積が有意に広くなっていました。
また、サイトカインの比較では、硬膜外脂肪腫症を合併しているグループは、炎症を誘発するサイトカインの量が、顕著に増えていたのです。

このことから、硬膜外脂肪腫症を合併した脊柱管狭窄症の場合、脂肪層の肥大化による神経の圧迫に加え、炎症を起こす悪玉物質も増えるため、痛みが続いたり、強くなったりすると考えられます。

体重の減量で症状が改善した報告は多数!

硬膜外に過剰にたまって悪さをしている脂肪は、昨今注目されている「異所性脂肪」の一つとしてとらえられます。

異所性脂肪とは、筋肉や膵臓、肝臓、心臓など、本来脂肪がたまるはずのない場所(異所)にたまる脂肪です。皮下脂肪、内臓脂肪とは異なる「第3の脂肪」とも呼ばれています。臓器の働きを低下させ、糖尿病や動脈硬化など、さまざまな病気にかかわる可能性があるのです。

異所性脂肪がたまるしくみはまだ明らかになっていませんが、生活習慣病やメタボリックシンドローム(メタボ)のかたに多くたまる傾向があります。
研究で確認された、硬膜外脂肪腫症の患者さんの「脂肪細胞の肥大」と「炎症性物質の増加」は、まさに生活習慣病やメタボのかたに見られる現象です。ですから、硬膜外脂肪腫症は、これらの病気と密接な関係があるといえるのです。

硬膜外脂肪腫症は、MRI(核磁気共鳴画像装置)で診断がつきます。治療は、大きく分けて、脂肪を取り除く手術と、体重を減らして脂肪の蓄積を抑える保存療法があります。

手術をするにしても、痛みを軽くするためには、大本の原因である脂肪を減らすことが、非常に重要です。体重を減らしてメタボを改善することが、硬膜外脂肪腫症のいちばん安全、かつ効果的な方法でしょう。実際、硬膜外脂肪腫症に対して減量が有効であったことは、多数報告されています。

脊柱管狭窄症による痛みを軽減させるためにも、硬膜外脂肪腫症を合併しているか、病院で検査をされるといいでしょう。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
脊柱管狭窄症という病気は、体がゆがみ、筋膜が非常にかたくなることが一因といえます。特に、高齢者の場合、筋膜の硬化が顕著です。このように、筋膜がかたくなると神経や血液の流れが悪くなるため、痛みやしびれが起こるのです。今回は脊柱管狭窄症を改善する体操「ネコ歩き」をご紹介しましょう。【解説】筒井朗晏(三起均整院院長)
更新: 2019-06-09 18:00:00
システマでは、闘い続けるために体を整える方法が確立されています。痛みが生じている場合、腰や背中の筋肉がかたく緊張しています。その緊張を緩めたくても痛む腰を刺激することはできないとき「おなかもみ」が役に立ちます。【解説】北川貴英(ロシア武術「システマ」インストラクター)
更新: 2019-04-05 10:09:41
毎日根気よく続けるようになって数週間経ったころでしょうか。以前よりも腕が軽くなってきたように感じました。かたかった背中の筋肉、肩の緊張もほぐれてきて、ついには腰や足の痛みをほとんど感じなくなっているのに気がつきました。【体験談】井川京子(仮名・主婦・75歳) 
更新: 2019-04-03 18:00:00
私たちは患者さんに高負荷の運動をしてもらい成果を上げてきました。しかし脊柱管狭窄症の患者さんの場合、痛みを伴うほど過度に行うと、逆に症状を悪化させてしまうことがあるのです。そこで、私がお勧めしたい体操が、「水平のポーズ」と「でんでん体操」です。【解説】田島文博(和歌山県立医科大学医学部リハビリテーション医学講座教授)
更新: 2019-04-05 10:16:37
私は、朝の起床時と夜の就寝前に、それぞれ5分ずつ行っていますが、最初はそれをするのも大変でした。しかし、無理のない範囲から始めて、だんだんできるようになりました。約3ヵ月後、杖を使わずに歩けるようになり、半年を過ぎたころからは腰の突っ張り感も減ってきました。【体験談】黒岩智子(仮名・パートタイマー・68歳)
更新: 2019-03-16 18:00:00
最新記事
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
更新: 2019-07-03 14:37:40
歩くとひざが痛くなる、腰が重くなる、どっと疲れが出る。私なら、まず「浮き指」を疑います。詳しく調査した結果、現代日本人男性の6割、女性の7割が浮き指であることがわかったのです。浮き指とは、文字どおり「足の指が浮いている」状態を指します。【解説】阿久根英昭(桜美林大学健康福祉学群教授)
更新: 2019-06-18 18:00:00
鍼灸師の私がおすすめして、皆さんにご好評をいただいている「温熱ツボ刺激」のやり方をご紹介しましょう。この温熱ツボ刺激は、男女を問わず効果があるものです。ですから、女性だけでなく、薄毛や白髪で悩む男性のかたにもぜひ試してほしいのです。【解説】横内稚乃(稚乃針灸整骨院院長)
更新: 2019-06-17 18:00:00
玉ねぎが体によいのはよく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。しかし、玉ねぎを毎日食べたくても、あのツンとする刺激臭が嫌で、玉ねぎ料理は苦手という人も多いでしょう。そこでお勧めなのが、玉ねぎドレッシングです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)
更新: 2019-06-16 18:00:00
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt