MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
便秘・むくみが即解消!やせる!指を使うだけの超簡単「指ヨガ」レッスン

便秘・むくみが即解消!やせる!指を使うだけの超簡単「指ヨガ」レッスン

ヨガというと、体を動かす広いスペースや落ち着ける時間がないと取りかかれない、というイメージがあります。しかし、今回ご紹介する「指ヨガ」は、その名のとおり、指を使うだけの非常にシンプルなヨガ。いつでもどこでも簡単にできます。【解説】深堀真由美(深堀ヨガスクール主宰)

解説者のプロフィール

深堀真由美(ふかぼり・まゆみ)
●深堀ヨガスクール
東京都新宿区西新宿7-7-33 新銘ビル5階
03-3365-3203
https://www.f-yoga.com/

深堀ヨガスクール主宰・ヨガ研究家・インドヨガ協会認定インストラクター。
全身の気血の流れを促し、細胞をリフレッシュさせる「ブリーズィングヨガ」を提唱。呼吸を深め、心身の調和を育むことを重視している。レッスンの他、講演活動、テレビ・雑誌・書籍・ラジオなど、さまざまなメディアで活躍中。著書に『やせる!きれいになる!指ヨガ』(マキノ出版)、『3分で劇的に楽になる指だけヨガ』(メディアファクトリー)など多数。

指ヨガは便秘や顔・足のむくみに即効!

ヨガというと、体を動かす広いスペースや落ち着ける時間がないと取りかかれない、というイメージがあります。
しかし、今回ご紹介する「指ヨガ」は、その名のとおり、指を使うだけの非常にシンプルなヨガ。

いつでもどこでも簡単にできます。
そのやり方は、指と指で押し合うだけです。

難しいテクニックは全く必要ありません。
「ヨガはやってみたいけれど、体が硬くて、難しいポーズは無理」と思っている人にも勧められます。

体によけいな負荷がかかりませんから、高齢者も楽々行うことができるのです。
私が指ヨガを考案したのは、2004年のことです。

発表当初から大好評で、以来、多くの人に支持されてきました。
指ヨガは即効性が高く、特に便秘や、顔・足のむくみなどには、たちまち効果が現れます。

しかも、根気よく続けることで、「肩こりや腰痛が改善」「血圧やコレステロール値が下がった」「不眠や頭痛を解消」「ダイエットに成功した」などの効果も報告されています。
指ヨガを行うと、全身の血流や代謝が促進され、内臓機能が強化されます。

私たちの意志とは無関係に内臓などの調整を行う、自律神経の働きを整える効果も高いのです。
このため、指ヨガを続けることで、多くの健康効果やダイエット効果が得られます。

なお、東洋医学のツボや気(一種の生命エネルギー)の考え方は、インドから伝わったという説もあるくらいで、インド医学と東洋医学には共通する部分がたくさんあります。
指を重視するのも、その共通点の一つです。

インド医学でも、指には、東洋医学と同様、多くの重要なツボのようなもの(マルマ)が集まっているとされています。
しかも、それぞれの指は、体の各部に対応していると考えられています。

このため、体の部位別や症状別に、特定の指に対して重点的に指ヨガを行うことが、症状改善のためのより有効なアプローチとなります。
別記事で、症状別のやり方をご紹介していますので、それもぜひ参照してください。

原則は、基本の指ヨガを朝昼晩に3セットずつ、毎日行うことですが、最初は1セットから始めてみましょう。
毎日少しでも続けていくことが肝心です。

最初は自分が行いやすい時間、セット数でかまいません。
慣れてきたら、徐々に回数をふやしていくといいでしょう。

指ヨガのレッスンを行う深堀先生

基本の指ヨガのやり方

気になる症状がある人は、基本のヨガを行なった後に、下の症状別の指ヨガを行なってください。

●ヨガの呼吸の基本は、鼻から息を吸って鼻から吐くことです。指ヨガでも、鼻で呼吸をするのが理想です。しかし、鼻で息を吐くのが難しい場合、無理をせず、鼻から吸って口から吐く呼吸でかまいません。
●息は、吐く時間を吸う時間の倍くらい長くするのがコツです。「1、2」と心の中で数を数えながら息を吸ったら、「3、4、5、6」と吐いていきます。
●指ヨガは立っても座っても行うことができます。いずれの場合も、できるだけ背すじを伸ばして行います。
●指先を合わせるとき、手のひらの間にテニスボールを1つ入れるようなつもりでセットします。指先どうしで押し合うといっても、むやみに指に力を入れる必要はありません。肩の力を抜き、適度な力で押し合いましょう。

❶立った姿勢か、いすに座り、両手の指のまたをできるだけ広げる。

❷左右の手の指先どうしを軽く合わせる(基本のポーズ)。

❸まず、親指どうしを押し合いながら、鼻で3回呼吸をする。

❹親指から小指までを順番に押し合ったら、次に、5本の指を同時に押し合う。このときも3回呼吸をしながら行う。

❺①〜④を1〜2分間で行い、3セットくり返す。これを、朝、昼、晩の1日3回程度行う。

※第2関節が曲がるほど、力を入れすぎないようにする。

症状別の指ヨガのやり方

指ヨガでは、それぞれの指が体の各部に対応していると考えます。
例えば、親指は、顔やのどに対応。親指への重点刺激で甲状腺ホルモンを活性化します。
更年期障害や耳鳴り、顔のむくみなどに効果的。育毛効果もあります。
このように、悩みによって、部位別、症状別に指を選び、重点的にヨガを行ってみましょう。

❶最初に、基本の指ヨガ(上記参照)を行います。
❷次に、症状に対応した指の指ヨガをもう1度行います。
その指のつけ根を親指で押し下げて伸ばすことで、症状別の指をしっかり刺激することができます。
❸最後に、5本の指で押し合う指ヨガを行うと完了です。

人差し指:胸や上腹部に対応

■改善が期待できる症状
肩こり、カゼ、ぜんそく、胃痛 二日酔いなど

❶基本のポーズで人差し指を押し合いながら、鼻で3回呼吸をする。
❷基本のポーズから人差し指の接点を離し、左右の人差し指のつけ根を、それぞれの親指で押し下げて、鼻で3回呼吸をする。

❸基本のポーズで5本の指を押し合いながら、鼻で3回呼吸をする。

親指:顔やのどに対応

■改善が期待できる症状
薄毛、顔のむくみ 耳鳴り、めまい 更年期障害など

❶基本のポーズで親指を押し合いながら、鼻で3回呼吸をする。
❷基本のポーズのまま、右手親指で左手親指のつけ根を押し下げて、鼻で3回呼吸をする。反対側も同様に行う。

❸基本のポーズで5本の指を押し合いながら、鼻で3回呼吸をする。

小指:下半身に対応

■改善が期待できる症状
股関節痛、ひざ痛 足のむくみ、足のしびれなど

❶基本のポーズで小指を押し合いながら、鼻で3回呼吸をする。
❷基本のポーズから小指の接点を離し、左右の小指のつけ根を、それぞれの親指で押し下げて、鼻で3回呼吸をする。

❸基本のポーズで5本の指を押し合いながら、鼻で3回呼吸をする。

薬指:下腹部に対応

■改善が期待できる症状
便秘、下痢、膀胱炎 頻尿、精力減退、肥満など

❶基本のポーズで薬指を押し合いながら、鼻で3回呼吸をする。
❷基本のポーズから薬指の接点を離し、左右の薬指のつけ根を、それぞれの親指で押し下げて、鼻で3回呼吸をする。

❸基本のポーズで5本の指を押し合いながら、鼻で3回呼吸をする。

中指:脳や背中に対応

■改善が期待できる症状
頭痛、不眠、イライラ うつ、自律神経失調症 腰痛、肥満など

❶基本のポーズで中指を押し合いながら、鼻で3回呼吸をする。
❷基本のポーズから中指の接点を離し、左右の中指のつけ根を、それぞれの親指で押し下げて、鼻で3回呼吸をする。

❸基本のポーズで5本の指を押し合いながら、鼻で3回呼吸をする。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
私たちの体には、気功や中医学の世界で気と呼ばれる生命エネルギーが巡っています。気の流れが滞ったり気が不足したりすると、血液などの流れも滞ります。すると、無用な脂肪がたまりやすくなるのです。太学功ストレッチは、気の流れを促してこの状態を解消し、脳に「気は十分あるよ」と認識させて、やせる方法です。【体験談】あいかわももこ
更新: 2018-09-10 15:39:07
私たちの体には、気功や中医学の世界で気と呼ばれる生命エネルギーが巡っています。気の流れが滞ったり気が不足したりすると、血液などの流れも滞ります。太学功ストレッチは、気の流れを促してこの状態を解消し、脳に「気は十分あるよ」と認識させて、やせる方法です。【解説】丁治紅(太学功 氣功療法研究所会長)
更新: 2018-09-06 17:06:53
ふだんのウォーキングの中に取り入れても、交差歩きだけを行ってもかまいません。長時間行うより、毎日続けることが肝心です。1セット行うことを毎日の習慣にすれば、体のゆがみが直り、自然に美しくやせていきます。また、「足がその場で速くなった」と子供達にも好評なのです。【解説】花谷貴之(花谷接骨院院長)
更新: 2018-03-24 20:00:00
最新記事
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt