MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
脊柱管狭窄症の激痛が「股関節締め」で消えた!100歳でもゲートボールが楽しめる

脊柱管狭窄症の激痛が「股関節締め」で消えた!100歳でもゲートボールが楽しめる

この体操はよく効きました。やったその場で痛みが軽くなるのです。ふだんは朝晩、ベッドの上で股関節締めを10回ずつ行っています。そのおかげで、現在は左のひざ下の痛みはほとんど起こらなくなり、少々長く歩いても大丈夫です。痛み止めの薬を飲む必要は全くありません。【体験談】上田和代(主婦・100歳)

痛み止めの薬を飲んでも歩けるのは100mくらいだった

私は、100歳になった今でも、30年前から続けているゲートボールをほとんど休んだことがありません。日曜以外は毎日、午前中の2時間はゲートボールを楽しんでいます。これが私の健康の秘訣だと思っています。

そんな私が、脊柱管狭窄症と診断されたのは、10年前のことです。左右の足の裏が腫れたような、風船を踏んでいるような違和感があったのです。医師には、「年を取るとよくある症状ですから」といわれ、湿布薬を処方してもらいました。
ただし、そのときは特に痛みがなかったので、大してつらくはありませんでした。

また、医師から水中リハビリを勧められました。その病院には、脊柱管狭窄症のための水中リハビリ教室があったのです。そこで、友達といっしょに楽しく通いましたが、私の脊柱管狭窄症によかったのかどうか、あまり実感はありませんでした。
ですから、数年後に友達がやめたあとに、私もやめてしまいました。

それから2年ほど経ったころです。左のひざ下に急に痛みが出て、だんだんひどくなってきました。一時は辛抱できないほどの激痛で、歩くこともままなりませんでした。

病院で処方された痛み止めの薬を飲むと痛みが軽減します。なんとか100mくらいは歩けるようになりますが、薬が切れれば、また激痛が襲ってきます。痛みがひどいとゲートボールに行けない日もあり、このころは寂しい思いをしました。

やったその場で痛みが軽くなる!

そんな状態が続いていた昨年の11月、息子が『脊柱管狭窄症をピタリ治す自力療法』というムックを買ってきてくれました。そのムックにはいくつかの体操が紹介されていました。そのなかで、よく行ったのが、「股関節締め」という体操です。

股関節締めは、あおむけになって両足を伸ばし、つま先を外側に向けるという、とても簡単な体操です。
この体操はよく効きました。やったその場で痛みが軽くなるのです。ですから、左足の痛みがひどいときは、まず応急処置的に行いました。

そして、ふだんは朝晩、ベッドの上で股関節締めを10回ずつ行っています。
そのおかげで、現在は左のひざ下の痛みはほとんど起こらなくなり、少々長く歩いても大丈夫です。痛み止めの薬を飲む必要は全くありません。

こうして左足の痛みはよくなりましたが、そのかわりに左右の足の裏の感覚が鈍くなったようです。物を踏むことが増え、足の裏が痛むのです。残念ながら、この足の裏の感覚は股関節締めを行っても、まだ改善しません。

私は96歳まで自転車に乗って、近所のゲートボール場に通っていました。今は足の裏のこともあるので、家族に送迎をしてもらっています。
しかし、ゲートボールのプレー中はとにかく楽しいので、足の裏のこともほとんど忘れています。

あの左ひざ下の痛みが消え、こうしてゲートボールを再び楽しめるのも、家族や股関節締めのおかげです。大変感謝しております。

朝晩ベッドの上で股関節締めを実践!

緩んだ股関節が安定し脊柱管狭窄症に特効(西住之江整体院代表・鍼灸師 白井雄彦)

 高齢になると、大腿骨(太ももの骨)が内側に回転するようにねじれ、股関節が緩む人が多くなります。すると背骨がズレて、下半身に痛みやしびれが出てきます。股関節締めは、大腿骨を外側に回転させて安定させる運動で、脊柱管狭窄症に非常に有効です。ポイントは、お尻を6割程度の力で締めること。強く締め過ぎると、痛むことがあるので注意してください。

この記事は『壮快』2018年11月号に掲載されています
この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
システマでは、闘い続けるために体を整える方法が確立されています。痛みが生じている場合、腰や背中の筋肉がかたく緊張しています。その緊張を緩めたくても痛む腰を刺激することはできないとき「おなかもみ」が役に立ちます。【解説】北川貴英(ロシア武術「システマ」インストラクター)
更新: 2019-04-05 10:09:41
毎日根気よく続けるようになって数週間経ったころでしょうか。以前よりも腕が軽くなってきたように感じました。かたかった背中の筋肉、肩の緊張もほぐれてきて、ついには腰や足の痛みをほとんど感じなくなっているのに気がつきました。【体験談】井川京子(仮名・主婦・75歳) 
更新: 2019-04-03 18:00:00
私たちは患者さんに高負荷の運動をしてもらい成果を上げてきました。しかし脊柱管狭窄症の患者さんの場合、痛みを伴うほど過度に行うと、逆に症状を悪化させてしまうことがあるのです。そこで、私がお勧めしたい体操が、「水平のポーズ」と「でんでん体操」です。【解説】田島文博(和歌山県立医科大学医学部リハビリテーション医学講座教授)
更新: 2019-04-05 10:16:37
私は、朝の起床時と夜の就寝前に、それぞれ5分ずつ行っていますが、最初はそれをするのも大変でした。しかし、無理のない範囲から始めて、だんだんできるようになりました。約3ヵ月後、杖を使わずに歩けるようになり、半年を過ぎたころからは腰の突っ張り感も減ってきました。【体験談】黒岩智子(仮名・パートタイマー・68歳)
更新: 2019-03-16 18:00:00
八木先生は「ダマされたと思って、しばらく続けてみて」と笑顔でおっしゃいました。すると、1週間も経ったころです。冷えていた太ももとひざの裏が温かくなってきました。血流が戻ってきた感じです。その後もまじめに続けたところ、3ヵ月後にはすっかりしびれが消えました。【体験談】守田浩樹(仮名・介護福祉士・28歳)
更新: 2019-03-07 18:00:00
最新記事
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-05-21 17:53:18
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt