【足裏の反射区】女性の便秘を治すツボ 産後の便秘解消に「足の裏マッサージ」

【足裏の反射区】女性の便秘を治すツボ 産後の便秘解消に「足の裏マッサージ」

女性は、男性に比べると便秘になりやすい傾向があります。特に出産後は、その傾向が顕著です。産後は、腹部の内臓を取り囲む腹膜や腹筋が緩み、腹圧が弱くなります。そのうえ、慣れない育児や、不規則な生活による精神面への影響もあり、便秘になりやすいと考えられています。【解説】木村静(同志社女子大学看護学部准教授)


自分でできる「足の裏マッサージ」のやり方

 女性は、男性に比べると便秘になりやすい傾向があります。特に出産後は、その傾向が顕著です。

 産後は、腹部の内臓を取り囲む腹膜や腹筋が緩み、腹圧が弱くなります。そのうえ、慣れない育児や、不規則な生活による精神面への影響もあり、便秘になりやすいと考えられています。

 私は、このような女性たちの悩みを解消したいと思い、ある実験研究を行いました。
 それは、足の裏マッサージが、便秘に対して、実際にどの程度の効果をもたらすのかを調べたものです。

 この研究の対象者は、女性だけでしたが、男女を問わず、便秘に悩む皆さんにお勧めしたいと思います。
 今回行った足の裏マッサージは、反射区の考えに基づくものです。反射区とは、ヒトの体の各部、各臓器が足の裏に投影されているという考え方です。
 便秘の場合、腸に対応する反射区を刺激します。そこは、足の裏の中央の、ややかかと側になります。
 主に両足のその対応部を、手の親指でギュッギュッと指圧しました。指圧する強さは、押して「気持ちいい」と感じられる程度です。

 実験研究は、2回にわたり行いました。一つめの研究では、便秘症状に悩む女性9名(平均年齢31・3歳)にご協力いただきました。

 対象者には、実験前にほぼ同じものを食べてもらうなど、調整できる条件は、なるべく同一にしたうえで行いました。

 そして、足の裏マッサージを15分間行った日と、行わなかった日とで、腸の動きを比較したのです。

 具体的な数値として、リラックスの度合いを示す値と、腸の動きに伴って発生する音(腸音)の値を調べました。

 皆さんも経験があると思いますが、精神的に緊張しているときには、便が出にくくなります。ですので、リラックスした状態を作ることは、便秘解消には大切なことだといえます。

 そして、腸音は、腸の活動状態を知るための指標です。腸音の数値が高くなれば、それは腸が活発に動いていることを示します。

 結果は、足の裏マッサージを行うと、行わない場合より、リラックスの度合いを示す値、腸音の値ともに、有意(明らか)に上昇していました。

 つまり、足の裏マッサージを行うと、よりリラックスした状態になり、腸の動きも活発になることがわかったのです。

便意を催しトイレに行きたくなった!

 続いて、前回とは異なり、産後間もない便秘症状のある女性18名(平均年齢28.3歳)にご協力いただき、二つめの実験を行いました。

 ここでは、20分間にわたり足の裏マッサージを行いましたが、そのほかは、前回とほぼ同様の方法で実施しました。

 その結果、やはり足の裏マッサージによって、腸の動きが活発になりました。

 さらに、実験終了後しばらくの間に、排便や排ガスを認めた女性が、18名中7名もいたのです。

 足の裏マッサージのあとに感想を聞くと、「気持ちよかった」「体や足が温かくなった」「おなかが動いた」という声のほか、「マッサージ中に便意を催し、トイレに行きたくなった」という人もいました。

 これらの効果は、当初、私が予想していたよりも高く、正直いって驚きの結果です。

 私は、施術のプロではないので、マッサージ技術は素人のかたとあまり変わりません。にもかかわらず、これほどの効果が得られたのですから、だれでも簡単に行える方法だということがわかります。

 まずは、15分くらいでかまいませんので、足の裏の該当箇所を、自分でマッサージしてみてください。もしも、自分でうまくできないという人は、家族やパートナーなどにマッサージしてもらってもいいでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


直腸性便秘 便秘

関連する投稿


漢方医お勧めは「昆布酵母」 風邪の引き初めに発酵パワーを実感!

漢方医お勧めは「昆布酵母」 風邪の引き初めに発酵パワーを実感!

私が酵母に興味を持ったのは、米を発酵させた健康食品を、食料品店で見つけたのがきっかけです。米と麹を低温で自然発酵させ、もともと米に付着していた乳酸菌と酵母を培養し、パウダー状にしたという物です。【解説】石井恵美(やくも診療所院長)


砂糖ゼロの毒出しスイーツ!ジッパー付きの袋で作る「発酵あんこ」のレシピ

砂糖ゼロの毒出しスイーツ!ジッパー付きの袋で作る「発酵あんこ」のレシピ

砂糖ゼロでも甘い美腸スイーツ!「甘いものは食べたいけれど砂糖が気になる」。そんなかたでも大評判の「発酵あんこ」なら心配不要です。自然な甘みがクセになる!便秘や冷え症の改善、体の毒出し効果も抜群です。ジッパー付きの袋を使った簡単発酵方法をご紹介します。【レシピ】高山益実(管理栄養士・認定心理士・「食心のアトリエ」主宰)


あく抜き不要!腸内の宿便を排出する「すりおろしゴボウスープ」の作り方

あく抜き不要!腸内の宿便を排出する「すりおろしゴボウスープ」の作り方

アルカリ性食品のゴボウは食物繊維が豊富で、体に不要なものの排泄を促してくれます。デトックス効果を体感しやすいため、野菜や玄米を中心とした食事を指導している私の教室「ミレット・スタイル」でも最初に教える料理としてゴボウを使っています。【解説】人見惠子(ミレット・スタイル代表)


便漏れで下着が汚れた!9割は“ニセ便失禁” 治す方法は「まず温水便座をやめる」

便漏れで下着が汚れた!9割は“ニセ便失禁” 治す方法は「まず温水便座をやめる」

前回に引き続き、「便失禁」のお悩みについて、お答えします。前回は、便失禁で悩んで当院に来られている人の実に9割が、肛門機能に異常がない「ニセ便失禁」であること、その原因の多くは、肛門付近に便が残っている「出残り便秘(R)」であることをお伝えしました。【解説】佐々木みのり(大阪肛門科診療所副院長)


腕振りのダイエット効果 太極拳の準備運動“スワイショウ”

腕振りのダイエット効果 太極拳の準備運動“スワイショウ”

「太極拳のような、体にいい運動をやってみたい」と思いながら、「難しそう」「時間がない」などの理由で、あきらめている人は多いのではないでしょうか。そんな人にぜひお勧めしたいのが、誰でも簡単にできて、健康効果の高い腕ふり運動「スワイショウ」です。【解説】楊進(日本健康太極拳協会理事長)


最新の投稿


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)