MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
間欠跛行が改善!首・腰のこわばりをリセットする「ひざ倒し」のやり方

間欠跛行が改善!首・腰のこわばりをリセットする「ひざ倒し」のやり方

首のこわばりをほぐし、背中や腰の緊張が緩めば、間欠跛行の改善も期待できます。いったん固まってしまった首の緊張をほぐすのは、実は、簡単ではありません。この体操を行うと、首のこわばりがリセットされ、全身の筋肉の緊張を一挙にほぐすことができます。【解説】梶原千譽(カジハラ治療院院長)

解説者のプロフィール

梶原千譽(かじはら・かずしげ)
カジハラ治療院院長。鍼灸師。

●カジハラ治療院 
東京都練馬区上石神井2-32-13 サンヒルズ上石神井101号
03-3929-7507
http://kajiharatiryouin.com/

首の前傾が全身の筋肉のこわばりを招く!

私の治療院には、脊柱管狭窄症に悩むかたがたくさん訪れます。皆さんに共通しているのは、背中から腰にかけての筋肉がガチガチにこわばっていて、ひどいコリがあることです。
このコリをほぐすと、脊柱管狭窄症に伴う症状を緩和させることができます。

現代は、パソコンやスマホを長時間使い続ける影響で、多くの人の姿勢が悪くなっています。特に目立つのが、頸椎(首の部分の背骨)の変形です。自覚の有無を問わず、スマホを使っているときは、皆さんたいてい頭が前に突き出し、首が前傾した状態になっています。

この姿勢で、長時間スマホを使っていると、その不自然な状態のままになってしまう人が少なくありません。首が前傾していると、当然、背すじは丸くなります。
しかも、この姿勢は、首の筋肉に必要以上の緊張を強いるため、首だけでなく全身の筋肉をかたくして、こわばりを引き起こします。

これは、脊柱管狭窄症に悩む人にとっては極めて重大なことです。背中から腰にかけての筋肉がガチガチにこわばっていれば、その中を通る神経の働きに、悪影響が及ぶだけではありません。血行も悪化してしまいます。

そこで、緊張した首のこわばりをほぐせば、全身の筋肉の緊張が緩和されます。その結果、血行もよくなるうえ、圧迫されていた神経の働きも正常に戻るのです。

そもそも、脊柱管狭窄症は、主に加齢などによって、神経が通っている脊柱管という管が狭まり起こります。
神経が圧迫された結果、腰から足にかけてしびれや痛みが出て、続けて歩けなくなります。これが、脊柱管狭窄症の特徴とされる「間欠跛行」です。首のこわばりをほぐし、背中や腰の緊張が緩めば、間欠跛行の改善も期待できます。

ただし、いったん固まってしまった首の緊張をほぐすのは、実は、簡単ではありません。単純な首のストレッチでは、なかなかほぐれないのです。いったんほぐれたように思えても、しばらくすると、元の悪い状態へ戻ってしまいます。

そこで、脊柱管狭窄症に悩むかたがたにお勧めして効果を上げている方法をご紹介しましょう。それが、「ひざ倒し」です(下図参照)。

この体操を行うと、首のこわばりがリセットされ、全身の筋肉の緊張を一挙にほぐすことができます。実行したあとは、ガチガチにこっていた腰の筋肉が、驚くほどやわらかくなっているでしょう。

この体操は、動作は単純ですが、体がかたい人や、背中のコリがひどい人は、両腕を上げることがかなりきつく感じられるかもしれません。それがひどい痛みでない限り、できるだけ腕を上げた状態で続けてください。
ひざ倒しは、朝起きたときや、寝る前などに行うと決めて、毎日、根気よく続けてみましょう。

「ひざ倒し」のやり方

❶直径10㎝ほどの太さになるように、バスタオルを丸める。
❷あおむけになったら、①のタオルを肩甲骨の下部に当てる。ひじを曲げて、手のひらが頭の両わき辺りに来るようにする。
❸両ひざをそろえて曲げたまま、左右に倒す。20~30回くり返す。

休憩なしで歩けて犬の散歩もできる!

では、ひざ倒しが効果を上げた体験をご紹介しましょう。72歳の男性の例です。
このかたは来院したとき、間欠跛行によって、10mも歩けない状態でした。そのたびに休憩しないと、歩き出せない状態だったのです。

そこで、このひざ倒しを続けてもらいました。
なにしろ、10mも歩けないのは不便ですから、ご本人も熱心にひざ倒しをやってくださったのでしょう。症状がみるみる改善し、今では、途中で休憩せずに歩けるようになりました。日課である犬の散歩もできるようになったと、とても喜んでおられます。

脊柱管狭窄症のかたは、ふだんからネコ背の姿勢を取りがちです。痛みやしびれを感じにくくするためにはやむを得ないのですが、そのままでは、首の前傾をなかなか矯正できません。

今回紹介したひざ倒しは、首のこわばりを一挙にリセットして、全身の筋肉を緩める方法です。根気よく続けることで、間欠跛行の解消が大いに期待できます。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
私は、朝の起床時と夜の就寝前に、それぞれ5分ずつ行っていますが、最初はそれをするのも大変でした。しかし、無理のない範囲から始めて、だんだんできるようになりました。約3ヵ月後、杖を使わずに歩けるようになり、半年を過ぎたころからは腰の突っ張り感も減ってきました。【体験談】黒岩智子(仮名・パートタイマー・68歳)
更新: 2019-03-16 18:00:00
八木先生は「ダマされたと思って、しばらく続けてみて」と笑顔でおっしゃいました。すると、1週間も経ったころです。冷えていた太ももとひざの裏が温かくなってきました。血流が戻ってきた感じです。その後もまじめに続けたところ、3ヵ月後にはすっかりしびれが消えました。【体験談】守田浩樹(仮名・介護福祉士・28歳)
更新: 2019-03-07 18:00:00
大腰筋がかたい人は、腰周りの柔軟性がなくなって、お尻や太ももの筋肉もかたくなっているからです。これらの筋肉がかたいと、骨盤が引っ張られて後ろに傾き、大腰筋が動きにくくなります。また、歩くときの衝撃や重力の負荷をうまく吸収できず、症状が悪化しやすくなります。【解説】神橋勝俊(神橋筋整体院院長・柔道整復師)
更新: 2019-03-06 18:00:00
この体操はよく効きました。やったその場で痛みが軽くなるのです。ふだんは朝晩、ベッドの上で股関節締めを10回ずつ行っています。そのおかげで、現在は左のひざ下の痛みはほとんど起こらなくなり、少々長く歩いても大丈夫です。痛み止めの薬を飲む必要は全くありません。【体験談】上田和代(主婦・100歳)
更新: 2019-02-28 18:00:00
脊柱管狭窄症も、体幹のゆがみの現れの一つです。体幹のゆがみは、その程度や形状によって症状が出る場所が異なってきます。そういうことであれば、症状を改善するのに必要かつ有効な治療は、症状の元になっている体のゆがみを是正し、筋肉をほぐして血流を改善することに、ほかなりません。【解説】八木雅之(城山接骨院院長・柔道整復師)
更新: 2019-02-21 18:00:00
最新記事
その翌朝です。目が覚めた瞬間、「これまでと違う」とはっきりわかりました。まぶたが軽く、目がぱっちり開いているのです。鏡で見ると、目元もフェイスラインもスッキリしています。起き抜けにむくんでいない自分の顔を見るのは久しぶりでした。うれしくてテンションが上がりました。【体験談】香山智美(仮名・自由業・38歳)
更新: 2019-03-24 18:00:00
眼球は表にむき出しになった器官です。その裏側の見えない部分は首の後ろの筋肉とつながっています。目のピントを合わせるには、毛様体筋だけでなく、それにつながる首の筋肉が十分動く必要があるのです。さらに首の筋肉は肩や背中に、背中の筋肉も股関節や足の筋肉など、下半身とも連動しているのです。【解説】山本卓弥(視力回復研究所代表)
更新: 2019-03-23 18:00:00
私は生地屋でピンクの布を買い求め、ヨガ教室に持参し生徒に「寝る前にこの色をイメージして呼吸をしてみて」とお願いしたのです。2週間後、生徒たちと再会すると、何名かの雰囲気が変わったことに気づきました。一言で言えば、女性らしさが増したような感じなのです。【解説】小池能里子(ビビッド・エイジング研究家)
更新: 2019-03-22 18:00:00
スイカ糖の効果は強力で、夜中も2時間おきくらいにトイレに行きたくなりました。困った私は、スイカ糖を夜にとるのはやめ、朝1回だけにしたのです。その結果、夜の尿意は治まりました。体調もいいので、ずっと朝1回スイカ糖をとる習慣を続けています。70歳目前の今も、悪いところはどこもありません。【体験談】鶴永恵子(主婦・69歳)
更新: 2019-03-21 18:00:00
こうして手のひらを押していたところ、なんと今年3月の人間ドックではヘモグロビンA1cが6.3%と正常値にまで低下したのです。これで安心したのですが、私の母にはもっと凄い効果が表れました。インスリン注射を1日1回に減らせました。注射は体に大きな負担があるらしく、これには母も大喜びでした【体験談】小池幸子(会社員・56歳)
更新: 2019-03-19 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt