医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

脊柱管狭窄症が招くロコモティブシンドロームの進行・症状を抑える体操「ロコトレ」のやり方

脊柱管狭窄症が招くロコモティブシンドロームの進行・症状を抑える体操「ロコトレ」のやり方

「ロコモティブシンドローム」は、骨、筋肉、関節、神経などの運動器に障害が起こり、歩いたり体を動かしたりする機能が低下して、要支援・要介護になるリスクが高い状態をいいます。このロコモを引き起こす病気の一つに、腰部脊柱管狭窄症があります。【解説】重松英樹(奈良県立医科大学整形外科学内講師)


解説者のプロフィール

重松英樹(しげまつ・ひでき)
奈良県立医科大学整形外科学内講師。
1975年生まれ。2000年、奈良県立医科大学を卒業し、同大学整形外科へ入局。11年より脊柱側弯治療で有名な香港大学整形外科へ1年間留学し、12年より現職。日本整形外科専門医、認定脊椎脊髄外科指導医。ロコモ、脊髄モニタリング、脊柱側弯症、転移性脊椎腫瘍の臨床研究などを行う。

短い距離を歩く速度は一般高齢者と大差ない

超高齢化社会に突入し、よく使われるようになった言葉に、「ロコモティブシンドローム(運動器症候群。以下、ロコモ)」があります。
これは骨、筋肉、関節、神経などの運動器に障害が起こり、歩いたり体を動かしたりする機能が低下して、要支援・要介護になるリスクが高い状態をいいます。

このロコモを引き起こす病気の一つに、腰部脊柱管狭窄症があります。これは、脊髄(脳と体の各部を結ぶ神経組織)が通っている脊柱管が狭くなって、神経が圧迫される病気です。そのため、下肢(下半身)にしびれや痛みが出て、長く立ったり歩いたりできなくなるのが特徴です。

脊柱管狭窄症はロコモと関係の深い病気ですが、これまで、「ロコモチェック」を使って、脊柱管狭窄症患者と一般高齢者の評価を比較した研究はありませんでした。

ロコモチェックは、一般の人がロコモかどうか判断するためのチェックリストです。主に下半身の筋力やバランス、全身的な体力の程度を確認します。全部で7項目あり、このうち一つでも該当していたら、ロコモの可能性があるのです。

そこで私たちは、当院で脊柱管狭窄症の手術を受ける前の65歳以上の患者20名と、健康イベントに参加した65歳以上の一般高齢者30名に、ロコモチェックを行ってもらい、比較・検討しました。

結果、「該当する」と答えた項目数は、一般高齢者が1.4項目だったのに対し、脊柱管狭窄症患者は4.2項目でした。狭窄症患者のほうが、明らかに該当数が多く、運動機能が低下していることがわかります。

また、7項目中5項目は、脊柱管狭窄症患者の該当数が有意に多かったものの、有意差のない項目も二つありました。「②家の中でつまずいたり滑ったりする」と、「⑦横断歩道を青信号で渡りきれない」です。

②は主に下半身のバランス、⑦は歩く速度を評価するものです。特に⑦は差が少なく、短い距離を歩く速度なら、脊柱管狭窄症患者も一般高齢者とあまり変わらないことがわかります。

ロコモチェックは、ロコモ度を測るものではありません。しかし、該当数はロコモの重症度を反映しており、多くなるほど要介護のリスクが高くなると推測されます。

その観点から判断すると、脊柱管狭窄症患者は一般高齢者よりロコモ度が高く、要介護になりやすいといえます。

今回は、術前でチェックをしましたが、術後どう変わるか、大いに関心のあるところです。すでに一部の患者さんの術前・術後のデータを集めていますが、術後はロコモチェックの該当数が減る傾向にあります。

手術を受けた患者さんの運動機能回復にも役立つ

脊柱管狭窄症は、下半身に痛みやしびれが出るだけでなく、ADL(日常生活の活動度)が低下する病気です。したがってふだんから、ADLが低下しないよう、下半身をトレーニングすることが必要です。
私たちは外来で、脊柱管狭窄症の患者さんに次のようなロコモーショントレーニング(以下、ロコトレ)を勧めています。

❶片足立ち
片足立ちは、主にバランス能力や下半身の筋力をつける運動です。姿勢をまっすぐにして立ち、片足を5~10㎝上げた状態で、1分間保ちます。反対の足も、同様に行います。

❷スクワット
スクワットは、下半身の筋力を効率よく鍛える運動です。肩幅より少し広めに足を広げて立ちます。ゆっくり腰を落としたら、ゆっくりひざを伸ばします。これを、5回くり返します。高齢者は、ひざを曲げる角度は45度くらいでかまいません。

転倒しないように、いずれも最初は壁やイスの背などにつかまって行ってください。安定して立てるようになったら、支えなしで行いましょう。

どちらも、1日3セットくらいが目安です。くれぐれも無理のない程度から始め、少しずつ回数を増やします。

脊柱管狭窄症の手術を受けた患者さんは、このロコトレを行うと、運動機能の回復に役立ち、日常生活により早く復帰できるようになります。
ロコモは、何もしないでいると確実に進行します。その進行を抑えるために、そして、少しでも脊柱管狭窄症の症状を和らげるためにも、ぜひロコトレを始めてください。

「ロコトレ」のやり方

❶片足立ち

転倒が心配な場合、壁やイスの背などにつかまって行う。
❶姿勢をまっすぐにして立つ。
❷片足を5~10㎝ほど上げた状態で、1分間保つ。
❸反対の足も同様に行う。
②~③を1セットとし、1日に3セット行う。

❷スクワット

転倒が心配な場合、壁やイスの背などにつかまって行う。
❶肩幅より少し広めに足を広げて立ち、つま先を少し外に開く。両手は前方へ胸の高さに上げる。
❷お尻を後ろに引き、ゆっくり腰を落とす。このとき、ひざがつま先と同じ方向を向き、つま先より前に出ないようにする。
❸②の状態からゆっくりひざを伸ばす。
②~③を5回行うのを1セットとし、1日3セット行う。


※ひざを曲げる角度は、45~90度のできる範囲でよい。
※スクワットができない人は、イスに座って、机に手をついて立ち座りの動作をくり返すとよい。

この記事は『壮快』2018年11月号に掲載されています
 

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


脊柱管狭窄症は歪みの現れ!股関節を緩めてゆがみをとる運動「内また屈伸」のやり方

脊柱管狭窄症は歪みの現れ!股関節を緩めてゆがみをとる運動「内また屈伸」のやり方

脊柱管狭窄症も、体幹のゆがみの現れの一つです。体幹のゆがみは、その程度や形状によって症状が出る場所が異なってきます。そういうことであれば、症状を改善するのに必要かつ有効な治療は、症状の元になっている体のゆがみを是正し、筋肉をほぐして血流を改善することに、ほかなりません。【解説】八木雅之(城山接骨院院長・柔道整復師)


間欠跛行が改善!首・腰のこわばりをリセットする「ひざ倒し」のやり方

間欠跛行が改善!首・腰のこわばりをリセットする「ひざ倒し」のやり方

首のこわばりをほぐし、背中や腰の緊張が緩めば、間欠跛行の改善も期待できます。いったん固まってしまった首の緊張をほぐすのは、実は、簡単ではありません。この体操を行うと、首のこわばりがリセットされ、全身の筋肉の緊張を一挙にほぐすことができます。【解説】梶原千譽(カジハラ治療院院長)


腰痛のセルフケア「わきの押し回し」で20年使ったコルセットが不要に!

腰痛のセルフケア「わきの押し回し」で20年使ったコルセットが不要に!

特につらかったのが、洗い物をしたり、風呂場の掃除をしたりするなど中腰の姿勢になるときです。それに加え腕が上がらないので、洗濯物を干すのもひと苦労で、家事を満足にこなせませんでした。施術を受けながらセルフケアを続けたところ、わずか1ヵ月間で腰痛はうそのように軽くなりました。【体験談】中村芳美(仮名・無職・70歳)


寝返りでも激痛【脊柱管狭窄症】私は「肩甲骨ほぐし」で痛み・しびれを改善できた

寝返りでも激痛【脊柱管狭窄症】私は「肩甲骨ほぐし」で痛み・しびれを改善できた

私は、この肩甲骨ほぐしを毎朝起床時に、各30回ずつ行いました。我ながら、一生懸命取り組んだと思います。変化は1ヵ月ほどで現れました。病院で処方された薬も飲んでいましたが、下半身の感覚が明らかに違うのです。念のため、薬は処方してもらっていますが、この3ヵ月はほとんど飲んでいません。【体験談】今川恵子(仮名・主婦・77歳)


脊柱管狭窄症を食事で改善!栄養素はサバ缶でとれる?専門医おすすめレシピを公開

脊柱管狭窄症を食事で改善!栄養素はサバ缶でとれる?専門医おすすめレシピを公開

脊柱管狭窄症が引き起こされる一因は、靭帯や筋肉、骨の衰えです。ですからそれらの衰えにブレーキをかける栄養素を日ごろから十分に摂取することはとても大切なのです。積極的にとってもらいたいのが、エラスチンというたんぱく質の一種です。【監修】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)【料理・栄養計算】検見﨑聡美(料理研究家・管理栄養士)


最新の投稿


ぺったんこ前髪がボリュームアップ!酢玉ねぎで体重も6kg減らせた!

ぺったんこ前髪がボリュームアップ!酢玉ねぎで体重も6kg減らせた!

主人の血糖値ですが、酢タマネギを食べ始めてわずか2ヵ月ほどで100mg/dlまで下がりました。服薬を続けても下がらなかったのに、酢タマネギを食べ始めてすぐに改善したことには驚きました。血圧も下がり、以前は降圧剤を飲んで最大血圧が200mmHgだったのが、今は130mmHg程度です。【体験談】伊林好子(主婦・76歳)


脊柱管狭窄症は歪みの現れ!股関節を緩めてゆがみをとる運動「内また屈伸」のやり方

脊柱管狭窄症は歪みの現れ!股関節を緩めてゆがみをとる運動「内また屈伸」のやり方

脊柱管狭窄症も、体幹のゆがみの現れの一つです。体幹のゆがみは、その程度や形状によって症状が出る場所が異なってきます。そういうことであれば、症状を改善するのに必要かつ有効な治療は、症状の元になっている体のゆがみを是正し、筋肉をほぐして血流を改善することに、ほかなりません。【解説】八木雅之(城山接骨院院長・柔道整復師)


手のひら押しは「冷や汗が出るほど痛い」が効果に驚き!私は降圧剤の減薬に成功!

手のひら押しは「冷や汗が出るほど痛い」が効果に驚き!私は降圧剤の減薬に成功!

定期通院で血圧が130mmHgに下がっていたのです。降圧剤でも正常値にならなかったので、このときは「うそでしょ!? 」と声が出るほど本当に驚きました。2ヵ月後も正常値だったため4錠だった降圧剤を2錠に減らせました。念願だった減薬に着手できてどれだけうれしかったかわかりません。【体験談】山田平次(仮名・会社員・69歳)


【騙されたと思って試してみて】伝説のアクション女優がゾッコン!玉ねぎのサラダとぬか漬け

【騙されたと思って試してみて】伝説のアクション女優がゾッコン!玉ねぎのサラダとぬか漬け

独身時代はほとんど食べ物に気を遣っていなかった私でも、家族ができれば話は別。なるべく人工添加物などが使われていない、体にいい食べ物を食卓に並べるようにしてきました。自然に食べ物へ関心を持つようになったわけですが、近年私の心をとらえて離さないのが「タマネギ」です。【体験談】志穂美悦子(フラワーアクティビスト)


生理前のむくみ対策に「耳輪ゴム」をしてみたら…15kgやせて顔も足もスッキリ!

生理前のむくみ対策に「耳輪ゴム」をしてみたら…15kgやせて顔も足もスッキリ!

耳輪ゴムをして眠れば、お酒を飲んだ日の翌朝でも顔はスッキリとしたままです。生理前でもむくみが気にならないのがうれしいです。今は肩も軽いです。肩こりの自覚はなかったのですが、もしかしたら首や肩の筋肉がずっと緊張していたのかもしれません。最近は年齢よりも若く見られることがよくあります。【体験談】岩崎小夜子(自営業・50歳)