MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
脊柱管狭窄症が招くロコモティブシンドロームの進行・症状を抑える体操「ロコトレ」のやり方

脊柱管狭窄症が招くロコモティブシンドロームの進行・症状を抑える体操「ロコトレ」のやり方

「ロコモティブシンドローム」は、骨、筋肉、関節、神経などの運動器に障害が起こり、歩いたり体を動かしたりする機能が低下して、要支援・要介護になるリスクが高い状態をいいます。このロコモを引き起こす病気の一つに、腰部脊柱管狭窄症があります。【解説】重松英樹(奈良県立医科大学整形外科学内講師)

解説者のプロフィール

重松英樹(しげまつ・ひでき)
奈良県立医科大学整形外科学内講師。
1975年生まれ。2000年、奈良県立医科大学を卒業し、同大学整形外科へ入局。11年より脊柱側弯治療で有名な香港大学整形外科へ1年間留学し、12年より現職。日本整形外科専門医、認定脊椎脊髄外科指導医。ロコモ、脊髄モニタリング、脊柱側弯症、転移性脊椎腫瘍の臨床研究などを行う。

短い距離を歩く速度は一般高齢者と大差ない

超高齢化社会に突入し、よく使われるようになった言葉に、「ロコモティブシンドローム(運動器症候群。以下、ロコモ)」があります。
これは骨、筋肉、関節、神経などの運動器に障害が起こり、歩いたり体を動かしたりする機能が低下して、要支援・要介護になるリスクが高い状態をいいます。

このロコモを引き起こす病気の一つに、腰部脊柱管狭窄症があります。これは、脊髄(脳と体の各部を結ぶ神経組織)が通っている脊柱管が狭くなって、神経が圧迫される病気です。そのため、下肢(下半身)にしびれや痛みが出て、長く立ったり歩いたりできなくなるのが特徴です。

脊柱管狭窄症はロコモと関係の深い病気ですが、これまで、「ロコモチェック」を使って、脊柱管狭窄症患者と一般高齢者の評価を比較した研究はありませんでした。

ロコモチェックは、一般の人がロコモかどうか判断するためのチェックリストです。主に下半身の筋力やバランス、全身的な体力の程度を確認します。全部で7項目あり、このうち一つでも該当していたら、ロコモの可能性があるのです。

そこで私たちは、当院で脊柱管狭窄症の手術を受ける前の65歳以上の患者20名と、健康イベントに参加した65歳以上の一般高齢者30名に、ロコモチェックを行ってもらい、比較・検討しました。

結果、「該当する」と答えた項目数は、一般高齢者が1.4項目だったのに対し、脊柱管狭窄症患者は4.2項目でした。狭窄症患者のほうが、明らかに該当数が多く、運動機能が低下していることがわかります。

また、7項目中5項目は、脊柱管狭窄症患者の該当数が有意に多かったものの、有意差のない項目も二つありました。「②家の中でつまずいたり滑ったりする」と、「⑦横断歩道を青信号で渡りきれない」です。

②は主に下半身のバランス、⑦は歩く速度を評価するものです。特に⑦は差が少なく、短い距離を歩く速度なら、脊柱管狭窄症患者も一般高齢者とあまり変わらないことがわかります。

ロコモチェックは、ロコモ度を測るものではありません。しかし、該当数はロコモの重症度を反映しており、多くなるほど要介護のリスクが高くなると推測されます。

その観点から判断すると、脊柱管狭窄症患者は一般高齢者よりロコモ度が高く、要介護になりやすいといえます。

今回は、術前でチェックをしましたが、術後どう変わるか、大いに関心のあるところです。すでに一部の患者さんの術前・術後のデータを集めていますが、術後はロコモチェックの該当数が減る傾向にあります。

手術を受けた患者さんの運動機能回復にも役立つ

脊柱管狭窄症は、下半身に痛みやしびれが出るだけでなく、ADL(日常生活の活動度)が低下する病気です。したがってふだんから、ADLが低下しないよう、下半身をトレーニングすることが必要です。
私たちは外来で、脊柱管狭窄症の患者さんに次のようなロコモーショントレーニング(以下、ロコトレ)を勧めています。

❶片足立ち
片足立ちは、主にバランス能力や下半身の筋力をつける運動です。姿勢をまっすぐにして立ち、片足を5~10㎝上げた状態で、1分間保ちます。反対の足も、同様に行います。

❷スクワット
スクワットは、下半身の筋力を効率よく鍛える運動です。肩幅より少し広めに足を広げて立ちます。ゆっくり腰を落としたら、ゆっくりひざを伸ばします。これを、5回くり返します。高齢者は、ひざを曲げる角度は45度くらいでかまいません。

転倒しないように、いずれも最初は壁やイスの背などにつかまって行ってください。安定して立てるようになったら、支えなしで行いましょう。

どちらも、1日3セットくらいが目安です。くれぐれも無理のない程度から始め、少しずつ回数を増やします。

脊柱管狭窄症の手術を受けた患者さんは、このロコトレを行うと、運動機能の回復に役立ち、日常生活により早く復帰できるようになります。
ロコモは、何もしないでいると確実に進行します。その進行を抑えるために、そして、少しでも脊柱管狭窄症の症状を和らげるためにも、ぜひロコトレを始めてください。

「ロコトレ」のやり方

❶片足立ち

転倒が心配な場合、壁やイスの背などにつかまって行う。
❶姿勢をまっすぐにして立つ。
❷片足を5~10㎝ほど上げた状態で、1分間保つ。
❸反対の足も同様に行う。
②~③を1セットとし、1日に3セット行う。

❷スクワット

転倒が心配な場合、壁やイスの背などにつかまって行う。
❶肩幅より少し広めに足を広げて立ち、つま先を少し外に開く。両手は前方へ胸の高さに上げる。
❷お尻を後ろに引き、ゆっくり腰を落とす。このとき、ひざがつま先と同じ方向を向き、つま先より前に出ないようにする。
❸②の状態からゆっくりひざを伸ばす。
②~③を5回行うのを1セットとし、1日3セット行う。


※ひざを曲げる角度は、45~90度のできる範囲でよい。
※スクワットができない人は、イスに座って、机に手をついて立ち座りの動作をくり返すとよい。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
システマでは、闘い続けるために体を整える方法が確立されています。痛みが生じている場合、腰や背中の筋肉がかたく緊張しています。その緊張を緩めたくても痛む腰を刺激することはできないとき「おなかもみ」が役に立ちます。【解説】北川貴英(ロシア武術「システマ」インストラクター)
更新: 2019-04-05 10:09:41
毎日根気よく続けるようになって数週間経ったころでしょうか。以前よりも腕が軽くなってきたように感じました。かたかった背中の筋肉、肩の緊張もほぐれてきて、ついには腰や足の痛みをほとんど感じなくなっているのに気がつきました。【体験談】井川京子(仮名・主婦・75歳) 
更新: 2019-04-03 18:00:00
私たちは患者さんに高負荷の運動をしてもらい成果を上げてきました。しかし脊柱管狭窄症の患者さんの場合、痛みを伴うほど過度に行うと、逆に症状を悪化させてしまうことがあるのです。そこで、私がお勧めしたい体操が、「水平のポーズ」と「でんでん体操」です。【解説】田島文博(和歌山県立医科大学医学部リハビリテーション医学講座教授)
更新: 2019-04-05 10:16:37
私は、朝の起床時と夜の就寝前に、それぞれ5分ずつ行っていますが、最初はそれをするのも大変でした。しかし、無理のない範囲から始めて、だんだんできるようになりました。約3ヵ月後、杖を使わずに歩けるようになり、半年を過ぎたころからは腰の突っ張り感も減ってきました。【体験談】黒岩智子(仮名・パートタイマー・68歳)
更新: 2019-03-16 18:00:00
八木先生は「ダマされたと思って、しばらく続けてみて」と笑顔でおっしゃいました。すると、1週間も経ったころです。冷えていた太ももとひざの裏が温かくなってきました。血流が戻ってきた感じです。その後もまじめに続けたところ、3ヵ月後にはすっかりしびれが消えました。【体験談】守田浩樹(仮名・介護福祉士・28歳)
更新: 2019-03-07 18:00:00
最新記事
ストレスに強くなり、うつを防ぎ・治す食事とは、特別なものがあるわけではありません。あたりまえのことですが、栄養バランスのよい食事を1日3食きちんと食べることです。ただし、いくつかのポイントがあるのも事実です。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-24 18:00:00
βグルカンの精製をさらに進めたところ、それまでとはまったく別の物質を発見しました。これが「MXフラクション」で、今のところマイタケからしか発見されていない成分です。【解説】難波宏彰(神戸薬科大学名誉教授・鹿児島大学大学院医歯学総合研究科客員教授)
更新: 2019-04-23 18:00:00
骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけなど、わかりずらく続けにくい場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)
更新: 2019-04-22 18:00:00
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2019-04-21 18:00:00
現代人は遠くをあまり見なくなったせいで眼筋と呼ばれる目の筋肉が衰えています。食生活も乱れがちなので目の周りの血行もよくありません。これらが目の諸症状を引き起こすのです。一度身についた生活習慣を変えることは容易ではありません。そこでお勧めなのが目のエクササイズです。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)
更新: 2019-04-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt