MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
自宅でできる【炭酸水洗顔のやり方】手作りの炭酸水でシミシワを防いで美肌に!

自宅でできる【炭酸水洗顔のやり方】手作りの炭酸水でシミシワを防いで美肌に!

炭酸水で血流がアップするのなら、炭酸水で洗顔すれば、美肌づくりに役立つのでは。さらにその炭酸水を安く手作りできたなら、毎日気軽に使えてより美容効果が上がるはず、と考えました。重曹もクエン酸も食品添加物として使われるほど安全な成分でスーパーなどで安価に購入できます。【解説】寺井美佐栄(シロノクリニック池袋院院長)

解説者のプロフィール

寺井美佐栄(てらい・みさえ)
●シロノクリニック池袋院
東京都豊島区西池袋3-25-11 CIC IKEBUKURO BUIL8F
0120-936-600
https://ikebukuro.shirono.net/

シロノクリニック池袋院院長。
日本レーザー医学会、日本美容皮膚科学会所属。日本抗加齢医学会専門医。2004年、産業医科大学医学部卒業。東京労災病院、東京女子医科大学女性生涯健康センターを経て、2013年シロノクリニックに入職。2014年より現職。RYT200 全米ヨガアライアンス認定インストラクターの資格も持つ。

材料は重曹とクエン酸!入手しやすく安価で安全

近年、スキンケアに関心の高い女性の間で話題になっているのが、炭酸水の美容効果です。
炭酸水は、もともと医療目的で利用されてきました。二酸化炭素を含んだ炭酸泉による温泉療法は、古今東西で治療効果が認められています。

炭酸水には血流改善効果があり、高血圧や動脈硬化などの生活習慣病を改善します。また、神経痛や筋肉痛、関節痛、皮膚疾患の改善にも有効で、健康によいのは折り紙付きなのです。

私が炭酸水に興味を持ったのは、3年ほど前だったでしょうか。ちょうど、ブームになり始めたころです。
炭酸水で血流がアップするのなら、炭酸水で洗顔すれば、美肌づくりに役立つのでは。さらにその炭酸水を安く手作りできたなら、毎日気軽に使えて、より美容効果が上がるはず、と考えました。

水に炭酸水素ナトリウム、つまり重曹と、酸を加えると、二酸化炭素が発生します。
材料の酸として、当初は酢を試したのですが、においがきつくて洗顔には向きません。そこで選んだのがクエン酸です。
クエン酸を加えると、二酸化炭素と同時に、クエン酸ナトリウムも発生します。そのため、作った炭酸水を飲むと、多少の塩気が感じられます。とはいえ洗顔に使うには、十分です。

重曹もクエン酸も、スーパーやドラッグストアなどで安価に購入できます。いずれも、食品添加物として使われるほど安全な成分です。掃除用の商品と、日本薬局方の医薬品がありますが、より高い安全性を求めるのであれば、精製されている医薬品を選ぶといいでしょう。

ペットボトルに入った市販の炭酸水と同様に、手作りの炭酸水も、時間をおくと気が抜けてしまいます。ですから、作りおきはできません。洗顔のつど、材料を混ぜて、炭酸水を作ってください。出来たての気泡が、シュワシュワと肌に弾ける感覚は、気持ちのよいものです。

炭酸の気泡には、汚れを包んで除去する作用のあることが、研究でわかっています。また、炭酸の血流改善作用により、代謝が向上。肌のターンオーバー(再生)が促されます。

副交感神経が優位になる夜に行うのがお勧め!

さらに、炭酸の働きで血流がよくなると、自律神経のうちの副交感神経が優位になります。
自律神経とは、私たちの無意識下で体の諸機能を調整している神経です。日中に働いて体を活動モードに導く交感神経と、夜に働いて体をリラックスモードに導く副交感神経の二つがあり、両者が常にバランスを取りながら機能しています。

副交感神経が優位になると、体が弛緩して毛穴が開くので、肌の汚れがより落としやすくなるでしょう。
このように多くの作用が相乗し、炭酸水洗顔をしたあとは、余分な皮脂や古い角質が取れて肌がツルツルになるのです。

洗顔の際は、水の温度にも注意してください。熱過ぎたり冷た過ぎたりすると、交感神経が優位になり血管が収縮し、毛穴が閉じてしまいます。

また、冷たい水により血液の温度が下がると、赤血球内のヘモグロビンが酸素を放出しにくくなります。すると、肌への酸素の供給量が減り、ターンオーバーが滞ってしまうのです。ですから、洗顔には、ぬるま湯が最も適しています。

ちなみに、炭酸水に含まれる成分は安全なので、毎日炭酸水で洗顔しても、肌に負担をかけることはありません。

行うタイミングとしては、一日の最後、副交感神経が優位になる夜の入浴時がお勧めです。洗面器に炭酸水を作ったら、染み込ませるように肌に押し当て丁寧に洗顔しましょう。

炭酸水洗顔は、毛穴の汚れや脂浮きだけでなく、肌のくすみや、シミ、シワ、たるみなど、老化現象の予防にもいい効果が期待できます。ぜひ、習慣にしてください。

炭酸水を手作りする!炭酸水洗顔のやり方

※化粧をしている場合は、まずメイクを落とし、普通の洗顔のあと、仕上げに炭酸水洗顔を行う。
※肌に合わないと感じた場合は中止する。

【材料】
・ぬるま湯…500ml
・クエン酸、重曹…各小さじ1

【炭酸水洗顔のやり方】
❶材料をすべて洗面器に入れ、混ぜ合わせる。

❷炭酸水を両手ですくい、肌に押し当てる。

❸②を3分ほどくり返し、最後は真水ですすぐ。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
人間はコラーゲンをそのまま摂取しても消化できません。しかし加熱すると、構造が壊れてゼラチンになり、簡単に消化できるようになります。ゼラチンを酵素で細かく分解するとペプチドになります。肌ダメージが気になる方はゼラチンやペプチドを食べる習慣をつけると良いでしょう。【解説】佐藤健司(京都大学大学院農学研究科教授・農学博士) 
更新: 2019-04-13 18:00:00
日焼けはともかく、紫外線のダメージでシミやシワだらけの顔では、美容の仕事をするうえで説得力がなくなってしまいます。そこで、サーフィンを楽しむときに、レモンでビタミンCを補給していました。ビタミンCはとても抗酸化力が高いので、おかげでシミやシワに悩まされずに済んだのです。【体験談】竹脇友加(PRコーディネーター・46歳)
更新: 2018-10-14 20:00:00
足指が動くようになると、血流がよくなり、全身の冷えが改善します。体温が上がると代謝がアップして脂肪を燃焼する効果が高まり、太りにくくなります。いわゆる「ヤセ体質」になるというわけです。血流がよくなれば、むくみも解消し、肌のくすみ、シミ、シワなどの改善が期待できます。【解説】寺井美佐栄(シロノクリニック池袋院院長)
更新: 2018-10-07 07:00:00
「セルフ経絡ヘッドケア」は、マッサージではなく、頭皮を引っ張って伸ばす、いわば頭皮ストレッチです。皮膚と筋肉は、短い時間ですが、刺激や動きを記憶します。毎日、ていねいに引き上げると、記憶の時間が長くなり、リフトアップした状態を維持できるようになります。【解説】谷口光利(日本ボディーケア学院学院長)
更新: 2018-10-06 18:00:00
違うように思われがちですが「病気」と「肌のトラブル」は原因も療法も同じです。病気は主にストレス、疲労などが原因で起きます。一方で、シミ・シワ、くすみ、吹き出物、乾燥肌、肌荒れといった肌トラブルも、これらが主な原因です。【解説】鳴海理恵(気血免疫療法会・VE&BI治療院院長)
更新: 2018-09-04 13:47:41
最新記事
ストレスに強くなり、うつを防ぎ・治す食事とは、特別なものがあるわけではありません。あたりまえのことですが、栄養バランスのよい食事を1日3食きちんと食べることです。ただし、いくつかのポイントがあるのも事実です。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-24 18:00:00
βグルカンの精製をさらに進めたところ、それまでとはまったく別の物質を発見しました。これが「MXフラクション」で、今のところマイタケからしか発見されていない成分です。【解説】難波宏彰(神戸薬科大学名誉教授・鹿児島大学大学院医歯学総合研究科客員教授)
更新: 2019-04-23 18:00:00
骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけなど、わかりずらく続けにくい場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)
更新: 2019-04-22 18:00:00
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2019-04-21 18:00:00
現代人は遠くをあまり見なくなったせいで眼筋と呼ばれる目の筋肉が衰えています。食生活も乱れがちなので目の周りの血行もよくありません。これらが目の諸症状を引き起こすのです。一度身についた生活習慣を変えることは容易ではありません。そこでお勧めなのが目のエクササイズです。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)
更新: 2019-04-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt