MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【夜間頻尿】原因は足のむくみ ふくらはぎをもんで動かせば改善できる

【夜間頻尿】原因は足のむくみ ふくらはぎをもんで動かせば改善できる

夜間頻尿の主な原因として考えられるのが多尿です。多尿は余分な水分がきちんと排出されずに、体内に多量に残っている状態です。日中に水分を過剰にとりすぎているのであれば、水分摂取を控えれば済みますが、足に水分がたまっている「むくみ」が原因となっているケースが多いのです【解説】重松宏(山王メディカルセンター血管外科統括部長)

解説者のプロフィール

重松 宏
 血管疾患に対する外科的治療のエキスパートで、経皮的血管形成術や大動脈瘤に対するステントグラフト治療、静脈瘤に対するレーザー治療などの低侵襲的血管内治療の先駆者でもある。「未病に勝る治療はない」と考え、心・血管健診の重要性を啓発している。

血液循環の悪化がむくみを招く!

 中高年に多い悩みの一つである、夜間頻尿。就寝中、トイレに行くために何度も起きることは、その人にとって大きなストレスとなります。睡眠不足や不眠症、慢性的な疲労につながることも少なくありません。

 この夜間頻尿の主な原因として考えられるのが、多尿です。尿の量が多いということは、余分な水分がきちんと排出されずに、体内に多量に残っている状態ということです。日中に水分を過剰にとりすぎている場合であれば、水分摂取を控えれば済むことですが、足に水分がたまっているケースもあります。いわゆる「むくみ」と呼ばれるものです。このむくみこそが、多くの場合、夜間頻尿を引き起こす元凶なのです。

 ではなぜ、水分は排出されずに足にたまり、むくんでしまうのでしょうか。その理由は、血液循環の悪化にあります。

 心臓から押し出された血液は、動脈を通じて全身に送られます。動脈には収縮作用があり、血液を体の隅々にまで送り出すことができます。しかし、心臓への帰り道である静脈には、そうした収縮作用はありません。そのかわり、呼吸と、筋肉のポンプ作用によって、血液を心臓へと送り戻すのです。

 呼吸をすると、胸とおなかにかかる圧が交互に上下して、静脈血の流れが促されます。さらに、筋肉が収縮することによって、筋肉内の静脈に圧がかかって、ポンプのように血液が心臓に押し戻されるのです。
 この筋肉のポンプ作用の際に、重要な役割を担うのが、ふくらはぎです。ふくらはぎには大きな筋肉があり、それを正常に収縮させることによって、遠い心臓まで、じゅうぶんに血液を送ることができるのです。

昼間のうちにふくらはぎを動かそう!

 重力により、下へ下へと向かうのは、血液だけではありません。体内の水分、つまり血管から外の細胞間に染み出た組織液も、同様に足にたまりがちです。このため、夕方になると足がむくんでくるのです。

 この組織液が、静脈血管の中にスムーズに戻れば、足のむくみは解消します。しかし、血液の循環が悪く、静脈内に血液がパンパンにたまっていると、組織液が血管内に戻る余地がありません。すると、夜まで足はむくんだままなのです。

 この状態のまま、就寝時に横になると、重力から解放された足の静脈血は、一気に心臓へと向かいます。血液の巡りがよくなったおかげで、ふくらはぎにたまっていた組織液も血管内へと戻り、むくみは解消されます。

 一方で、体内を循環する血液量はふえたので、体は余分な水分を尿として外に出そうとします。その結果、睡眠中に尿が何度も排泄されるのです。

 つまり、夜間頻尿の改善には、夜までに足のむくみを解消することが重要といえます。そのために有効なのが、昼間のうちにふくらはぎを積極的に動かす運動です。

 具体的には、ウォーキングや、かかとの上下運動です。1日につき、30分の歩行を2〜3セット行い、8000歩を目安に歩くことを心がけましょう。週に3日ほどでも、改善が期待できます。かかとの上下運動は、1日につき50回程度を目安に、かかとを上げ下げしてください。

 運動のほかに、ふくらはぎのマッサージも有効です。手でふくらはぎを、ギュッギュッと何度かもむようにしてください。
 ただ、足に静脈瘤があるかたや、常に足が重かったりだるかったりする人は注意が必要です。外見からはわからない「隠れ静脈血栓」が深部にあった場合、もむことで、血栓がより心臓に近くて太い静脈内に飛び出す可能性があるためです。

 血栓が血流に乗って移動すると、肺動脈をふさぐ肺塞栓症などを起こすおそれがあります。心配なかたは、ふくらはぎをマッサージする前に、一度医師に相談するといいでしょう。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけなど、わかりずらく続けにくい場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)
足の甲に包帯を巻いて2~3日後には、足がむくまなくなりました。以前のように、足がむくんで靴が痛いということもありません。むくみが解消したおかげか、明け方に尿意を感じて目が覚めることがなくなりました。そのため、従来どおり、熟睡するリズムが戻ったのです。【体験談】上田雅代(仮名・看護師・57歳)
効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)
足の甲にある「抜け道血管」も、足の冷えやむくみ、夜間頻尿の原因となります。正式には「動静脈瘻」といい、解剖学の教科書にも記載されている血管です。本来なら指先の毛細血管まで流れていくはずの動脈血が、抜け道血管を通って静脈に流れ込むと、足先は血流不足になって冷えてしまいます。【解説】佐藤達朗(サトウ血管外科クリニック院長)
夜間頻尿が1回減ると、睡眠時間は2時間延びるといわれています。塩分過多の人は、減塩するだけで、睡眠の質が大幅に改善するわけです。夜間頻尿の患者さんに、自分でできる対処法として、減塩といっしょにお勧めしているのが、昼間に行う「かかと落とし」です。【解説】松尾朋博(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科泌尿器科学助教)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)