MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
足をつくと痛いひざ痛が「へそさすり」で解消!腰の重だるさも消えた

足をつくと痛いひざ痛が「へそさすり」で解消!腰の重だるさも消えた

私は、へそさすりをする時間を特に決めていません。思いついたときに1日2~3回、それぞれ5分ほどやっています。それまでは、足を着くと「痛い!」と感じていましたが、その痛みが弱くなってきたのです。また、両ひざのあちこちに移っていた痛みも、発症する頻度が減ってきました。【体験談】朝倉米子(主婦・79歳)

気持ちが落ち着いて足腰も温かくなる!

私は、今年の春先から、両ひざに痛みを感じるようになりました。
特に痛みを感じるのは、歩いて、足を地面に着くときです。年齢的に筋力が弱くなっているのでしょうか、足を着くときにひざが少し内側に入る感じがあって、着くたびにズキンと痛むのです。

しかも、痛みは、あちこちに移動します。右ひざの内側が痛いと思ってしばらくすると、次は左ひざの外側が痛くなり、今度は左ひざの内側が痛くなる、といったぐあいです。
両ひざの内側と外側で、なんの脈略もなく痛みが移動するので、ほとほと困ってしまいました。

そこで、いつも治療していただいている石橋輝美先生に相談しました。そして、自宅でできるいい方法があると教えてくれたのが、「へそさすり」でした。なんでも、おなかの周りとみぞおちを手でさすっていると、腸が温まり、全身の不調が改善されるそうです。

最初にそれを聞いたときは、正直、半信半疑でした。普通に考えれば、ひざの痛みとおなかには、なんの関係もありません。それでも私は、先生にやり方を教わり、へそさすりを始めることにしたのです。

というのも、先生には、ひざが痛くなる数ヵ月前に、ギックリ腰を治療していただいたことがありました。行くときはまともに歩けない状態だったにもかかわらず、治療のおかげで、帰りは普通に歩いて帰れたのです。その後、何度か通っただけで、ギックリ腰による痛みはすっかり消えました。
この経験から、先生のいうとおりにすればきっとよくなるだろう、と思ったのです。

私は、へそさすりをする時間を特に決めていません。思いついたときに1日2~3回、それぞれ5分ほどやっています。
朝起きてすぐや、日中にテレビを見ているとき、夜のお風呂上がりや寝る前など、まちまちです。「やらなくちゃ」と思ってやるのではなく、気づいたらおなかに手が伸びている感じです。

へそさすりでおなかをさすっていると、不思議と気持ちが落ち着きます。そして、しばらくさすっていると、おなか周りや足腰が、徐々に温かくなっていくのです。

スタスタ歩ける!体はどこも痛くない!

先生の治療をはじめ、おなかや下半身が温かくなった影響でしょうか、少しずつですが、ひざの痛みが軽くなっていきました。

それまでは、足を着くと「痛い!」と感じていましたが、その痛みが弱くなってきたのです。また、両ひざのあちこちに移っていた痛みも、発症する頻度が減ってきました。

現在、へそさすりを始めて3ヵ月ほど経ちましたが、ひざの痛みはほとんど感じません。スタスタと歩けるようになったので、今では買い物にも気軽に出かけられます。

また、ギックリ腰になる前から気になっていた、腰の重だるさや痛みも、いつの間にか消えていました。へそさすりをやっていると腰も温まるので、痛みが消えても不思議ではありません。

体の痛みや不調は、いつ現れるかわからないものです。今は、体のどこにも痛みはありませんが、この調子を維持するためにも、へそさすりは毎日、マイペースで続けていこうと思います。

買い物が楽!

大腿動脈の血流が改善しひざや腰の痛みが軽減(大津接骨院院長 石橋輝美)

腰やひざなどの下肢の痛みは、骨の変性による症状を除けば、大腸の下部にガスの滞留があることで、下肢の血行が悪くなって起こるケースが少なくありません。さらに、血行不良による筋肉の硬直は、痛みの悪化につながります。

朝倉さんは、へそさすりを熱心に続けたことで、腸に滞留していたガスが排出され、腸の働きが改善したのでしょう。その結果、血流がよくなり、大腿動脈(太ももを通る太い血管)の血流もアップしたことが、ひざや腰の痛みの改善につながりました。

この記事は『壮快』2018年11月号に掲載されています
この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00
変形性股関節症のため左右の股関節を手術で人工関節に換えています。手術後は痛みが消え生活に支障はありませんでしたが1~2年ほど前、違和感を感じるようになりました。長く歩くと左の股関節の外側が突っ張るような不快な感じがしたのです。しかし、この不快感も43円療法をすれば消えるのです。【体験談】井上亜紀子(仮名・無職・78歳)
更新: 2019-03-27 18:00:00
夫は脳梗塞を患って以来、家にこもりがちでしたが、43円療法を試したところ、その場でぼんやりとしていた目が輝き始めました。最初は渋っていた夫でしたが、体の軽さを自覚したようで、先日は、通院の帰りに、夫と二人でスーパーへ寄り道もしてきました。きっと体と気持ちにゆとりができたのでしょう。【体験談】坂本環(仮名・主婦・76歳)
更新: 2019-03-09 18:00:00
15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)
更新: 2018-12-11 18:00:00
足の指回しを始めてからは、ヒアルロン酸注射を1回も打つことなく、4ヵ月後には、すっかり痛みが消えたのです。痛みを気にせず、フラダンスに打ち込めるようになり、こんなにうれしいことはありません。階段の下りや正座、しゃがむ姿勢も、今では全く問題なくできるようになりました。【体験談】藤野智子(仮名・フラダンス講師・60歳)
更新: 2018-10-28 07:00:00
最新記事
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt