MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【腸内環境を改善】突然の腹痛と下痢が「へそさすり」を続けて改善した!

【腸内環境を改善】突然の腹痛と下痢が「へそさすり」を続けて改善した!

その日はなんと、しっかり形のある便が出たのです。うれしくて、思わず「やったー!」と飛び跳ねそうになりました。毎日へそさすりを続けているおかげで、外出も怖くなくなりました。次に友達に旅行に誘われたら、「行こう!」と、元気に返事をするつもりです。【体験談】稲田雅江(仮名・主婦・63歳)

突然の腹痛におびえて旅行にも行けない

私は、5年ほど前から、おなかの不調に悩んでいました。突発的に、下痢に襲われるのです。
ふだんは、おなかの調子を気にすることなく生活できるのですが、突然、前ぶれもなくおなかが痛くなります。こうなると、慌ててトイレに駆け込まなくてはなりません。そして、便器に座ったとたん、水のような下痢便が出るのです。

腹痛は、時間も場所も関係なく起こります。家にいるときならまだしも、スーパーで買い物をしている途中に痛くなり、買い物カートを放り出して、トイレに駆け込むこともしばしばです。電車に乗っているときに催して、途中下車したことも多々あります。

こんな調子なので、どこへ行くにも怖くて、外出の機会が極端に減りました。友達から旅行に誘われても電車やバスに乗るのが心配なため、すべてお断りしていました。もちろん、おなかの不調のことを話しますが、それでも、「つきあいが悪いと思われたらどうしよう」と不安になります。

悪い状態が続いていたので病院で診てもらったところ、過敏性大腸炎と診断され、薬を処方されました。
ところが、半年経っても症状はいっこうに改善しません。私は、下痢ばかりが続く日々に、「もうこのまま治らないのか」と、途方に暮れました。

そこで思い切って、手術したひざのリハビリでお世話になっていた石橋輝美先生に相談してみました。すると、「いい方法がある」と教えてくれたのが、「へそさすり」です。おなかやみぞおちを手のひらで優しくさするだけで、さまざまな不調が改善するそうです。

私は、気安めにおなかをさすることはあったものの、正直、過敏性大腸炎まで改善するとは思えませんでした。でも、おなかを継続的にさすることで、ときどきさするよりは効果があるのかもしれない、とも感じました。

そこで、先生にへそさすりのやり方を教わり、早速、自宅で始めることにしました。横になってみぞおちをさすったり、おなかの右下から時計回りに大きな円を描くようにさすったり、同じようにおへその周りを小さくさすったりします。

私は、1日2回、朝食前と寝る前に、それぞれ4~5分ほどかけて行いました。おなかをさすっていると気持ちいいだけでなく、ポカポカと全身が温かくなります。へそさすりはやるだけで心地いいので、すぐに毎日の習慣になりました。

毎日スッキリと形のある便が出る!

薬でも改善しなかった症状だけに、へそさすりを始めた当初は、おなかの調子に変化はありませんでした。
それでも、心地いいので続けていると、しだいにおなかが痛くなる頻度が減ってきました。もともと突発的な症状だったので、毎日あった下痢が3日おきになったなどと、はっきりしたことはいえません。ただ、実感として、ふだんの生活が楽になったような気がするのです。

そんなかすかな効果が、驚きの効果に変わったのは、へそさすりを続けて半年ほど経ったころです。
へそさすりを続けている間、お通じは毎日あり、徐々に水っぽい便からやわらかい便になっていました。ところが、その日はなんと、しっかり形のある便が出たのです。うれしくて、思わず「やったー!」と飛び跳ねそうになりました。

その日以降、形のある便の回数が増え、今では毎日、普通の便がスッキリと出ています。以前のように、おなかが急に痛くなって、トイレに駆け込むこともなくなりました。

また、私は、おなかのぐあいが心配で、満足に眠れない日々を過ごしていました。それも、すっかり解消しました。今では快眠・快便の日々を過ごし、とても晴れやかな気分です。

毎日へそさすりを続けているおかげで、外出も怖くなくなりました。次に友達に旅行に誘われたら、「行こう!」と、元気に返事をするつもりです。

外出しても腹痛が怖くない!

腸内環境が改善すれば自律神経がさらに整う(大津接骨院院長 石橋輝美)

腸内環境は、自律神経の影響を大きく受けます。加齢やストレスなどが原因で自律神経が乱れると、腸内環境も悪くなり、それが軟便や下痢、便秘につながります。

過敏性大腸炎に限らず、下痢や軟便が続く人は、腸内環境がとても悪い状態です。整腸剤などが、腸内環境をさらに悪化させるケースもあります。まずは自律神経を整え、腸内環境を改善する必要があるでしょう。

へそさすりを続けることで自律神経のバランスが整うと、腸の働きが正常化し、吸収・排出がスムーズになります。また、おなかの調子が整ってよく眠れるようになると、さらに自律神経が整いやすくなるという相乗効果も期待できます。

この記事は『壮快』2018年11月号に掲載されています
この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
人間本来の解毒作用による毒素の排出は、75%が便からで、20%弱が尿からといわれています。残りが汗、毛髪、爪からの排出です。ですから、健康を考える上で「便をスムーズに出す」ことは非常に重要だといえるのです。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)
更新: 2019-04-12 18:00:00
食べ始めて4日ほどたった頃、劇的な変化がありました。1日おきだったお通じがなんと1日2回になったのです。朝食をとると、すぐトイレに行き、日中にもう1回お通じがあります。便秘解消のおかげか、吹き出物がなくなり、肌がきれいになりました。また、寝起きに起こっていた鼻づまりもなくなりました。【体験談】藤田久美子(主婦・60歳)
更新: 2019-03-13 17:57:55
塩発酵キャベツを常備できるようになり、2日に1回くらいの頻度で塩発酵キャベツを食べていたところ、半年くらいで慢性便秘が解消しました。また、便秘をしていた頃は下腹がポッコリ出ていましたが、今はかなりへこみました。昔のジーンズをはくと、ヒップラインや太もものあたりが明らかにゆるく感じます。【体験談】濵崎希(会社員・45歳)
更新: 2019-02-03 18:00:00
便秘を食事で改善しようとする際に、重要なのが、食物繊維です。寒天は、水溶性と不溶性、両方の食物繊維を含むため、機能性食品として、大変理想的です。甘酒は発酵食品ですから、まさに微生物のかたまりです。腸内に入ると、乳酸菌などの善玉菌を増やします。痔の改善にも、いい効果が上がっています。【解説】平田雅彦(平田肛門科医院院長)
更新: 2018-12-10 18:00:00
わが家の酢キャベツは塩や砂糖などの調味料は、いっさい加えません。キャベツと酢だけしか使わない、シンプルな酢キャベツです。夫は、酢キャベツで便通が改善しました。夫の場合は、便秘というよりも、便の出が悪いタイプでした。そのため、毎朝30分近くトイレにこもることもあったほどです。【体験談】中町治美(仮名・自営業・59歳)
更新: 2018-11-30 12:00:00
最新記事
多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めの主菜を紹介します。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-26 18:00:00
多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めの主食を紹介します。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-25 18:00:00
ストレスに強くなり、うつを防ぎ・治す食事とは、特別なものがあるわけではありません。あたりまえのことですが、栄養バランスのよい食事を1日3食きちんと食べることです。ただし、いくつかのポイントがあるのも事実です。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-24 18:00:00
βグルカンの精製をさらに進めたところ、それまでとはまったく別の物質を発見しました。これが「MXフラクション」で、今のところマイタケからしか発見されていない成分です。【解説】難波宏彰(神戸薬科大学名誉教授・鹿児島大学大学院医歯学総合研究科客員教授)
更新: 2019-04-23 18:00:00
骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけなど、わかりずらく続けにくい場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)
更新: 2019-04-22 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt