MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【騙されたと思って試してみて】伝説のアクション女優がゾッコン!玉ねぎのサラダとぬか漬け

【騙されたと思って試してみて】伝説のアクション女優がゾッコン!玉ねぎのサラダとぬか漬け

独身時代はほとんど食べ物に気を遣っていなかった私でも、家族ができれば話は別。なるべく人工添加物などが使われていない、体にいい食べ物を食卓に並べるようにしてきました。自然に食べ物へ関心を持つようになったわけですが、近年私の心をとらえて離さないのが「タマネギ」です。【体験談】志穂美悦子(フラワーアクティビスト)

プロフィール

志穂美悦子(しほみ・えつこ)
1955年、岡山県出身。過酷なアクション全般をジャパン・アクション・クラブで学び、吹き替えなしでスタントなどをこなす、日本初のアクション女優として多数の映画、ドラマ等に出演し人気を博す。長渕剛氏との結婚を機に、女優を引退。2011年、東日本大震災などの被災地支援の一環として、フラワーアレンジメントの作品集を出版(売り上げを全額寄付)したことをきっかけに、奈良薬師寺「聖観世音菩薩に捧げる花展」への奉納や「世界らん展」など多くのイベントで作品を発表。フラワーアクティビストとして、花を介して人と絆を結ぶさまざまな活動を精力的に行っている。
http://nagabuchietsuko.com/

被災地支援の縁で知った衝撃的に美味なタマネギ

私は元々ものすごく健康で、免疫力が高いのか、これまで病気らしい病気をしたことがありません。若い頃、アクション女優として多くの映画やドラマなどに出演してきましたが、生来の頑健さのおかげで、ハードな仕事もこなせたのだと思います。健康な体に生んでくれた両親に感謝するばかりです。

結婚を機に女優を引退してからは、主人(編集部注・シンガーソングライターの長渕剛氏)のサポートと、3人の子どもたちの育児や家事に専念してきました。

独身時代はほとんど食べ物に気を遣っていなかった私でも、家族ができれば話は別。いろいろ栄養のことを勉強して、なるべく人工添加物などが使われていない、体にいい食べ物を食卓に並べるようにしてきました。

自然に食べ物へ関心を持つようになったわけですが、近年私の心をとらえて離さないのが「タマネギ」です。

2011年の東日本大震災で、慰問ライブなどに取り組む主人をサポートしながら、自分でもなにかしたいと考えました。そこで、趣味で続けていたフラワーアレンジメントの作品をまとめた写真集を出版し、売り上げを被災地に寄付したり、仮設住宅でフラワーアレンジメントのワークショップを開いたりしたのです。

その流れで、千葉県のJA長生さんと共同で「ひまわりプロジェクト」を立ち上げ、被災地にヒマワリの種を送るという活動を続けています。そんなご縁から、毎年春先になると特産の新タマネギを大量に送っていただけるようになりました。

シャキシャキとした歯ごたえが絶妙

正直言って、それまではタマネギといえば、カレーやハンバーグに入れる野菜という認識しかありませんでした。

ところが、いただいた新鮮なタマネギをスライスして食べてみたところ、その瞬間からタマネギの大ファンになったのです。切っても涙が出ないし、えぐみがまったくないので、水にさらす必要もありません。

私の場合はたいていスライスしたタマネギを、カツオ節としょうゆ、大豆マヨネーズで和えて食べていますが、これが驚くほどおいしいのです。

我が家では、食事のときにはボウル一杯のサラダが必須で、それまでもタマネギスライスをのせることはありましたが、端役だったタマネギが、堂々たる主役となったのです。

シャキシャキとした歯ごたえが絶妙で、一度食べ始めたらはしが止まらなくなり、「だれか私を止めて~」と叫びたくなるほど(笑)。主人も「おいしい」と喜んで食べていますよ。

あまりにおいしいので、食事のときに毎日サラダとして山ほど食べる以外にも、ついおやつとしても食べてしまう、そんな毎日が、ほぼ1ヵ月続きました。新タマネギが最もおいしい期間です。

もう一つ、タマネギのぬか漬けもお気に入りの食べ方です。あるときラジオで「タマネギをぬか漬けにするとおいしい」という話を聞き、さっそく自前のぬか床に漬けてみました。

下の写真のように、タマネギの芯を残してくし形に切り、広げるようにして漬けると、しっかりと味がしみ込みます。本当においしいので、だまされたと思ってぜひ試してほしいと、ブログで紹介したところ、ファンのかたたちにも好評でした。

私は普段から元気なので、タマネギを食べたことで、具体的にこんなふうに体調がよくなったというのはよくわかりません。でも、新タマネギを1ヵ月以上も、毎日おいしく食べ続けられるのですから、きっと体が欲していたんだと思います。

いくら元気とはいえ、最近は「この命をどれだけ健康に長く継続できるかしら」と考えだす年代にもなりました。

今、花をキーワードにして人とかかわるようになったら、どんどん新たな世界が広がってきたことが、私自身、とても楽しいのです。これからもフラワーアクティビストの活動の一環として、ずっと被災地支援を続けていきたいと思っています。

そのためにも健康や体力をキープしたいので、健康によいというタマネギを、これからも積極的に食べていきたいですね。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
「洋食は高カロリーで体に悪い」と思う人もいるかもしれませんが天皇家の洋食の食材は日本で取れる旬のものばかり。その土地に住む人の体質に合ったものです。洋食も日本人に合った洋食が作れるのです。日本の旬の物をいただき、食材を無駄にしない天皇家のレシピを皆さんの健康に役立ててください。【解説】工藤極(元宮内庁大膳課厨房第二係)
更新: 2019-05-07 18:00:00
私が考案した10種類以上のフルーツ酢の中で、現在最も人気が高いのが「レモン酢」。数あるフルーツ酢ダイエットの中でも「イチオシ」といってよく、教室などでも勧めているフルーツ酢です。ぜひお試しください。【解説】村上祥子(料理研究家・管理栄養士)
更新: 2019-04-11 10:18:08
「みそ汁に酢を入れたら、酸っぱくなるのでは」と心配するかたもいるでしょう。でも、お椀1杯のみそ汁につき、小さじ半分程度の酢なら、酸味はほとんど感じません。今回、酢みそ汁に初挑戦するかたがたのために、お勧めの具材や、作り方のコツをご紹介しましょう。【解説】庄司いずみ(野菜料理家)
更新: 2019-04-05 10:22:22
タマネギに含まれるのは植物性乳酸菌で、生きて腸まで届きます。腸内環境がよくなると、免疫力のアップや自律神経のバランスが整います。血中コレステロールの低下による高脂血症の予防・改善、大腸がんのリスク低減などにもつながります。 【解説・レシピ考案】中村美穂(管理栄養士・フードコーディネーター)【料理・スタイリング】古澤靖子
更新: 2019-02-17 18:00:00
幼い娘が苦しんでいるのに、何もできないのは、親としてほんとうにつらいことです。そこで、みそ汁に黒酢を入れることにしました。黒酢みそ汁をほぼ毎日飲むようになった娘は、3歳になるころには、ほとんどカゼをひかなくなりました。ぜんそくの発作も、めったに起こさなくなったのです。【体験談】川原俊之(仮名・会社員・33歳)
更新: 2019-02-11 18:00:00
最新記事
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt