MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
「乳酸タマネギ」でひどい便秘が解消!血圧も血糖値も正常値をキープ

「乳酸タマネギ」でひどい便秘が解消!血圧も血糖値も正常値をキープ

乳酸タマネギを食べ始めると、1週間後くらいから、それまで不安定だったお通じが、2日に1回のペースでつくようになったのです。また、私は30代で糖尿病になりました。現在も通院して血糖値のチェックを受けています。乳酸タマネギを食べ始めてから、血糖値も正常値で安定しているので、うれしい限りです。【体験談】林恵(主婦・51歳)

今までに経験のない腹痛に襲われ入院

私は、若いときから便秘ぎみで、お通じは2〜3日に1度くらいでした。ここ数年は、さらに間隔が開くようになり、ときには1〜2週間に1度なんてこともあります。

便秘になると、おなかが張って苦しくてつらい、という人が多いようですが、私は不思議と苦しくも痛くもありません。
1〜2週間出ないと、さすがにまずいと思い、下剤で出していました。それでも、つらさを感じないので、つい放置しがちでした。

ところが、そんな自分の態度を猛反省する出来事が、去年の6月に起こりました。私は突然の激しい腹痛に襲われて、病院に駆け込んだのです。すると、腸にたくさんの便がたまっていることがわかりました。

それは下剤で治療できたのですが、便秘だけでは説明がつかない強い炎症反応が出ていると言われ、そのまま2週間の入院となりました。結局、炎症反応の原因はわからないまま、数値が正常化して退院しました。

便秘がきっかけだったのは間違いないので、退院後も通院しながら、下剤の処方を受けることになったのです。
しかし、下剤は、なかなか思うように出ないこともあれば、逆にゆるくなりすぎることもあり、日常生活に支障を来すことが多々ありました。

そこで、薬だけでなく、何か体にいい食べ物で、お通じのコントロールができないだろうかと考えました。そんなときに知ったのが、乳酸菌の力で腸を整えられるという、「乳酸タマネギ」だったのです。

作ってみると、乳酸タマネギは、酸味が効いていて、サラダに合いそうな味です。味のまろやかさを出すために、基本の作り方の材料に、酢小さじ2と、砂糖小さじ1/2を加えました。

そこで、1日1回、夕食のとき、サラダに加えて食べることにしました。サラダは、スーパーやコンビニで売っているレタス、キャベツ、キュウリをそれぞれ食べやすい大きさに切り、普通サイズのお皿1杯分に盛り、そこに、小鉢1杯程度の乳酸タマネギを加えます。漬け汁も、ドレッシング代わりにかけて食べました。

このように乳酸タマネギを食べ始めると、1週間後くらいから、それまで不安定だったお通じが、2日に1回のペースでつくようになったのです。

便の状態もコロコロした硬い便だったのが、軟らかいバナナ便になりました。スルンと気持ちよく出ます。以前は残便感があったのですが、乳酸タマネギを食べ始めてからは、スッキリ出し切った快感があります。

高かった血圧も正常値に改善!

乳酸タマネギの効果はそれだけではありません。私は、30代の頃から血圧が高くなり、5年ほど前には最大血圧が170㎜Hg(正常値は最大血圧140㎜Hg未満、最小血圧90㎜Hg 未満)になって、降圧薬を飲み始めました。

しかし、薬を飲んでも、150㎜Hgより下がりませんでした。それが、乳酸タマネギを食べ始めて2週間で、120㎜Hgに下がったのです。最近は、100㎜Hg近くまで下がることもあります。

また、私は30代で糖尿病になりました。薬は飲んでいませんが、現在も通院して血糖値のチェックを受けています。乳酸タマネギを食べ始めてから、血糖値も正常値の110㎎/㎗前後で安定しているので、うれしい限りです。

さらにうれしかったのが、61㎏だった体重が1ヵ月で57㎏(身長は158㎝)に減ったことです。乳酸タマネギを食べること以外、生活で変えたことはないので、これも乳酸タマネギのおかげだと思います。
多くの喜びを私にもたらしてくれた乳酸タマネギを、これからも食べ続けるつもりです。

乳酸タマネギを夕食前に必ず食べた

血流の改善と乳酸菌の力で便秘解消(広島大学病院未来医療センター長 東幸仁)

タマネギに含まれるケルセチンは、血管内皮(血管の内側を覆う組織)の状態を改善し、血流をよくします。この作用で、腸の周辺の血流がよくなったことと、乳酸タマネギに含まれる、植物性乳酸菌の整腸効果で、便秘が解消したと思われます。
血圧の低下や体重の減少も、血流の改善と関係があると思われます。

この記事は『安心』2018年11月号に掲載されています
この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
血圧が高くなることを気にしておられるかたもいらっしゃるでしょう。しかし、年齢とともに血圧が上がるのは、生命を維持するために必要な自然現象なのです。高齢者の場合、血圧が高いおかげで元気なのだといってもいいでしょう。【解説】松本光正(関東医療クリニック院長)
更新: 2019-05-03 18:00:00
定期通院で血圧が130mmHgに下がっていたのです。降圧剤でも正常値にならなかったので、このときは「うそでしょ!? 」と声が出るほど本当に驚きました。2ヵ月後も正常値だったため4錠だった降圧剤を2錠に減らせました。念願だった減薬に着手できてどれだけうれしかったかわかりません。【体験談】山田平次(仮名・会社員・69歳)
更新: 2019-02-20 18:00:00
バナナ酢を飲み始めて暫くすると、以前は60kg弱だった体重が、今は56kg前後に。夫の血圧も安定しています。以前は、降圧剤を飲んだ状態で最大血圧は130mmHg台でしたが、最近は、日によっては120mmHg台まで下がるそうです。【体験談】久保田亮子(仮名・パートタイマー・69歳)
更新: 2018-11-12 07:00:00
効果を確かめようと、行う前と後で血圧を計りました。すると、行う前は168mmHgあった最大血圧が、アキレス腱トントン体操を両足合わせて200回した後では138mmHgまで下がったのです。内心、効果を信じていなかったので、この急降下ぶりに思わず目を見はりました。【体験談】鈴木秀一(会社役員・56歳)
更新: 2018-10-31 07:00:00
酢ニンジンを食べ続けていたところ、月に1~2kgのペースで、体重が落ち始めました。以降もおもしろいようにやせ続け、1年で14kgもの減量に成功!ミセスサイズの13号を着ていましたが、9号が着られるようになったのです。ほとんどの服を買い替えることになりました。うれしい悲鳴です。【体験談】寺門徹子(仮名・主婦・77歳)
更新: 2018-10-29 12:00:00
最新記事
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2019-05-27 18:00:00
なぜ、クルミが耳鳴り解消に効くのでしょうか。東洋医学的には、耳鳴りの原因は血や水の巡りの悪さにあるとされるので、クルミの利尿作用が効果をもたらしたといえます。一方、西洋医学的に考えると、注目すべきは、クルミに含まれるα ─ リノレン酸の働きです。【解説】小川哲夫(小川医院理事長)
更新: 2019-05-26 18:00:00
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt